きぬさん さん プロフィール

  •  
きぬさんさん: 快適な暮らし応援隊
ハンドル名きぬさん さん
ブログタイトル快適な暮らし応援隊
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/berone/
サイト紹介文私の建築の仕事を通して快適な暮らしの実例・アイデア・ヒントを皆様にお知らせします。
自由文太陽の光や新鮮な空気の大切さを通して健康で快適な生活が可能になる事プラスCO2を削減できる事等をお伝えします。
 現在建設されてい多くの住宅は世界の住宅先進国と言われるスエーデン等の北欧諸国またそれに追従しようとする北海道で建設されている住宅の考え方とはかけ離れた方向を向いています。ブログを通し少し住宅先進国での住宅の考え方造り方を知って欲しいと思います。
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/01/02 23:24

きぬさん さんのブログ記事

  • 夏の暑さをしのぐ2
  •  太陽高度の低い夏の朝早くにだけ暑い東向きバルコニーの夏の自宅の風物詩、日よけを夏向き角度と長さに設置変え。ついでに太陽光パネルの埃を除いて夏用の角度に設置、朝日の暑さを防ぐように窓を覆うように日よけを伸ばすが今回は太陽光のパネルの夏用角度設置と一挙両得... [続きを読む]
  • 小便器からの水漏れなおしました。
  • 小便器から排水が長年漏れていた現場を直しました。当方が18年前に施工して、その排水が当初から漏れていた現場の修理工事を終えました。当時とは少し雰囲気を明るく仕上げました。本当に色々ご迷惑をおかけしました。昨日は小便器の所から、排水の音が気になるので、設備屋... [続きを読む]
  • 夏の暑さをしのぐ
  • 今日朝、事務所に出ると、事務所の玄関の比較的涼しい所の温度は32℃湿度は60%です。絶対湿度で18g/?です。暑いですが、夏なんでこんなものかなと思いますが、一歩外に出ると太陽で頭もやられそうです。今日の朝出勤前の我が家のエアコンです。私の所では、就寝時は30℃... [続きを読む]
  • 家造り見えない所がたいせつだね
  •  基礎断熱の床下は、今年のように暑いときはどうなるかを理解していないと床下は結露をしている事もあります。←今年床下の掃除を丸山さんとしたときの写真です。 夏に窓を開けて生活をする普通にある状態を想定し室温30℃ 相対湿度70%としてその時の露点温度(結露... [続きを読む]
  • 外構のデザイン手法
  • 仁保新町の家の外構工事がようやく完成しそうです。もうお引越しも終えましたが、外構工事は完了していません。こちら家のデザインをするとき このカーポートの存在感が大きいと判断して、外構のスロープと玄関へのアプローチ&テラスと家のデザインとをつなげ残された庭の... [続きを読む]
  • 高気密高断熱の冷房システムと除湿機
  •  今日の広島市は完全に盛夏です。昨日お引越しをされた会社の前の現場では、今日も外溝屋さんと、左官さんが入ってくれていますが、昼前の温度は日陰で38度を超えていました。梅雨明けはされていませんが凄い暑さです。そういう広島市ですが、当方の自宅では、三菱の霧ヶ峰... [続きを読む]
  • 仁保新町の家の手作りの収納たち
  • 仁保新町の家でも手作りの家具を沢山造らせていただきました。最後に造らせていただいたのは神棚でした。引っ越しの前にこの神棚に神様は先に住まわれることになるでしょう。新人のI君がほとんど造り私が少し手直ししました。神棚は、ヒノキの1枚板で造ることが多いので... [続きを読む]
  • 水漏れ 劣化対策
  • 床下で長く水漏れを起こしていると、写真のようになります。既に腐朽菌が発生しているような状況です。18年前に当方がトイレを施工させていただいた。現場ですが、当方の設備屋さんの施工が悪く長年水漏れを起こしていました。私の管理不足というところです。その頃お願い... [続きを読む]
  • 住宅のデザインの手法
  • 戸建て木造住宅のデザインには、家だけではなく、外構工事の影響がかなり大きいです。例えば家は真四角でもそこにシンボルの木が一本あるだけでもそれは洗練されたデザインになります。余計なものを排除すると人の目には美しいと感じます。その様に余計なものは少なく違和感... [続きを読む]
  • 私の劣化対策! 
  • テレビを壁に取り付けますが微妙な高さと位置を段ボールを切って確かめました。テレビの裏側には配線が下の収納に繋がります。私考案のダクト壁です。壁の中には配線や配管が仕込めます。家の中には様々な配管や配線が必要です。集約させると構造をいじめなく電気屋さん空調... [続きを読む]
  • 暮らしを豊かにする追求
  • 社長の家づくりは拘りが多いねと言われます。私はこだわるというよりも、高断熱・高気密の手法を用いて、健康的で元気に暮らせる家にすることと、生活が楽しくなるようにと自分なりに考えてそれを実践して貫こうとはしています。またそう考えて実践することによって、自分自... [続きを読む]
  • 暮らしを変えるとは
  • 先日、新住協のQ1住宅として設計した建物が完成して、その披露をしましたがその完成披露で改めて感じたことがあります。最近は仕事をリタイアされた方からの注文が続いておりますが、そういう方が終の住まいとして高額な資金をつぎ込み建て替えをされる理由はどこにあるの... [続きを読む]
  • 口田のQ1住宅の見学会を終了しました
  • 今日は沢山のお客様に来場いただき口田のQ1住宅の完成見学会を終了しました。Q1とは新住協の鎌田先生が掲げる次世代省エネの暖房エネルギーを1/3にする性能を持つ家造りのことです。今日は早朝より本当に沢山のお客様に訪問いただきました。当方の母も新築の家が見た... [続きを読む]
  • 床置き小便器の水漏れの実際
  • 前回のブログの床置き小便器の水漏れのその当時の施行説明書が届きました。施工説明書を読むと、塩ビ管をトーチランプであぶって口を大きくしてそれに床用フランジを刺し入れるようになっていました。全く施工が出来ていませんでした。現在は、塩ビ管をあぶってふくらませる... [続きを読む]
  • 18年間も水漏れしていた小便器
  • 先週の父の日の日曜日に訪問して、1999年に当方が改装した現場で小便器からの水漏れが見つかりました。床がふわふわとしてきたといういことで、床下に雨水が侵入してその状況は起きたと思っていましたが、実際そこの床を切って開口されその原因を観ると、どうも小便器と配管... [続きを読む]
  • 電気の引込工事をしてもらいました。
  • 会社の前の現場ではもう少しで内部が完了します。中の工事は大工さんとクロス屋さんとが両方が助け合いながら現場を進行してくれています。 今週からは外部の外構工事も進められます。電気の受電の工事も進められます。電柱からメッセンを通して電線をはわせて建物に引き込... [続きを読む]
  • 口田の家の完成見学会開催します。
  • Q1住宅として建設中の口田の家がもう少しで完成します。Q1住宅は燃費半分で暮らせる家の事を表しており、具体的には我々の住む広島では国が推奨されている平成11年に制定された次世代省エネ住宅の1/4以下の暖房費で暮らすことが可能になり冬に寒さを感じることなく過... [続きを読む]