kurukuru-factory さん プロフィール

  •  
kurukuru-factoryさん: beatitude
ハンドル名kurukuru-factory さん
ブログタイトルbeatitude
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kurukuru-factory
サイト紹介文ハンドメイド中心のはず!?映画やアニメの話が多いな。じりじりと介護生活が…やりたい事はやっとかなきゃ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2009/01/04 17:11

kurukuru-factory さんのブログ記事

  • ようやく…
  • 下の娘の就職先に目処が立ったようです。友だちが次々内定もらってる中、1コも取れず、毎回ダメだった〜と言ってたけど、先週やっともらえたみたい。それも本気で決めたい就職先だったから、超喜んでました。最終面接の結果が出たのは誕生日前日。本人は今回もダメだろうと暗〜い顔して「きっと誕生日は残念会だよ。」と言ってましたが、お祝いになって良かった〜wwバーゲンにも引っ張り出されて散財。洋服買ってあげるのも終わり [続きを読む]
  • ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展 行って来ました。
  • 行ったのは昨日、お天気上々。上野では「アルチンボルド展」も始まってそろそろほとぼりも冷めてるかと思いきや、結構混んでました〜チケット買うのが大変とか、入場制限かかってるって程は混んでなかったけど、目玉の「バベルの塔」は係員が列の整理をして「絵の前で止まらずに進んでくださ〜い!!」状態だったwそう、蛇のように長い列に並んで絵の前で2、3秒ってやつ。まったく観た気がしないwwwww会場には絵を部分拡大したパネル [続きを読む]
  • 袖の型紙やっと作ったw
  • フレンチスリーブのワンピース作ろうと本から型紙写してたのが5月の末。それに無理矢理袖を付けようと試行錯誤。「ミセスのスタイルブック」に載ってる袖の型紙の作り方を見ながら適当に。使いそうもない余ってる生地で試しに袖付けをやってみた。フレンチスリーブで肩が下がってるから、短い袖を付けてみたけど、短すぎた。長さを変えて3回くらいやってみて、こんな感じかなぁとwとりあえず、この袖で作ってみることにしました。 [続きを読む]
  • やれやれw
  • 実家から戻った次の日からジイさんの猛烈電話攻撃wどうやら、私が戻ったのと入れ違いに、カレシが実家に帰ったらしく、「今、いないんだよー。」いつも私が実家に帰る時は、そのことは言わないでおく。「来週から1週間実家戻ります。」なんて言ったが最後、ジイさん急に具合が悪くなる。調子が悪い、歩けない、もうダメだとうるさいw要するに、漠然と不安になって気分がふさぐらしいんだけど、それが体の変調として出てしまうらし [続きを読む]
  • 『怪物はささやく』
  • 難しい病を抱えた母親(フェリシティ・ジョーンズ)とともに墓地が見える家で暮らす13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩悪夢にうなされていた。そんなコナーのもとに、ある晩、怪物がやってくる。そして怪物はこれから3つの真実の物語を話すこと、そして4つめの物語としてコナーが隠している真実を語るよう告げる。抵抗するコナーに構わず怪物は夜ごと現れ、怪物の物語はコナーを突き動かしていく。(MovieWalkerより) [続きを読む]
  • 昨日、帰ってきましたぁ。
  • 実家は行った日が一番寒くて、ストーブ焚いてましたwwその後も暑い日は一日くらいで、夜になるとストーブ。しかし、オバハンの自分はさすがにストーブつけると暑い。年寄りは寒いんだよねー。ストーブ焚いて半袖着てましたww両親は変わらずに暮らしてました。3月に行ったとき、鼻をかむと血が混じると気にしてた母。今回は目の下が赤く腫れてて鼻のせいじゃないかと。病院には行ってないっていうので、連れて行きました。蓄膿症で [続きを読む]
  • 明日からまた
  • 実家の両親の家に行って来ます。今回はJRの東北新幹線50%OFFキャンペーンのチケット!素晴らしくないですか〜、片道料金で往復できるなんて!!やはり6月は閑散期なんでしょうね。これでお高い7、8月はスルーして9月に入ってからまた行けばいいかな。帰る度に「お前はもう帰ってこないんだよね…」って言われる。これ、けっこう刺さるんですが、「また来るからさ。」と明るく帰ってくるようにはしてる。ダンナは相変わらず好かれてな [続きを読む]
  • 夏かごバッグ完成〜
  • 仕上がりました〜お手本にしたのはこの本のこれ。糸もサイズも違いますが、しずく模様ってのをいただきました。エコアンダリア2本取り、7.5/0号針で編みましたが、しずく模様の部分は針の号数を9/0号に上げて1本取りです。模様編みも同じように2本取りにすると、全体に糸が4本分わたってしまうので重くならないように模様の部分だけ1本取りにしました。地と模様の厚みが違うので、波打ったようになっちゃったけど、スチームアイロ [続きを読む]
  • 夏のかごバッグ、作ってる途中〜
  • 本体は出来てるんですが、中袋をまだ作ってない。写真でチラッと。って言ってもこれがすべてなんだけどw新宿ユザワヤ閉店の時に30%OFFで買ったハマナカ エコアンダリアcolor184この濃い青緑色の糸をどーしよーと。どう扱っても野暮ったくなるので困ったwそんな色買うからだと娘に言われたけど、30%OFFはこれだけだったんだもん。なんとかカタチになったからいいや。 [続きを読む]
  • 『メッセージ』
  • 言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)は湖畔の家に独りで住み、今はいない娘ハンナとの何気ない日常を時おり思い出す。ある日、地球各地に大きな宇宙船のような物体が出現する。ルイーズは、宇宙船から発せられる音や波動から彼らの言語を解明し、何らかの手段でこちらのメッセージを彼らに伝えるよう、国家から協力を要請される。スタッフのなかには、物理学の見地から取り組むよう招集されたイアン(ジェレミー・レ [続きを読む]
  • 『夜明けを告げるルーのうた』
  • 漁港の町・日無町。中学生のカイ(声:下田翔大)はもともと東京に住んでいたが、両親が離婚したため父と母の故郷であるこの寂れた町に移り、今は父親と日傘職人の祖父ととともに暮らしている。両親への複雑な胸中を口に出せず鬱屈した気持ちを抱えるカイにとって、作曲した音楽をネット上にアップすることが唯一の心のよりどころだった。クラスメイトの国男(声:斉藤壮馬)と遊歩(声:寿美菜子)に彼らのバンド・セイレーンに勧誘され [続きを読む]
  • 『BLAME!』
  • 過去の“感染”により正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がっていた。そんな都市の片隅でかろうじて生き延びている電基漁師の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により絶滅寸前の危機に瀕してしまう。電基漁師としての才能があり、村の頭領(声:山路和弘)にも一目置かれ [続きを読む]
  • 最近は…
  • すっかりブログさぼってます。せっせとバラのお世話してました。今回買ってきた3苗は鉢に植えて特に何もしてないんですが、おととし買ったバラが病気がちになってて薬撒いたり肥料やったり、暑くて汗だくの日々w去年の5月は咲いてくれた群舞って名前の棘の無いバラ。この後、夏に根切り虫(コガネムシの幼虫ですね)にすっかりやられ、鉢の土を入れ替えて伸びた枝を切り落としたら、今年は葉を茂らすのが精一杯で花はつきませんでし [続きを読む]
  • 今期、見てるアニメの中では…
  • 新作の中では『正解するカド KADO:The Right Answer』が今のところ一番面白いなぁ。東映のオリジナルCGアニメ、殆ど期待してなかったけど、週アニメとしては丁寧に作ってあり、分かりやすい。異生生物との遭遇だからSF。毎回冒頭、前回のあらすじ的にササッと筋を追ってくれるので何だったけ?と思わずに話に入れる。これって、昔のアニメではよくあったんだけど、今はやらなくなっちゃってますね。意味不なままストーリーが進む戦 [続きを読む]
  • 『カフェ・ソサエティ』
  • 1930年代。もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい……。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、ハリウッドを訪れる。華やかな映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。そんななか、業界の敏腕エージェントである叔父フィル(スティーヴ・カレル)のもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ“愛称ヴォニー”(クリステン・スチュワート) [続きを読む]
  • 『3月のライオン 後編』
  • 桐山零(神木隆之介)が川本家と出会って1年が経ち、今では家族の一員のように3姉妹と自然に食卓を囲んでいる。今年も獅子王戦トーナメントの季節が始まったが、幸田柾近(豊川悦司)は引きこもってゲームばかりしている長男・歩を叱り反対に突き飛ばされてしまい、頭のケガで緊急入院して不戦敗となる。長女・香子(有村架純)は仕事も続かず、不倫相手のプロ棋士・後藤正宗(伊藤英明)への想いを持て余し、幸田家は崩壊しかかっていた。 [続きを読む]
  • GWに墓参り〜
  • 遠いもんだから、なかなか腰を上げない墓参り。嫁の私が行かなくていいのかと何度言ってもグズグズしてたのに、娘が一緒に行くと言ったとたん、電車の切符を買ってきたオヤジ。そんなに私と行くのがイヤかw小田急ロマンスカーに乗って富士霊園へ。新宿から約1時間半、降りた駅は駿河小山。「足柄山の金太郎」の駅ですね。後ろに見えるのは富士山。そこから霊園行きのバスに乗り20分。時間的にはそんなに大変じゃないんだけど、電車 [続きを読む]
  • 『帝一の國』
  • 全国屈指の優秀な学生800人が通う日本一の名門校・海帝高校。4月、新学期を迎え、赤場帝一はある夢を胸にこのエリート校に入学する。彼の夢は、総理大臣になり自分の国を作ること。政財界に強いコネを持つ海帝高校の生徒会長になれば将来の内閣入りが確約されると言われており、帝一はライバルを全員蹴落とし何が何でも生徒会長になると決めている。帝一の代の生徒会長選挙は2年後。誰よりも早く動き始め、野望を実現させるために [続きを読む]
  • 『SINGIN' IN THE RAIN -雨に唄えば- 』千秋楽
  • 2017年4月30日(日) 開演12:30 東急シアターオーブ盛り上がりました〜♪出演者の方々も、前回観た時よりかなり良かった。観客のノリもぜんぜん違いましたね。千秋楽は一味違うwストーリーは頭に入ってるけど、前回の2列目は字幕を見るのが困難な席。英語が理解できないとセリフで笑いを取るシーンはけっこうツラいww今日は10列目。舞台全体が見えるし、字幕も読めるし水も掛からない快適な席。キャシーが客席通路に走り込んでく [続きを読む]
  • 『美女と野獣』
  • ある時、ひとりの美しい王子(ダン・スティーヴンス)が、魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル(エマ・ワトソン)であった。聡明で進歩的な考えを持つベルは、閉鎖的な村人たちに [続きを読む]
  • 『SINGIN' IN THE RAIN -雨に唄えば- 』
  • 2017年4月26日(水) 開演13:30 東急シアターオーブ前日から前回買ったCD聴きまくって気分を盛り上げ、3年ぶりのアダム・クーパー観てきました〜ww今回は真ん中じゃないけど、2列目センターブロックという良席!!もちろん水かぶりでキャーキャー言いたくて取った席です。目の前にクーパーなもんで、最初からニヤニヤしっぱなしw1幕の最後、いよいよ水しぶき攻撃が始まるってんで、席にあるビニールシート握りしめて、いいタイミン [続きを読む]
  • 美術館2軒回ってくたびれた〜ww
  • 昨日、下の娘と一緒にまずは国立新美術館で『ミュシャ展』さすがに混んでました。でもチェコ国外世界初展示の《スラヴ叙事詩》は作品の大きさがハンパないので大丈夫。かなり離れないと全容がつかめないから、みなさん離れて鑑賞。6m×8mサイズには圧倒されました。どれもまるで演劇を映像で見ているような構成。そして、鑑賞者を見据えるようなまなざしの人物画描かれているのも特徴的。人が多いのと大きさで部分的にしか撮れな [続きを読む]