kurukuru-factory さん プロフィール

  •  
kurukuru-factoryさん: beatitude
ハンドル名kurukuru-factory さん
ブログタイトルbeatitude
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kurukuru-factory
サイト紹介文ハンドメイド中心のはず!?映画やアニメの話が多いな。じりじりと介護生活が…やりたい事はやっとかなきゃ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2009/01/04 17:11

kurukuru-factory さんのブログ記事

  • 『SINGIN' IN THE RAIN -雨に唄えば- 』
  • 2017年4月26日(水) 開演13:30 東急シアターオーブ前日から前回買ったCD聴きまくって気分を盛り上げ、3年ぶりのアダム・クーパー観てきました〜ww今回は真ん中じゃないけど、2列目センターブロックという良席!!もちろん水かぶりでキャーキャー言いたくて取った席です。目の前にクーパーなもんで、最初からニヤニヤしっぱなしw1幕の最後、いよいよ水しぶき攻撃が始まるってんで、席にあるビニールシート握りしめて、いいタイミン [続きを読む]
  • 美術館2軒回ってくたびれた〜ww
  • 昨日、下の娘と一緒にまずは国立新美術館で『ミュシャ展』さすがに混んでました。でもチェコ国外世界初展示の《スラヴ叙事詩》は作品の大きさがハンパないので大丈夫。かなり離れないと全容がつかめないから、みなさん離れて鑑賞。6m×8mサイズには圧倒されました。どれもまるで演劇を映像で見ているような構成。そして、鑑賞者を見据えるようなまなざしの人物画描かれているのも特徴的。人が多いのと大きさで部分的にしか撮れな [続きを読む]
  • 『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』
  • 19世紀末のイギリス。精神医学を学ぶ医学生のエドワードは、当時主流だった監禁療法ではなく、新たな考えの鎮静療法を実践している精神科病院があることを知り、見学のため訪ねて行く。ロンドンから離れた辺境の地に立つそのストーンハースト病院で、実習を始めたエドワードだったが、しだいに院内の様子がおかしいことに気付く。やがて、深夜に聞こえる物音をたどって病院の地下に降りた彼は、そこで恐るべき真実を知る……。(WOW [続きを読む]
  • カレシ怪我でジイさんパニックw
  • ここんところ、ダンナの方のジイさんに振り回されてましたww一緒に住んでるカレシが1、2週間実家の方に戻ってたらしく、モーレツ電話攻撃にあってました〜。ひとりでいると不安で寂しくて仕方がないジイさん。朝から晩まで息子の嫁に電話してるくらいなら、来ればいいのに。でも人に電話するのが大好きな人なんだよな〜。一緒に暮らしちゃうと電話できないからなぁw予定通りカレシが戻ってきたら問題なかったんだけど、怪我をして [続きを読む]
  • 『お嬢さん』
  • 1939年、日本統治下の朝鮮半島。世間とは隔絶した辺鄙な土地に建ち、膨大な蔵書に囲まれた豪邸から一歩も出ずに支配的な叔父(チョ・ジヌン)と暮らす華族令嬢・秀子(キム・ミニ)。ある日、秀子のもとへ新しいメイドの珠子こと孤児の少女スッキ(キム・テリ)がやって来る。実はスラム街で詐欺グループに育てられたスッキは、秀子の莫大な財産を狙う“伯爵”と呼ばれる詐欺師(ハ・ジョンウ)の手先だった。伯爵はスッキの力を借りて秀子 [続きを読む]
  • 生地買ってきちゃった。
  • 金曜日、お天気よくて花粉大量飛散してそうだったけど、夕方から吉祥寺のユザワヤに行ってきました。割引のハガキ握りしめてw新宿店がなくなっちゃって不便なんだけど、池袋は店舗が小さくて使い物にならないw一番近い大型店は吉祥寺になっちゃった。ナニイロの生地が30%OFFって魅力的〜で、黒に紺の水玉と白地に少し柄が入った麻100%のを選び、何気にリバティプリント見たら、数種類会員様¥2,100/mになってる中から2種類買って [続きを読む]
  • 『夜は短し歩けよ乙女』
  • クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”(声:星野源)は、“なるべく”“彼女の”“目にとまる”の頭文字を取った“ナカメ作戦”で彼女の気を引こうとする。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬……。京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれる“先輩”。季節ばかりが過ぎていき、外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いの行方は……?(MovieWalkerより)森見登美彦原 [続きを読む]
  • 『パッセンジャー』
  • 20××年。新たなる居住地を目指す“人類移住プロジェクト”として、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を出発。目的地の惑星到着まで120年、冬眠装置で眠る安全な旅であった。だが乗客の中で、なぜか二人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう……。エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット)と作家のオーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス)は、絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っ [続きを読む]
  • 「3月のライオン」12巻まで読み終わりました〜
  • 遅まきながら発売してる分は読み終わった。この時期に買ったから帯が神木くんw 裏はアニメ版の零ちゃん&ひなちゃん。1〜5巻の半分までは随分前に借りて読んでたけど、今回は最初から読み直し。各話の間に挟まってる「先崎学のライオン将棋コラム」は飛ばし本編に集中。コラムは字が小さすぎて、読むには老眼鏡+虫眼鏡がないと読めないwwま、あとでじっくり読みましょかね。やはり一番楽しめる媒体で頭に入れたいからね。ネタバレ [続きを読む]
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』
  • 世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)率いるエリート捜査組織公安9課は、ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙うサイバーテロ組織と対峙。しかし、捜査を進めるうちに事件は少佐の脳に僅かに残された過去の記憶へと繋がり、彼女の隠された過去を呼び覚ますのだった。「私は誰だったのか……」やがて、彼女の存在をも揺るがす衝撃の展開へと発展していく……。(Mo [続きを読む]
  • 冬に見てたアニメのちょっとした感想。
  • 1月アニメはチェックはしたけど、殆ど消去してしまったw3月のライオンが一番だったけど、ACCA13区監察課も良かったよなー。さすが、オノナツメ作品。ステキなオジサマがぞろぞろ。おかっぱ君もいるし、主人公は王族の血を引くときたもんだ。萌要素満載でした。ロッタちゃんはカワイイし、食パンは美味そうだし。ラストはジーンとニーノのツーショット!!いやもう、保存版でしょwクズの本懐もとりあえず最後まで見たけど、う〜ん、結 [続きを読む]
  • 『3月のライオン 前編』
  • 桐山零は幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士・幸田に引き取られた。居場所を求めるように将棋を指し続け、中学生にしてプロ棋士になったものの、幸田家を出ざるをえない状況になる。東京の下町にひとりで暮らし、深い孤独を抱えたある日、川向こうに住む川本家の三姉妹と出会う。彼女たちのにぎやかな食卓に混ざった桐山は、そこに居場所を見出していった。様々な人との交流、そして様々な人生を背負った棋士と [続きを読む]
  • 『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』
  • 岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は、ついつい居眠りばかり。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと…考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。2020年、東京オリンピ [続きを読む]
  • 2017年4月から見るアニメ〜
  • 4/1(土)『進撃の巨人 Season2』22:00〜 TOKYO MX2期、きました!!4/2(日)『アリスと蔵六』22:30〜 TOKYO MX4/2(日)『僧侶と交わる色欲の夜に…』深夜25:00〜(5分) TOKYO MX5分のHアニメ?4/4(火)『王室教師ハイネ』深夜26:05〜 テレビ東京Gファンに連載してるマンガだから、若干笑かしてくれるといいんだけどなぁw王子様ゾロゾロww 舞台もやるんだねぇwww4/5(水)『まけるな!! あくのぐんだん!』22:45〜(5分)初回15分拡大版 T [続きを読む]
  • 帰ってきました。
  • 昨日の夜に帰ってきました。東京は雨と分かってましたが、寒っ!!これじゃ青森と変わらないじゃんwwと、ここまで書いたら、PCがプログラムを更新しろと言ってきた。で、こんな時間。更新に半日かかってるじゃないか。。。そうか、一週間近く自分がいなかったから。ダンナはPC開けても全て無視して、自分の用だけに使って閉じちゃう。しわ寄せが全部こっちに。そうだよな、TVの予約録画すらできないんだから。私より若いのにジイ様み [続きを読む]
  • 変わらない生活
  • 青森駅は雪の中〜♪じゃないけど、相変わらず白と灰色しか見えないw写真は新幹線が止まる新青森駅。歌に出てくる青森駅は多分本駅の方。旧青森駅。そちらは駅の周りも、もう少し賑やかですw3月も末、さすがに道路に雪はなく、端に残ってる雪も排気ガスと泥で真っ黒。景観的には一番綺麗じゃない時期です。両親がいつもと同じように生活してるのを確認すると、ホッとしますが、あと何年このままでいられるか。編んでいった鳥。どう [続きを読む]
  • 明日は実家に。
  • ありがたいことに、2人で元気に暮らしているようです。とは言え、84と86歳の両親。包丁握る手も少しフルフルしてきて、ちょっと怖い。耳も遠くなってきたけど、話がトンチンカンにならないって事は頭はしっかりしてるらしいwじい様が欲しいと言ってた鳥も3羽編んだし、様子見てきます。道路の雪はなくなってるらしいけど、まだまだ寒いだろうな。花粉は東京よりまだ飛んでないだろうから、こっちの鼻も少しは楽だろうww [続きを読む]
  • アニメ『3月のライオン』終わったー!!
  • 久々に気合い入れて見てました〜w全22話、TVの前に座ってリアルタイムで見るのって気分盛り上がる。毎回零くんに心締め付けられます。いつもいつもボッチの道を選んでしまう彼ですが自分で気が付いていなくても無いと思っていた居場所ができ前を向く零くんで終わった第1シリーズでした。最終回のエンドガードは萩尾望都でした〜。ケーブルTVから『うごく! ニャー将棋』全10話も録画したし、(こちらは本編と同じ制作シャフトだけど [続きを読む]
  • 『愚行録』
  • 閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者の田向浩樹(小出恵介)は、大手デベロッパーに勤めるエリートサラリーマン。一方、妻の友季恵(松本若菜)は、物腰が柔らかい上品な美人として近所から慕われていた。娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい“理想の家族”として知られていた田向夫妻。ところが事件発生時、浩樹は1階で、友季恵と娘は2階の寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま1 [続きを読む]
  • 『彼らが本気で編むときは、』
  • 11歳の小学生・トモ(柿原りんか)は、母親のヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。だがある日突然ヒロミが家出、独りきりになってしまったトモは叔父のマキオ(桐谷健太)の家に向かう。母の家出は初めてではなく、過去にも同じ経験をしていたトモだったが、以前と違うのは、今回マキオはリンコ(生田斗真)という美しい恋人と一緒に暮らしていたことだった。リンコは元男性で、女性への性別適合手術を受けたトランスジェンダー。そんなリンコの [続きを読む]
  • 花粉がすごい〜泣けてくるw
  • 家でたまったアニメやドラマをこなして、極力外に出ないようにしてるけど、歯医者や耳鼻科には行かなければならない。花粉症の薬も、今まで飲んでた薬より強めのが処方されたけど、これ効いてるんか?ってくらい鼻水止まらず。目も痒いし、顔がモチャモチャする。。。今週は映画館行くの1回くらいにしようかとww(行くんかい!!って声が聞こえる〜)年賀状用に編んだ鳥が欲しいと頼まれ、2羽編んでました。前に編んだのは玄関に飾って [続きを読む]