みょう さん プロフィール

  •  
みょうさん: あいすべ・き・も・の
ハンドル名みょう さん
ブログタイトルあいすべ・き・も・の
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/someorikodamas/
サイト紹介文着物を気軽に楽しみたい。でも、わからない事がいっぱい。ちょっとお役に立てたらうれしいです。
自由文ふだん着着物の情報もあります☆
宮崎県宮崎市の「染織こだま」がお届けしています☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/01/05 15:39

みょう さんのブログ記事

  • レンタル浴衣5000円って安いの?高いの?
  • レンタルをしていない、染織こだまとしてはレンタルの相場が良くわかりません。張り紙を見て、どんな浴衣を借りれるのだろう?って思いました。レンタルの内容は?浴衣はもちろん、帯、下駄、下着、巾着ここまで揃っているものなのでしょうか?ここまで入っていて、着せ付けていただけたら安いのですよね?きっと・・・美容院で浴衣を着せていただくと2000円〜3000円と聞いたことがあります。5000円くらいで、浴衣と帯が購入できる [続きを読む]
  • 自分だけのカレンブロッソ作りませんか?
  • カレンブロッソの草履は履きやすく、滑りにくく、疲れにい草履で最近の一押しです。まずは、普段着用にと履かれる方が多いのですが最近、カジュアルではないカレンブロッソが欲しいわ!との声も多くなりました。みなさまの声を、受けまして秋に向けて、自分の好みや履きたいシーンに合わせて台と鼻緒を選んで自分だけのカレンブロッソ作りませんか?カジュアルな鼻緒も準礼装くらいの鼻緒も作れます。生地は、こちらで準備していま [続きを読む]
  • 福岡木綿展は博多で
  • =福岡木綿展=2年ぶりの博多ちょうどお祭りですね。お祭りで活気づいた博多を見ることができ楽しみです。触れて感じる木綿展とき7月14日(金) 10:00〜19:00    15日(土) 10:00〜19:00 宴会の部あり(下方をご参考に) 16日(日) 10:00〜17:00 ところ リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1F   〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端9-35    交通 福岡市営地下鉄「中洲川端」駅   5番出口よ [続きを読む]
  • 繰越
  • 腕が長い方がもう少しだけ裄が長いと良いなぁ・・・と思われたとき少し衣紋を抜いて着れば…との声が繰越をつけるようになった一説には衣紋を抜いて着た着物の上に羽織るものを重ねたときに前身頃が、上に上がるので前が上がらないように繰越を付けたという話があります。肩山が肩山にあるように繰越をつけるんですね。ただ、諸説やお好みもあって繰越を小さくして、衣紋をぐっと抜くと肩山が後ろに下がり女らしい線が出るとか・・ [続きを読む]
  • 戻ってきた宮崎は暑い
  • 北海道木綿展が終了し最初のひと箱だけ、反物を返送していましたがそちらの方が、早く届いておりました。帰り着いて、さっそく水通しを始めました。みなさまの、顔を思い浮かべつつ反物を準備して実際、お仕立てにかかれるのは7月に入ってからになりそうですができることをしながら・・・です。北海道から帰って感じたことは宮崎の暑さはもちろんですが湿度の高さを感じました。北海道で感じた違い北海道は、夕方になると、す〜っ [続きを読む]
  • 札幌木綿展終了と北海道のおいしい物
  • 3日間の木綿展も無事に終了いたしました。みなさま、どうもありがとうございます。はじめましてのお客様からお久しぶりのお客様まで楽しい出会いに感謝です。着物での、ご来場がとても多かったなか、前回、お仕立てくださった着物姿もありとても嬉しかったです。短い夏のための着物春秋の着物への関心が高かったです。木綿展が、完了後札幌在住のお友達と札幌出身のお友達とお疲れ様会を地元の方お勧めのものや食べたいと思ってい [続きを読む]
  • 強烈、お直しおばさん
  • 木綿展会場に入ってこられた通りがかりのご婦人会場の品物を見るでもなし着物をお召しのかたをつかまえ帯の締め方はね・・・帯枕は、きちんと締めないと、と締め直される締め直すと言うよりも締めあげると言う感じ高橋さんの所の空芯才なので引っ張れば、ぎゅうーっとしまってくる。あんなにされては、大変・・・と思いつつも口出しができそうにもない帯揚げの処理から着物と長襦袢の衿幅の指導髪の結いかた、ほほ紅をさして、もっ [続きを読む]
  • 木綿は、夏の少しの時期しか着られない?
  • 北海道は、涼しいから木綿はほんの少しの時期しか着られないのよ・・・と若いお連れのかたに説明をされていました。手にされていたのは、久留米北海道は、とても広いのでそんな地域もあると、お聞きしたことがあります。もし、札幌の話であれば違うな?と思いまして木綿は、浴衣程度のものと思われているかたもあります。まだまだ、木綿にも、いろんな物があることを知られていないと感じます。阿波しじらのように夏用の木綿もあり [続きを読む]
  • 札幌は、浴衣姿がいっぱい
  • 札幌に入ると、たくさんの浴衣姿に出会いました。どうしてかしら?と不思議に思っていますとのぼりがたっています。北海道神宮例祭(札幌まつり)の最中だそうです。毎年、曜日に関係なく14日〜16日この日から、浴衣を着はじめられるそうです。今日は、あいにくの雨で気温も上がらないなかですがたくさんの、浴衣姿に出会いました。特に、あいあい傘のカップルが多くなんだか、ほほえましく感じました。ちょっと寒いのか足袋に、ス [続きを読む]
  • 普段着着物は、まだまだ広がるはず
  • 昨日のブログをご覧くださって着物が着たい人がある割には実際には、着る人は増えてない気がするどうして増えていかないのだろう?と言われる方もあります。私もそれを感じます。毎日、着物も日常に着られるものがあって浴衣が着られれば、着られる着物もあるそこんとこが、わかられていない。普段に着られる着物のことを知られない方がいっぱいいるよね!もったいない・・・そう思ている、普段に着物をお召しの方がとても多いです [続きを読む]
  • 久々言われました! 何かしてるんですか?
  • とあるサービスエリアのお嬢さんに着物良いですね!何かしているんですか?さっきも、着物の人見かけました。見かけたのは、うちの息子です。着物は好きで着ています。着物には興味ありますか?興味ありますが着たことはありません。着物の本は着たことありますか?見たことありません。ということで、ショップカードをお渡ししました。あ、宮崎なんですね!そう、車でお越しいただけば1時間足らずの距離ですがまずは、ネットショ [続きを読む]
  • ルーツをめぐる旅
  • 父親が、わかる範囲内でもと家系図を書き始めた父の両親は日之影と高千穂今でこそ、すぐ近くですが、どうやって、結婚することになったのかな?あの人の、消息は?など、たずねる相手もなくなり現在残っている親戚との昔話をする旅となりました。祖父の実家は、日之影でも、七折という地区グリーンツーリズム森林セラピーの土地でもあります。こちらの、真ん中辺りが比叡山クライミングやボルタリングでも知られています。この景色 [続きを読む]
  • 着物で、男前上がるよ!
  • 昨日、郵便局に行った帰り前を歩く紳士に目が留まりました。白いワイシャツに、スラックス姿年のころは同じ位なのですが足が長く、お腹も出ていなくとても姿が良い!こんなシニアにはなかなか出会わないなぁ・・・と思いました。いくつになっても、相方さんには格好良くあって欲しいと思うのは、世の常最近、相方さんに着物を着せたい人も増えています。ひとりで着るよりも、一緒に着るともっと楽しいよね?そんな思いが叶った方か [続きを読む]
  • 月刊アレコレvol.143のきもの男子
  • アレコレの編集者、細野さんはイケメンがお好き毎回楽しみにしているコーナーでもあります。時々、知り合いが載っています。今回は、石井航平さん着物姿が、垢抜けしていてどこの御曹司?と皆さん言われる方なんです。アレコレの中で趣味の良い正統派の着物男子と紹介されていますがお召しいただいている着物は染織こだまの木綿着物素敵に着こなしていただけ、とてもうれしいです。木綿の着物でもお出かけ先によって、帯や羽織など [続きを読む]
  • 『北海道木綿展』準備中
  • 只今、社員一同梱包に掛かっています。北海道は、寒いからウールがある方が良いよね・・・久留米絣、色々なタイプがあるから全部お見せしたいよね!など会場の広さもありますし・・・色々と、思案しながら詰めていきます。あれを入れた?これが入れたい・・・みんなで話を交換しつつ喜んでいただけるような、チョイスをしています。染織こだまが、愛してやまない木綿やウール、綿麻、麻手に取って、感じていただき楽しんでいただけ [続きを読む]
  • 本物という言葉は難しいけど
  • 本物って、にせものでないことらしいですがいつも、よくわからないなあと感じます。最近のニュースに豆腐の定義の話がありましたね!それによりますと定義では、豆腐に含まれる大豆の割合「大豆固形分」を基に10%以上を「とうふ」8%以上を「調製とうふ」6%以上を「加工とうふ」と大まかに分類する。6%に満たないもは除外する。10%という数字に、びっくり大豆10%でも、豆腐ができることが衝撃的なことでした。大好きで、安心し [続きを読む]
  • 雨と旅行
  • 本格的な梅雨入り、そんな宮崎お天気も、2日雨マーク、曇り晴れ、また雨マーク丁度雨マークの中で県北の、高千穂町に父の用で出かけることになりました。倒れているお墓を起こしたいとかあそこの山の中の親戚に行きたいとかの旅行汚れるし濡れるし雨コート替え足袋替え草履(汚れそうなところは古い草履にしちゃおう)モンペモンペがあったらいいなぁ・・・モンペは、持っていたのですが差し上げてしまったのでちょっと時間ができ [続きを読む]
  • ダイソーで手ぬぐいを買う
  • 所用で寄ったダイソー和のグッズが増えていますね。手ぬぐい・・・よくある話ですが、半衿に見えます。半衿は、どんな布からでも作れますが特に、暑くなる季節は肌に触って気持ちの良い物が良いですね。低コストで、気に入る布を手に入れられるのもうれしい?買ったのはこれ長さ87cm、幅35cmとありましたが測ってみると長さ86cm、幅33cmでした。目の粗い木綿の布で、中国製このまま半衿にするのは、なんとなくいやかな?糊 [続きを読む]
  • 褄下(衿下)寸法
  • ここ最近、変わってきたな・・・と思うのが、褄下の長さ物理的な話で、足が長くなり腰の高さが高くなったのが1つもう一つは衽の下から、衿先が見えたくないという理由これは、ファッションとしての好みに近いものだと思うのです。好みから始まり、見えるのはおかしい、になって行くのではないでしょうか?こういった質問もいただきます。腰紐の位置が低ければ衿丈を長くして、褄下を短くしないと衿に、腰紐がしっかりとかからない [続きを読む]
  • 久しぶりにお芝居
  • 劇団民藝の公演原作:井伏鱒二の『集金旅行』を見てきました。民藝では珍しい、喜劇とか・・・。内容自体も、とても面白くあまりに忙しくて、ため息をつきそうになる日々をしばらくの間、忘れることができとても良い時間となりました。樫山文枝さんの相変わらずの明るいお人柄と、衣裳の着物姿が楽しみ時代を感じさせるような色柄の着物に羽織の裏地が見えたりするさまを、興味深く見ていました。とても大柄の着物なのに着ていると [続きを読む]
  • 綿麻の着物
  • ここ最近は、綿麻の着物でも透け感の少ないものが活躍しています。本日は、綿麻の小千谷縮この商品シールには、 天然繊維の持つ爽やかな肌触りは 夏のお召し物としてだけでなく 春秋としもご愛用できます。と書かれています。この文言1つで急に着る期間が長くなり安心して、春秋を通して着られるのね!という心境になれます。実際に着てみても気持ちが良いですし、布も丈夫 アイロンがけは避け、着じわが気になるときには ハ [続きを読む]
  • 気持ち次第の着る着物
  • 6月に入ると、夏着物解禁という気分です。今日も、紅梅はもう着てもよいかな?という話もちろん、もう着ても良いのですがこの辺りが、乙女心夏っぽい物って、もう少し後が良いかな?この気持ち、洋服でもありますね。この時期に、透け感強過ぎかな?とか気温や体感に合わせて着るものを選ぶのは、洋服も普段着着物も同じでも、そこに乙女心がプラスされ見えない長襦袢は、早めに夏物に代わっているけれどちょっと暑いな〜と思いつ [続きを読む]
  • 着物も文化だけど、食も文化ですね!
  • 少ししか、ならなかった梅は梅シロップになりました。梅のお裾分けもいただきましたのでたっぷりの梅シロップが出来上がる予定です。これを心待にしている人がいますので喜んでくれるでしょう。梅仕事が終わると次は、らっきょう漬け畑から、らっきょうを抜き洗って1個ずつ、らっきょうの皮をはぎ上下を切り落としもう一度、きれいに洗って水気を切ったらホワイトリカーをまぶし、軽く拭き取ります。一方、らっきょう酢を合わせ軽 [続きを読む]
  • 着物の衿、きちんと開いていますか?
  • 着物を着る時前を合わせたら、腰ひもをして身八つ口から手を入れて、トントントンとおはしょりをきれいにしますが腰紐を締めた時腰紐がかかっている衿の部分が、しわになってる場合って思ったよりも多い気がします。衿と腰紐の間に手を入れて伸ばしもう少しと感じたら、衿に下に手を入れて伸ばします。あまり見えないところとはいえきれいに伸ばしておいた方が着姿もきれいだし着崩れもしない気がします。おはしょりも、同じことで [続きを読む]
  • 北海道は涼しいの?羽織は?
  • 昨日の北海道氷点下になった地点が13か所とか今回4度目の北海道涼しい北海道に行けるみたい宮崎との気温差が最高気温では4度くらいですが最低気温では8度くらいやっぱり、羽織るもので調節せねば綿麻素材の羽織を持っていこう夫は袖なし羽織の当初予定のよりも暖かめにするそうです。南の端から北の端まで行くのですから当然と言えば当然なのですが涼しい北海道に行けるのは、はじめてかな?遠くに行くと目に入る植物の違いを感じ [続きを読む]