カムバックハート さん プロフィール

  •  
カムバックハートさん: 心臓手術体験記 (僧帽弁閉鎖不全症弁形成術)
ハンドル名カムバックハート さん
ブログタイトル心臓手術体験記 (僧帽弁閉鎖不全症弁形成術)
ブログURLhttp://comebackheart.blog14.fc2.com/
サイト紹介文南淵明宏先生執刀の僧帽弁形成術を受けた心臓手術体験記です。
自由文心臓外科医 南淵明宏先生の執刀で僧帽弁閉鎖不全症の弁形成手術を受けた体験記です。自分の経験が、同じ病気を持つ方、将来手術を受ける可能性のある方、既に手術を受けられた方々の参考になればと思いブログを立ち上げました。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/01/06 09:36

カムバックハート さんのブログ記事

  • BNR34さんを囲んでミニ集まり@町田
  • 昨年秋の(元)心臓病仲間の集まりに参加して頂いたBNR34さんは、その時1か月後に大動脈弁の心臓手術を予定されていた。弁置換の予定だが生体弁にするか機械弁にするかの選択で迷われている時期であった。その後、12月中旬に生体弁を選択されて手術。リハビリも順調で、2月から仕事にも復帰されたとのこと。面倒見の良い(元)心臓病仲間である薫さんの発案で、BNR34さんのご退院おめでとうのミニ集まりが町田で開催された。前回 [続きを読む]
  • 術後三十八回目の外来(稲波脊椎・関節病院)
  • 今年から勤務先での仕事が忙しくなった。達成感・充実感も増している。毎日、元気に仕事ができるということはありがたいことである。勤務時間が長くなると、どうしても食事の管理が甘くなる。普段は昼と夜の2食だが、猛烈に脳細胞を使って仕事をしていると、糖分が不足するような気がして甘いものが欲しくなる。職場の同僚から差し入れされるおやつや自分で作った自家製酵母のパンを机で仕事しながらかじったりしている。また、自 [続きを読む]
  • 南淵先生の著書 『ナースのちから(第2版)』
  • 南淵先生の著書『ナースのちから』は、第1版が、CABG手術編という副題がついている冠状動脈バイパス手術がメインの内容だったが、昨年発行された第2版は新たに弁膜症手術の内容が加えられた。弁膜症手術については、大動脈弁狭窄症(AS)と大動脈弁閉鎖不全症(AR)に対して行われる大動脈弁置換術(AVR)、そして私が受けた僧帽弁閉鎖不全症(MR)に対する僧帽弁形成術(MVP)の実際の術式や術後管理について詳しい説明がある。手術 [続きを読む]
  • (元)心臓病仲間とのミニ昼食会 & 女性と男性の違い
  • 以前、集まりでお会いした北関東在住の(元)心臓病仲間のHさんから先週連絡を頂いた。奥様と一緒にお仕事の関係で神奈川方面に見えられるとのことで、その機会を利用して本日昼食をとることができた。マダムアリスさんもやってきてくれて、にぎやかな雰囲気に。(元)心臓病仲間の輪が広がると、こうしたちょっとした再会の機会も持ちやすい。そして、いつも心臓のことが話題となる。慣れてくると無理したり疎かにしてしまいがち [続きを読む]
  • たかしげエッセー 『心臓人工弁の終り』
  • たかしげさんから昨年頂いていたエッセーをご紹介します。たかしげさん、今年も引き続きよろしくお願いいたします。カムバックハート------------------------------------------八十路をいく身となると同年代の著名人の訃報に関心を持つようになる。自分自身にもひしひしと迫ってくる感じがする。人工弁やペースメーカーで命を支えられているから尚更だ。過日義兄が他界し葬儀に参列した。杖に援けられ心臓を患っている身体だと手 [続きを読む]
  • 術後三十七回目の外来(稲波脊椎・関節病院)
  • 今日は三カ月毎の外来検査と診察の日。最近、間食したり、飽食気味で食事の管理が甘くなっていた割には、血液検査の結果は良好。全項目基準値内は久しぶり。(いつもヘマトクリットとかいう良く分からない検査項目がLowになっていたり、気を許すと中性脂肪が上昇したりしていました。)外来ロビーに座っていると、南淵先生が診察室から出てきて、別の外来患者さんを紹介してくれた。私と同じ僧帽弁形成術を3年前に受けられたそう [続きを読む]
  • 術後八回目の誕生日
  • 今日は術後八年目の記念日。12月11日はここ数年快晴の日が多いようです。術後3、4年経った頃から、創の変化はほとんどなくなりました。創の写真を毎年アップする意味もあまりありませんが、やはり記念にということで今年もアップしておきます。創の長さは術後すぐ測った時は確か21cmでしたが、今日久しぶりに測ったら23cmくらいありました。(元)心臓病仲間の間では比較的長いほうです。 NEXT=> [続きを読む]
  • 第十三回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告
  • この集まりが開催される日はいつも天気に恵まれている。今回も雨と雨の間の晴天日和での開催。参加者は患者23名に加えて、南淵先生と深津さんにお越し頂いてのスペシャル版。例によって、参加者の手術方式による内訳は、大動脈弁置換術8人(生体弁5人、機械弁3人)、大動脈弁形成術1人、先天性疾患ファロー四徴症による幼児期手術&成人後の三尖弁形成術1人、僧帽弁置換術3人(生体弁2人、機械弁1人)、僧帽弁形成術が12人(手術は [続きを読む]
  • 考心会 創立20周年記念講演会・演奏会
  • 考心会は創立20周年になるとのこと。私が手術を受けたのは約8年前だが、実は考心会に参加しはじめたのはそれから2年ほど経ってから。(今となっては術後直ぐに参加すればよかったと思っている。) その後約6年間、ほぼ毎回参加を続けている。考心会設立20周年を記念して発行された「心臓病との闘い3 よりよく生きるための患者力」が出版された。第一章 私の患者力(患者9名)第二章 私の養生訓(患者5名)第三章 心臓病は私 [続きを読む]
  • 術後三十六回目の外来(稲波脊椎・関節病院)
  • 元々先週予約していた外来は、仕事を休むことができず、1週間後の今日に予約をずらしてもらった。台風の影響が心配であったが雨に降られることなく外来へ。いつも朝一に受付を済ませるのだが、あまり早い時間に手際よく会計まで終えてしまうと昼食の時間までもてあそんでしまうということで、今日は、ほんの少し遅めに病院に到着することにしてみた。処置室で採血してもらう時、「毎日色々な人の採血をされていたら、血液を見ただ [続きを読む]
  • たかしげエッセー 『右と左』
  • たかしげさんから、またまたエッセーが届きました。前回の記事「心臓病に左利きが多いのか?」に関連して、「心臓にも右心房左心房とあり、人体の多くの部位は左右に分かれ存在しています。そんなことを思いながら綴ったエッセーがありましたので送信します」とのこと。たかしげさん、いつも興味深い文章を頂き、ありがとうございます。カムバックハート------------------------------------------みぎとひだりと云っても政治のは [続きを読む]
  • (元)心臓病アンケート: 心臓病に左利きが多いのか?
  • 以前の記事で血液型と心臓病の因果関係はあるかないかというアンケートをさせて頂いた。結果、関係なしが結論のような気がしている。先日の(元)心臓病仲間の集まりの2次会のあるテーブルでは、左利きの人が9人中4人もいた。統計的には、左利きは1割程度と言われているようなので、9人中4人=44%は明らかに偏りが発生している。(たまたまかもしれませんがね。)基本的に世の中のインフラは右利きの人を対象として作られている。 [続きを読む]
  • 術後三十五回目の外来(稲波脊椎・関節病院)
  • 3か月毎の外来では90日分の薬が処方される。外来の間隔が微妙に3か月を超えたりすると薬が途切れてしまうのだ。飲み忘れはほとんどない私なので、手元に余っている薬もない。東日本大震災発生時には、薬の流通を止めないように必死に調整を取ったという大手製薬会社の方の話を直接聞いたことがある。とはいえ、自らが病院や薬局に行けなくなる事態もあり得るので、普段の飲み薬は多少多めに常備して置いておきたいところである [続きを読む]
  • たかしげエッセー 『中学卒業マラソンと喘ぐ心臓』
  • (元)心臓病仲間の集まりの常連参加メンバーであり、仲間の間では一番ご年配のたかしげさんからエッセーを頂きました。先日開催した集まりで話題に上ったマラソンをテーマに2007年に書かれたものに今回加筆を入れられた文章です。カムバックハート------------------------------------------『中学卒業マラソンと喘ぐ心臓』 中学校は神奈川大学の南東の小高い丘の上にあり、周りは民家に囲まれて、遠く東側は横浜の港方面が眺望 [続きを読む]
  • 第十二回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告
  • 第十二回(元)心臓病仲間の集まりはいつもの要領で開催された。梅雨時ながら快晴。会場に隣接する公園の緑が生えて空気がすがすがしい。気候と参加者の熱気による相乗効果で会場の室温は急上昇。今回の参加者は、術前の方が1名、大動脈弁置換術9名、大動脈弁形成術1名、自己弁温存大動脈基部置換術(デイビッド手術)の方が1名、僧帽弁置換術5名、僧帽弁形成術13名、バイパス手術1名でエントリー人数は27名。(手術は重 [続きを読む]
  • 第十二回(元)心臓病仲間の集まり 開催案内
  • 第十二回の集まりの開催は終了しました。参加して頂いた皆様、ありがとうございました。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−恒例の「(元)心臓病仲間の集まり」を下記の要領で開催いたします。◆日時: 6月18日(土) 13時〜17時 (開場は10時)◆場所: 神奈川県横浜市元町付近(港の見える丘公園近く)◆参加人数: 20名程度◆参加資格: 心臓病経験者(術前、術後、か [続きを読む]
  • 考心会 平成28年度総会&講演会
  • 今日のお昼頃、相模大野駅で電車降りて改札を出ると、三原じゅん子さんにバッタリ。選挙活動中でした。昔、テレビで見ていました。恥ずかしくて写真は撮れずに、何故か一目散に考心会会場へ。考心会は、会長の山本さんのお話からスタート。考心会の会報には、会員の皆さんの近況が載せられるのだが、その中から幾つかのエピソードをご紹介。そして、今年考心会創設20周年を迎えるにあたっての記念事業や患者力についてのお話。次に [続きを読む]
  • まさかの失神! 術後のトラブル
  • 最近、(元)心臓病仲間で、術後に不整脈が発生して救急搬送されただとか、一過性の脳梗塞になっただとか、諸々のトラブル発生の連絡をもらうことが多かった。でも、昨日までまさか自分が気を失って倒れるとは、想像だにしなかった。息子の小学校の卒業式が開催された昨日、前の晩からどうも体調が優れない感覚があったのだが、朝起きていつも通り出かける準備を行う。術後のフォローで服薬している薬は、ちょっと多めで次の通り。 [続きを読む]
  • 術後三十四回目の外来(稲波脊椎・関節病院)
  • 毎水曜日午前の稲波・脊椎関節病院での南淵先生の外来診察は、訪問患者の数が増えてきて、待ち時間も長くなっていると、外来仲間からの噂で聞いていた。東京ハートセンターの外来でも混んでいる日は結構な時間をロビーの椅子に腰かけて時間を潰す必要があった。外来仲間とおしゃべりしていればそんな時間もあまり苦になるわけではないのだが。今日の外来は、朝9時に受付。採血後、心電図検査、次に心エコー検査を行っている最中に [続きを読む]
  • たかしげさんからの投稿
  • たかしげさんからの投稿です。私がたかしげさんと初めてお会いしたのは震災の年の1月でしたので、もう5年以上が経過しました。数年越しの付き合いの(元)心臓病仲間がどんどん増えています。カムバックハート----------------------------------------------------------「震災と心災」 災い2                たかしげ  2,016 3 12あれから五年の月日が経った。東日本大震災の未曾有の被害状況を振り返るニ [続きを読む]
  • 小さなバーでのミニ集まり
  • 遠方の外来仲間が定期的な外来診察で都内にやってくるスケジュールに合わせて、南淵先生の手術を受けた我々の仲間が経営する都内のバーに集まって飲もうではないかという企画が沸き上がった。心臓手術経験者の会話内容の特殊性が今回もにじみ出ていた。それは少し場を離れて客観的に、例えばトイレの個室で聞き耳を立てるなどすれば明らかになる。心臓手術を体験していない方には理解しがたい会話の数々が、今宵集まった心臓手術経 [続きを読む]