いとちり さん プロフィール

  •  
いとちりさん: いとちり
ハンドル名いとちり さん
ブログタイトルいとちり
ブログURLhttp://itochiriback.seesaa.net/
サイト紹介文ITの地理・いとうの地理。だから“いとちり”
自由文ITで地理はもっと面白くなる。現役高校地理教師の教材ガイド国際地理オリンピック情報、古今書院:月刊「地理」に連載中の“いとちり式GIS”関連データ、GISを使った教材データのダウンロードなどが出来ます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/01/06 18:15

いとちり さんのブログ記事

  • ドッグファイト
  •  どう見ても「ヤマト運輸」と「Amazon」がモデルにしか見えない、物流の雄の両陣営が、生鮮食品当日配送をめぐって繰り広げるバトル。シェアの大きさを武器にシステムの統合と更なる値引きを示唆する?スイフト”社の女性マネージャー、面従腹背しつつ水面下で全く新しいサービスを構築しようとする担当営業課長。タイトル通り、真っ向勝負で後ろを取られた方が負け。これを読むと現実世界のバトルがよくわかる。ドッグファイト - [続きを読む]
  • 日本地理学会(筑波大学)に行きます。
  • 年度末の予定がかなり厳しそうだったので、今回は発表は見送り、行くのも無理かな?と思っていたのですが、いろいろと仕事が順調に運び、1日だけ行けることになりました。 3月28日の地理教育公開講座「地理総合(仮)と地理情報システム」と、「高校生ポスターセッション」を見に行こうと思います。 2022年入学生から完全必修で実施される新科目「地理総合」。デジタル地理情報を使った地理情報システムを日常的に使ったアクテ [続きを読む]
  • 防災教育にGIS(二宮書店:地理月報)一括公開
  •   教科書会社の「二宮書店」が、高校教員向けに出している定期刊行のリーフレット、「地図月報」の裏表紙や、教科書の附属DVD-ROMで細々と連載してきた「いとちりの防災教育にGIS」が、「フィールド編(」実際に現場に行ってGIS主題図と比較のポイントを探る)が10回に達しました。「備える防災」のアイデアに、GISを使って何かわかりやすい提示ができないだろうか、常にお考えの同業者の皆様、一般の皆様に送ります。教材編:第1 [続きを読む]
  • 経済は地理から学べ!宮路秀作著
  • おお、面白そうな本だ。社会人向けの地理の本を志向しているな。どれ、お手並み拝見と行こうか・・・と思っていたら、著者ご本人から献本を頂きました。このブログを読んでいただき、更に拙著も買っていただいているとのことで、光栄の極みであります。経済は地理から学べ! -  さて、書評というほどではありませんが、感想をいくつか。 読後の印象・・・「あ、いろんな意味で自分の本と対極にある本だなあ」と。 どの辺が対極 [続きを読む]
  • 「読図」から「活図」へ(「地図ジャーナル」2017年1月号)
  •  あけましておめでとうございます。本年1本目は、掲載記事の紹介です。 一般社団法人地図調整技術協会という業界団体の機関誌である「地図ジャーナル」から依頼を頂き、寄稿しました。新春号の特集が「地図と教育」ということで、国土地理院の担当官、科学警察研究所の特任研究官(小学生向け防犯マップ)、藤沢市の「ミセス地図太郎」東先生、そして高校代表(?)ということで、昨年やってきたことをぎゅっと詰め込んでみまし [続きを読む]
  • 毎日新聞「ブックウオッチング」
  •  12月7日付の毎日新聞「ブックウオッチング」欄で拙著を取り上げてもらいました。 コンセプトも汲み取ってもらって光栄です。 「成田空港の本屋にあったぞ」とか、「広島大学の生協で平積みされていた」とか、「地元の本屋さんでPOP付きで並べてあったぞ」とか、ありがたい情報をいろいろいただいております。 お近くで見かける機会がありましたら、ぜひ手に取ってご覧ください。 毎日新聞「ブックウォッチング」(2016年12月 [続きを読む]
  • 「高校生津波サミット」に行きます。
  •  金曜日から、生徒2人を連れて高知県に行きます。 国連の「世界津波の日」にちなみ、「高校生津波サミット」という国際会議に出ます。 高知県のサイトへ http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/010201/koukouseisummit.html 5月ぐらいに県から案内があって、「行く人!」とオープンで言ったら手が挙がったので、じゃあ、準備しようかと出してみたら、静岡県からうちと、もう1校(静岡学園さん)だけなんだそうです。でも、昨年 [続きを読む]
  • もくじ&立ち読みページ
  •  版元のベレ出版さんの公式サイトで、目次と立ち読みページが開設されました。 なるほど、いいところを切ってもらってます。https://www.beret.co.jp/books/detail/628 「本シェルジュ」というSNSを教えてもらいました。 書評とはちょっと違い、自分でテーマに合わせて本棚(本屋さんの?フェア”みたいなもの)を作れるサービスです。「自分の本と並べて売って欲しい」本を見繕ってみました。ホンシェルジュ本棚 [続きを読む]
  • タブレットコンピューターを用いた地形図の読図指導(日本地理学会)
  •  東北大学で行われた日本地理学会で発表してきました。 地理Aの「自然環境と防災」の実践ですが、2022年度から実施される新必修科目「地理総合」(仮称)を見越して、地形図の読図指導に全く自信のない先生サポート(もちろん、自身のある先生はより分かりやすく効率的に)するための教材としてGISの成果を生かしていこうという趣旨です。 地形図を読めない子を、読めるように指導するのは大変です。しかも使うのは市販の地形図 [続きを読む]
  • 立ち読みはこちらから
  •  発売から2週間。おかげさまで、いろんな方に読んでいただいているようです。ありがとうございます。 さて、ちょっと中身を見られないかな?という方(Amazonでは中身を見られません)、こちらのサイトでは「立ち読み」がありました(↓本の表紙を するとリンクします)。 それから、東京と首都圏限定ですが、東京都書店組合青年部による「東京都書店案内」で、拙著の在庫状況を表したマップが見られます。 地方(自分 [続きを読む]
  • 重版出来・肉食の地図(世界)
  •  発売から10日ほど経ちました。 おかげさまで、重版です。ありがとうございます。 さて、今回は5章−05(102〜105p)、「肉食の地図」の画像とGISデータをアップします。 「肉」といえば何肉か、1人あたり消費量からその地域性を探ってみました。 「欧米では・・・」「欧米風の食生活」なんて言いますが、歴史的な背景や農業のスタイルの違いからか、「欧」と「米」ではだいぶ違うようです。あと、中東で?チキン”の消費が [続きを読む]
  • Amazon1位と「営業日報」
  •  発売からもうすぐ1週間。おかげさまで、いろいろと反響をいただいております。 今日、Amazonで初めてジャンル分けしたランキングに載せてもらいまして、初登場1位となりました。 お買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございます。 (Amazon ランキング 地図-その他書籍部門)(Amazon ランキング 地図-その他書籍部門)東京・神保町の三省堂書店本店では、4階人文書の新刊コーナーに平積みとの情報が(S様、あ [続きを読む]
  • データでサポート(1)自動車生産国の推移(3章-06)
  •  「地図化する世の中が見えてくる」からこのブログを開いていただいた皆様、お買い上げありがとうございます。まえがきに「サポートサイト」なんて書いてますが、まとまった物はまだできていません。 元データをさばきながら、ぼつぼつ整理していきますので、完成までしばしこのブログにお付き合いください。 第一回目の今回は、3章の6、「自動車に見る?世界の工場”の移動」を取り上げます。 分析は本書にゆずるとして、? [続きを読む]
  • 【速報】Amazonで販売が始まりました。
  •  出版社が発表している公式の販売予定日が9月12日(月)、Amazonでの販売予定日が9月10日(土)ですが、一足先にAmazonで販売が始まりました。 週末には書店にも並ぶ見込みとのことです。 どうぞ手に取って、気に入ったらお買い求めください。 半分文章、半分図表のオールカラーなので、パラパラっと眺めて、好きなところから読んでいただくのが一番楽しめるのではないかと思います。地図化すると世の中が見えてくる - [続きを読む]
  • 【地図化すると・・・】2.もくじ
  •  たくさんの反響、ありがとうございます。 9月10日発売です。 ゲラに赤が入っている状態ですが、目次の画像をアップします。 だいたいこんな感じの内容です。地理Bの教科書の構成に沿う形で、今どきの話題と統計を地図化して行ってます。高校地理を習わなかったという方は新鮮な、習った方には「ほう」と思える、同業の皆様には「ニヤリ」としていただける内容ではないかと自負しております。予約受付中です。 [続きを読む]
  • 【地図化すると…】第1報 単行本9月10日 On Sale
  •   2冊目の単行本となります。 ベレ出版さんより、9月10日に発売です。 『地図化すると世の中が見えてくる     ―地図で読み解く現代世界』といいます。 ついこの前、慌てて校正の修正を出したと思ったら、週明けに印刷にかかるそうで。 高校教師が書く本なので、中身はやっぱり高校地理にどっぷりですが、高校で全然地理をやってないと(でも、なんか地理は嫌いじゃないし、一度系統立ててかじってみたい)いうビジネス [続きを読む]
  • 「デジタル地図帳」講習会@お茶の水女子大学
  •  お茶の水女子大学に呼んでいただいて、「デジタル地図帳」を使ってもらいました。 「カシミール3D」から地図を切り出して、位置情報付き画像ファイル(Geotiff)に変換したものをiPadに移し・・・・と、やっていくと手間も時間もかかるので、iPadに移すところから体験してもらいました。 「地図のiPod」(様々な地図を何枚も詰め込んで、気分や状況に合わせて使い分ける)的な活用や、図書館から借りてきてもらった文京区の写 [続きを読む]
  • タブレットで修学旅行にGIS‐「GIS NEXT」2016年4月号
  •  GIS(地理情報システム)関係の業界誌、「GIS NEXT」でインタビューをしてもらいました。 3月の日本地理学会で発表した沖縄の「デジタル地図帳」についての話題や、いろんなところで自虐的にお話させてもらっている「砂利道バイク」理論(ネット接続も、機材もガタガタな公立高校でデジタル地図を走らすには独自のノウハウが要る。?サーキット”(大学・研究室)のやり方をちょっとコンパクトにするくらいでは太刀打ちできな [続きを読む]
  • 被災地支援デジタル地図帳マニュアル(1)地理院地図の切り出し
  •  このたびの大地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。 離れたところから、出来る事は限られてはいますが、最近行っている研究が少しでもお役に立てればと思い、マニュアルを作成しました。国土地理院の地形図を切り出して、大判の地図にしたり、タブレットやスマホで持ち歩く方法です。町内会単位の被害状況把握等にお使いいただければと思います。 背景地図は、「地理院地図」の他に、「Open Street Map」や、空中写真 [続きを読む]