芥川 白 さん プロフィール

  •  
芥川 白さん: 白の詩 〜僕は光を背にして虹をみる〜
ハンドル名芥川 白 さん
ブログタイトル白の詩 〜僕は光を背にして虹をみる〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/die-hard/
サイト紹介文君と僕の詩 気取った言葉はもういらない〆 現代というリアルを生きる僕らの詩
自由文色彩論


ゲーテ曰く

光に一番近い色が
黄色で

闇に一番近い色が
青色だと……

光と闇のスペクトル…

色彩環…


隣や回りの色によって
色が
違う見え方をするように

人も同じ?…
だとしたら……

どんなに自分色を
持ってても

見え方なんて
偶然のタイミング

そう考えると……

生きるのも
少し楽じゃない?ゞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供648回 / 365日(平均12.4回/週) - 参加 2009/01/07 01:14

芥川 白 さんのブログ記事

  • Re:103073 誇り
  • 君が誇らしいと思うものが周りのすべての人に笑われたとしてもきっとそれは誇らしい君が知るすべての人が世界のすべてじゃないMake your mind Revolution白 [続きを読む]
  • Re:103072 モノタリナサ
  • 君が日々感じているモノタリナサと僕が日々感じているモノタリナサは同じものなのかもしれない凹凸のようにフィットする感じなのかもしれない奇跡的にもしそうなら君と僕が手を組めばモノタリナサはきっと解消するさらにその先にある何かをも見れるかもしれない奇跡ってみんなが思ってる程珍しいものじゃないし君が生まれた事のように案外すぐ傍にあるものだから君と僕も奇跡のフィットするのかもモノタリナサ感じてないかい?白 [続きを読む]
  • Re:103070 Purple Haze 〜神様は女かもしれない〜
  • 紫の煙に唆されて僕はハートの海を飛んだ空の底からは鮮やかな巨人と爽やかなネズミがお互いに許し合うのをためらっている声が聞こえた日陰の太陽は瞬く間に薄い大根の月に入れ替わっていて輝く絶望の光は行き場をなくして君がいる壁に寄り掛かっていた左利きの神様は嬉しそうに頭を掻きながら君に手を伸ばそうとしていた暑い暑い夏が爪痕を残して去り際に振り返りながら少し哀しそうに笑ってた白 [続きを読む]
  • Re:103068 Link
  • 怪我だったり病気だったりでうまく心と身体がリンクしてなくてもどかしかったり歯痒かったりとかなんだか何もかもうまく行かなかったりで日々思い通りにならなかったりとか長い道のり色々大変で毎日色々あるけど確かなことは俺達はいつも空でつながってる決してひとりじゃないだから今日もがんばろうぜぃye!白 [続きを読む]
  • Re:103063 Lucky image
  • 水中にトランプを沈めゆらゆらと揺れる水面を何百枚とシャッターを押すすると当たり前にぐにゃぐにゃと歪んだトランプが写るあきらめずにそれを続けると不思議なことにその中に一枚だけなぜだか歪みのない綺麗なトランプが現れるやり続けていればそういうことが起こる奇跡的な僕らの世界何かを夢みたり何かになりたかったらあきらめなければきっと起こるのさ奇跡的な必然ってやつが誰の上にも可能性が揺れている白 [続きを読む]
  • Re:103058 希望の砂
  • 希望とは砂時計の中の落ちゆく砂の様なもの砂がなくなった時何もしなければ砂は永遠にないままでもほんの少し自らの手を動かしひっくり返すだけでまた砂は満ちる自ら動く限り砂は絶対に消えない白 [続きを読む]
  • Re:103054 思わせぶりな夏
  • 昼新宿は夏の様相一転数分後には空が落ちて来そうな土砂降りと雷誰もが夏のきまぐれに振り回され秋も戸惑う思わせぶりな夏は大きな雨粒でまだまだこれからも時折街を包むつもりみたいだでもそれもあと少しか雨上がりの黄昏の風に猫も気持ち良さそうにしているふと気付くと僕の影を使って秋が背伸びをしていた白 [続きを読む]
  • Re:103055 ability
  • 自分の欲望だけじゃ満足出来ない人はきっと何かの才能を与えられている眠らせておくのは勿体無いまだその才能に気づいてないのならどんな些細なことでも動き出してみればその才能に気付くはずきっと白 [続きを読む]