もみの木ちえ さん プロフィール

  •  
もみの木ちえさん: 遅咲きのお着物初心者奮闘記
ハンドル名もみの木ちえ さん
ブログタイトル遅咲きのお着物初心者奮闘記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chie44blog/
サイト紹介文海外に住んでいても、着物や書道、華道を生活の中に取り入れることができるかも?!よし、やってみよう!
自由文欧州に暮らし始めて早27年。海外にいるからこそ改めて見えてきた“和の美しさ”に魅了され、遅咲きながらも手探りで和の文化に触れていく様を綴っていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 109日(平均5.6回/週) - 参加 2009/01/08 19:04

もみの木ちえ さんのブログ記事

  • あらかじめ着付けの練習しておこう
  • 今週末は、お着物でコンサート鑑賞 今回のコーディネートは、着物も襦袢も、まだ一度も袖を通したことがないものを着ていく予定なので、念のため着付けの予行演習しておくことにしようかな組み合わせは、薄紫の刺繍半衿に大小あられ文様の江戸小紋&帯締めはアレンジをきかせ、平組みでお花を咲かせてみましたおニューの衿芯のお蔭で、衣紋も納得いく感じに抜けました全体的に見ると、こんな感じ(こうやって見ると、前衿もうちょ [続きを読む]
  • 刺繍入り半衿増えて、嬉しいな(^^♪
  • 足袋の買い物ついでに、他のお着物小物もぽいぽ〜いっと買い物かごに入れちゃった 淡〜い緑とピンクの刺繍入り半衿緑の方は【若芽色】と表示されていて、PCで見たら私の持っている若草色の帯締め&帯揚げにぴったり合うはずだったんですが…実際見てみると、お色のニュアンスがちょっと違った 「ネットショッピングには、こういった落とし穴がありますよね」でも、これ自身はきれいな色だし、刺繍も丁寧で美しいので大満足のお買 [続きを読む]
  • よく見たら、たった二足しかなかったの
  • 夢の着物部屋完成を目前にし、本格的にじ〜っくりとお着物小物の整理整頓を始めてみたら、足袋チェックの際、私の足に合ったものはたったの二足ぽっちしかなかった事に気がついた(手元にあったのは母の足用にお誂えしたものがほとんどだった)・・・なので、やむを得ず()お着物サイトでショッピング(海外からでもネットで手軽にお買い物ができるだなんて、ほ〜んと便利な世の中になったもんだ)5枚こはぜの付いたストレッチ素 [続きを読む]
  • すくすくと白樺育ち、大慌て!
  • 生け花になるのがあまりにも心地よかったのか、3月の花束の中にあった白樺の枝が順調よく育ちまくり、果てには家の中に黄色いお粉をまき散らすようにまで成長いたしました 「でもよく考えたら、うちの主人、白樺花粉症だったんだ」・・・って事で、大慌てでキッチンから撤去・・・白樺の枝は他の部屋に移し(←それでもまだ家の中に置きたがる私)、残った花を生けなおしこじんまりと食卓を彩る、ミニ生け花にしておきました 「 [続きを読む]
  • 花咲かす?それとも元気にチアリーダー?
  • 帯締めアレンジ訓練続行前回は丸っこいタイプ向けの【藤結び】とか【桜結び】をやってきましたが、今回は私の帯締めコレクションの大半を占めている平組みので出来るアレンジ結びに挑戦基本結びをし、紐を折りたたんで結び目辺りに差し込めば・・・タラ〜ン パッとお花が咲きました『房が上になるよう逆に差し込んでもいい』・・・と書いてあったので、試してみることにでも実際やってみると、40代のおばさんには華やかすぎるよ [続きを読む]
  • 帯締めの基本アレンジ1・2・3
  • 帯締めにいろんな結び方がある事を知ってしまった今、試さずにはいられなくなってしまい、早速、帯締め特訓をしてみる事に!まずは、最近になってやっと出来るようになった基本結びから&続いて、す〜んごく気になっていた【藤結び】という結び方を手が込んでいるようだったんだけど、基本結びを二巻きずつにするだけで初心者の私でも意外と簡単にできてビックリでもコレって、丸組のじゃないと様にならないような気がする(私の持 [続きを読む]
  • 三月花、よりシンプルにお直しを
  • 3月の生け花も時が経ち、所々修正が必要となってきたので、花器を替えて生けなおしてみることにしました 白樺、バラ一輪にガーネットと、今度はぐっとシンプルに(雰囲気を出す為レトロ風に写しただけで、色あせて枯れてる・・・ってわけではごじゃ〜いませんのであしからず)その証拠に 「ねっ、白樺の芽も順調よく育っていってるでしょ」&余った花も、和お盆に乗せておめかしを小っちゃくても緑がちょこっとあるだけで癒され [続きを読む]
  • 帯締めは、ただ結ぶだけじゃないらしい
  • お着物ワールドは奥が深く、着付けアレンジも知れば知るほどその種類の豊富さと多様性に驚かされるものだ帯締め一つとっても、そう今更ながら気づいたんですが、これってただ単に帯を固定するために結ぶだけの物じゃなかったんですねネットでちょっと調べてみたら、ほ〜んといろんな締め方があるのを知ってびっくり (なんてったって、やっとこさ基本結びができるようになったかな・・・って感じのレベルなもんで)早速、初心者の [続きを読む]
  • コンサート、江戸小紋着ていこうかな
  • お着物会3月の集いは急遽予定を変更し、月末に皆とお着物姿でオペラ&ミュージカル歌手のコンサートに行くことになりました・・・なので、いつもよりちょ〜っとおめかししていこうと思い・・・古代紫の江戸小紋に挑戦してみることにしようかな・・・っとは言ってもフォーマルな場ではないので・・・衿には遊び心を持たせて淡い紫の花を散らしてみるとか&お着物の大小あられ文様や半衿の刺繍模様を生かしたいから、帯はあえて控え [続きを読む]
  • 三月の花束二つに分けてみた
  • 月一贅沢()の生け花。3月もスーパーの花コーナーから季節のお買い得花束を物色し、59クローネ(750円な〜り〜)のを購入淡く白っぽい色のバラと、ピンクガーネットが入った花束 生けてみると、こんな感じになりました&ガーネットの花が一輪余ったので、一月の花束の中にあった大きな葉っぱや、バレンタイン鉢の緑と一緒に別個で生けてみることにこれはコレで、また違った雰囲気でいい感じ 読んでくださっ [続きを読む]
  • 冬だけど、季語から寄せて春を待つ
  • 久々に家で墨を磨って書をしたためてみました今回選んだのは、初春の季語でもある【黄梅】という文字窓の外は雪が降り積もって真っ白な状態なんだけど、春を待ち望み、一足お先に墨でウィンタージャスミン(英名)を咲かせてみました早く本物の花が見れる時が来るといいな 読んでくださって、ありがとうもみの木ちえ [続きを読む]
  • 帯替えて、角出し角出し、また角出し
  • まだまだ続く、帯の猛特訓半幅帯も使いこなせるようになりたいので、お着物バイブルを見ぃ見ぃ、いろんな結び方を試してみました。文庫、貝ノ口、吉弥以外の結び方も・・・と、矢の字、笹結びなるものも試してみたが、いまいちピンとこないそんな中、一つ気に入った結び方を発見 それがコレ 【角出し】半幅なのにお太鼓っぽくボリュームが出るところが気に入ったリバーシブルの帯をひっくり返して締めてみるとまた雰囲気も変わっ [続きを読む]
  • 帯特訓!名古屋に袋、半幅も!
  • 家でのお着物自主練一からちゃ〜んと全て着て・・・っとなると大仕事になり足が遠のいてしまうやもしれないので、無理のない程度に、どっかこっかにピンポイントを当てて特訓していくことに・・・って事で、今回は帯に集中・・・名古屋に袋、半幅帯を、服の上から結んでみることにしようかなまずは、絞模様の入った名古屋帯に挑戦初めて使ってみるんだけど、す〜んごく柔らかくって結びやすい!実際締めてみると、柄も想像していた [続きを読む]
  • 床乾き、もうすぐ工事が始まるか?!
  • 浸水してしまった地下部屋の床も、素早い対処のお蔭で予定より早く乾いてくれたようで、もう少ししたら修繕工事が始まるかもそうなったら一気にバババと事が運んでいってしまいそうな予感がするので、手遅れになる前に、自分たちで手を加える予定だった着物部屋の壁に貼るトリムボーダーを発注すると、次の日には手元に届いちゃいましたこれらを貼るだけで、部屋の雰囲気がぐっと変わるんだろうなぁ〜貼り付け作業する日が楽しみ&n [続きを読む]
  • 手作りの節句菓子付きの雛祭り
  • 本日三月三日は桃の節句、ひな祭りの日ですね毎年この日はどうやってお祝いすればいいのか分からず、とりあえず雛人形を取り出して飾り、お寿司なんかを頂くってパターンで過ごしているんですが、今年はそれらに加え・・・【ひなあられ】も味わえることになりましたしかもこのあられ、海外にいながらにしての手作りものなんです作ったのはもちろん私・・・ではございません(なんてったって、究極の面倒くさがり屋なもんで)先日ス [続きを読む]
  • 新しい草履を履いて出かけたい
  • 半衿交換の魔法箱に、母がもう一つ入れてくれていたもの・・・それが、これ・・・ おニューの草履これまで愛用していたものは鼻緒が危うい状態になっていて、履いていても『いつ切れるか』っと常に不安がつきものだった・・・ 「でも、もうこれで大丈夫」新しいお草履を履いて早くお出かけしたいけど、今、外は雪と氷でジュクジュク&ツルツルは〜るよ来い は〜やく来い 読んでくださって、ありがとうもみの木ち [続きを読む]
  • 裁縫は苦手だけれど、衿遊び
  • 針と糸を持つのを頑なに拒む裁縫嫌いな私が半衿ワールドに興味を持ち始めちゃったから、さぁ〜大変!『なんとかして簡単に衿遊びできる方法はないだろうか』と思案していたところ、母が呉服屋さんで幾つかナイスなグッツを見つけ、日本から送ってきてくれました一つは、先日お話させていただいた【衿とじ用の両面テープ】!これはほんと短時間で簡単につけ外しができるし、コツさえつかめればピッタリと衿芯部分に沿わせて付けられ [続きを読む]
  • 花散って残った緑、生けてみる
  • バレンタインデーに主人からもらったフラワーアレンジメントの鉢も、主役の花々が次々といなくなり、引き立て役をしていた緑の葉っぱのみが残るといった寂しい状況になってしまいました・・・なので、オアシスから引っこ抜き、生け花にしてみる事に・・・ 小ぶりの花器に生け、和のお盆に乗っけてみると、洋花束の一部だったものが、ぐっと和っぽい雰囲気に!緑だけでも、十分【主役】できてるよ 読んでくださって [続きを読む]
  • 棚ぼたで、コシヒカリの米ゲットだぜ
  • 週末、着物講習会に参加すべく上京した際、ちょっと嬉しい野暮用があってストックホルムの日本食料品店にも足を延ばしてきました実はね、先月参加させてもらった日本人会新年文化祭で行われていた【くじ引き】の賞品として・・・コシヒカリのお米 5kg & 生醤油が当たってたんです(しかもコレ 残念賞の賞品!)2月中に賞品を引換に行かなくっちゃならなかったから、ギリギリセーフで高級お米ゲットすることに成功いたしました  [続きを読む]
  • 帯練習!結んで解き、また結ぶ!
  • 久々のお着物講座で、着付けの練習しまくってまいりましたわよ〜『なんとか纏えるようになった』と思っていたお着物も、先生方に見ていただくと、やはり指摘していただけるポイントがいっぱいアドバイスもたくさん頂け、とっても内容の濃いレッスンとなりました今回は特に二重太鼓の結び方を学びたかったので、長〜い袋帯を締めては解き、締めては解き・・・、先生方にご指導していただきながら、時間の許す限り何度も繰り返し練習 [続きを読む]
  • 針と糸なくても半衿つけれたよ!
  • お着物ワールドに嵌っていくにつれ、徐々に気になり始めた【衿のお洒落】。真っ白以外にも色のついたものや柄ものを持ってきて、着物全体の雰囲気を替えたいなぁ〜っと話していたら・・・母が日本から、洗濯可能なちりめん半衿を送って来てくれました 「おっかさん、ありがとよ」でもわたしゃ、針と糸を操って衿を付け替えれる自信がないよ・・・でも、ご安心を・・・ そ〜んな私の裁縫嫌いを見抜き、母ったら、衿とじ用の両面テ [続きを読む]
  • 氷点下、霜降り模様で冬らしく
  • ここ最近ず〜っと出席できずにいたストックホルムでのお着物講座【小袖倶楽部】に、今週末久々、参加させていただくことにしました時は二月。一年で一番寒くなる月だともいわれており、今年は暖冬だとは言え、気温は氷点下。外は一面、雪で真っ白・・・ってことで、今回は冬らしく・・・霜降り模様のお着物に、淡いグレーっぽい水色の帯締め&帯揚げを持ってきたコーデで着付けレッスンを受講しようかと考え中&二重太鼓結びの練習 [続きを読む]
  • 折鶴に願いを込めて羽ばたかせ
  • 東日本大震災の復興支援活動として5年前から始めた折り鶴ピアスの製作。一人でちまちまとやっているだけなんですが、ありがたいことに現地の方々から好評で、定期的に発注を承っております昨日もご注文を頂き、出荷作業を在庫も残りあと僅かになってきたので、久々にまた作り始めねば 読んでくださって、ありがとうもみの木ちえ [続きを読む]
  • 穴あいたお椀に花を生けてみた
  • 二月の生け花【バッコヤナギ】が鮮度を失ってきたので、こじんまりとした花器に生けなおそうと思い・・・ふと目に留まった、この穴あきお椀を使ってみる事にしたそのむか〜し、ポプリに嵌っていた頃よく使っていたお気に入りの器なんだけど、最近は全く日の目を見ることがなく、ずっとガラス戸棚の中に飾られたままだったものだ超ミニミニの剣山に枝を挿して生けてみる 穴あき部分が独特の影を醸し出してくれて、いい感じになった [続きを読む]
  • しっかりとお着物支えてくださいな!
  • 以前、地下の和室に置いてあったお着物たんす浸水事故に見舞われた際、大切なお着物はなんとか死守することができたのですが、肝心の箪笥の方は・・・土台となる一番底の部分が水に浸かり膨れ上がってしまいました一度こうなってしまったものは、もう元に戻ることはないんだそうで、重たいタンスを支えるには力不足・・・ってことで、販売元に無理言って、土台部分だけ買い足させてもらうことにしました。(今度はタンスと同系色の [続きを読む]