まぐぴ さん プロフィール

  •  
まぐぴさん: 別館 生き物ウォッチングとベガルタが好き
ハンドル名まぐぴ さん
ブログタイトル別館 生き物ウォッチングとベガルタが好き
ブログURLhttp://tinnunculus.blog61.fc2.com/
サイト紹介文野鳥、獣、虫.....その他身近な生き物ウォッチングとベガルタ仙台が大好きなまぐぴのプログ別館です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2009/01/08 21:28

まぐぴ さんのブログ記事

  • '17夏)北の大地にアニマルウォッチング(5)
  • 北の大地5日目、最終日は別海町観光船クルーズで野付半島のゴマフアザラシで締めくくることにした。宿からすぐではあるが、早目に出て港を散策、早速キタキツネに出逢えた。観光船の受付で乗船券を購入し、ゴマフアザラシの情報を聞くと、え!、え!、年中見られるではないの?...............(T_T)。なんでも、今頃から野付半島の湾内に戻ってくるらしい。観光船に乗って、船長等に聞くと、今季は今のところ戻って来てるのを確認 [続きを読む]
  • '17夏)北の大地にアニマルウォッチング(4)
  • 北の大地4日目、今日は午前中は小船で行く知床らうすリンクルの知床岬ヒグマボートクルーズの予定、午後は野付半島経由で最終日の宿泊地別海町へ向かう予定。7時半過ぎ、宿から道の駅・知床らうすより車で30〜40分かかるという相泊(あいどまり)漁港へ出発。現地へ近づくとどんどん人家が減ってゆく、知床半島の羅臼側の最北端だからあまり前といえば当たり前。現地へ付き、掘っ立て小屋っぽい事務所で手続き。小船というのは既知で [続きを読む]
  • '17夏)北の大地にアニマルウォッチング(3)
  • 北の大地3日目、今日は午前中は知床ネイチャークルーズ、午後は小船で行く知床らうすリンクルの知床岬ヒグマボートクルーズの予定だったが、知床岬ヒグマボートクルーズは近々まで最低催行人数に達せず見通し立たず。そんなわけでヒグマウォッチングは、ゴジラ岩観光のヒグマウォッチングに変更した。が、当日の朝一で知床らうすリンクルから、携帯に「催行人数に達した、本日出航することになったが、如何ですか?」と電話があっ [続きを読む]
  • '17夏)北の大地にアニマルウォッチング(2)
  • 北の大地2日目は、いよいよ今回の一番の目的のホエールウォッチング、というかメインはシャチ。一番の心配は風雨・霧による欠航、前日の確認電話では出航と返事をもらい、安心してツアー船の事務所へ向かった。羅臼でのホエールウォッチングは、以下の4会社の情報あり。①知床ネイチャークルーズ②株式会社まるみ(羅臼の宿まるみ)(アルランⅢ世)③ゴジラ岩観光(カムイワッカ号)④観光クルーズはまなす①は'10/8に乗船経験あり、② [続きを読む]
  • '17夏)北の大地にアニマルウォッチング(1)
  • 根っからの生き物ウォッチングが好き、バードウォッチングは土日以外にも通勤途上の都市公園でやっているが、久しぶりにホエールウォッチングに行きたくなった。子どもが小さい頃は家族旅行で全国各地、海外にもホエールウォッチングに行った、子どもがついて来なくなってからはもう何年も行っていない。前回行ったのは道東生き物ウォッチング(2010夏)、鯨類はマッコウクジラ、もちろんその他いろんな生き物ウォッチングをした。そ [続きを読む]
  • あ!、薄羽白蝶だったのか
  • 本日、本館に毛深いけど綺麗な蝶という記事を書いた。インスタグラムにもアップしたら、「透けてるー(OvO)」とコメントをいただいた。観察、写真、SNSへアップしたが、翅がスケスケは気がつかなかった。ん?、ん?、待てよ、ウスバシロチョウって、薄い翅のシロチョウってことでは。ググってみたら薄羽白蝶と書くんだとか、正確には薄翅白蝶だろうけどね。そうか!、野鳥以外の生き物の名前がなかなか覚えられないのは、命名の由来 [続きを読む]
  • おぉ!、シメ、やっぱり繁殖してる?
  • 以前、シメが東北でも繁殖しているという記事を書いたと記憶している。が、が、探してみたが、あれ?、あれ?、見つからない。気のせいか?、ググってみたら、以下がヒットした。・夏にシメシメって言えたらいいな(2016-02-01)これだけだったかな?、もっと書いたような記憶があるが...............見つからないだけ?。今日はそのシメ、散策に行った仙台北部の里山で、それっぽい地鳴きを聞いた。おぉ!、やっぱり気がつかないだ [続きを読む]
  • 昼行性だから?、ハチドリもどきだから?人気?
  • この時期になると、「ちょうちょ、ちょうちょ.......花から花へ」をイメージするオオスカシバが気になる、あ!、チョウじゃなく蛾だけど。過去記事を探すと、以下を書いてた。・太った蜂?変わった蛾(2007.06.05)クチナシの花が見ごろの頃というイメージがあったが、その頃は幼虫が見られる頃、その前に成虫が飛ぶよね。そんなことをサクッと思っていたら、一昨日(6/8)の昼休みに公園で今季初観察......................\(^o^)/ [続きを読む]
  • 四つ葉のクローバーってストレスなの?
  • 前の週末、あるイベント参加で東北大農場の六角牧場に行った。里山体験ツアーという名目で、主に植物の説明もあり。牧場で参加者の一人が四つ葉のクローバーを見つけて喜んでいたら、植物の大学の先生いわく「ストレスで遺伝子異常の葉っぱ」なんだとか....(^_^;)。四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになると言われているが、よく考えてみれば確かにそうか.......^^;。そのまま忘れていたが、今週火曜日(6/6)の通勤都市公園散策 [続きを読む]
  • ドバトの青いキラキラした羽毛をハンマーで叩いてみたい
  • カワセミの羽毛のは「構造色」ってのらしい、以前か聞いたことがあったが、「鳥ってすごい! (ヤマケイ新書)」を読んで再認識。それによるとハンマーで叩くと色が一瞬で変わるそう、オオルリもだとは、拾いたいな。そんなことをTwitterでつぶやいたら、青は全部そうでドバトの青いキラキラした羽毛も、手に入りやすいのではというコメントをいただいた。昨日の昼休み、ドバトの青いキラキラした羽毛が欲しいぞ!、欲しいぞ!、と物 [続きを読む]
  • 十月桜にも実が生ってた
  • 昨日、本館に書いた記事、サクラの実が食べ頃、若ムクリンも?..^^;に「サクラは自家不和合性」と書いた。ということは他家受粉、他の木の花粉があれば、実がなるということになる。秋から春まで当地で咲き続ける十月桜、以下に書いたように五月まで咲いていた。・十月桜は七ヶ月桜になったのか?(2017.05.08)もう咲いていないし、当地には十月桜が3本あったはず。じゃ、受粉して実が生っている可能性もある?。今朝、見に行って [続きを読む]
  • チュンコの共同砂浴場
  • ほぼウィークデー毎朝散策している通勤都市公園、この時期からスズメの砂浴びが見られる。今季も、先日から砂浴びしている形跡がある。形跡というには、スズメが砂浴びで掘った穴。当地は砂浴びする場所が限られるが個体数もが多いためか、通称チュンコの共同砂浴場が形成される。複数で利用するので、どんどん砂が掘られ、1羽がほぼすっぽり隠れるほど深くなる。貼ったのは、今日の昼休みの砂浴びしていた場面。砂浴び場は2ヶ所あ [続きを読む]
  • 宮城県内のオオジシギは絶滅?
  • たまにここ、または本館に書く、地域限定の絶滅?の話題。今回の絶滅?、場所は宮城県内、種類はオオジシギ。その昔、蔵王山麓の通称七日原の草原にオオジシギが生息していた。その頃はそこでノビタキも生息し、繁殖期に毎シーズン逢いに行っていた。今も草原は残っているが、たぶんそこに南蔵王野営場が着工してから見られなくなったと思われる。他に北部の加美郡加美町の薬莱山の西側の草原にも、以前はいたらしい。そこはやくら [続きを読む]
  • サッカーの試合中にピッチにハクセキレイ
  • ベガルタ仙台のホームスタジアムは、七北田川の近くというので、試合中、上空を飛ぶ野鳥が観察できる時がある。先日はオオタカっぽいのが、今日はウミネコ、アマツバメ、ダイサギっぽいのが飛んだ。コンコースでは、スズメが子育て、過去に?あイソヒヨドリも子育てしたことがある。今日はなんと、試合真っ只中のピッチにハクセキレイが下りていた......................(@_@;)。ピッチは広いが選手が走り回る、両チームのサポー [続きを読む]
  • 我が家周辺にはイソヒヨは6カップル?
  • 先週、ユアスタへベガルタ仙台のホーム戦参戦に行く際、イソヒヨドリの巣立ちヒナを観察した。今日もユアスタへベガルタ仙台のホーム戦参戦のにく際、別の場所でイソヒヨ雌雄が餌を運ぶ姿を観察。実は午前中にも、また違う場所でカップルを観察した。イソヒヨドリの行動範囲がどれだけなのわからないが、ざっと観察場所を考えると、我が家周辺にはイソヒヨは6カップルいるような気がする。これって、かなり密度が高いのではないか [続きを読む]
  • 道の駅ってツバメのお気に入り?
  • 昨日、宮城県北部の行った。途中、トイレ休憩で道の駅に寄った。あ・ら・伊達な道の駅なんて名前で、あら!、伊達じゃん.......................(#^.^#)。伊達と言えば、ツバメの巣がたくさんたくさんあったこと。掃除のおばちゃんに話を聞いたら、撤去してもまたつくる、きっと安心できるとこなんだねと。いろいろあったようだが、結果的にちゃんと保護していてくれているように見えた。ツバメの巣を保護してくれて、ここも伊達だ [続きを読む]
  • スマホのアプリをPCで
  • スマホアプリには、Twitter、Instagram、LINE、FacebookとまとめてSNSという便利な?、楽しいもの?が複数ある...........(#^.^#)。Twitter、Facebookは、プラウザを使ってPCからフル利用できる。Instagramはプラウザを使って閲覧とコメントは可能、書き込みはツールを使えばできるらしい。LINEは、以前書いたLINE(ライン)を始めた(2014.05.15)通り、専用アプリが必須、今もそうだと思う。更にProxyがあるネットワーク環境では中継 [続きを読む]
  • 亜麻色のサギは白鷺のしんがりだった
  • 以下に書いたように、4月中旬から市内のサギのコロニーを観察。・ダイサギの目元の婚姻色が綺麗(2017.04.18)何度か通ううちに、続々とコロニーのサギ類が帰還し、以下の記事を書いた。・4種のサギの婚姻色撮ったど!(2017.05.04)以上の観察結果より、サギ類が渡ってくる順番を以下に書まとめた。・あれ?、コサギは帰還は遅いの?(2017.05.06)その記事を引用すると ダイサギ > チュウサギ > ゴイサギ >コサギの順だった [続きを読む]
  • 内陸には普通のカッコウ
  • 先日、東日本大震災で沿岸部のカッコウが減った?と書いた。たぶん、沿岸部は津波の影響で、草地、木々が無くなったので、影響はあったと思われる。が、それ以外でも仙台市内では減ってるのも事実だと思う。前の土曜、亜麻色の髪の乙女は奥手.....(^^;に書いたように、県南部の内陸にサギのコロニーを見に行ったら、極々普通にカッコウが鳴いていた。インスタグラムに、その写真をアップしたら、仙台市内でも名取川近くでは普通に [続きを読む]
  • 絶滅?、県南のコシアカツバメ?
  • 先日、Twitterなまかさんがコシアカツバメの話題をつぶやいていた。そういえば、そういえば、うん十年前、県南勤務だった際、そこで営巣しているって聞いて、見に行った覚えがある。本日、その地へ行ってみた。結果は、過去に使った巣の残骸のみ、歩いて探すと、10巣程度はあった。その残骸、どうもスズメが使った?、乗っ取ったように見えた。絶滅?、県南のコシアカツバメ?かもなぁ。 [続きを読む]
  • 変なんアリ?、アリグモらしい
  • 今朝の通勤都市公園散策、モクレン科の葉っぱにヘンテコな蟻んこっぽい生き物を見つけた。近づいてよく見るとアリではなく、どうクモっぽい。いやぁ〜、アリにそっくりだ。インスタに貼って何クモって書いたら、アリグモではというコメントをいただいた。そんなクモいるのね、初見だし、名前も初めて聞いた。 [続きを読む]
  • ムクリンキラーが出没
  • 本館に書いた、むっくんが一斉に?巣立ちの続き。本館にも書いたように、今朝の通勤都市公園散策で今季初のムクドリの巣立ちっ子を観察。更に、それを待っていたかのようにムクリンキラーこと、ムクドリの巣立ちっ子を狩るハシブトガラスを観察。林を追い回し、植え込みに追い込み、最終的に捕獲&捕食していた。巣立つ数日前から、営巣中の樹洞を覗き込む姿が見られ、その後、親ムクドリに追われてはいたが、やっぱり機会を伺って [続きを読む]
  • 朝に咲くヒルガオ
  • 昨日の通勤都市公園散策、朝だけどヒルガオが咲いていた。そういえば、過去にアサガオ系の話題を書いたことがあったはず。検索してみたら、以下があった。・西洋朝顔と朝顔と朝鮮朝顔(2016.08.13)朝顔じゃないが、てっきりヒルガオも書いていたと思っていたら、書いてなかった。たぶんその頃、ヒルガオもググっていたはず。再度、ググってみたら以下の旨の情報あり。---ヒルガオはアサガオ同様に朝に咲いて、昼になってもしぼまな [続きを読む]
  • 【続】鎮守の森って生き物の宝庫
  • 先日、鎮守の森って生き物の宝庫と書いた。鎮守の森の近くの果樹園等があると更によい、ノスリが営巣したりトラフズクが営巣したりする。鎮守の森って生き物の宝庫だよね、巨木になると、維持管理がなかなか難しいと思うが、枯れない限りはうまく残して欲しいなぁ、果樹園もね................(#^.^#)。 [続きを読む]
  • 鎮守の森って生き物の宝庫
  • この土日、実家の山形へ行った、山形は巨木が残っている鎮守の森が結構ある。土曜の夜、その1つにアオバズクに逢いに行ったら、暗くなる前にチゴハヤブサがいた。あっという間に飛び去ってしまったが、しばらくして餌っぽいのをぶら下げて戻ってきた。もしかして、子育て中なのかも。お目当てのアオバズク、暗くなってから出逢えた。今日は別の鎮守の森へ、樹洞窟でチョウゲンボウが子育てしていた。鎮守の森って生き物の宝庫だよ [続きを読む]