Sippo☆ さん プロフィール

  •  
Sippo☆さん: Sippo☆のネイチャー探索記2
ハンドル名Sippo☆ さん
ブログタイトルSippo☆のネイチャー探索記2
ブログURLhttp://shaoreeju.exblog.jp/
サイト紹介文昆虫、植物中心に撮っています。同じ地球に住む仲間たちの生き生きした表情をお伝えできれば嬉しいです。
自由文昆虫、植物をメインに撮っています。
同じ地球に住む仲間の生き生きした姿をお伝えできれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/01/09 08:51

Sippo☆ さんのブログ記事

  • ■■ 河原の白花舞台 〜 3 〜 ■■
  • 前記事の左上にいる子です運命的な出逢いでした。間違いなく セイボウ(青蜂)の仲間。他のハチに寄生して生きるハチ。その代表格であるオオセイボウは これまで幾度となく出逢いさんざん撮影してきたこの子は、お腹の色が赤いの!名前も知らないまま ひたすら対峙す... [続きを読む]
  • ■■ 河原の白花舞台 ■■
  • 自宅からチャリで15分の河原。灼熱の炎天下。特に目的があるわけでもなく何となく立ち寄ってみた。あまりにも暑く 虫影はほとんど皆無。それでも、何か無いかと汗を拭いながら歩く。彼方に白花が見えた。近づいてみる。花の名前すらわからないけれど... [続きを読む]
  • ■■ 密やかな約束 ■■
  • 3月の個展の際 作り始めたストラップ個人用にいくつか作って楽しんだりしています。ある日、撮影時に背負うリュックにも何か付けたいなあと。いろいろ考えましたが、この子に決めました。初めはリュックに付けていましたが、リュックは背負うもの。後ろしか見えないから、この子には 前を見つめて欲しかったそう、私が見つ... [続きを読む]
  • ■■ 極小の煌めき 〜 5 〜 ■■
  • 極小の虫に魅せられて自分でもよく通ったものだと苦笑いしながらこの日は ちょこっと様子を見て他へ周るつもりだった。何気なく見たら 別の子が、くつろいでいた触角が両方あるから、前々回の子ではないまったりと・・・くつろいでいることは すぐにわかったそして、あることに気づいた... [続きを読む]
  • ■■ 極小の煌めき 〜 4 〜 ■■
  • この子に魅せられて通うこと 5回目だったか、6回目だったか・・・時を経るごとに 個体数が減るのか出会うまでが想いと根気の繰り返し。さんざん探し やっと出会えた この子は葉上でくつろいでいたあなたは お母さん?産卵を終えて 休んでいたのだろうか・・・まったりと お顔洗った... [続きを読む]
  • ■■ 極小の煌めき 〜 1 〜 ■■
  • その子の存在を知ったのは 昨年の晩秋。以来、会いたくてずっと探し続けていた。念願叶ったのは、半年後の今季、5月下旬。小さな緑が輝いて飛んだ。直感でこの子だとわかった。あまりにも小さなこの子。その撮影は、思った以上に困難だった。結果的に5回のリベンジを繰り返すことになった。まずは、初... [続きを読む]
  • ■■ 旅立ちのとき 〜 3 〜 ■■
  • 何も知らないまま 撮影していた・・後から、いろいろ知った。害虫に位置づけされていることそんな虫の生態を詳しく記した文献に出会ったこと。それでもその瞬間を間近に見た驚きと共に記しておこうと思った。害虫という言葉が、常に脳裏を駆け巡りながらこの記事を書き進めた。人間にとって都合の悪... [続きを読む]
  • ■■ 旅立ちのとき 〜 2 〜 ■■
  • 撮影時には 名前すらわからずただ、羽のあるアリだという認識だけだった帰宅してすぐに調べた。この子の名前は 「ヤマトシロアリ」言わずと知れた 人間にとっては「害虫」4〜5月の晴天の午前中。旅立ちの儀式(群飛)は この時に限られ薫風に乗って 一斉に旅立つ。羽化したばかりの子はあまりにも弱く... [続きを読む]
  • ■■ 旅立ちのとき ■■
  • ここ最近 不思議な出逢いが続く・・・大きなテントウムシに驚いたのもつかの間次に待っていたのは、小さな虫たちの不思議な瞬間だった。晴天の日。フィールドで早めの昼食を終え、11:30頃。なんだか、小さな菌のお化けがうごめいているように見えた。それが、第一印象。あまりにも多数で、小さ... [続きを読む]
  • ■■ お邪魔虫 ■■
  • 「お邪魔虫」という言葉の語源って、、、思わず 笑ってしまったけれど虫さん 失礼^^;みんな いっしょうけんめいなんだよね(*´∇`*) [続きを読む]