aratasuzuki さん プロフィール

  •  
aratasuzukiさん: ゆっくりいこう
ハンドル名aratasuzuki さん
ブログタイトルゆっくりいこう
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/
サイト紹介文ジェフ千葉を中心に日本代表やJリーグなどサッカー全般を取り上げているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2009/01/10 22:56

aratasuzuki さんのブログ記事

  • [JEF] ジェフ戦での湘南の守り方とオシム監督の守り方
  •  試合前にも話した通り、現在の湘南はオシム監督時代のジェフに近いところも感じるサッカーだと思います。  攻撃時はボールを奪ったら素早く縦に繋ぎ、そこに厚みのある流動的なサポートが入っていく。  ジェフ戦ではそこまで攻撃で良い形は作れなかったようにも思いますが、それでも先制点のように右サイド奥でためてCB岡本がサポートにいって素早くクロスを上げるなど、局面局面で湘南らしさを見せていたと思います。  敵な [続きを読む]
  • [JEF] 中盤の数的優位を活かせず0-2で湘南に敗北
  •  予想通り前節対戦した松本ほど、明確なジェフ対策をしてこなかった湘南。  それでも実力差ははっきりと出てしまった印象で、かなり厳しい試合だったと思います。  特に中盤の数的優位には付け入る隙があったと思うのですが、そこをモノにはできず。  前節に続いて、完敗だったかなといった印象です。 ■左サイドを攻略されて湘南が先制  両チーム、メンバーに手を加えてきました。  ジェフは今節も町田が欠場で、サリーナス [続きを読む]
  • [JEF] 流動的な厚みのある攻撃を作る湘南との対戦
  •  いろいろと問題も発生しているDAZNですが、全試合のアーカイブが残るのは嬉しいですね。  おかげで、多くの試合をチェックすることが出来ています。  今のところ私が見たJ2クラブの中で、もっともチームとして完成度の高さを感じるのが湘南です。  前から積極的にプレスをかけていき、セカンドボールへの反応も速く、プレスバックの意識も高い。  攻守にスピーディで、球際も激しく、運動量も豊富。  チームとしての連動 [続きを読む]
  • [JEF] 今季2得点目の清武とサリーナスのインサイド起用
  •  松本戦で途中出場した清武が、今シーズ2ゴール目を決めました。  名古屋戦に続いて、連続ゴールということになりますね。  まだまだシーズン序盤ではありますが、チーム内でのトップスコアラーとなっています。  開幕戦となった町田戦ではスタメン出場を果たした清武ですが、第2節山形戦からはラリベイがスタメンに入り、清武はベンチスタートとなっています。  しかし、第2節から前節まで3試合連続で途中出場を果たし、こ [続きを読む]
  • [F1] 今週末開幕 DAZNで放送されるF1GPの見どころ
  •  久々のF1タグでいつ振りかなと思って振り返ったら、2015年の9月以来でした。  日本人ドライバーが不在で取り上げにくい現状であることと、ブログの統一性なども考えてF1のエントリーは控えていましたが、中継に関してはフジテレビNEXTで欠かさず見ていました。  しかし、昨年途中からDAZNでも中継が行われているということで、久しぶりに今シーズンの展望を書いてみたいと思います。  今年もチャンピオンシップの本命は、メ [続きを読む]
  • [JEF] キム、指宿が松本戦で公式戦初出場
  •  清水からレンタル加入したキムと新潟から加入した指宿が、公式戦で途中出場を果たしました。  キムはちょうど近藤と若狭が復帰し、イがベンチ外になったことも追い風となったのでしょうか。  指宿は結果的に、清武のゴールにつながるシュートを放っています。  ゴールが決まったのは指宿の途中投入直後で、松本の守備陣は指宿がどういった動きをするのか読みにくいところがあったのかもしれません。  指宿が一瞬下がってシ [続きを読む]
  • [JEF] 3-4-2-1での松本のジェフ対策
  •  試合後にも話した通り、松本はしっかりとジェフ戦の準備をしてきて、対策を取ってきた印象です。  その対策について、図を使って考えていきたいと思います。  基本的な守備システムは3-4-2-1で、山形や名古屋と大きく変わらなかったと思います。  1トップ2シャドーがアランダへのパスコースを消しながら、前に行ける状況なら3バックに3人でチェイスをかけていくのも一緒。  ただ、この時のポジションバランスがよく、シャド [続きを読む]
  • [JEF] しっかりと準備をしてきた松本に完敗
  •  松本にしてやられた試合で、ジェフからすれば完敗ということになるのかもしれません。  ただ、対策としては決して松本が特殊な方法をとってきたわけではなく、「やるべきことをやった」試合だったとも言えるのではないでしょうか。  予測できた試合展開だったとも言えるだけに、ジェフの対策が少なかったことに対して残念な印象も受けました。  ジェフのハイラインに対して、サイドの裏や高崎が落としてシャドーが走る形を狙 [続きを読む]
  • [JEF] 堅守を誇る松本とのアウェイゲーム
  •  開幕戦から2勝1分と好調なジェフ。  次の試合では、ここまで1勝1分1敗の松本とアウェイで対戦します。  松本といえば、前節はユニフォームの色がホームの岐阜と似通った色となり話題になりました。  実際、10分にはお互いに選手を見間違えてパスを出してしまった場面があり、その直後には選手の主張もあって一時試合が中断。  結局、ハーフタイムに岐阜側が、2ndユニフォームを着ることになる異例の事態になりました。   [続きを読む]
  • [JEF] プレスのかけ方と町田・アランダの重要性
  •  開幕からここまでのジェフを語る上で、大きなポイントとなっているのはプレスではないかと思います。  特に山形戦、名古屋戦では相手が3バックということもあって、プレスをはめやすい試合が続いている印象です。  J1甲府も同じような5-1-2-2ですが、やはり相手が4バックだと相手SBをどう埋めるのかといった問題は出ているようです。  しかし、幸いにも今季のJ2は3バックが急激に増えて、4バックの方が珍しいような状況にな [続きを読む]
  • [JEF] エスナイデル監督「同じやり方を続けろと指示しました」
  •  名古屋戦で前半終盤に、西野が今季初ゴールを決めました。  名古屋は1点をリードされ、後半途中からは状態が悪い中で捨て身の攻撃をしてきましたから、あの1点は大きかったですね。  流れとしても前半押し込んでいたもののチャンスが作れなくなっていただけに、良い時間帯だったのではないでしょうか。  西野はこれまでにもセットプレーのターゲットとなっていますが、単純な高さというよりもセットプレー時の飛び込み方がう [続きを読む]
  • [JEF] 清水からキム・ボムヨンをレンタルで獲得
  •  清水からキム・ボムヨンのレンタルで獲得したことが発表されました。  もともと広島から清水にレンタル移籍していた選手ですが、このタイミングで広島から完全移籍した上で、ジェフにレンタル移籍すると清水の公式サイトに掲載されています。  清水としては構想外だったもののレンタル選手をさらにレンタルすることが契約上できなかったために、まず買い取ってからレンタルに回したということなのでしょうか。  ジェフに関し [続きを読む]
  • [JEF] 阿部翔平が甲府にレンタル移籍
  •  昨日、阿部翔平が古巣甲府にレンタル移籍すると発表されました。  ジェフとしては二週連続での移籍発表ということになり、どちらも驚きでしたね。  阿部としてはプロ入りしたチームである、名古屋戦直後の移籍発表ということにもなります。  昨シーズンの阿部に関しては、1月にもまとめて話しています。  シーズン序盤こそ鋭いクロスや楔のパスで貢献していましたが、開幕から数ヶ月で早くも失速。  守備でのスピード面を [続きを読む]
  • [JEF] 運動量で名古屋を上回り2-0の勝利
  •  3月11日の開催ということで、ちょうど東日本大震災のあった日に試合が開催されました。  あれからもう6年も経つのですね。  改めて被災にあわれた方に、お悔やみを申し上げます。  試合の方は予想以上に、ジェフが優勢に試合を進めていきました。  名古屋は前節に続いて動きが悪く、やりたいサッカーが全く出来ていなかった印象です。  逆にジェフの方は、90分を通して良く動けていましたね。 ■セットプレーからジェフが [続きを読む]
  • [JEF] 名古屋のパスワークかジェフのプレスか
  •  1勝1分で迎える第3節。  ジェフはホーム連戦で、J2降格組の名古屋と対戦します。  今シーズンから名古屋は、川崎で指揮を執っていた風間監督が就任しました。  一部ではJ2では違うサッカーをやるのではないかという話もありましたが、名古屋でも徹底したパスサッカーを展開しています。  3-2-4-1のシステムで、左右CBには本来左サイドの内田やボランチでもプレーできる宮原を起用。  両WBにも和泉や杉本など前線でプレーで [続きを読む]
  • [JEF] 山形の3-4-3に対する3-5-2のメリット・デメリット
  •  今年のジェフは3-1-4-2という比較的珍しいシステムを採用しているので、どうしてもシステムのミスマッチが目立つ試合が多いですね。  山形戦後にもお話しましたが、山形もジェフとのミスマッチがあって、京都戦ほどプレスをかけられなかった印象です。  図にすると京都戦ではこのような形で、プレスをかけていました。  山形の1トップ2シャドーがボランチへのパスコースを消して、1トップの阪野がCB中央の闘莉王にチェイスを [続きを読む]
  • [JEF] ラリベイが第2節山形戦で初スタメン
  •  開幕戦ではベンチスタートだったラリベイが、山形戦で今季初スタメン。  フル出場を果たしました。  今後は前線の軸となっていく可能性もあるのでしょうか。  身長186cmと長身FWではありますが、しっかりと動けて足元の技術もある。  何でもできる、オールラウンドなCFといった印象でしょうか。  監督としては、使い勝手の良いFWと言えるのかもしれません。  昨シーズン在籍したエウトンは体幹が強く体の中央に一本の [続きを読む]
  • [JEF] 山形戦で船山がPKを蹴り今シーズン初ゴール
  •  先週末行われた山形戦で、船山がPKを蹴り今季初ゴールを決めました。  昨シーズンはPKからのゴールが1つもなかったジェフですから、PKからのゴールは本当に久しぶりですね。  しかも、今年のNYC札幌戦でもPKを得ましたが、船山が蹴って止められています。  札幌戦でも外しているだけに、山形戦で船山がPKを蹴ろうとしているのを見て若干の不安が過りました。  船山は昨シーズンから決定力不足が目立っているため、他の選手 [続きを読む]
  • [JEF] 新潟から指宿洋史の獲得を発表
  •  土曜日に試合の感想をアップしましたが、今日は臨時ニュースです。  ジェフが昨日、新潟からFW指宿の獲得を発表しました。  確かに新体制発表会の高橋GMの言い方だと、外国人FWと日本人FWが補強候補にあがっているのかなという印象は受けていました。  しかし、その後にラリベイの補強を発表。  時期も時期ですし、もう日本人FW補強の話は流れたのかなと思っていました。  指宿は吉田監督が指導した酒井宏、武富、工藤、 [続きを読む]
  • [JEF] 前への勢いは見せたものの1-1の引き分け
  •  ホーム開幕戦は1-1の引き分け。  思ったよりもゴール前でのプレーの少ない、堅い試合になった印象です。  ジェフは町田戦ほどスペースを使った攻撃は出来ないだろうと思っていましたが、山形も前からのプレスをかけきれなかった。  結果的に両チームともに決定的なチャンスは少ない試合となり、引き分けも妥当な結果ではないかと思います。 ■ジェフが前に圧力をかけるも均衡状態  ジェフはラリベイが初スタメンを果たし、清 [続きを読む]
  • [JEF] ホーム開幕戦で因縁の山形と対戦
  •  開幕戦となったアウェイ町田戦を、1-0の勝利で終えたジェフ。  明日はいよいよホーム開幕戦が行われます。  当ブログでは毎週金曜日に試合の展望をアップしてきましたが、今年からは出来る限り対戦相手の前節内容をより詳しく取り上げていこうかなと思っています。  昨年までも金曜日は対戦相手の話をすることが多かったとは思いますが、もう少し具体的に見ていこうということになります。  時間に余裕がない時は難しい場合 [続きを読む]
  • [JEF] 高橋が高卒ルーキーながら開幕戦でスタメン
  •  高卒ルーキーの高橋が、町田戦で開幕スタメンを果たしました。  報知の記事によるとジェフでの高卒新人選手の開幕スタメンは式田以来21年ぶりで、日刊の記事によると阿部以来17年ぶりと書かれています。  ユース上がりも含めると阿部以来で、高校の部活動出身に限ると式田以来ということになるのでしょうか。  もちろん阿部などは2種登録の頃に16歳でプロデビューし、高3の頃にはすでに主力選手として活躍していました。   [続きを読む]
  • [JEF] ジェフの今シーズン初ゴールは町田也真人
  •  ちょっとややこしいですが、町田也真人が町田ゼルビア戦でジェフの今シーズン初ゴールを決めました。  昨年途中からはチームを引っ張る立場に成長し、背番号10を付けた也真人が今年の開幕戦でゴール。  本人はもちろんのこと、チームが波に乗る上でも大きなゴールだったのかもしれませんね。  先週も話したように、相模原戦では「攻撃している感じはしない」と本人が言うほど、持ち味を出せず試合から消えていた印象でした。 [続きを読む]
  • [JEF] 高橋が下がって受けて也真人が前に飛び出す
  •  今季開幕戦となった町田戦では、ジェフの3-1-4-2が主に攻撃面で町田の4-4-2にうまく嵌まった試合だったと思います。  このあたり、図を交えて振り返っていきます。  逆に開幕前の相模原戦は相模原の4-1-4-1がジェフの3-1-4-2をがっちり嵌めた試合だったと思いますので、その時説明したエントリーと比較しながら見ていくとより状況がわかりやすくなるのではないかと思います。  まず基本的なシステムの関係性について。  町 [続きを読む]