masayuki さん プロフィール

  •  
masayukiさん: ベルギー移住生活
ハンドル名masayuki さん
ブログタイトルベルギー移住生活
ブログURLhttp://belgium-yuki.blogspot.be/
サイト紹介文ベルギー人妻と柴犬Momo(♀)と暮らすベルギー移住生活、街歩き、ビール生活・オランダ語法定翻訳
自由文妻はベルギー人、2008年9月、ベルギーへ移住しました。言葉の違い、文化の違い、環境の違い、すべてが新鮮で、困ったこともあるが、異文化生活を楽しんでいます。写真も豊富で、あなたもベルギーに来た気分に・・・・なれたらいいなあ・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/01/11 04:58

masayuki さんのブログ記事

  • アントワープのビールフェスティバル
  • Facebook「ベルギー街歩き〜ぶらり」を復活させたので、アントワープの街歩きをしてきました(笑)目的をもって行ったので「〜ぶらり」 じゃないかな? お決まりのアントワープ中央駅。時計台の前では、ルーマニアから来たらしい団体さんが賑やかに記念写真を撮っていた。なぜルーマニアだと判ったかというと、ルーマニアの国旗を広げていたから ・・・ なぜルーマニアの国旗を知っているかというと、ベルギー国旗に似ていて、 [続きを読む]
  • 復活! ベルギー移住生活
  • 3ヵ月前に日本帰国したはずなのに、沖縄脱出してベルギーに戻ってきました(笑)まぁ、元々その予定だったので驚くべき事でもないけどね。今回の3ヵ月帰国は、次なる「沖縄逆移住生活」のための準備期間なのでありました。沖縄での3ヵ月間は、毎日が忙しい上にネット環境が劣悪で(自分がそうしているのだけど)データ通信量が残り少なくなった月末は「ネット難民」になる始末で、ブログ更新とかFacebook投稿も限定的にならざるを [続きを読む]
  • 沖縄からの報告!
  • 沖縄逆移住生活の始まり。新たなブログを立ち上げようと思ったが「そんな暇はない!」1ヵ月が経過しましたよ(笑)やっとやっと沖縄からの報告が出来ます。「沖縄逆移住生活」というブログをはじめました。徐々にしかブログの「カタチ」も整えられないと思うので、今は、サッと目を通す程度にしていてください ・・・ 少しずつ変えていきます。「まさゆき」「おおしろ」「ゆき」「マスター」「くちょう(区長)さん」「馬天の鍛 [続きを読む]
  • 最後のメッヘレン訪問
  • ベルギー移住生活8年半、何度も通ったメッヘレンの町に、おそらく最後の訪問をしてきた。(今後はたまに観光で訪れるかもしれないが)もう日本(沖縄)に帰ってきています。この記事はベルギーの残り時間、沖縄に着いてもバタバタして、書き終える事が出来ませんでした(笑)移住生活の中で、嫁のKatrienが法定翻訳家として事業を始めたので、僕はそのスタッフとして働くこともあっり、翻訳書類を「法定翻訳」とするためにメッヘレ [続きを読む]
  • 送別会が開かれてしまった
  • 前回の記事「なるほど!ザ・おきなわ」の講話が終わった後、みんなしてレストランへ移動して「送別会」なるものが開催された。「日本帰国」 と、いうと大げさな反響があるんだよねぇ。 僕は、「嫁はベルギー人だから、度々ベルギーに来るから、そんなことはしなくていいよ」と言っておいたのだけど、やられてしまった(笑)アントワープで一緒に活動していたメンバーというのは、前回記事で書いた「日本語を話そう会」のメンバー [続きを読む]
  • なるほど! ザ・おきなわ という話
  • 「なるほど! ザ・おきなわ」お察しの通り、TV番組「なるほど! ザ・ワールド」をパクって、知られざる沖縄を紹介する番組です ・・・ いや、番組じゃない ・・・ リラックスしたクラスでの講話です。Facebook では「秘密のグループ」としているが、ここでは隠す必要もあるまい、アントワープで活動するグループ 「日本語を話そう会」の中で、今回は僕が講話を受け持つことになったので、「沖縄」をテーマに、分かりやすく [続きを読む]
  • ブルージュ観光 カフェ巡り
  • 日本帰国の前にベルギーでのやり残しのないようにと、春のブルージュへ行ってきた。天気はまあまあの月曜日の午後。訳あって、スタートがメッヘレン(Mechelen)駅だった。メッヘレン駅の2番ホーム ・・・ 歴史を感じさせる武骨な鉄骨のアーチ橋の下から電車がやってくる。反対側にも鉄骨橋 ・・・ 先週だったか、新しい橋を架ける作業が行われたとニュースでやっていた。そう、この歴史的なメッヘレン駅もただいま新駅を建設 [続きを読む]
  • 好天 ベルギー人夫妻との食事
  • 天気の良かった日曜日。Momoちゃん連れて、車で買い物へ ・・・ 買い物の前にMomoちゃん用足し!相変わらず両足上げの特技はスゴイです(笑)涼しい顔のMomo 遠くに見えるのはリールの町の聖グマルス教会。川の土手で若者たちが何かの撮影をしているのか ・・・青空に、自然観察地帯の池 ・・・ドリス・ヴァン・ノッテンの家 サイクリングのグループ。この後、日曜日に開いているスーパーへ買い物へ ・・・ 寿 [続きを読む]
  • 徒然に 日々の事
  • たまには気ままに、徒然に、(支離滅裂かもしれないけど)書いてみよう。今朝、久しぶりに天気が良く、わが家のテラスにも陽が差していたので、朝食のあとのコーヒーカップを手にしてテラスに立ち、(貴重な)陽を浴びていたら、目の前の木にアカリス君がやってきた!遊歩道を背にして、木の幹に隠れているようにも見える ・・・ 遊歩道を犬連れの人やジョギングの人、自転車が通る。わが家のキッチンにはこんなものがお目見えし [続きを読む]
  • Lier で街歩き〜ぶらり
  • 住んでいる地元リール市(Lier)2週間ほど前から、イベント続きだったねぇ ・・・ アントワープの美術館巡り、ゲントでの大ピクニック、バンシュのカーニバル、ブリュッセルの美術館巡り ・・・ 結構大変でした。天気はいまいちな日が多かったしね。いや、楽しかったのだけど、撮ってきた写真の量が多かったので、編集、整理が大変なんだよね。おまけに、この一週間ほど、風邪の症状で、喉が痛かったり、鼻水が出たり、1−2日 [続きを読む]
  • 世紀末美術館 Brussel
  • ブリュッセルには 「世紀末博物館(Fin-de-Sièclemuseum)」 なんてのがあるんだねぇ ・・・ 知らなかった。でも、日本のガイドブックにも紹介されているから価値のあるものなんだろう。「世紀末」なんて聞くと、おどろおどろしいイメージがするのだけど、それはフランスにおいて19世紀末は、没落期で退廃感が漂っていた時代から来るものらしい。ところが、ベルギーのブリュッセルは、その時代に文化の最先端を行く中心地とし [続きを読む]
  • マグリット美術館 Brussel
  • マグリット美術館(Magritte Museum)にも行ってみた。美術や絵画の世界には疎い僕が、名前は知っていても、興味はなかったルネ・マグリット(Rene Magritte)を身近に感じたのは、ブリュッセルでカフェ巡りをしている時に「Het Goudblommeke in Papier」を訪ねたら、壁に古い写真が飾ってあり、その写真からマグリットがこのカフェの常連だったということが判ってからである(笑)これがその写真(右から2番目がマグリット)その [続きを読む]
  • 楽器博物館 Brussel
  • ブリュッセルに楽器博物館(Muziekinstrumentenmuseum)というのがあり、建物がアールヌーボー建築という事でも有名で、よくその前の通りを歩くので写真を撮ったりしていたのだけど、今回は中に入ってみる事にした。理由は単純に、その日が無料だったから(笑)アントワープが月の最終水曜日を「美術館・博物館無料の日」としているのに対し、ブリュッセルは月の最初の水曜日と、最初の日曜日の2回に分けて、無料入場の日としてい [続きを読む]
  • バンシュのカーニバル 02
  • バンシュのカーニバル。パレードの主役のジルたちを4種類、すべて見て、それでも次々に登場してくるのできりがない感じがして、立ち疲れしてきたのでパレードのコースから立ち去った僕だった(笑) 市街を取り囲む城壁を見に行く ・・・ すると空はすっかり青空!リールを出てバンシュへ向かう電車の中で2時間あったが、殆ど小雨模様だったのに、カーニバルの盛り上がりと共に雲が切れてきた。旧市街のはずれの外周を歩いて [続きを読む]
  • バンシュのカーニバル 01
  • 2月28日(火) BINCHE(バンシュ)ワロン地方フランス語圏の町で、リール市から100kmほど南下した町 ・・・ 旧市街は城壁に囲まれてはいるが、今は寂れたように静かな町。ところが16世紀には、スペイン王カール(のちに神聖ローマ帝国皇帝)の妹マリアがネーデルラントの総督として、立派な宮殿を構え、街は繁栄していたという。スペインが南米のインカを征服したあと、1549年にバンシュの宮殿での祝宴で、インカの衣装を着た踊 [続きを読む]
  • ゲントで大ピクニック! 02
  • タイトルが大ピクニックとなっているが、総勢25名くらいいたのに、2グループに分かれて、その後も自在に分裂していったので、僕は殆ど4名グループで歩いていた(笑)次の全体集合は19時となっていたので3時間ほどの自由行動だった(長い!)僕は「ゲントで入一番古いカフェ」にも行きたかったので、市庁舎の前にある「Café Den Turk」に入ってみた。ここもお客さんが多くて、あまり写真を撮れなかったが、確かに古いではあるだろ [続きを読む]
  • ゲントで大ピクニック! 01
  • 今回は花の都ゲント!とは言っても、この時期には花はほとんど見えない。古い石造建築を見て回る事になる。 11世紀にフランドル伯から「自由都市」の権利を受けてから、繊維産業で大いに繁栄し、13世紀から14世紀にかけては北ヨーロッパの重要な交易都市となった。現在のゲントには、その頃の繁栄を偲ばせる建造物がたくさん残っていて、それを眺めながら歩くのが楽しい。花はどこへ行った〜ゲントの花は去年、5年に1度の祭典 [続きを読む]
  • 美術館はしごの日 2
  • アントワープの美術館はしごの日、第2弾(笑)午後から出かけたので、せいぜい4軒回るのが精いっぱいかなぁ〜、途中カフェでのビール休憩もあるし ・・・ いやいや、トイレ休憩!(美術館に大抵トイレは付いているが・・・)この日3軒目の美術館は、世界遺産にも登録されている、「プランタン・モレトゥス印刷博物館(Museum Plantin-Moretus)」 ルーベンスとの親交もあったというプランタン家、モレトゥス家だったので、 [続きを読む]
  • 美術館はしごの日?
  • オランダから帰国後1週間以上経ちました。チョット行ってきただけの隣国オランダの事を、たいそうな旅行でもしてきたかのように7回シリーズで記事にしたのも大したものだ(笑)さて、今回はアントワープ。現代から歴史を遡っても、アントワープで一番有名な人物はルーベンスだね。知らない?日本人なら知っている「フランダースの犬」の物語で、ネロ少年がずっと見たいと思っていた大聖堂の祭壇画「キリストの降架」・・・ それを [続きを読む]
  • ゴーダへGo!だ?
  • 「オランダで街歩き〜ぶらり」 第7弾!ライデンのあとはゴーダへGo!だ?なんて言って、やってきましたチーズの町ゴーダ。 チーズの町だから、さぞやチーズが花盛りの町なんだろうなと思っていたが、チーズの専門店らしきのは、この1軒しかなかった(笑)もっと探せばあったかもしれないが、僕らが普通に町の中心部を歩いた範囲での印象です。町の中心の広場(Markt) ゴーダの広場に来たMomo「Momo、はいチーズ!」「 [続きを読む]
  • ライデン大学に入ったMomo!
  • 「オランダで街歩き〜ぶらり」 第6弾!まだ続くのかい?って、あとしばらくお付き合いください。オランダもベルギーと同じく、小さな国なので、ちょっと名の知れた町から町までの距離が短い。前回のデン・ハーグから、今回のライデン(Leiden)までは19.2km、車で約30分の距離である。ライデンの西市門と跳ね橋(Morspoortbrug) 市門の脇に大砲が置かれている(白いのは雪)ライデンも昔は要塞都市であり、旧市街は堀で囲ま [続きを読む]
  • オランダの海辺にスケベ人間?
  • 「オランダで街歩き〜ぶらり」 第5弾!「オランダの海辺にスケベ人間?」というタイトルで、ドキッとしたあなたは日本人です(笑)オランダ語で Scheveningen と表記される海辺の町なんだけど、日本人的にローマ字読みをしたら「スケベニンゲン」か、良くても「スケヴェニンゲン」だよね。オランダ語では「スケーフェニンヘン」というような発音になる。日本人には記憶に残る地名であることは確かだ(笑)そんなことはさておい [続きを読む]
  • デン・ハーグ Den Haag
  • 「オランダで街歩き〜ぶらり」 第3弾!オランダの政治の中心地、デンハーグに来た。夕刻にホテルに着いて、夕闇が迫る青い空と、町の夜景を見る事が出来た。ホテルのチェックイン時に、Katrienとフロント係の会話を聞いていると、確かにオランダ語ではあるが、オランダ人の話すオランダ語は、僕にはほとんど聞き取れなかった(笑)僕がベルギーで習ったオランダ語は、フラマン語ともいわれるので、オランダ語のベルギー方言という [続きを読む]
  • デルフト Delft
  • オランダのデルフトと言えば 「デルフト焼き!」決して食べられるものではないよ〜(どら焼きか!)オランダ旅行に行ったとしたら、お土産にはチーズと風車の模型とか、白地に青の絵柄の入ったデルフト焼きが含まれるのではないだろうか。規模としては小さな町だけど、運河が多く、それに架かる石橋も多く、古い町並みとしての写真スポットが多い所が素晴らしい!上の写真は運河と石橋、遠くに新教会の塔が見える。 石橋と教 [続きを読む]
  • ロッテルダム! 02
  • FBページ「ベルギー街歩き〜ぶらり」は、しばらく「オランダで街歩き〜ぶらり」に内容変更してお送りしております。(笑)今回はロッテルダム、第2回目の放送になります(放送じゃないって!)「ロッテルダム(Rotterdam)」とはロッテ(Rotte)川の堤防(dam)と言う意味である」(Wikiより)その他ロッテルダムという都市について詳しい事はWikiに譲って楽(略)します(笑)。前回記事で書いた通り、「世界初の歩行者天国、ライ [続きを読む]