corsa さん プロフィール

  •  
corsaさん: イタリア徒然
ハンドル名corsa さん
ブログタイトルイタリア徒然
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/notaitalia
サイト紹介文イタリアに暮らしつつ、寄り道をしながら中世ロマネスクを歩きます。
自由文メインはロマネスク美術ですが、全然関係のないモトGPについても語っちゃいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2009/01/11 22:48

corsa さんのブログ記事

  • 沈黙恐怖症がいいこともあり。
  • 春のグラッパ合宿、東部編、その3前回記事のトップに貼った地図を見ていただくとわかるかと思うのですが、このあたり、狭い地域に、結構多くの蒸留所がひしめいています。グラッパ街道的な。前回の蒸留所から、ちょっと北上した村に、次の目的地があります。ペッツィ蒸留所Distilleria PezziPiazza S.Barbara 5, Campodenno (TN)小さな村の住宅地に入り込んだ、まるで普通のお家のようなたたずまいの蒸留所。まさにファミリー経営 [続きを読む]
  • ファミリー・ツリー自慢。いいけどね。
  • 春のグラッパ合宿、東部編、その2先に進みます。前回訪ねた、トレントの北部メッツォコローナMezzocoronaを、さらに北上する道なりに、いくつかの目的地があります。まずは、こちら。ヴィッラ・デ・ヴァルダ蒸留所Distilleria Villa de Varda。Via Rotaliana 27/A, Mezzolombardo (TN)運送トラックと同じように、工場の配送口にアクセスするような入り口から入りますので、ここは、販売所がないのではないか、といぶかしみつつ、建 [続きを読む]
  • この春は、果実系で決まり!
  • 春のグラッパ合宿、東部編、その1年二回、恒例となったグラッパ合宿、この春で、なんと8回目となりました。春の合宿は、イタリア東部、ベネトやフリウリ方面という決まりで、今回は、5月25日から28日の週末、二泊三日でした。なんと、もう1か月も立ってしまったのですね。他との兼ね合いで、ブログアップは遅れてしまったのですが、自分のマニュアル記録用としての絵日記は、さっさと完成。こういうの作ると、マニュアルの記録は、 [続きを読む]
  • ぎっしりみっちりびっしり!(トゥデーラ2)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その29お祭りに振り回されてしまいましたが、目的の教会、一つだけは発見して、見学することができました。三つ、リストアップしていましたが、時間の余裕もない中で、お祭り優先してしまって、他二つは、探す手立てもなく、あっさりあきらめました。 人々の後について、訳も分からず歩いているうちに、たどり着いたのが、カテドラルです。サンタ・マリア大聖堂Catedral de Santa Maria [続きを読む]
  • 巨人に翻弄された巻(トゥデーラ)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その28ナヴァラ編最後は、実は旅の最後に立ち寄った町となるので、ここで取り上げるか、最後にしようかちょっと悩んだのですが、やはり、ロマネスク的には、地域でまとめた方が、理解も含めて有益と思い、やはりここに挿入することとしました。最後にするには、若干しょぼい内容だった、という事実もありますし。空港に行く時間を気にしながら立ち寄った最後の町は、トゥデーラTudelaで [続きを読む]
  • 開いててよかった〜!古い言い回しながら、実感です。(イラチェ修道院)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その25エステージャを堪能した後、時間的にかなり厳しかったのですが、もしかしてギリギリ間に合うか、という微妙なところで向かったのが、イラチェ修道院Monasterio de Iracheのサンタ・マリア教会Iglesia de Santa Mariaです。エステージャの南方3キロと、距離は近かったのですが、13時15分で一旦閉まって閉まり、午後の見学は16時から、という、スペインらしい時間なのを、事前に調査 [続きを読む]
  • 上ったり下りたり、見上げたり見下ろしたり(エステージャ3)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その23エステージャEstellaのサン・ペドロ・デ・ラ・ルア教会Iglesia de San Pedro de la Rua、最初に紹介したように、ちょっとした高台にあります。ファサードから、町を見下ろすと、目の前にある建物が、目につきます。 アーチの感じや、窓の様子が、同時代のにおいプンプン。デジカメのズームを使ってみます。 地上のアーチは、装飾性もなく、シンプルなもので、いつの時代のものか [続きを読む]
  • 溶けてもかわいいライオンやプレッツェル文様(エステージャ2)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その22エステージャEstellaのサン・ペドロ・デ・ラ・ルア教会Iglesia de San Pedro de la Rua、続きです。前回は、この教会一番の注目アイテム、回廊を紹介しましたが、教会本堂にも残る、わずかなロマネスクについても、しっかりチェックしてきました。 どこだと思いますか?ここはスペイン、当然のことながら、軒持ち送りです! 常にその時代時代で現役教会であるがために、多くの変 [続きを読む]
  • いつまでたっても、ダニエルだけじゃねぇ。(エステージャ1)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その21次に訪ねたのは、エステージャEstella。星という名前の町です。この辺りは、もう巡礼の道そのままで、たどっていけば自然に巡礼してる状態になります。以前にも何回か触れたことがあると思いますが、ブログを始める前、始めてからしばらくの間も、手書きで旅の絵日記を作っていました。あんまり手間がかかるので、残念ながらやめちゃったんですが、この辺りは、確かあったはず、と [続きを読む]
  • 時代はちょっと下るんだけど、紋章も楽しい(シラウキ)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その20プエンタ・ラ・レイナの次に訪ねたのは、とっても懐かしく覚えている村、シラウキCirauquiです。 旧市街へと続く、この門のわきに立つ、小さな十字架。再建にも見えるのですが、最初に訪ねた時、かわいい〜!とスケッチしたので、とてもよく記憶に残っています。その割に、街並みは、ほとんど忘れていたので、我ながらがっかりの記憶力でしたけれど。ただ、当時は今よりももっと [続きを読む]
  • 2017年2月3月4月に読んだ本、備忘録
  • 先週末、恒例のグラッパ合宿でした。またまたたっぷりと、おいしいグラッパを仕入れてきた結果、ついつい、夜はグラッパ漬けになってしまって、ブログアップもさぼり気味。今更ですが、先月、すっかり忘れていましたので、まとめてアップです。大体、読書量が減ったままで、今回もとっても少ないです。だからと言って、読む時間が減った原因である、通勤時のフランス語学習が、前に進んでいるわけでもないので、なんだか、損してい [続きを読む]
  • 海馬がどんどんダメになってる〜!(オロリス)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その16このあたり、かなり平原なんですが、うろうろと、かなり苦労しながらの道程になりました。まずは、またもやのアイン攻めで、エリスタインを目指したものの、ナビがおかしくなって、何もないところで、「着きました」の繰り返し。30分弱の範囲で相当うろうろした挙句、気持ちを切り替えて、次の目的地に方向転換。到着したのは、オロリスOlorizです。 サン・バルトロメ教会Iglesia [続きを読む]
  • アイン攻め!なんだろう、アインって。(オリソアイン)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その15ガリノアインGarinoainで、予想外に素敵な教会に出会い、ちょっといい気になりすぎたか、この後、大失敗しました。かなり近くの村を目指したのですが、到着してみると、どうも、何か変。 丘の上にあって、一見すると雰囲気はあるんですが、近寄ると、絶対違う!幸い、説明版があったことで、自分の大失敗に気付きました。また、地域の地図を貼りますが、目指していたのは、ガリノ [続きを読む]
  • 村で唯一のレストラン、アンヘル(ガリソアイン)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その14さて、こっからしばらくは、おそらく超を付けても、納得のマイナー教会が続きます。教会がマイナーなら町村もマイナーで、その上、なんだか響きが似ていたりして再三、行き先がわからなくなったりして、えらい目にもあいました。結果として、わざわざ行く場所かというと、どうだろうとも思いましたが、でも、とにかく、現場見ないことには、本当のところわからないわけで、行くし [続きを読む]
  • ここのヨーダ度はすごい(オルコス)
  • 2015.07.スペインの旅、ナヴァラNavarra編、その13各教会のオープン時間などを考慮して、この先宿泊地を移動する先の方にまで、足を延ばしたりの無駄走りで、エウナーテまで行きましたが、そのおかげで、時間の無駄もなく、結構きちんと見学できています。ここで、宿のあるオリーテ方向に戻りつつ、見学となります。向かったのは、オルコスOlcozという村。サン・ミゲル教会Iglesia de San Miguel。小さな村の教会だというのに、と [続きを読む]
  • 最後はなぜか日本発ばかり(フオリサローネ11)
  • どうしても見たいものを厳選したおかげで、意外とサクサクと見学できて、まだ時間と体力に余裕があったため、地下鉄で一気に移動して、できれば見たかった場所、もう一つ、行けました。トリエンナーレ・ディ・ミラノTriennale di Milano, Viale Alemagna 6, Milano現代美術館の一つですが、デザイン中心の展覧会を常設しており、フオリサローネでは、いつも何かしら展示があります。入ってすぐ、大きなスペースをとっていたのが、 [続きを読む]