りすねこ さん プロフィール

  •  
りすねこさん: Violin Again
ハンドル名りすねこ さん
ブログタイトルViolin Again
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/violinagain/
サイト紹介文大人から始め、中断2回。再々開し、子供も同じ教室でレッスンを受けることに…!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/01/13 15:10

りすねこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • まさか!
  • 人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、まさか!ドラマ「カルテット」の中にも出てきたセリフだけど、私の方も結構「まさか!」な展開なのだった。まず息子だけれど、4巻は残り3曲となっている。ヴィヴァルディa-moll第3楽章を練習中。CDをあまり聞かなくなってきてしまい(自分の好きなCDを聞いたりしてる…)、曲の暗譜が怪しくなってきた。けれど、私が苦労した難しい箇所は、案外超スピードで弾くのでビビる…。先生の中では、 [続きを読む]
  • パンドラの箱を開ける
  • N饗のコンサートマスター通称「まろさん」プロデュースの「パンドラの箱」という通販商品があって、実はおととしの秋ぐらいだったかに購入したのだった。これはDVD2枚と解説本1冊がセットになった商品である。で、解説本の方はざっと読んだんだけど、DVDは見る暇がないまま、封を切られることもなく置かれていた。解説本の内容は、大雑把に言うと、「基礎が大切・音階が大切・弾けないところをそのままにして先に行っても上達は見 [続きを読む]
  • ウィンターコンサート終了
  • 毎年、年末に行われるウィンターコンサートが終了。今年は、息子が初めてオケのメンバーとして加わった。とはいえ、一部のみで、曲数も4曲だけだった。同じく第2バイオリンを担当したのだけれど、合同練習の時には基本的には参加しなくてよく、最後の方の合わせにだけ参加。私はすべての曲に出演するというハードスケジュールに。(練習の時は休憩はあるものの3時間ぐらい連続で…。体が痛い・・・)最初は、息子が出るところは出な [続きを読む]
  • 息子、ザイツを終了
  • 4巻にあっという間に入った息子だったが、ザイツの3曲もなんだかんだで一気に終わってしまった。やはり私が弾いていたのを聞いていたのがよかったのか、何だかわからないのだけれど、音はかなり正確に取ってくる。(正確には違うのかもしれないが、素人の私レベルからしたら、そんなに音が外れてはなくて、普通に聞こえる程度)3曲目の重音は結構難しくて、教えるこっちも苦労したけれど、ものにすると、案外テンポ速く弾き出す。と [続きを読む]
  • ビオラの誘い&構え方
  • 5巻に入って、1番目のバッハは、4巻の曲より難易度が低かったのか、弾きこなすまでには全然至らなかったが、1回で終わりになった。何しろ月に1回のレッスンなので、もう1回弾くと先に進まないし…。2曲目はやらなくてもいいということで、一気に3番目のヴィヴァルディに進むことに。ヴィヴァルディとは相性が悪いよなーと思いつつ、弾いてみると…。最初の方は、4巻のヴィヴァルディより弾きやすくないですか?あと、メロディが結 [続きを読む]
  • 4巻をようやく終了
  • 息子が3巻を終了し、4巻に入った。このままじゃ抜かされる…かも…と思ったけど、私の方が4巻を終了して、ようやくようやくようやく…5巻に進むことに。自分がもはや何年バイオリンをやっているのかがよくわからないが、結婚前に習った後ブランクを経て、今の教室に入会。スズキ2巻〜始め、4巻のビバルディの1曲目までで、産休育休で数年のブランク。また1巻〜復習を始め、ついに4巻合格だけど、この4巻を始めたのが、2009年なので [続きを読む]
  • 息子、3巻合格とオケに参加
  • 息子、オーケストラで弾く予定の曲が自分の好きな曲で、それが弾きたいらしい。先生が「3巻を合格したら弾いてもいいよ〜」と言ってくれて、息子、俄然がんばった。そして、すごい雑で、結構いい加減なところもあったけど、なんと3巻を合格。2巻をいつ合格したっけ?と思うと、今年の3月ぐらいだから、またまた半年ぐらいで終わっちゃったの?そんなわけで、初めて難しいほうの(一番やさしいクラス)オケに入ることになったみたい [続きを読む]
  • 発表会終了後…
  • 発表会が終わり、次は冬のコンサートに向けてのオケ練が本格化してきた私…。とはいえ、4巻があともう少しで終わりそうなので、息子に追い抜かされる前に合格したい…。ということで、がんばった結果、ボームの「無窮動」は一回で合格になり、残るのはヴィヴァルディの2曲目のほうだけに…。(発表会のために練習したため「ドッペル」は少しあやしいところもあったけど、合格になった…)ヴィヴァルディの2曲目は、16分音符の連続 [続きを読む]
  • 発表会終了
  • 忙しくてなかなか書けなかったけれど、発表会が終わって、バイオリンレッスンも夏休みに。7月後半に体調を崩し、なかなか治らずに大丈夫か心配だった息子も何とか回復してくれて、無事に健康な状態で発表会を迎えることができた。結局息子の曲の仕上がりのほうがよかったので、息子のレッスンの最後の2回、母のほうのピアノ合わせをやっていただき、何とか止まらずに弾ける感じになったのでよかった。発表会は大人の部が先。舞台で [続きを読む]
  • 勉強会
  • 発表会前にみんなの前で演奏を披露して、採点しあう勉強会。発表会前のリハーサルみたいなもの。しかし、息子は体調を崩して高熱が続き、練習もしばらくできず、勉強会に出られるかも危ういと思ったのだけれど、奇跡的に回復。当日はマスク姿で演奏。去年はほかの子の演奏を静かに聞いていることができなかったけれど、さすがに今年はとりあえずは静かにしていることができ、その辺は成長したかなーと。また去年は字を書くのが難し [続きを読む]
  • 息子、1/8に&発表会前
  • 何だか忙しくて放置状態だったけれど、近況を…。顎当てカバーは中国製だったのだけれど、ゴムがちぎれて使い物にならなくなり、色々試したのだけれど、ヘアゴムを使って固定する方式に落ち着く。輪ゴムのぶっといのだったから、何度もひっかけているうちに劣化したようで…。そして、息子の楽器は1/10から1/8にサイズアップ。息子の身長は113cmぐらいかな…。ちょっとネックが長い気もするけれど、まあそれなりに。1/10サイズに比 [続きを読む]
  • 息子の弦を交換
  • 息子のバイオリンは1/10。使い出してから1年ちょっとかな?使い出した時、多分1年ちょっとしたら次のサイズに変わるかなーと思っていたんだけれど、今のところ先生から何も言われないので、そのまま使っている。で、ふと気づいたら、弦が切れかかっていた。特にA線はひどくて、弦にコイル状に巻きつけられている部分がはがれている。これでは、弦を押さえるときも痛かったのでは?もう少し早く気付けばよかった…。切れなかったの [続きを読む]
  • 最近の息子とラ・フォル・ジュルネ
  • 息子は、新学期早々、病に倒れ、レッスンを1週お休み。そして、その次の週はだれたままレッスンをして、全然進まず、GWに入ってしまい、教室はお休み…。ということで、ずっと同じ曲を弾いているんだけど、♭や♯、ナチュラルの音の区別があいまいすぎて、何だか気持ち悪い音楽を奏でている。やる気もあるんだかないんだかわからず、これだけ長く同じ曲をやっていても、あまりにも進歩がないので、かなり口汚く怒ってしまい、息子 [続きを読む]
  • 肩当てその後&ビブラートの練習
  • 息子、スズキ3巻を練習中。肩当ては、子供用のEVERESTを発見し、購入。やっぱりいいみたいで、こちらを愛用することに。ただ、折りたためないタイプで(折りたためるタイプが子供用にあるかは調べてもよくわからなかった…)、楽器のケースの中に入らない。そのため、先生の家にレッスンに行くときに、つい忘れてしまうことが…。先生のお宅で、お借りした肩当てはKUNだったのだけれど、KUNにも色々あるようで、こちらのKUNは前にう [続きを読む]
  • 息子、2巻合格
  • 2巻に入ったのが10月ごろ。まあ、順調に進みまして、約半年で2巻を合格。とはいえ、雑…。粗すぎる…。先生もおまけで合格にしてくれたような気もする…。息子と同じ年齢の男の子が、息子より少し後から始めたけれど、息子をちょっと抜かしている。抜きつ抜かれつな感じなのだけれど、内容は向こうのほうが上だと思う。先生に言われたこともしっかり守って弾けているようだ。うちの子…すぐに言われたことは忘れ、家での復習は超高 [続きを読む]
  • 元の場所にたどり着く…
  • バイオリンを最後に中断したのは、スズキ4巻の4 「ビバルディ 協奏曲イ短調 第1楽章」を終えたところだった。産後、ずっとできなくて、やっと復帰して、1巻からやり直して、4巻は前にやらなかったザイツをもう一度やって(以前習っていた時に「新しいバイオリン教本」で弾いたことはあった)、それで、またビバルディに戻った。やっぱり弾けないところは一緒。弓の使い方が難しく、これ以上上達しないのかなーとも思ったりもしつ [続きを読む]
  • 顎当てカバーと肩当てと…
  • 息子は肌が弱く、バイオリンのニスが悪いのか、接触する部分の金属っぽいところが悪いのか、とにかくバイオリンが首筋に当たると、赤くなって、かゆいらしい。そのかゆい部分を無意識にかきむしると血が出てきてしまうことも…。バイオリンの練習を長時間しているお子さんに、首とか鎖骨とからへんにあざがあることがあると思うんだけど、我が家の場合はそんなに長時間でもないし、そういうものではないと思う。それで、薬を塗った [続きを読む]
  • レッスン時間の変更
  • 新しい年に入り、息子のレッスンの時間が30分から45分に変更に。金額も変わるし、迷ったけれど、本人がやる気であることと、確かに聴音やソルフェージュ(歌)が入って来て、時間が足りなくなってきていたので、延長することにした。前半の聴音はもはや私は見ているだけにして、先生と二人きりの世界でやってもらっている。どうも私が横にいると、息子がふざけるということがわかって来て、最近、私は息子と同じ部屋には入らず、隣の [続きを読む]
  • オーケストラの舞台終了
  • 年末のオーケストラの舞台が何とか終了。今年は息子は2曲に参加。私とも共演。そして、私は3曲+組曲に参加。目立たないように…と思っていたのに、思い切り目立った間違いをしてしまい、冷や汗が出たけれど、一部弾けないところはエア・バイオリンを入れながら、何とか最後まで…。とりあえず終わってよかったー。息子も今回は熱を出すこともなく、元気に過ごすことができて、教室のお友達とも仲良くやってくれていて、ほっとした [続きを読む]
  • 大人の弓の持ち方に
  • 息子はスズキの2巻に入り、譜読みには苦労しているものの、音階の種類とかも少しずつ増え、日増しに上達しているような気もする最近。子供の弓の持ち方でずっと来たけれど、先生が、そろそろ大人の弓の持ち方にしてもよいでしょう…と言ってくださって、大人の弓の持ち方に。私なりに考えたポイントは…きつねの手で、親指は曲げて、丸くして、中指とくっつけるような感じ。中指と薬指はついていてもいいが、人差し指は少し離して [続きを読む]
  • 母は停滞中…
  • 息子は着実に進歩を続けているものの、母は停滞中…。とりあえず4巻-3のザイツは終わり、前にもやったヴィヴァルディのイ短調に入ったものの、やっぱり弾けないところは前と同じであった。ミラシラミラシラ・・・と続くところと、最後の同じようなフレーズのところ。ここの弓が難しくって、ゆっくりならいいのだろうけど、スピードに乗っては弾けない。私の場合、弓を持つ右手が固いようで、ひじを固定させて、手首を使ってのボウ [続きを読む]
  • 息子、1巻合格
  • 息子、バイオリンを始めて1年ちょっと。最初の頃はレッスンも真面目に受けていたけれど、段々慣れてくると本性が出てきて、レッスン中にふざけたり、また、できないと怒り出したり、気分の波も激しくなってきて、最初ほどは進まなくなった。ソルフェージュ(歌)、ソルフェージュ(筆記)、聴音(筆記)などが彼の苦手とするところで、レッスンの前半にそういうのが入って来ていて、字を書くことがまだできない彼には、音符を5線上にうま [続きを読む]
  • 夏休み終了&1年経ちました
  • 発表会が終わり、数回レッスンがあったのち、バイオリンも夏休みに入った。やりたい人は、夏休みにもレッスンを受けられたのだけれど、我が家は出かける予定もあったし、無理! 教室に連れて行くのも暑いしね…。夏休み、熱心なお宅は、旅行などにもバイオリンを持って行って練習するようなのだけれど、我が家は無理だと判断。荷物になるので持って行かなかった。それから、お盆休みの外出なども、やれる日はやったりもしたけれど [続きを読む]
  • 発表会終了
  • 7月後半の発表会…様々なトラブルに見舞われたけれど、何とか終了…。まず私…。とんでもない失態をし、動揺したまま舞台に立つ…。舞台上でもちょっとしたトラブルに見舞われたけど、ほかの方に助けていただいて、まあ、何とか最初から最後まで演奏した。動揺していた割には緊張はせず、手も震えず…。(観客がいないというのもあるかも)伴奏に出遅れたり…とかもあったけど、まあ、こんなもんでしょうという感じ。ちなみに弓はい [続きを読む]
  • もうすぐ発表会
  • 7月の後半の発表会までもう少し。7月に入ると、子供たちは各自の演奏や音階等、ソルフェージュなどを発表する勉強会があり、それを終えて、発表会となる。大人はそういうのは今回はないし、発表会も参加者だけしか公開しないというこじんまりしたものなので、まあ、気持ち的には少しは楽なのだが…。で、今年、初めて発表会に出る息子のため、初めて一連の行事を体験することになる我が家。先日、勉強会があり、参加したわけだけれ [続きを読む]
  • 過去の記事 …