Pmac さん プロフィール

  •  
Pmacさん: 世俗牧師宣言!
ハンドル名Pmac さん
ブログタイトル世俗牧師宣言!
ブログURLhttp://www.sanbi.us/pmac/
サイト紹介文カリフォルニア州サンデェゴ在住、プロテスタント牧師、パスター・マックのブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2009/01/15 06:14

Pmac さんのブログ記事

  • 母の日:彼女の着物
  • 特攻隊で死んでいった若者達が最後に言う言葉は「おかあさん」だったといいます。私は父親ですが若者達が「おかあさん」と叫んだことに対して、確かにそうだったろうなと思います。そのことに対して異論はありません。自分が子供達に何を … 続きを読む → [続きを読む]
  • ヨナ:神はこうして語られる
  • 私はよく神様にこう祈ります「どうぞ〇〇さんが今日、見ること、聞くこと、その生活の中に起きる出来事を通して、あなたご自身がが〇〇さんに語りかけてください。それらによってあなたの存在とあなたの偉大さに気がつかれますように」。 … 続きを読む → [続きを読む]
  • ホセア:神の愛とは
  • 夫と家庭を捨てて、自らの身を売るようになったゴメル。その妻、ゴメルを買い取り、自らの妻として受け入れ、愛したホセア。この夫婦の姿が私達に語りかけることは何なのでしょうか。 I can’t make you L … 続きを読む → [続きを読む]
  • 復活のイエスが出会った人達
  • 今、抱えている問題が三年後に解決するのならいいでしょう。しかし死とは私達の人生の最後の最後まで保留されているものなのです。ということは生きる限り、この死の問題を抱えて生きるというこです。ですから、まず、この問題に対する解 … 続きを読む → [続きを読む]
  • 自分のことは分からない
  • 1970年代にイエホハナン(Yehohanan)という男の名前が刻まれた骨壺がエルサレムで発見され、それは約2000年前のものであることが分かりました。その骨壺には彼の骨が収められており、その中には釘がつきささった彼の足 … 続きを読む → [続きを読む]
  • その日のために備える
  • 私達は日々、聖書に親しみ、神に祈り、神のみ思いを思う時を生活の中に確保しましょう。そのことにより、突如、私達の前にあらわれたジャイアンツ(大きな試み)の一撃から私達は守られ、逃れの道が備えられます。そのことにより、家庭を … 続きを読む → [続きを読む]
  • サウル:鼻から息する者
  • 私には信頼している人がたくさんいます。その方たちはいつも信頼に応えてくれます。皆さんもそのような人がおりますでしょう。このような方たちは私達にとって頼もしい方達です。しかし、私達は心のどこかに「人は完璧ではない」というこ … 続きを読む → [続きを読む]
  • バラム:サインを見逃さない
  • 私達が何かを決断して前に進もうとする時、神様は私達にサインを示されるときがあります。すなわち、「そのことは考え直したほうがいい」、「そちらの方向にはいかないほうがいい」、「あなたの言動は慎んだほうがいい」というような時、 … 続きを読む → [続きを読む]
  • モーセ3:忍耐が品性を生み出す
  • 齢をとってきたからでしょうか。人の美しさというのは表向きだけの美しさではなく、その人がどれだけ忍耐をして生きてきたかというようなところからにじみ出てくるのではないかと思うようになりました。 Stream Live Vid … 続きを読む → [続きを読む]
  • 人生の秘訣は一つしかない
  • 私達は時々、神様のことを犠牲にして自分のことに没頭します。主に関することは一番最後なのです。これまでお話ししてきたことに照らし合わせますのなら、主に関することを一番最後にすることによって、私達は時間を節約しているのではな … 続きを読む → [続きを読む]
  • 星を見上げた者達
  • 現代を生きる私達の上にも星はあります。しかし、私達にとりまして当時の博士達のように星は身近なものではなくなりました。私達の日常は忙しく、夜空を見上げる間にすべきことが山ほどあり、そもそも星が隠れてしまうほどにに私達の野外 … 続きを読む → [続きを読む]
  • Joy to the World!
  • あなたは涙を流したことがありますか? キリストも涙を流されました。 あなたは裏切られたことがありますか? キリストも裏切られました。 あなたは空腹や喉の渇きを覚えたことがありますか? キリストも空腹と喉の渇きを覚えられま … 続きを読む → [続きを読む]
  • 日英合同礼拝
  • 今日は日英合同礼拝で『イエスと名づけた』というタイトルで本多一米牧師がメッセージを取り次いでくださいました。礼拝の後はポットラックのクリスマスランチを楽しみ、その後は恒例のクリスマスプログラムをもって主の御名を崇めました … 続きを読む → [続きを読む]