キャロットケーキ さん プロフィール

  •  
キャロットケーキさん: 樹木見て歩き
ハンドル名キャロットケーキ さん
ブログタイトル樹木見て歩き
ブログURLhttp://atrees.exblog.jp/
サイト紹介文現在見頃の樹木の様々な様相を写真で紹介します
自由文植物は春に芽生えて花を咲かせ・葉を展開し、結実して夏から秋にかけて育てて大きくし、秋には熟した実からいろいろな手段で「たね」を飛び出させます。落葉樹は秋には紅葉して人々の目を楽しませてくれます。冬の樹木の見どころは冬芽と葉痕跡です。
このような一年の変化の中から、その時々の樹木の注目点について写真を掲載して紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/01/15 23:21

キャロットケーキ さんのブログ記事

  • イロハモミジの実
  • 「枝先に 力持ち居て 大空へ 踊る紅い実 持ち上げており」イロハモミジの実を付けた果序が元気良く反転する季節を迎えました、紅みを帯びた翼が上向きになって躍る姿は・見ている者にもその活気が伝わってくる初夏の恒例行事です。先月下旬頃に出来たイロハモミジの実が成長して、大きさは両翼合計の長さが2?強、「たね」になる部分は直径が2?ほどの球形になり・盛り上がっています。花の頃には葉の下で雄花... [続きを読む]
  • ビワの実
  • 「丸々と 旨そうな実が 光る枝 その橙黄に 思わず手を伸べ」今月半ば頃からデパ地下やスーパーの果物売り場には美味そうなビワが並び始めました、自然界でも今ビワの実が肥り・橙黄色になって旨そうな姿で枝先を賑わしています。ビワという樹は蕾・咢・花序と到る処に琥珀色の毛を密生させていて、結実当初の果皮も当然のごとく毛を密生させていました、さすがに実が大きくなった今は無毛になっています。大きく... [続きを読む]
  • イタチハギの花
  • 「珍しい 赤紫と 黄の対比 美しさあり あらためて視る」イタチハギの花が咲いています、満開になった姿が上の写真で10?ほどに伸ばした穂状花序にパッと見は茶色ですが・じつは多数の黒紫色の花を付けます。馴染みの薄い樹木ですが日本へは砂防用・護岸用として大正時代に渡来し、現在は各地で野生化し他の植物に影響を及ぼすため侵略的外来種ワースト100に指定されているようです。そういう樹木の性質はと... [続きを読む]
  • ヤマボウシの花
  • 「苞の上 地味に開いた シャイな花 小とはいえど 雌しべが目立ち」ヤマボウシが花期を迎えています、小さな花の径は3?ほど・淡い黄緑色を呈する花弁4枚・黄色の葯を突き出す雄しべ4本・黄緑色で円筒形の雌しべ1本という構成で、同じミズキ科のハナミズキも総苞片のほうが目立ちました。眺める側からすれば・上の写真のように脇役の白い総苞片が美しい姿を長く維持していますが、その中心に丸く一塊りになっ... [続きを読む]
  • ガマズミの花
  • 「純白の 小さな花の 集団が 緑の舞台で 群舞楽しむ」ガマズミの花が満開になっています、今年も3月末に小さな蕾を付けた花序を伸ばし始めていましたので、例年通り約2カ月掛けてのゆっくりした開花です。この時期の花には白い花弁あるいは花冠に黄色の雄しべ、という組み合わせの花が多く見られますが、ガマズミの花は白一色という珍しい存在です。散房花序を横と上方向から見た写真に見るように、径5?ほど... [続きを読む]
  • イイギリの雌雄花
  • 「緑濃い 葉の暗がりに 咲く雌花 想像力を 駆使させて見る」イイギリの雌雄の花が開花を始めました、この樹は雌雄異株で・千葉青葉の森公園には両株が揃っており樹高は20mあります。ここの雄株は手が届く高さにも枝を伸ばし・大きな葉陰に垂れ下げた円錐花序に雄花を咲かせているので撮影しやすいのですが、雌株の枝は高い位置にしかなくかつ葉が繁るので雌花はいまだに上手く捉えられず高所作業車が欲しいと... [続きを読む]
  • センダンの花
  • 「紫の 雄しべの筒が 美しい 高みに咲いて 花は目立たず」センダンが5日ほど前から開花を始めて・今日は満開に近くなっていました、こんもりした樹形のあちこちに大きな集散花序を伸ばして小さな花を多数付け、咲き始めの花にはほんのり香りがあります。この花は珍しい円筒型の雄しべを持っているのが特徴で、その筒は花糸が合着して出来ており・先端の紫色から根元の白っぽいピンクまでのグラデーションが美し... [続きを読む]
  • ウツギの花
  • 「初夏の朝 白く清楚な 卯の花は 道行く人に 微笑みかけて」千葉・青葉の森公園の北西側塀沿いにはウツギが植栽されていて、三日前から開花し始めたましたので・来週は見頃を迎えるでしょう。柄沿いに株立ちの樹が並び、それぞれの樹から多数の細枝が弓なりに長く伸びて、枝には等間隔で円錐花序が並びます。上の写真が一つの円錐花序で長さは10?ほど、一つの花序に30〜40個の清楚で白く小さな花を付けま... [続きを読む]
  • バラの花
  • 「華やかに 色鮮やかに 咲く中で 一際目を惹く 和風の花が」千葉市・都市緑化植物園で春のバラ展が先週末の三日間開催されました、その期間中には行けず・ようやく今日になって美しく咲き競うバラたちを見てきました。このバラ展はもう30年近く続いていて、管理は「バラ作り市民の会」のボランティア活動により行われており、この時期に合わせて開花させる地道な努力が讃えられます。今年は虫害があったとかで... [続きを読む]
  • カキノキの花
  • 「葉の緑 輝き目立つ その陰で 雌黄色の花 ひっそりと咲く」若葉の方が目立ちますが・その陰でカキノキの花がひっそりと咲いています、雌雄同株・異花で新枝の根元の方に雄花が・先の方に雌花が付き、ともに釣鐘形の花冠の先端が4裂し・その部分の色は雌黄色を呈し、とくに雄花はほのぼのとした感じを受ける可愛い花です。雄花が上の写真で、長さ8?・直径6?ほど・雄しべが16本あり、下の写真の雌花はやや... [続きを読む]
  • ハコネウツギの花
  • 「大胆に 白から紅へ 花色を 変化に託す 虫への便り」ハコネウツギの花が10日ほど前から開花を始めています、花径は2.5?ほどで花冠の先端が五裂し、大きな半球形の白い柱頭をもつ雌しべが目立ち・5本の雄しべが中に控えています。花の色は時が経つにつれて赤みを帯び・最後は薄色になります、咲いている途中で色が変化する花にはスイカズラ・アジサイ・クチナシなどありますが、これらは僅かな変化で・ハ... [続きを読む]
  • エゴノキの花
  • 「葉の陰で 下向きに咲く 白い花 古き時代の 灯り想わす」エゴノキの花が咲き始めています、幹から横に張り出した枝で・上向きに葉が繁り、花は葉の下の総状花序に下向きに付いて咲いています。花全体の印象は天井からコードを介してぶら下がったアンティークな照明器具を思わせる形をしており、五深裂した白い花冠が電灯の笠で、円筒形をした10本の雄しべは照明器具に、そして雄しべの中央から1本突き出して... [続きを読む]
  • トチノキの花
  • 「数多ある 花弁重ねて 咲く花に 幻惑されて 境わからず」例年より少し遅れていたトチノキが二・三日前から満開になりました、すっかり成長した葉が・今は丸い緑の樹形を作り上げ、上の写真のように枝のあちこちに高さ20cmほどの円錐花序を付けています。その花序中央の太い軸から四方へ伸ばした二次枝は、下の方の枝を長く・上のものを次第に短くして全体を美しい円錐体に整形しています。花には花弁4枚と... [続きを読む]
  • ウケザキオオヤマレンゲの花
  • 「花被片の 白さが目立ち 気品あり 仄かに香る 美しい花」千葉・青葉の森公園の荒久古墳の近くの雑木林に、ホウノキの花に似て花被片がホウノキのそれより少し小さく・幅が狭い清楚な花が咲いています。数年前に移植された樹で・まだ銘板が付けられていませんが、新宿御苑や千葉市緑化植物園にあるウケザキオオヤマレンゲの花とそっくりな感じです。図鑑にはウケザキオオヤマレンゲはオオバオオヤマレンゲとホウ... [続きを読む]
  • ホウノキの花
  • 「黄白の ふくよかな花 香り立ち 静かに進む 花の慣行」一週間ほど前から始まったホウノキの開花は例年になく多くの花を咲かせており、ここまでは高い枝で開いていたのが・ようやく低い枝に降りてきました。まだ柔らかい濃い緑の大きな葉の上に浮かぶように・大柄でふっくらとした黄白色の花が開いて、静寂の中に満ちた香りとともに花を楽しめました。ホウノキの花は開花1日目が雌性期・2日目が雄性期とされて... [続きを読む]
  • スイカズラの花
  • 「五月雨の 垣根の緑に 白い花 その眩しさに 思わず惹かれ」例年5月下旬に見頃になるスイカズラが今年は早くも開花していました、ツゲの樹の生け垣に巻き付いて咲く写真の花は今朝開いたばかりのようで・雨の中でも新鮮な白さが眼に眩しく飛び込んできました。珍しい漏斗状の花冠が二裂し・上部はさらに先端が四裂しています、雄しべ5本を長く突き出し・雌しべはそれより長く伸びて先端が半球形で鮮やかな緑色... [続きを読む]
  • ニセアカシアの花
  • 「年一度 満載の花 飾り付け 仁王立ちする 林の大木」ニセアカシアの大木が花を満載した姿を雑木林のあちこちで目立たせています、上の写真のように、新枝の先端から10〜15cm長さの総状花序を垂らし、白い優美な蝶形花を多数付け・仄かな香りも放っています。花には下の写真のように、マメ科に特有の3種の花弁があって大きさ・形が異なり、中央の一番大きな丸い旗弁には虫を誘う緑色の斑紋があり・その下... [続きを読む]
  • キリの花
  • 「艶やかな うす紫の 花浮かび 立夏の空を 美しく飾る」キリの花が大きな円錐花序にびっしりと付いて・七分咲きほどになっています、例年、立夏の頃に満開を迎えるという・この花の律儀さには感心させられます。先端が五裂した釣鐘型の花冠の外側は薄い紫色・内側は白っぽくて、花の長さが5?・先端径が3?ほどで、花冠の外面側には葉にあるのと同じ白い短毛が密生しています。花冠の入口には昆虫を内部へ導く... [続きを読む]
  • ギョリュウの花
  • 「漠として 捉えきれない 集団も 一つ一つは 魅力ある花」ギョリュウの花です・あまり馴染みのない樹木ですが、千葉では年に2回・5月初旬と7月下旬に花を咲かせ、上の写真のように、幹から垂らした細枝の途中から多数の総状花序を伸ばして小さな花を密に付けます。遠くから眺めるとぼぉーっとして・近くで見ても花が密接していて識別し難く、下の写真のように、拡大画像にするとキリっと均整のとれた色・形に... [続きを読む]
  • ユリノキの花
  • 「緑濃い 葉が揺れる中 咲く花は 居場所を示す 目印を持ち」ユリノキが一週間ほど前から花を開き始めています、花期初期は背の高い樹の上の方で開くので濃緑の葉が繁る中に黄緑色の花を見付けるのは容易ではありませんが・花の数は日毎に増えて探しやすくなってきました。花には花被片が9枚あり、外側の3枚が咢に相当して垂れ下がり・内側の6枚が花弁状になっていてチューリップに似た花を形成します。その6... [続きを読む]
  • オオデマリの花
  • 「手造りの 大きな毬が 並ぶ枝 朝陽を撥ねて 白く輝く」オオデマリの花が白くなり美しくなってきました、日本に分布するヤブデマリの園芸品種だそうで、英名はJapanese Snowball というそうで・なるほどそう見えますね。ヤブデマリはアジサイに似た花の作りで中央に両性花・周囲を装飾花が囲み・オオデマリは直径2?強の装飾花が集まって丸い散房花序を埋め尽くして直径5〜10?の手毬のよ... [続きを読む]
  • サワフタギの花
  • 「陽を撥ねて 白く輝く この花の 普段見られぬ 姿に魅力」千葉・青葉の森公園・生態園でサワフタギの花が咲き始めました、馴染の薄い樹ですが・雑木林の比較的湿った場所に生育し・枝を横に広げる性格があり、山地の沢に蓋をする様子が名前の由来だそうです。 林の小路を跨ぐように枝を伸ばし・花は枝の葉の上で咲いているので、例年暗がりの中で撮影していましたが・今回は枝に下がってきて貰いました。枝先に... [続きを読む]
  • ヒトツバタゴ見頃近付く
  • 「白い花 間近に二種が 咲き競い 皐月の空に 歎声もれる」千葉・青葉の森公園の名物・ヒトツバタゴが、満開に近付いた今日はモコモコと丸く盛り上がって・今年もハンカチノキとともにゴールデンウィークの公園を飾っています・駐車場には東京ナンバーの観光バスも並んでいました。4日前にはまだちらほら咲きだったのが・一昨日から緑っぽいまま咲き進んで、少しずつ白さを増してきました・今週末が見頃でしょう... [続きを読む]
  • コデマリの花
  • 「もこもこと 小さな花の 塊が 白く輝く 初夏の始まり」コデマリの花が10日ほど前から開花して、出揃った散房花序の花々が白く浮き上がって眩しいほどに輝いていました。この時期はハナミズキ・ハンカチノキ・ゴマギ・ミツバウツギ・オオデマリなど白い花が多く、この後もホウノキ・ヒトツバタゴ・ミズキ・ニセアカシアなどが続きます。花径は1cm弱で、丸くて白い5枚の花弁と20本ほどある雄しべは・突き... [続きを読む]
  • ドウダンツツジ満開
  • 「真っ白な 壷型の花 輝いて 出会いたいもの 満天星に」ドウダンツツジの花が満開になっています、といっても小さな白い壷型の花で・一つの花序に数輪が花柄を伸ばし斜めまたは下向きに咲きますから派手さはなく可愛い感じです。生垣として植栽され・多くは直方体形に仕立てられていますが、中には1本を独立させて丸く仕立てて目立っているのを見かけることがあります。まだ見たことはありませんが、高く・丸く... [続きを読む]