キャロットケーキ さん プロフィール

  •  
キャロットケーキさん: 樹木見て歩き
ハンドル名キャロットケーキ さん
ブログタイトル樹木見て歩き
ブログURLhttp://atrees.exblog.jp/
サイト紹介文現在見頃の樹木の様々な様相を写真で紹介します
自由文植物は春に芽生えて花を咲かせ・葉を展開し、結実して夏から秋にかけて育てて大きくし、秋には熟した実からいろいろな手段で「たね」を飛び出させます。落葉樹は秋には紅葉して人々の目を楽しませてくれます。冬の樹木の見どころは冬芽と葉痕跡です。
このような一年の変化の中から、その時々の樹木の注目点について写真を掲載して紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/01/15 23:21

キャロットケーキ さんのブログ記事

  • キンモクセイの花
  • 「街角に 秋の香りが 漂って 出会い楽しむ 深黄色の花」今年もキンモクセイが香り始めました、昨日までは蕾でしたが・今日は真新しい花を咲かせていました。花径5?弱の小さな深黄色の花冠は四深裂し・雄しべが2本あり、雌雄異株で日本には雄株しかないとされていましたが・本来は雌雄同株で雄花と両性花を咲かせる樹だそうで、日本では挿し木で増やしているので雄花を咲かせるクローンの樹ばかりになっているようで... [続きを読む]
  • アオギリの「たね」
  • 「順調に 作業進めて この秋は 「たね」撒きの時期 早くなるかな」アオギリの樹は早くも今年の行事の最終段階に差し掛かったようで、上の写真のように・枝に垂れ下がった大きな果序がますます目立ってきました。一つの果序にはそれぞれに100個以上の散布体を持ち・褐色の「たね」を付けています。下の写真のように・果皮が薄茶色に変化して・果脈も浮き上がり、同時に果皮の端部に付いた「たね」は成熟して、水分が... [続きを読む]
  • ゴンズイの「たね」
  • 「紅赤の 袋の中の 黒い「たね」 陽に輝いて 鳥の目を射る」大きな円錐果序に多数付けたゴンズイの実が先月中旬頃から紅赤色になり、10日ほど前から上の写真のように・握り飯形の袋果が二・三裂して、艶のある表面が黒光りする「たね」の姿を目立せています。ゴンズイの袋果は長さ1cm強・高さ1cm弱、果皮は肉厚で果肉はなく・下の写真のように「たね」は袋果の中の空間に1〜3個入っており、長さ5mm弱・最... [続きを読む]
  • クリの堅果
  • 「美味そうに 輝き光る 秋の果は 食卓飾る 気持を誘う」美味そうなクリの実を発見しました、千葉市緑化植物園へ向かう途中の畑の一角にクリの樹が10本ほど植栽されており、今日は直径6,7?ほどになった実が弾けて・堅果を光らせていました。立派に成熟したクリが果皮を光らせて、早く収穫して欲しそうに見えました。写真の実のイガはすでに茶色になっていますが、他の多くの実のイガはまだ緑色なので、今年のクリ... [続きを読む]
  • ナワシログミの花
  • 「伽羅色の 鱗の衣装は 人目惹き 仄かな香りも 楽しみな秋」樹に咲く花の種類が少ない時期ですが、ここ数年間開花時期を早めているナワシログミが昨日から開花を始めて・来月末頃まで次々と咲き続けるでしょう。この花は昨日までに紹介したアキニレ・ヌルデとは異なり、12〜1月に結実して・そこから長い時間を掛けて実が成熟するのは来年の稲作の苗代を作る5,6月頃になりますので、先を急がず落ち着いたものです... [続きを読む]
  • ヌルデの実
  • 「薔薇色に 化粧した実を 探し当て 嬉しさ感じる 秋のひと時」ヌルデの雌花は4日前に紹介しましたが・早くも実が出来ていて、秋に花を咲かせる樹木は忙しい時期を迎えています。短い花期を終えてから結実までの速さで云うと・アキニレと比べても負けていないかもしれません。手の届かない高い枝にあったので正確ではありませんが・長さ5?・幅3?・厚さ2?ほどの扁平な楕円体で、台風18号の影響による風雨で減っ... [続きを読む]
  • スダジイの実
  • 「ちょうど今 変身中の ドングリが 姿現わし 転がり出る秋」スダジイの実が殻斗を被ったまま成長してきて、そろそろ姿を見せる頃なので毎日見ていましたら、昨日は殻斗を三裂させてまだ緑色のドングリが顔を出し始めているのや・まさに殻斗を裂いている最中の実が見付かりました。樹の周辺には上の枝から落ちてきた実が地面に転がっており、その中には褐色になったドングリも居ますので・下の枝でももう直ぐ見慣れた姿... [続きを読む]
  • アキニレの実
  • 「花から実 その早業と 秋なのに 若返る樹に 二度の驚き」アキニレの樹は他の樹木より短い花期を終え、早くも実の育成に励んでおり・花の跡には若葉色の実を満載していて、秋なのに樹全体が明るくなり若返ったように感じます。これらの実は成長途上とはいえ、すでに長さ8mm・最大部幅5?・厚さ1?弱の翼果になり・成熟時の大きさに近付いています。実の先後端には雌しべの柱頭と萼が残されていて、表裏面には葉脈... [続きを読む]
  • ハナミズキとヤマボウシの実
  • 「似た花が 主張異なる 実を育て 試練の末に 秋空飾る」ハナミズキとヤマボウシの今の実の姿を並べてみました、上がハナミズキの・下がヤマボウシの成熟に近付いた実の秋の姿です。春には互いに白い総苞片が目立つ中で小さな集合花を咲かせていましたが、今はハナミズキが長さ1.5?強・最大部径1?弱の楕円体の核果を密集させ、ヤマボウシは直径2?強の球体の集合果を作り・似た花から出来たとは思えない異なった... [続きを読む]
  • ヌルデの花
  • 「幾たびか 訪ねていても 咲く時期は 予測のできぬ 忙しい花」ヌルデの樹は雌雄別株で両方とも同じように円錐花序を伸ばして、上の写真のように・一週間ほど前から小さな白い蕾を満載にしていましたが、遠目には開花しているかは判らない状態でした。今日は黄色みを帯びていたので望遠レンズで近寄せると・下の写真のように雌花が開いており、少し離れた場所にある雄花は少なくなっていました。雌花は緑の萼・白い花弁... [続きを読む]
  • カキノキの実
  • 「満載の 色付いた実が 先導し 秋へと進む 樹木の世界」カキノキが色付いた実を満載にし・葉も気の早いのが秋色に変わりつつあって、青空の下で本格的な秋を感じ始めたようです。今の実の大きさは最大部径6?・厚さ4?ほどで、6月上旬の結実した頃と比べると体積では60倍ほどに成長して、これ以上の成長はなく・葉がまだ青々としていて実の成熟に懸命になっているようです。他の樹木の様子はどうかと云うと、ソメ... [続きを読む]
  • コブシの「たね」
  • 「果と種の 繋がり示す 痕跡は 樹木の知恵を 見る思いする」コブシの樹の周辺には枯れて黒っぽくなった袋果が多数落ちていて、果皮が弾けて中から朱色の「たね」が姿を見せています。カラスの大好物の一つですが、地上に落ちたものには見向きもしないようです。弾けた袋果から朱色の仮種皮を被った「たね」を取り出してみました、上の写真から袋果の底部と「たね」が白い種柄と多数の維管束で繋がっていたことが判りま... [続きを読む]
  • コムラサキの実
  • 「美しい 色も形も 魅力的 旬の姿は 光る紫」コムラサキの実が10日ほど前から色付き始めて、今日はほとんどの実が赤紫色に美しく輝やいていました。数本の細枝を八方に1mほど伸ばし2,3cmおきに小さな実が枝の両側に集まって付き、多いものでは一ヵ所に十数個付けています。実は小さくて直径3?ほどの球形で、普段は目立たない樹で忘れていますが、やはり旬の時期の紫色は魅力的で・ピカピカと光っているのも... [続きを読む]
  • ガマズミの実
  • 「紅赤の 活気溢れる 集団が 眩しく光り 初秋を飾る」例年より早く3,4日前からガマズミの実が上の写真のように・鮮やかな紅赤に色付いて、団体で光り元気一杯の様相を見せています、これは千葉市緑化植物園での今日の姿です。実は長さ8?・幅6?・厚さ4mmほどの偏楕円体で、下の写真のように・先端には花柱痕が小さく尖っています。実の中には果汁豊富な紅色の果肉があり鳥に好まれそうですが、食するにはまだ... [続きを読む]
  • センダンの実
  • 「秋色に 変わる葉と実が 多い中 まだ夏色で 元気なこの樹」センダンの実です、ピカピカの緑に光る元気な葉の陰に隠れていましたが、上の写真のように・大きくなってきた実が姿を見せるようになってきました。大きさは直径1〜1.3cmほどの偏球形で・色は若草色を呈して、末広がりの果序にたわわに実った姿が大きな樹の枝のあちこちに眺められるようになっています。下の写真のように・はち切れんばかりに膨らんだ... [続きを読む]
  • アキニレの花
  • 「待ちきれず 順を外して 咲き急ぐ 小さな花の 忙しい秋」アキニレが開花を始めました、雨の日が多かったので逡巡していたのでしょう、例年より遅く9月になってから葉腋に付けた赤茶色の花芽を膨らませ・すでに結実も見られます。花の開き方は、①花被片4個が開き、②4本の雄しべが伸びて、③葯を開いて花粉を放出します、④雌しべが柱頭を先頭にして伸びてきます、という工程で・最後に柱頭が受粉して短期間で花期... [続きを読む]
  • ソメイヨシノの落葉
  • 「散りゆく葉 静かに重なる 散歩道 意外に多彩な 秋のひと駒」今年の夏は千葉でも雨の日が多かったためか、ソメイヨシノは早い時期から紅黄葉した葉が散って・樹の周辺に落ち葉となって積み重なり目立っています。千葉・青葉の森公園のさくら山広場をぐるっと取り囲んでいるソメイヨシノの中の散歩道を歩きながら・落ち葉の様子を観察してみました、イロハモミジやイチョウのひと色の紅黄葉とは異なり、落ち葉とはいえ... [続きを読む]
  • イチョウの実
  • 「美味そうな 姿が魅力の 丸い実は 神無月まで 目で楽しんで」イチョウの葉がまだ濃い緑を維持している中で、丸々と太った実がマスカットと同じような白緑色になってきて・すでに落下した実も多いのですが、今年も豊作のようで・まだ鈴生りになっている枝が多数あります。8月下旬頃から実の中では精子が卵細胞に到達して受精させていますので、ようやく「たね」と呼べる状態になった頃で・例年10月初旬には成熟する... [続きを読む]
  • サネカズラの実
  • 「葉に紛れ 形変えつつ 育つ実は 次第に丸く 秋は赤色」サネカズラの集合果です、モクレン科に近いこの樹は多数の雌しべをもつ花を8月中旬に咲かせた後、早くも集合果が成長を始めて全体の大きさは直径2?強になっています。まだ薄緑色の集合果は長さ3〜5cmの果柄の先に、上の写真のように・果床を芯にして丸くなろうとしている実を20〜30個付けて緑の葉に紛れています。個々の実が成熟すると直径5?ほどの... [続きを読む]
  • マテバシイの実
  • 「秋色に 変身中の ドングリが 葉に囲まれて 姿現わす」マテバシイの実です、昨春に結実して2年目の今年6月から成長を始め・早くも成熟して長さ2.5?・最大部径1.5?弱になっており、色も少し茶色を帯びてきました。このドングリの殻斗は椀状で高さは6?ほど、石垣を組み上げたような荒々しさが感じられます。一つの果序に多いもので十数個の堅果を付けますが、順調に成長できるのはその中の数個に限られ・成... [続きを読む]
  • ハゼノキの実
  • 「たわわな実 紅みを帯びた 葉で包み 最後の支度を 急ぐ雌の樹」ハゼノキの雌株が昨年と同様に先月末から上の写真のように紅葉の兆しを見せており、葉は全体に薄緑色へと変化し・さらに主脈・側脈周辺が紅みを帯びる葉が増えてきました。円錐果序に沢山の実を育てている雌株は、早めに次の段階へと急いでいるものと思われます、ちなみに雄株の紅葉は例年11月になってからです。実は長さ10?・最大部幅8?・厚さ6... [続きを読む]
  • イタチハギの実
  • 「膨らみを いくつも並べ 光らせて 稔りの時を 報せているか」イタチハギの樹は5月末に黒紫色の花を咲かせ、7月には花の後を受けた穂状果序に長さ1?・最大部幅2?ほどの豆状果を多数付けていました。その後の様子を見に行きましたら、果序に残った実は少なくなっていましたが、熟成に近付いていて・果皮は黒柿色になっていました。豆果は小さくて撮影時に肉眼では判らなかったのですが、拡大してみると果皮表面に... [続きを読む]
  • ザクロの実
  • 「紅み帯び 存在感を 増した実が 扉を開き 「たね」を育てる」枝の先端に小さく控えていたザクロの実が丸く肥り、直径4cmを超えるほどになって・空間での存在感が増し、果皮の色も部分的に紅みを帯びてきました。実として膨らむのは花托という部分で、図鑑には説明されていませんが・これもナシ・リンゴと同様で偽果に相当すると思われます。そして実の先端で閉じていた六枚の扉のような萼が今は機械仕掛けがしてあ... [続きを読む]
  • ハンノキの果穂
  • 「二種の果穂 片や生身で たね育て 他方は枯れて たねをばら撒く」ハンノキの実です、正式名称は果穂と称しヒマラヤスギの球果と同じように・薄い二等辺三角形状の果鱗が中心軸の周りに螺旋状に積み重なる球果となり、長さ2?・最大部径1?強の楕円体を形成します。二等辺三角形の果鱗の短辺は丸く折れ曲がり、それが果穂を形成するので表面は凸凹しています。果鱗の折れ曲がって出来た空間に堅果が育てられて10月... [続きを読む]
  • ユリノキの実
  • 「葉に紛れ 探せど見えぬ この翼果 見上げた儘で 暫し佇む」暗緑色の葉に紛れて柳色のユリノキの実が大きくなってきました、翼果の集合体で・他のモクレン科の樹木のように袋果でないのがこの実の特徴です。全体の長さ7cm・最大部径2cm弱ほどの大きさで、この中におそらく数十個の翼果が含まれていますが・まだ固く引き締まっています。カラスがこの実を啄みに来るようで、この時期には葉の保護色を利用して育つ... [続きを読む]