透明先生 さん プロフィール

  •  
透明先生さん: 透明先生の《スピリチュアル鑑定》占い師の日記
ハンドル名透明先生 さん
ブログタイトル透明先生の《スピリチュアル鑑定》占い師の日記
ブログURLhttp://yaplog.jp/uranai-diary/
サイト紹介文最新鑑定→SEXレス夫婦◎最新版 繭気属性別パワースポット必見◎幸せになる為の人生地図など
自由文《相性の良いパワースポットの割出し方》http://p.tl/H5OL
《恋愛・赤い糸の魔法》http://p.tl/EVKu
《金運UPにソロモン魔法陣(待受に)》http://p.tl/nANX
《婚カツと縁》40代女性の鑑定で人との「縁」を考えます。
《子の魂のゆくえ》水子供養のやり方。
《木人実るは子宝なり》子宝を授かる為に必要な事。
鬱病対応アイテム・いじめ対策のお守り・受験生必見!記憶力UPドリンク・トラウマ修復も掲載!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2009/01/16 10:48

透明先生 さんのブログ記事

  • 風忌の門・11
  • 風忌(かざき)の門・11霧神「クククククッアハハハハハッ」透明「霧神さん一体何を」霧神「・・・・透明さん・・・私は・・・   本当に・・・あなたが・・・。」透明「・・・・」霧神「・・・でも・・・もう良いんです・・・。   あなたが手に入らないなら・・・   ・・・一緒に」じ、自爆覚悟で、何かをしたのかまずいぞ私達だけならともかく、ここら辺一帯を巻き込んでしまいそうな気質が集まってきている最臥「・・・ [続きを読む]
  • 風忌の門・10
  • 風忌(かざき)の門・10霧神「よくも〜邪魔をしてくれたわね〜   グル・ジャ・カク・ゲン・・・・。」まただ一体、この人の呪法は何なんだ揚羽「・・・よくも・・・ご主人様を傷つけて   くれましたね・・・許さない・・・」霧神「クククッ一瞬で壊してあげる」空気が圧縮してゆく様な威圧感が立ち込める透明「」一瞬にして間合いを詰める霧神さんさっきよりも早い揚羽「」透明「揚羽後ろ」霧神「遅い」「ドスッ」さっきとは [続きを読む]
  • 風忌の門・9
  • 風忌(かざき)の門・9揚羽「・・・ところで、ご主人   この状況は」透明「いやぁ〜っ何だか、熱烈アプローチ   されているんだよね〜アタタッ」揚羽「それは、愛の告白ということですか」透明「う〜ん・・・多分、そうなんじゃないかな〜」揚羽「ふ〜ん・・・っで、この状況・・・。」透明「たははっ」揚羽「はぁ〜っ・・・まったく、どうしてあなたは、   いつも変なことに巻き込まれるんですか」透明「それは、私が聞き [続きを読む]
  • 風忌の門・8
  • 風忌(かざき)の門・8霧神「・・・・ニコッ」透明「」突然、空気が重くなる透明「やっぱり、何か仕込んでたか」呪術師が場所を特定して、何も仕込んでいないと思うほうが間違っている当然、何らかの呪法が張り巡らされているはずだが、一体、何をしようとしているんだ霧神「透明さん   最後にもう一度言います   私は、あなたのことを愛しています   私は身よりもなく、幼い頃より師匠に   呪術を教え込まれてきました [続きを読む]
  • 風忌の門・7
  • 風忌(かざき)の門・7霧神「・・・何故ですか   何故、断るんですか私はこんなにも   あなたのことを」透明「いやいや私も結構奥手でして   お友達からと言うならまだしも、   いきなり斬り合いが出来てしまうような   関係には発展できませんよ」霧神「・・・・どうしても駄目ですか」透明「駄目です」霧神「・・・・それじゃぁ〜、せめて、   指の一本でも良いんです   ・・・・・私にください」いきなり間 [続きを読む]
  • 風忌の門・6
  • 風忌(かざき)の門・6午後4時・・・・透明「う〜〜〜〜〜ん」まだ、悩んでいる透明先生・・・しかし、木人図を隠していた時点で、視られると困ることがあると言うことだし・・・。そんな人と、これから先やって行けるのだろうか(そっちか〜〜〜〜いって言うか、いい加減 現実逃避するのやめんか〜〜〜)透明「ハッいかんいかん   私の直霊が現実逃避するなと言っている   気がする   う〜ん・・・しかし、困った   今 [続きを読む]
  • 風忌の門・5
  • 風忌(かざき)の門・5私は、霧神さんの言葉を受けて、記憶を遡っていた・・・・や、やばい全く覚えていない一般的には、最低〜っと揶揄されてもおかしくないシチュエーションだが・・・・霧神「はぁ〜・・・やっぱり、覚えていないのですね」透明「い、いやあのその・・・すみません」霧神「クスクスッ良いんです   だって、私は、勝手に覗いていただけなんですから」だから、怖え〜って透明「覗いていた」霧神「ええ最初は、能 [続きを読む]
  • 風忌の門・4
  • 風忌(かざき)の門・4透明「・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・   うそ・・・だろ」霧神「・・・・・ニヤッ・・・。」透明「霧神さん・・・どういうことですか」霧神「えっ何がですか」透明「・・・あなた、木人図をどこにやったの   ですか」霧神「さぁ〜何処かに忘れて来てしまったの      でしょうか」ありえない光景が目の前に広がっている・・・どうやったのかは [続きを読む]
  • 風忌の門・3
  • 風忌(かざき)の門・3あまり、こういうのは好きじゃないが念の為、構えておいた方が良いかもな・・・霧神「透明先生」透明「は、はい」霧神「先生は、きっと私のことを得体がしれないと   想っていると思いますが、私は本当に嬉しいんです」透明「えっ」霧神「私は、ずっと悩んでいる事があって・・・   それでも、信頼できる相談相手と出会うことが   できなかったんです   そんな時、ある方からあの箱を譲っていただ [続きを読む]
  • 風忌の門・2
  • 風忌(かざき)の門・2透明「は、はじめまして透明です」霧神「お噂は、かねがね   今日は、よろしくお願いします」透明「・・・ま、まあ、立ち話も何ですから、   どうぞ」霧神「失礼致します・・・。」霧神さんの立ち振舞に驚く透明「(この人、全くスキが無いぞ・・・。)   今、お茶をご用意しますね」霧神「お気遣いなく・・・」そう言うと、台所に入る透明先生・・・透明「コポポポポポッ・・・   (・・・おかしい [続きを読む]
  • 風忌の門
  • 風忌(かざき)の門透明「う〜〜〜〜ん〜〜〜〜   うう〜〜〜っ・・・・」皆さ〜んおはようございま〜すこの所、昼夜問わず働いていたせいか、何だかうなされている透明先生・・・透明「うう〜〜〜〜っ・・・・   う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   ・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・   ハッブハッ   ゴホゴホゴホゴホ   い、息止まってた」(・・・・・・)透明「あっやばっこんな時間   急が [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・26
  • 温泉におんねん・26透明「ふう〜っ」皆さんには、私が何を考え、どんな対処をしたのかもう少しまとめてお伝えしたいと思います今回のご主人のEDは、皆さんも御存知の通りご両親に対するご主人のトラウマが原因となっていましたその上、今でもお母様に対する不信感のある中で、奥様である女将さんから、お母様の影が見え隠れしている現状となれば、ご主人の状況も理解できますしかし、このご夫婦の最大の問題である性行為自体がで [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・25
  • 温泉におんねん・25女将「メモ取りました」透明「それでは、次に   化粧と同じく視覚で大切になってくる、   服装についてもお話ししておきます」女将「ふ、服装ですか」透明「はい実は、服装も大切な要素なんですよ   女将さんは、仕事がら、着物ばかりだと   思いますが、家ではどんな格好をされていますか」女将「え、え〜っと・・・本当にラフな格好しか・・・。」透明「まあ、大変なお仕事ですから、疲れて帰っ [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・24
  • 温泉におんねん・24女将「化粧ですか」透明「はい」女将「う〜ん・・・直ぐには落としませんが、   お風呂に入る時には、必ず落とします   あっもしかして、化粧は落としては   いけないのですか」透明「いえいえそういう意味ではないんです」女将「」透明「通常、女性の方は、化粧をしますよね   それは何故ですか」女将「えっそれは・・・・   身だしなみというか・・・一般的に皆さん   していることなので [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・23
  • 温泉におんねん・23透明「ここからのお話は、男性の一般的な   性行為に対する思考になるので、   女将さんには、自分のことに全て   置き換えないように、客観的に   捉えていただけたら、助かります」女将「わ、わかりました」透明「もちろん、自分自身に身に覚えがあれば、   参考にしてくださいね」女将「はい」透明「まず、男性が性的な行為を求める理由は、   子孫を残すという本能から来ることは、   [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・22
  • 温泉におんねん・22さてと、そろそろ女将さんが来るかな「トントン」透明「はいどうぞ」女将「失礼致します   主人の事、ありがとうございました   先ほど、主人が呼びに来てくれた時、   昔の主人が帰ってきてくれたような   気がしました   本当に、本当にありがとうございました   怨念が祓われただけで、これほど印象が   変わるなんて、ビックリです」透明「それは良かった   ですが、まだ、気持ち [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・21
  • 温泉におんねん・21透明「それでは、原因についてお話しします」主人「お、お願いします」透明「ご主人が、EDになってしまった原因は、   トラウマの投影です」主人「」透明「単刀直入に言いますが、ご主人は、奥様に   お母様の影を見ています」主人「えっ」透明「先ほど、お話ししていただいた   ご両親に信じてもらえなかった幼少期の経験は   ご主人にとって、大きなトラウマとなっています   その上、奥様の [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・20
  • 温泉におんねん・20透明「それでは、ご主人の心の動向を   分かりやすく説明してゆきますね」主人「はい」透明「最初、EDと感じた時には、ご主人のEDを   引き起こす原因となったモノがあるのですが、   それは、後でお話しするとして、   勃起が持続しなかったことで、ご主人は   どう想いましたか」主人「えっえ〜っと・・・。   最初は、疲れているのかと・・・。」透明「その後も持続しなくなり、直ぐに萎 [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・19
  • 温泉におんねん・19透明「先ずは、ご主人の状態を確認したいのですが、   今まで、病院での検査はされましたか」主人「はい何度か、検査をしました」透明「その時、お医者さんは、なんて」主人「やはり、EDだと・・・。」透明「その時、お薬はもらいました」主人「はいもらって飲んでみたのですが、    効かなくて」透明「なるほど・・・。」薬が効かない原因も分かっているが、あえて、今は触れないでおこう・・・。透明 [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・18
  • 温泉におんねん・18透明「女将さんは、そんなに怨念のことを   聞かされていたのですか」主人「ええ私のいないところでもしていた   ようですから、ほぼ、毎日のように   聞かされていたのではないでしょうか・・・。」透明「う〜ん・・・・お母様の怨念に対する考えは、   かなり強そうですね・・・   それを毎日のように聞かされていたら、   確かに、洗脳されそうです・・・。」主人「そうなんです最近は、 [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・17
  • 温泉におんねん・17しばらくして・・・。主人「す、すみません・・・取り乱したりして」透明「良いんですよ   それよりも、ひとつ聞いておきたいことが   あるのですが」主人「はい何でしょう」透明「ご主人は、霊感を制御できるのですか」主人「あっほ、本当に恥ずかしい程度なのですが   子供の頃に、この近くにあるお寺の先代の住職に、   教えてもらったことがあるのです」透明「そうだったのですか」主人「私が [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・16
  • 温泉におんねん・16透明「ご主人・・・。」主人「ふ〜っ・・・やはり、怨念のせいでは   無かったか・・・。   正直に言うと、私が視えている程度では   視えない何かがあって、そのせいで子作りが   できないのではないかと、期待していました・・・」透明「・・・・すみません・・・。」主人「い、いや先生が謝ることではありません   今まで旅館にきた霊能者の方や祈祷師の方は、   誰ひとりとして、真実を [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・15
  • 温泉におんねん・15透明「ふ〜っ」女将「先生」透明「あっごめんなさい   う〜んと、先ずは何から話して良いか   迷うのですが、ひとつお願いをしても   良いですか」女将「はい」主人「何でしょう」透明「お二人と同時にお話をしてゆくのは、   なかなかに難しい問題なので、先ずは、   お一人ずつお話しさせていただきたいのです」女将「わ、分かりました」主人「そ、それでは、私が先に席を外しましょう」透明 [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・14
  • 温泉におんねん・14透明「単刀直入に聞いてしまいますが、   夫婦としての営みが無くなったのは、   6年くらい前からで、あっていますか」女将「は、はい」主人「多分・・・それくらいからだと・・・」透明「そのことで、少しお聞きしたいのですが、   霊能者の方に、怨念の影響で、今の状態に   なっていると聞かされたのは、それから   どれくらい経ってからですか」主人「」女将「確か・・・一年後くらいだっ [続きを読む]
  • 温泉におんねん!・13
  • 温泉におんねん・13透明「それでは、早速、祈祷を始めましょう」主人「よろしくお願いします」私は、用意した簡易的な祈祷場にご主人を座らせ、祈祷を始める・・・。この祈祷はあくまでも、穢れを祓い、気持ちを楽にする程度のものだが、これからご主人の心の病みと対峙するには、必要な祈祷かもしれない・・・。祈祷時間は、約30分祈祷を受けているご主人も然ることながら、女将の方が、真剣に願っているようにも見える・・・ [続きを読む]