ワンネス輝(ライフ)セラピストtulsi child さん プロフィール

  •  
ワンネス輝(ライフ)セラピストtulsi childさん: ワンネス輝(ライフ)
ハンドル名ワンネス輝(ライフ)セラピストtulsi child さん
ブログタイトルワンネス輝(ライフ)
ブログURLhttp://ameblo.jp/tulsichild
サイト紹介文シンプルでパワフルなワンネス輝(ライフ)のご紹介です。
自由文シンプルでパワフルなワンネスレイキが発展した生きる力、活力が増すワンネス輝(ライフ)のご紹介です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2009/01/17 21:17

ワンネス輝(ライフ)セラピストtulsi child さんのブログ記事

  • [ご紹介]胎教のこと(ひかり。の日記より)
  • 胎教って良い音楽を聴くとか、 美しい絵をみるとか、 一般的にはその程度しか知られていないみたいだけど、 本当はとても大事なことなんです。 「生まれてからでは遅すぎる」 なんて本の題名見てビックリしたこともあります…。 さらにいうと、 本当は妊娠する前の夫婦の心のあり方とか食生活とかも とても大事なんです。 でも、どこまでも追求していくとキリがないので、 妊娠中のことについて書かせていただきますね。 妊娠中、 [続きを読む]
  • 【ご紹介】真に回復するために
  • 今日は、「カトノリ」さんのリクエストにお答えします。「生活のサイクルや事情により、夜、過活動になりがちである。踊りのリハーサルが続くと気も体力も消耗してしまう。適切な回復法を知りたい」とのことです。深夜残業が続く、三交代で昼夜が逆転する、海外との取引で夜中に仕事が活発化する、など仕事の関係で、過活動、不規則な生活、睡眠不足などを強いられ、ヴァータ(※風のエネルギー、動きや活動をつかさどるエネルギ [続きを読む]
  • [ご紹介]胎児との対話 (ひかり。の日記より)
  • ふたりめ妊娠中のときのこと。 「胎児との対話」という本を読んだ。 この本、妊娠中のお母さんが胎児のことばや絵を自動書記したものだった。 内容は結構奥深かった。 ある朝、早く目覚めてボ〜ッとしているときにふと思った。 もしかしたら私にもできるかもしれないと…。 らくがき帳を開き、エンピツを持った。 お腹の子に話しかけてみた。 …すると、エンピツが動き、絵が描かれた。 …ことばも書かれた。 …胎児からのものだ [続きを読む]
  • トラウマの治療法について
  • 戦争体験、天災、虐待、いじめ、性被害、事件事故、最近では東日本震災などで潜在的に心の傷、トラウマを抱える人々が増えました。=========トラウマとは、【心的外傷(psychological trauma)】と呼びます。=========トラウマによる記憶は、時に本人の意思とは関係なくまったく違う行動をとってしまうケースがあります。意思とは関係ないのですからそれは長く、たいへん苦しいことだと思います。治療法はさま [続きを読む]
  • トラウマと診療科目について
  • 戦争体験、天災、虐待、いじめ、性被害、事件事故、最近では東日本震災などで潜在的に心の傷、トラウマを抱える人々が増えました。=========トラウマとは、【心的外傷(psychological trauma)】と呼びます。=========日常生活に支障をきたすほどになったら放置せずに、一度は病院を受診してみることをお勧めしていますが、心療内科、神経科、精神科とさまざまな科目があり、何科にかかればいいのかが分からな [続きを読む]
  • [ご紹介]こころの病気のセルフチェック
  • 戦争体験、天災、虐待、いじめ、性被害、事件事故、最近では東日本震災などで潜在的に心の傷、トラウマを抱える人々が増えました。=========トラウマとは、【心的外傷(psychological trauma)】と呼びます。=========トラウマを思い出す脳のメカニズムは右脳が活性化しすぎてしまうこと(感情的になりすぎる)、同時に、左脳の情報処理能力が低下してしまうこと、よって「記憶が飛ぶ」ということが分かってきた [続きを読む]
  • あなたが住む地域のお医者さんと仲良くしてね
  • あなたが住む地域のお医者さんと仲良くしてね。ある日、私はインド人の女性アーユルヴェーダ医師から言われました。私はインドに住んでいるから、あなたを診察することができないの。何かがあっても駆けつけることもできないの。だから、あなたが住む地域のお医者さんと仲良くしてね。すぐに診てくださるお医者さんが地域にいること、お医者さんとよい関係を築くのは、とても大事なことなのよ。ワンネス輝でも、ヒーリングセッシ [続きを読む]
  • 持ち越し苦労と取り越し苦労
  • 過去からの悩みや苦労を持ち越すことを「持ち越し苦労」、未来からの悩みや苦労を取り越すことを「取り越し苦労」と呼びます。=========どちらも「今に生きることからズレる」こと。「魂が散っている状態」とも呼びます。=========「今ここに存在すること」をしっかり感じることに意識を向けて 自分自身の体感覚を大事に、今を生きると自分を中心に起きる波が変化します。 外から波がやってくるのではなく、 自 [続きを読む]
  • 【ご紹介】「方法」ではなくて「意思」を求めよう
  • 「意思」と「方法」については、これまで幾度もtweetしてきましたが、再度理解を深めるためにお話しましょう。幸福を拡大している人が大切にしているのは、方法ではなくて意思です。極端にいえば、意思さえあれば、方法はまったく気になりません。逆にいえば、意思をもたずに、方法ばかりを求めている人は、なかなか幸福を拡大できずに、人生に迷っている感じがします。そして、迷っていると感じている人は「どうしたらいいのか? [続きを読む]
  • [ご紹介]慈悲の冥想 (ひかり。の日記より)
  • 瞑想会で慈悲の瞑想を行ったら好評で 教えてほしいとリクエストが多かったので みなさんにシェアします。 この瞑想は、ヴィパッサナー冥想の実践に入る前に、 まず心を落ち着かせるために行う瞑想です。 基本的に「慈悲の念」「慈しみの心」があると、 実践の土台として大変役立つのです。 人間というものは、自分は個別の「存在」だと思っています。 「私は、私です」 と思っているのです。 「私は...」と思った瞬間で、 私た [続きを読む]
  • 天命難民をなくしたい…ワンネスアカデミー説明会に参加して
  • 先月今月と、怒涛のごとく行われたワンネスアカデミー説明会がひととおり終わり、やっと一息ついています。http://www.reservestock.jp/events/176429最後の方になりましたが、私もワンネスアカデミー説明会に参加でき、 このたび、0(ゼロ)期生として受講させていただく流れとなりました。当初はワンネスアカデミーにまったく興味はなく裏方として、支えるつもりでした。しかし、ある日の夜。某ファミレスにて。一緒に食事をして [続きを読む]
  • [ご紹介]地球人になろうよ!(ひかり。の日記より)
  • 私はレイキという手法を用いて愛を送る方法を伝えていますが、 これは特殊な霊能力のようなものではありません。 本来地球人が持っていた感性を再び取り戻そうよ! というものだと思っています。 ネイティブアメリカンやアボリジニの本を読むとわかりますが、 地球人は本来、宇宙とつながった感覚を持ち 言葉で話さなくても心でつながっていたのです。 だから昔の地球人のあいさつの言葉に「みんな兄弟」 という意味のものが多いの [続きを読む]
  • 自然の流れにまかせるということ
  • 目の前にあらわれた問題を私たちはあの手この手でなんとか解決しようとします。やれるだけのことを全力で行い、あとは天におまかせ、 という心境で過ごすと予想もつかなかった展開が待ち受けていることがあります。=========私は、神様とのキャッチボールするようなイメージをもっています。=========空に向かってボールを放ると普通は地球の重力によって、投げたボールが戻ってきますね。神様とのキャッチボー [続きを読む]
  • [ご紹介]ワンネスレイキ2017年4月の予定です
  • ワンネスレイキ公式サイトのセミナー・イベントカレンダーが更新されました。よろしければご確認くださいね-----------------------------------2017年4月の予定・ペイフォワードイベント(無料相互遠隔ヒーリングイベント)4/1 しあわせナビウォーカーひかり。誕生日特別企画遠隔ヒーリングを行います。http://www.oneness-reiki.com/payforward/・4月2日(日) 午後2時半〜午後6時半しあわせナビウォーカーひかり。誕生 [続きを読む]
  • メールでの謝罪は逆効果になるケースもあります
  • インターネットの普及と共に私たちは、メールやLINEなどでの連絡や話し合いが圧倒的に増えました。口頭で話してしまえば5分とかからない内容でも、インターネット経由になった途端、情報が届くタイミングによって各々の認識に時差が出たり、経緯をすっ飛ばされて理解されてしまったり、正式決定した話し合いの内容をひっくり返されそうになったり、ひとつの方向に意見がまとまるまで、異様に時間がかかってしまうことも珍しくあり [続きを読む]
  • 私が無料遠隔ヒーリングイベントを続ける理由
  • 私は毎月2回、リザストでワンネス輝(ライフ)の遠隔ヒーリングイベントを継続して行っています。ただ、中には無料のヒーリングイベントなどを利用して今、抱えている問題を何とかしよう、何とかならないか、と考える方もいらっしゃいます。もちろん、お試しにというのは決して悪い方法ではありませんが…それは、たとえるなら目的地に向かってヒッチハイクで旅をするのと似ています。目的地の方向へ行く車が運よくつかまればいい [続きを読む]
  • [ご紹介]胎内記憶(ひかり。の日記より)
  • 息子は1歳の終わり頃からお腹の中にいたときのことを話し始めた。 「お母さんのおなか、海だった。  チャポーンチャポーン、あったかかった。」 これが初めて語った息子の胎内記憶。 それからは、よく「おなかプール」ということばを使っていた。 「おなかプール、覚えている、ながいヒモ!」 といいながら、おへそからひもが出ている様子を しぐさで教えてくれたりした。…へそのおのことね。 3歳くらいまで、よく話した。 「 [続きを読む]