Tucker さん プロフィール

  •  
Tuckerさん: 小人閑居
ハンドル名Tucker さん
ブログタイトル小人閑居
ブログURLhttp://randokukanso.blog79.fc2.com/
サイト紹介文ノンフィクションや科学書を中心にした本の紹介、感想を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2009/01/18 11:11

Tucker さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • フェイクニュース
  • ウソのようなニュースが流れるたび、ささやかれる言葉。「まるで虚構新聞のネタのよう」そんな虚構新聞のバカバカしいネタから、風刺ネタまで、エイプリルフール以外、ウソニュースを流し続けたこれまでの傑作選。時にウソニュースがホントになってしまい「謝罪記事」を掲載する羽目になったりするが、その「謝罪記事」も含まれている。一般的な話だが、風刺ネタは、時に対象への「悪意」が透けて見えてしまい、意図は分かるが、読 [続きを読む]
  • アッタマばっかりでも、かっらだばっかりでも、ダメよね♪
  • センス・オブ・ワンダー   レイチェル・カーソン   訳:上遠恵子  写真:森本二太郎     新潮社「沈黙の春」の著者の作品、と言えばピンとくる人も多いだろう。そのレイチェル・カーソンの遺言とも呼ぶべきもの。「沈黙の春」を書き終えた後、「あなたの子供に驚異の目をみはらせよう」というタイトルで雑誌に寄稿した記事をふくらませて単行本にしようとしていたが、果たせないまま他界。友人達がその原稿を整え、出版 [続きを読む]
  • 人のふり見て、我がふり直せ
  • 言いたいことが伝わる 上手な文章の書き方  安藤智子   秀和システム読んだ本の感想をネット上に掲載する、という事をやっている関係上、「分かりやすい文章」というのは常に気になるので、こういう本には、ついつい反応してしまう。が、その本の感想を書くとなると、いつもより気をつかう。内容が分かりにくかったり、日本語としておかしな表現があったりすると、みっともないから。(・・・と心配するほど、自分の感想が [続きを読む]
  • 妻をたずねて三千里
  • 日の鳥 こうの史代  日本文芸社行方不明になった妻を探し、東日本(というか東北地方)を訪ね歩く一羽の雄鶏。なんとなく妻がいる気がしたから、というのと、雄鶏の本能として、どうしても"東"に惹かれてしまうらしい。・・・という体で、著者が訪れた東日本大震災の被災地の様子がイラストで描かれる。震災から五ヵ月後の釜石・大槌から始まり、二年半後の鹿角・盛岡まで。(一部、東京も)震災の傷跡も生々しいイラストもあ [続きを読む]
  • 大いなる嘘
  • 虐殺器官 伊藤計劃  ハヤカワ文庫若くして亡くなった作家、伊藤計劃(いとうけいかく)のデビュー作。著者の作品は、かなり高く評価されているので、前から気になっていた。ただし、タイトルの「器官」の部分が「機関」だったら、あまり読む気にならなかっただろう。ストーリーは「テロとの戦い」のため、先進諸国は徹底的な管理体制に移行した近未来。発展途上国では、内戦や大量虐殺が急激に増加していた。しかも、一旦、混 [続きを読む]
  • 並行宇宙いろいろ
  • 隠れていた宇宙  上・下 ブライアン・グリーン 著 大田直子 訳 竹内薫 監修「並行宇宙」の事を扱った本、と言うと、SFが思い浮かぶだろうが、本書は物理学の一般向けの解説書。「宇宙は、一つではないのではないか?」という話は聞いた事があるし、本も読んだ事がある。本書でも他の宇宙が紹介されるが、それは一つではない。この「一つではない」というのが、一番、驚いた。紹介される宇宙は、「パッチワークキルト多 [続きを読む]
  • 過去の記事 …