mihoya さん プロフィール

  •  
mihoyaさん: 空の下の時間
ハンドル名mihoya さん
ブログタイトル空の下の時間
ブログURLhttp://ameblo.jp/mihoshoa/
サイト紹介文韓国人の夫と2008.10.11に挙式しました。同い年日韓夫婦です。
自由文2人目の韓国語の講師として出会った同い年の彼と1年半のお付き合いを経て、互いの違いをいとおしむことを誓い、2008.3.9に入籍、208.10.11に挙式しました。
Weddingの準備記録を中心に綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/01/18 18:52

mihoya さんのブログ記事

  • 生きたかった時間
  • 小林麻央さんが亡くなってからずっと心に彼女のことがあり、悲しくやりきれない気持ちでいっぱいです。私は母校の大学のOBで作る新聞にエッセイをボランティアで連載しているのですがちょうどその締切でもあったので麻央さんのことを書きました。彼女が今苦しみから解き放たれて安らいで家族と共にあることを祈ります。………………『生きたかった時間』 6月22日夜、乳がんで闘病していた小林麻央さんが34歳で亡くなった。そのニ [続きを読む]
  • むかわ竜で再会☆ミ
  • おとらは恐竜大好き図鑑なども熱心に読んでおり恐竜の名前をどんどん覚えていっています。昨年もむかわ町にある穂別博物館に行きました。むかわ町は遠い昔には海の底にあったため首長竜や海にすむカメの祖先、アンモナイトの化石などが多数発掘されているのですが、昨年は別室で、海に流されてきたと思われる恐竜の骨格の化石のクリーニング作業が進んでいるという説明展示がありました。その記憶も薄れていた今年始め、これまたと [続きを読む]
  • 親戚みたいに
  • 韓国から帰国して数日、北海道に滞在中のひのきさん(オーストラリア在住の日韓家族)から週末のバーベキューにお誘いのメッセが届きました土曜はとらの習い事がふたつあり(習い事についての記事も終わってないですね)終わると夕方なので、日曜が家族のための時間。韓国疲れの回復のため、私と子供たちは何も予定を入れず、夫は趣味の山登りにでも行きたいと言っていましたが、ひのきさんは六月末まで北海道にいるもののお互い働いて [続きを読む]
  • 韓国帰省番外編 大根のお茶
  • 義実家から帰る前の晩、義母が、大根を干したものを持たせてくれました。今までも時おり送ってくれたりしていましたが素朴な味わいがおいしいものの、結局は残して処分していましたが今回は、『じんましんにいいんだよ』と言ったのに反応した私と夫。五片くらいをカップに入れてお湯を注いで飲みなさい〜と言われました。今回は時間がなくて、二年連続で通った韓方医院に行けずじんましん予防の韓方が手に入れられず心配だったので [続きを読む]
  • 2017GW☆韓国帰省⑧最後の夜〜帰国
  • 恐竜公園のあとは、夫が隣のロッテデパートに教保文庫があるからと移動。小腹が減ってたので、地下のパン屋さんでイートインしました。食べていきますっていったら、女性店員が、うちに子供がいるのを見て、何も言わずに、食べやすく切り分けてくれました。とっても感動した接客ちなみにその前の新世界百貨店での化粧品購入の時は、私が『うるおい』関係のスキンケアを見ていたら、『お客様はシミが多いからまず美白ラインを使って [続きを読む]
  • 2017GW☆韓国帰省⑦ヘウンデで遊ぶ
  • プサン2日目。帰国は翌朝9時半の便なので、実質韓国最終日。朝から快晴ーこの日は子供サービスデー!安定の東横インで安定の朝食を食べて(しかし2の朝食のほうがよいかも…(笑))早速ヘウンデのビーチへ遊びにいきました。水は冷たく、最初は足をつけるだけだよーといったけども、うーはすぐにおむつ姿になりすっころんで波を頭から被ってました夏には一面人だらけでこんなのびのび遊べないんでしょうね。浜辺も海水もきれいでと [続きを読む]
  • 2017GW☆韓国帰省⑥トンピランマウル
  • 義実家4日目。この日プサンへ戻ります。朝が早い義父をみんなでお見送り。朝食を食べて、お皿を洗って片付けして私たちも9時頃出発しました。義母はとらを何度もぎゅー。でもうーには最後まで拒否されてました(義父には抱っこされてたうー)そして隣の本家のタンスク、近所の親族義父の弟叔父さん宅に挨拶してまわり、通りがかった知らない(笑)村人にも義母に言われて挨拶してまあ来年も来まーすといって出発しました。去る時はち [続きを読む]
  • 2017GW☆韓国帰省⑤義母の名言
  • とらの運動会は日曜に開催されましたが雨天プログラムでお弁当なしバージョン(お弁当作り終わった後で連絡あり)しかし最初の種目、徒競走が終わった頃に大雨になり中止に?残りは今日ありました。もともとPTAの係の打合せがあり半休とっていたのでラッキー!打合せも紙を配られただけで終わりになり無事に見ることができました。とらはリレーの選手でした義実家3日目。この日は親族巡りの巻。義父はまずいつもどおりにマンション [続きを読む]
  • 2017GW☆韓国帰省④在学証明書を提出
  • 義実家2日目の朝ごはん。手前と左のほうにある緑のスープはタニシの仲間、カワニナのスープです。なぜこんな緑色になるのか。。写真だとワカメの味噌汁的にみえますが実際は水にビリジアン色(青緑的な)を溶かした色で不思議ととても人工的な色に見えます私は結婚当初はどうしても色彩的にだめでしたが今は汁は飲めます。でもやはり生臭く感じる。とらは絶対に無理っ!!と飲みません。しかしうーは、汁を飲み干しタニシをほじくり [続きを読む]
  • 2017GW☆韓国帰省③変わらない義実家
  • 今日は大雨。ほんとならとらの初!小学校運動会でしたが、明日に延期。でもかなり降ってるので、できたとしてもぐっちゃぐっちゃのグラウンドになりそうさて、高速に乗ったものの進むにつれてかなりの渋滞になっていきました。日本のGW期間は韓国でもこどもの日、両親の日があり家族の週間になるので故郷に帰省する人たちが多いのかもしれません。トイレ休憩したくても休憩所に入る道もすごい渋滞になってるので夫は一度高速を降り [続きを読む]
  • 2017GW☆韓国帰省②韓国到着
  • エアプサンは特に座席が狭いとかは感じませんでした。JALには個人画面があったので、映画などを観られたのですがエアプサンではなし。とらはつまらなそうでしたがこのために用意したなぞなぞブックにはまっていました(そのあと飛行機酔い)うーにはシールブック、落書き帳、それとおやつで乗りきりました。機内食はチキンライスとかでしたがなんともいえない不思議な味で、子供たちが少し食べた残りを私も少しだけ食べました。乗り [続きを読む]
  • 2017☆GW韓国帰省①
  • 例年、九月のシルバーウィークあたりに夏休みをとって、チュソクにあわせて夫の実家がある南原市に帰省していましたが、今年からはとらが小学校にあがるため平日に休みをとりずらくなるので7月〜8月の夏休みにまた来ます〜と話してきましたが、1月頃夫がいろいろ調べていて、『GWに行くのはどうだろう?』と言い出しました。いつも夏のボーナスを航空機代にあててきましたが、LCCのエアプサンを使うとなんと家族四人でも68,000円 [続きを読む]
  • とら一年生
  • あらあらあら!ずいぶんご無沙汰しておりました。最終記事は3月9日でした…それから3月11日、とら保育園卒園!5年と2ヶ月の日々。もう数日前から私はうるうるして当日は出席していた年中さんが振り返るほどの嗚咽でした…なんといっても歌で『たくさん〜風邪も引いた〜』という歌詞の時、病気ばっかりで先が見えなかった保育園最初の冬を思い出して…。あの時は会社の先輩に、『まああと冬も100日くらいだから』といわれて却って [続きを読む]
  • 結婚記念日
  • 今日は3月9日…九回目の結婚記念日です。夫は最近忙殺されていて2時頃帰ってきたりしているので忘れているだろうと結婚記念日だねとLINEすると、ママと共に歩んできたこの9年間山あり谷ありだったけど、本当に毎日毎日が幸せ一杯ですお陰様でとらとうーの世界最高にかわいいふたりの娘にも恵まれて、本当に幸せです。mihoyaととらとうー、僕も含めてみんなで健康でいられることに感謝します?我が妻、我が女房、これからも健康で [続きを読む]
  • 正解のない道(子供の習い事)③
  • 私自身の習い事、2歳からのスイミングと4歳からのエレクトーンは、父の転勤による引っ越しのため、教室も先生方も数年で変わり、厳しい先生が多かったけれども、ボールとか使うような競技が苦手な私にとって、夏のプール授業は名誉挽回できるチャンスでした。体育の先生も、『お前は水に入ったら魚だな』といってたほど。スイミングは6年生で辞めましたが(タイムも全てクリアして最終級までいき、そのあと週三回ほど通う選手コー [続きを読む]
  • 正解のない道(子供の習い事)②
  • とら、先週バレエが無事に終わりましたお世話になったママさんたちには前もって伝えておいたので、プレゼントを下さったりも…。私も、スイマーでバレエ柄のこどもマスクとお手紙セットを生徒さん分用意してとらに持たせていたので、最後に配ってきました。先生にもスイマーのバレエのシューズの形をしたポーチをプレゼントしましたがその場では開けなかったということで喜んでくれたのかどうかこのスイマーのバレエ柄というのは私 [続きを読む]
  • 正解のない道(子供の習い事)①
  • 4歳になったばかりの時から、2年間ちょっと続けてきたとらのバレエ。今月いっぱいで辞めることを先生に伝えました。ここまでほんとうにほんとうに悩みました最初こそ大喜びで通っていましたが、先生がとても厳しい人で、レッスンの指導も厳しいし躾にも厳しくよくレッスンで泣いては、また泣いたことで叱られる…というのを繰り返してきました。それでも去年3月始めの、教室が所属しているカルチャーセンターの発表会には、日曜の [続きを読む]
  • 心の限界を超えた日④
  • 夫からの事故の告白を受けて…胃が一気にずーんと重たくなりました。体験入学、ドア事件とくぐり抜け、なんとか今日って日を無事に終えられると思ったのに、今日という日はまだ続くのか。とりあえず目の前の夫が無事であることから、最悪の事態を回避したのは感じましたが、『どれくらいの事故、相手は?』となんとか聞いてみると、我が家のわりと近くの交差点で夫は右折待ちをしており信号が赤になったのでようやくと思い発車した [続きを読む]
  • 心の限界を超えた日③
  • さて、とらに何があったのかーーとら、本当に聞こえなかったといってました。テレビ画面では私が出掛けるときについていた『耳をすませば』が終わろうとしていました。たぶんものすっごくすっごく集中してのめりこんで観すぎて何も聞こえない状態になったのが真相かと…。・『耳をすませば』は初めてだった・ドアを開けてすぐトイレに行った(おしっこしたくなり集中力が切れてきてようやく我に返ったのかと)・ふだんからすぐに何か [続きを読む]
  • 心の限界を超えた日②
  • またエレベーターで自宅前に戻り、相変わらずバーロックが開かずとらの反応もないことを確認しながらレスキューサービスに電話しました。すると、つながるまでにも結構待たされチャイム連打しながら待っていると、女性が出て事情を話すと、もっと緊急性が高い番号にかけてほしい(私がかけたのは暮らしの便利的なところだった)とのことでした。転送はできないのねそして、バーロックを切ることになったりドアの一部を壊すことになる [続きを読む]
  • 心の限界を超えた日①
  • 2月2日、吹雪で荒れているさむーいなか、とらの小学校体験入学dayでした。11月の小学校健康診断ではまんまと前日に溶連菌となり行けませんでしたが、今回は幸い元気で、私も休みを取り、保育園仲間とランチしてみんなで向かいました。それにしても時間が13時半から2時間で、これが朝イチや夕方なら半休で済むのに、いよいよ、働いているなんて一切考慮されない日々が始まったんだな〜と思います。4月なんて入学受付日(健康診断と [続きを読む]
  • うースタジオ写真騒動記
  • うーのスタジオ写真年明けにようやく飾りましたリビングの壁にガラス製の写真三枚ダイニング側には、数年間子供部屋で絵本棚として使っていた棚を持ってきて、その上に厚みがある木の額縁の写真を飾りました。こちらはウェディング写真、とら一歳の写真も飾っているので写真だらけ。韓国っぽい(笑)とらがやきもちを焼かないように、とらの写真もセレクトしました。厚みがある額縁なので重ねています。これらは2015年9月の帰省時に [続きを読む]
  • 朝日新聞『ひととき』息子の国際結婚
  • 朝日新聞(1/10)に息子さんが40歳近くになり突然韓国人の女性と結婚することになった女性の、国際結婚への戸惑いと、反対したことに対する反省とが素直に書かれた投書が載っていました。国際結婚、私もまさかするなんて思わなかったし、父母も予想もしてなかったことでしょう。しかし母は、相手が外国人だからといって何も言いませんでした。すごく賛成するわけでもなかったけども、私から聞いた夫の人柄でだんだんに、受け入れてい [続きを読む]
  • 2016年後半を振り返って
  • ごぶさたしています!あっという間に2017年になり一月も中盤に…札幌は例年よりたくさんの雪に埋もれていますブログをお休みしている間、おとらが10月、6歳になりました!誕生日プレゼントには今さらこえだちゃんの木のおうちをリクエストされ、クリスマスも引き続きこえだちゃんのお友だちを(うーも)どんどんこえだちゃんシリーズが増えていってますそして5月に発注していたランドセルが無事に10月下旬に届きましたきれいなキャ [続きを読む]
  • 2016韓国秋夕帰省★義実家最後の夜
  • 帰省4日目。明け方から降りだした雨はしとしとと降りつづいていました。韓国に滞在中に、夕立はあれどこうしてずっと降るのは初めて。義弟は早朝五時半くらいに出発しました。目が覚めたけれど、義弟を見送るために起きた義父母の声を聞きつつ、ここは私の出る幕ではないのでそのまま寝たふり。まさか義弟が帰ってくるとは思わず、お土産は用意してきていませんでしたが、あとで私たちの荷物に5万ウォン札が三枚入っているのを見 [続きを読む]