おっさんラベンダー さん プロフィール

  •  
おっさんラベンダーさん: 香川県でおかむらさきを咲かせる方法
ハンドル名おっさんラベンダー さん
ブログタイトル香川県でおかむらさきを咲かせる方法
ブログURLhttp://tanbonousi.blog121.fc2.com/
サイト紹介文イングリッシュラベンダーおかむらさきを瀬戸内海の気候で育てる方法を紹介するブログです。
自由文構想15年、試験栽培3年、イングリッシュラベンダーの女王おかむらさきを瀬戸内海の気候で育てる。専門家が見たら卒倒する栽培方法でひと株600本の花が咲いた。むずかしい技術はない。誰も見向きもしない山の田んぼがちょっとだけ北海道になった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/01/19 20:20

おっさんラベンダー さんのブログ記事

  • 現在のサシエ製作と発送計画の状況
  • 2017年8月21日でございます。 35℃のハウスで 元気なおかむらさきたちを眺めながら 朝倉市のことは どうなっているのかと 皆さん心配しているだろうなぁと 水やりしているこの頃です。 現在の進行状況は おそらくこうです。 花売り娘様が サシエの製作をどんどん手配して 西日本の瀬戸内近辺で [続きを読む]
  • 一期一会の夏が今年も過ぎてゆく
  • 今年の夏は おさらいの夏としてはなかなかのものです。 夕暮れが迫る休耕田で 今年の豪雨と 連日の高温注意報を ふり返っておりました。 私の記憶に中では 同じ夏はひとつもありません。 いつも一期一会 初めてで最後の夏 最近は 雨季と乾季が存在するかのようで 四季のあ [続きを読む]
  • まだその時では無いのかも知れないが用意はする
  • 前回の熊本は 地震だったので 余震が収まりつつある時期に たくさんの人が さまざまな支援をしていたのです。 今回は「雨」 災害が違うのです。 流木が川をせき止めて 土砂が民家を襲う それがずーっと続いている災害なのですわ。 何も終わっていない まだまだ 何も片付いてはいない 民家に50tの土砂が入り [続きを読む]
  • 真夏は続く
  • 2017年7月30日のことでございます。 香川県の中山間地でも 真夏は続いているのです。 今年の夏はちょっと違う 今日は 夜に雨が降って 蒸し暑いまま夜が明けた どんよりとした雲が湿度と熱を 地表に閉じ込める 真夏の太陽が その雲を突き抜けて 熱を放つ 午前5時がもう暑い [続きを読む]
  • 無機の限界がとうとう来た、500日後
  • 2017年7月27日でございます。 鉢植えで無機栽培を続けると いつか限界が来ると 思っていたのです。 それでも ずーっと我慢して 1年半が過ぎました。 先週まではそうでも無かったのに 今週になって そろそろ限界が近いような そんな枝になりつつあります。 葉の色が淡い緑から [続きを読む]
  • おさらい、35度の夏がまた来た
  • 2017年7月16日でございます。 35℃の湿った風が吹く あの夏がまたやってきました。 今年は7月から35度越え かつて40度で雨が降らなかった あの夏の再来かも知れない 休耕田おかむらさきは 草刈りをやめて 保水の体勢に入ります。 ラベンダーよりも 背の高い草だけを切って [続きを読む]
  • 原稿書きからの帰還、発送しました
  • 昨日、原稿をかき上げて 本日、発送しました。 現代農業10月号に 掲載予定です。 長文を書くというのは けっこう楽しかった 石灰については どこにも書いたことのない新説を ぶちかましてみました。 修正が恐ろしいわ さて それではブログの おかむらさき使いへと 戻る時間でございます。 [続きを読む]
  • 石灰の話を書いています
  • 現代農業様の締め切りが 20日なので 頑張って石灰のお話を書いています。 昔の話を思い出して書く なかなか楽しい けっこう苦しい ブログのように つづくが書けないので まとめるのが難しい どこまでラベンダー使いを出して よいものだろうか 石灰使いのお話しに 参加しているのだから とい [続きを読む]
  • おさらい、三年目の花を
  • 私は かつてこう書いた 「三年目の花が一番素晴らしい」 これだ そして 七年を経て分かったのです。 「私はここで間違った」 いやいや 最初に三年目と思った時点で もう間違えていたのですわ 2015年休耕田 2016年同じ場所 私はずっと [続きを読む]
  • おさらい、地表の被覆は変化する
  • 数年前から 休耕田の草は刈っております。 草取りはしない ひたすら刈りこむ と… 草の種類が替わって来ました。 田んぼの草から 畑、道端の草へ 具体的には メヒシバのような葉の細い草から オオバコのような葉の広い草へ これを刈ると もう昔のように 土が見える [続きを読む]
  • おさらい、20グラムはどうなった
  • 今年の有機石灰は20グラム これは 多いのか 少ないのか 梅雨時期なので 大雨が降ってよく効くと 想像して 少なめにしたつもりだったのです。 これは今年 花を咲かせない株です。 20グラムの有機石灰 徒長の気配は無し 微量のチッソながら けっこう効いている ということは [続きを読む]