よしぶん さん プロフィール

  •  
よしぶんさん: 草津魚市場 吉文
ハンドル名よしぶん さん
ブログタイトル草津魚市場 吉文
ブログURLhttp://yoshibun126.blog48.fc2.com/
サイト紹介文広島の鮮魚の仲卸が書く魚情報、魚の栄養、レシピやコツなどを市場大好き人間たちで発信します。
自由文広島市中央卸売市場の鮮魚の仲卸です。
創業は延宝8年(1680年)で今年で328年になります。四代将軍徳川家綱のころからの魚問屋です。
朝の市場の 独特の高揚感と活気は「魚市場ならでは」で、この異空間のような中央卸売市場から 魚情報、魚の栄養、レシピやコツなどを 市場大好き人間たちで発信していこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2009/01/20 12:22

よしぶん さんのブログ記事

  • 中国新聞② 海に聞く再生
  • 中国新聞の特集「海に聞く・瀬戸内再生」は取り上げて頂いて本当にありがたかったです。 24日は「酸性化・データ収集対策急務  二酸化炭素増加が生態系へ打撃」 大気中の二酸化炭素濃度が上昇し海水に溶け込む量が増えるためにおこります。 海水の酸性化は、地球温暖化とともに世界中で進んでいます。 酸性化が進むとまず貝が殻や骨格を作りにくくなり天敵にもやられやすくなるので減ります。 食物連鎖の底辺を支える植物 [続きを読む]
  • 中国新聞の特集記事を見てください
  • 中国新聞で昨日から「海に聞く・瀬戸内再生」第8部 転換の時が始まっています。 瀬戸内沿岸部には3000万人   が住んでいます。私たちの生活を支えるがゆえに、戦後の急激な暮らしの変化に大きく翻弄されてきました、 昨日は海の「貧栄養化」についてでした。 魚が獲れない、アサリが消えた海苔やワカメに色がつかない・・・などの問題が各地で起こっています。 海の生き物の成長に欠かせない窒素・リンは高度成長化期 [続きを読む]
  • カープファンの密度が高いから影響が大きい
  • 先週の土曜日にうちの県北担当と魚屋さんが話していました。 「テレビで野球みるけぇ 家を出るわけがない 。いいのはスタジアム周辺の店ばっかり。異常じゃけぇカープは 」 交流戦真っ只中でした。そう話している県北担当も「毎日毎日カープを(テレビで)見るけぇ寝不足で体がきつい」とこぼしていました。 そのカープも次の阪神戦までは休みなので、事務所も現場も静かです。 去年得意先のおやじさんが「カープが強いけぇ [続きを読む]
  • タコと錦帯橋の鵜飼い
  • 逃げるタコです。 魚を入れた発泡の箱を上に置いても、その箱を持ち上げて出て行ってしまいます。 いつだったかは赤い網にいれられたまま逃げました。 7月2日の「半夏生(はんげしょう)」にむかってタコが売れています。 事務の女の子が昨日のテレビ「鉄腕ダッシュ」で千葉かどこかのタコをやったと言っていました。 田植えの時にタコを食べるとタコの吸盤の吸い付く力のように稲が根を張って豊作になるのだそうです。   [続きを読む]
  • 小イワシが解禁になると他の魚が売れない。
  • 広島に夏の到来を告げる地物「小イワシ」が解禁になっています。 広島湾内で獲る船引網漁です。  広島人は地物の小イワシが店に出ると「いよいよ夏だ 」と実感します。 今朝も近海の長老が「小イワシがはじまると小イワシばっかり売れてこまったもんよのぅ」と こぼしていました。             (この写真はチョット古いです)資源保護のために日曜祭日だけでなく、土曜日も休みになっています。 根強い人気の [続きを読む]
  • 決算後は書類作りが目白押し
  • 仲卸組合に出す「役員変更届」 誓約書他3枚1組 管理事務所に出す「仲卸業者事業報告書」 それと別口1本 今日も一日中机の前でした。 3階の仲卸組合事務所に行った時五日市港に大型客船が着いているのが見えました。 この頃1ヶ月に2から3隻はずっと来ています。 これは私の小さいカメラのズームで撮りました。 手前は市場の前の浮桟橋です。 大型客船が着いてもどーっと宮島と平和公園に行って帰ってしまい経済効果 [続きを読む]
  • 銀タラの刺身を食べました。
  • 今日法務局に行って商業登記をしてきました。 去年10月法改正による新しい書類も何とか無事に受理されまだやらなくっちゃいけないことがいっぱいですが、なんとかひとつ終わりました。 司法書士を使わないで自分でやると印紙代の1万円だけですみます。 以前法務局で「自分でやりんさい。なんぼでも聞きに来れば教えちゃるけぇ」と言われて以来自分でやっています。 今回は息子が専務取締役に新任となったことや株の移動があ [続きを読む]
  • 吉文の元気者、アナゴと名物長老です。
  • 元気よすぎる逃げ穴子です。 戻してもまた出てくるので足元に何匹もいます。 (余談ですが 今日の試食はマグロの頭肉のお刺身でした) 今日 びっくりしたのは、 魚屋さんが買った穴子を帰るまで 水槽に一時あずかりしているのですが、 音がしたので見たら、ネットに入れられて水槽に入っていたアナゴがネットに入ったまま水槽の外に脱走していました。 水槽には返しがついているのにそれも乗り越えての脱走でした。 逃げ [続きを読む]
  • 奥の仕事に没頭しています。
  • 事務所でウニの試食をしました。 市場は試食が多くておもしろいです。 なんでも食べてみてこその勉強です。 加工場から「チョット作ってみたんですけど食べてみてください」なんて来るのも大好きです。 隣の仲卸の店頭で時々やってます。すごい音と迫力です。 こんな強い火力でやってるから「すっごくおいしそうだなぁ」と見入ってしまいます。            (骨切りハモです)このところ事務所の仕事に没頭してい [続きを読む]
  • アユの入荷が増えきたなぁ
  • 「天然アユ」です。 笹の小枝を敷いてあってすごくステキでした。 こういう形で入荷したそうですが、いろんな提供の仕方があるんだなぁととってもいい感じでした。       ( 写真は手長タコの入っている箱です。)今朝感じたのは「アユの入荷が増えてきたナァ」 いろんな養殖産地の箱がいくつも入っていて見るだけで清涼感を感じます。 水と酸素を入れた風船状の中に泳いでいる「活かしのアユ」も店頭ですごく元気に泳 [続きを読む]
  • お祝辞、ハモ、長なす、ボウフウ
  • 広島市商工会議所から毎年各社にお祝いの小さい賞状が届きます。      (区切りの年には大きいのがいただけます)毎年いただけるものですが毎回心がひきしまります。皆様のおかげでここまで来る事が出来ました。今後ともよろしくお願いいたします。 関西のほうの大学の老舗学研究室の教授がいらっしゃった時に「途中で職種を変えることなく1つの仕事だけでこれだけ続いているのは少ない」と言われました。 主人の言うよう [続きを読む]
  • 刃物屋さんの包丁の工夫
  • 今朝歩いていて思ったのは「活かしのアユが大きくなってきた 」最初の頃の 細くて小さいのに「夏が来る事を予感する春」を感じましたが、 体も大きく、たくましさが出てきて「夏が来るよっ」と主張していました。 加工場で順番待ちをしていた「コブダイ」 10.3キロです。 私の長靴の大きさと比べると大きさがわかっていただけると思います。 やわらかく弾力のある大きなコブ、太い唇、大きな力強いあご、インパクトのあ [続きを読む]
  • 紅タデは「赤芽」ですが「青芽」を見つけました。
  • 久しぶりになってしまいました。 現場仕事と違う事務所仕事にかかりっきりになっていました。 8日もご無沙汰してしまいビックリであわてました。 仕上げた決算がなかなか税理士から思いがけない小さい修正を細かく指摘されてこずりました。 法務局への法人登記も全部自分でやるので変更登記も重なり かかりっきりでした。 そのため現場ネタにも疎くなってすみません。 気になった箱。日戻りカツオ・伊予鈴水産です。 その [続きを読む]
  • 広島湾でがんばる漁師を知ってください②
  • 入荷の多い日が続いています。「日本中でよく獲れている」と現場担当。 5月8日に書いた続きを書きます。「近郊漁業」で生きる町の漁師たち。 漁村ではなく 街の中に溶け込んで暮らしていて普通に暮らしていて分かりません。 専業漁師は 広島市漁協に属しているのは20人いないくらいだそうです。 吉文のブログを通して知り合いになった街の漁師にうかがった大体の動きでは・・・4月1日からお盆までは カレイ網。 お盆 [続きを読む]
  • (無題)
  • 入荷の多い日が続いています。「日本中でよく獲れている」と現場担当。 5月8日に書いた続きを書きます。「近郊漁業」で生きる町の漁師たち。 漁村ではなく 街の中に溶け込んで暮らしていて普通に暮らしていて分かりません。 専業漁師は 広島市漁協に属しているのは20人いないくらいだそうです。 吉文のブログを通して知り合いになった街の漁師にうかがった大体の動きでは・・・4月1日からお盆までは カレイ網。 お盆 [続きを読む]
  • カキを少しでも長く食べ続けるレシピです。
  • 県北は今朝5度八幡は4度だったそうです 「今は田植えが終わって"泥落とし”で みんな旅行に行く。 千代田交通など地元の観光バスがあちこちに迎えに来て 止まっている。」 と県北担当が言います。先日までは「耕運機や田植え機なんかが道路に大きな泥のかたまりをボタボタ落としてゆっくりゆっくり走っていく」とこぼしていましたが 「今ぁ だーれもおらんよ。泥落としにいってるけぇ」と言って帰りました。 県北の稲作 [続きを読む]
  • 広島湾産の昆布の味をみてください。
  • 隣の仲卸にあったマグロの頭と尻尾です。 「マグローっ」というワクワクした感じがしてこの前を通るのが好きです。 ほっぺの所にシールがはってあり「長崎県五島産」とありました。よくフェイスブックに長崎県のマグロ漁師さんが投稿しています。 今日は昨日よりは入荷が多く、やや多めという感じでした。 友達と分けっこしようと言っていた大きいカツオは入荷がなく小カツオのみで、なかなかモリモリとした入荷になりません。 [続きを読む]
  • 広島湾産でがんばる漁師を知ってください。その①
  • 先日漁師さんから広島湾産の昆布をいただきました。。 南区の元宇品で養殖した広島湾産の昆布だそうです。 事務所において皆でちぎって試食しました。塩分が強かったけどおいしくてちょこちょこつまみました。 今年は広島湾で養殖しているワカメや昆布の出来が悪くて昆布も例年の半分の大きさにしかならなかったそうです。 そういえば市場でも広島湾産のワカメのパック入りが春にすこしづつ出荷されてくるのですが今年は本当に [続きを読む]
  • 富山湾産ホタルイカはすごい
  • 富山湾産「ボイルホタルイカ」です。 ぷっくっとしていて兵庫県産よりふくれています。  産卵のために群れをなして富山湾に来るメスを定置網で漁獲。 十分に成長しているためぷっくり太っていて、外海に比べ甘いです。 漁場が近い事による鮮度のよさも特徴です。食べ比べてみるとこんなに違うのかと感激です。 ただ値段が兵庫県産に比べると3倍くらいしますので 富山湾産1枚と兵庫県産3枚とというと難しいところです。私 [続きを読む]
  • カツオの不漁が県北の食文化にもひびく。
  • 「万作のない田植えは初めてだ」「5月の連休に万作がないってーこたぁ大変なこんだ」と県北担当が嘆きます。 広島の県北地方は万作(シイラ)は田起こし、他の草取りも含め全ての稲作行事に欠かせず、 特に田植えと稲刈りの時は万作がないと大変な事です。         (これより後のは、ファイルに入れてある万作の写真です。)万作は薄塩をして大振りに切った刺身を「腹が冷くなる」ほど食べます。 そのため刺身に出来 [続きを読む]
  • 初夏に旬を迎える商品が増えています。
  • いよいよ出てきました。「海ぶどう」 沖縄の暖かい海で獲れるので寒いのが苦手のため冷蔵庫に入れてはいけません。 常温保存です。料理にちょこっと添えるだけで存在感を発揮します。 「シャコ」 旬は産卵期である5月から夏の初めころです。 以前はおやつとしても食べていたのに高くなって高級品です。 今市場は初夏においしくなる商品が次々と入荷中ですよーっ 「鳥貝」 丸の貝でも入りますがこういう形での入荷が多いで [続きを読む]
  • LECTの渋滞にかまえていましたが、空振りでした。
  • 2連休前日で 週の最終日で 月末最終日でした。 2連休の前なので現場は慌しかったです。        (市場ではまだストーブが焚かれています。)事務達は締めや請求書発行やデータ出しに忙しく 私もデータ処理で追われています。 今日はこんなで大変なためさっくり急いで書きます。 塩干物の仲卸で見た海苔。「広島県田島産」とあったので多分江田島の江が取れているだけだと思い、「広島、それも江田島産って珍らしい [続きを読む]
  • ホタルイカの薬理効果
  • 今日は月末最終週の水曜日そして昨夜からの雨ということで  全くヒマでした。 精算会社から来る今日通った人数も少なくてびっくりでした。 社長がよく雨について「朝8時から晴れるという予報があっても実際に買っている時間に雨が降っていると 魚屋の買う気が下がる」と言います。今月もあと2営業日です。頑張らんといけません。 昨日フェイスブックに「ホタルイカを天婦羅にすると美味しい」と出ていました。 すごく試し [続きを読む]
  • 県北の春の恵みを食べつくす。
  • 昨日の日曜日は県北の得意先「豊平どんぐり村」の「どんぐり荘」のイベントに行ってきました。 「春満載バイキング」です。 春の山菜の天婦羅や豊平特産の地物蕎麦粉の蕎麦や地元の木綿豆腐などおいしかったです。 魚は春の魚の「サゴシ」でした。 北広島町豊平は蕎麦の栽培で有名で どんぐり荘のとなり棟にはそばの手打ち道場もあります。 一人2000円からできますのでぜひ行ってみてください。 そばパスタ専用のソース [続きを読む]