キャプテン・アルフレッド さん プロフィール

  •  
キャプテン・アルフレッドさん: 今日のキャプテン・アルフレッド
ハンドル名キャプテン・アルフレッド さん
ブログタイトル今日のキャプテン・アルフレッド
ブログURLhttp://captain-alfred.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文オートバイを中心としたガレージライフを送っています。
自由文マッハ,RZ,DX,ハスラー,T250そしてラビットと、気が付けば、2ストマシンばかりに囲まれていました。又、旧い単車には旧いトランポを…という事でトヨタ・スタウトに乗っていますが、やはり普通にはいきませんねぇ〜。必然的にスローライフを送っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/01/20 19:55

キャプテン・アルフレッド さんのブログ記事

  • いちご山養蜂場
  • 日曜日の朝は『キラキラ☆プリキュアアラモード』を仕方なしに観ている…というお父さんも多いと思います。しかしながら、どうせ観るならストーリーを理解し、子供と共に盛り上がった方が面白い! そんな感じで、画像は今日の20話で天才パティシエ・キラ星シエル(次週、正体が明かされるキラッ)に連れられ、一行が訪れた「いちご山養蜂場」の様子。アップの短いカット(左画像参照)では判りにくかったのですが、引きのカットで描 [続きを読む]
  • Reggie Says...
  • スパークプラグ、なに使ってる?…NGK?イリジウムならDENSO?“アメリカ被れ”なのでチャンピオン?個人的にはNGK相当でしか熱価値具合が判りません。 そんな感じで、画像は’79年ACCELの広告。MLBのレジェンド、レジー・ジャクソン(2球団で永久欠番!ヤンキースの「44」とアスレチックスの「9」)が手にしているのは『Yellow Jacket Spark Plugs』! 黄色い絶縁体部分が特徴的な訳ですが、恥ずかしながらコレが付いてるマシンに [続きを読む]
  • ハーレー“ドゥカティ”ソン
  • フォルクスワーゲン・グループから売却準備が進められている伊・ドゥカティですが、買収先としてハーレーダビッドソンが名乗りを挙げたらしい! 日本メーカーが買収したら面白いなぁ〜って、思っていましたが、国内各社とも入札参加の気配はなく、オートバイメーカーではインドのバジャジが参加予定。 その他、世界中の投資ファンドが、ドゥカティのブランド力に興味を示している訳ですが、ハーレーの参加はインパクト大! という [続きを読む]
  • ホンダトリオとくればゴキゲン!
  • 8月末で生産を終了するホンダ・モンキーの最終モデル『モンキー・50周年スペシャル』が発表(左画像参照)されました。 レジャーバイクの定番商品として、長きに渡りラインナップされてきた同モデルだけに惜しむ声も多いのですが、近年のモデルは快適性や安全性を考慮した為、大型化・重量化の一途…。当初のクルマに積んで、出先でバイクを楽しむといったコンセプトが薄れていた様な気もします。 画像は、クルマ・バイク・発電機 [続きを読む]
  • Strand-Girl mit Roller
  • 如何にも欧州っぽい乗り物系キットをラインナップするプレイモービルですが、画像の9084「Strand-Girl mit Roller」が女子系最新マシン。 旧作スクーター・3946(左画像参照)から、さほど進化は有りませんが、乗り手が随分 垢抜けた気がします。この一昔前のスクーターと言った感じが欧州っぽい!? とは言え、1986年発売の名車・3302モペッドと見比べると、フィグのStd.顔が古臭さを助長している様な気もしますが、ちゃんと時代 [続きを読む]
  • 카누 라떼
  • 韓国製ブロック・OXFORD(HP参照)とMaximのコラボ商品第2弾が登場!第1弾(過去分参照)と変わり、こじんまりした小セットなのですが中々 渋い! 新製品「KANU LATTE」を題材としている訳ですが、俳優コン・ユを起用したCMがそのまま再現されている様で、製品箱をモチーフとしたポップアップストアをブロック化。 建物内部の詳細情報は判りませんが、例によって小物の作り込みは期待できそう。またファンが納得するかどうかはナ [続きを読む]
  • (Vespa 946)RED
  • ピアジオ製プレミアムスクーター・Vespa946の限定車『(Vespa 946)RED』が日本上陸。 シートもホイールも真っ赤で、赤好きには堪らん情熱的なモデルなのですが、エイズ対策のチャリティ活動に取り組む(RED)とのコラボモデルとなっており、同モデルが1台販売される度に150ドルが(RED)とのAIDS資金としてグローバルファンドに寄付されるという志の高いモデル! この150ドルは、サブサハラ・アフリカ地域で生命を救うHIV/AIDS医薬品 [続きを読む]
  • 世界のMVPホンダに乗る
  • ’60年代にオートバイがプロ野球MVPの副賞として使われた事は、何となく知られていますが、画像はNBA’65年のオールスターゲーム! MVPを獲得したシンシナティ・ロイヤルズ(サクラメント・キングスの前身)のセンタープレイヤー、ジェリー・ルーカスに副賞として、ホンダ・CS90が贈られていた様です。 ホンダ初の横型OHCを搭載し、前年に発売されたばかりのホットモデルな訳ですが、2mクラスの大男(ジェリー・ルーカス:203cm) [続きを読む]
  • “Big D”のベアーキャットと馬
  • オートバイを趣味とするプロ野球選手については、過去にカワサキ党のミッキー・ロリッチ選手を紹介(過去分参照)しましたが、画像でCycle誌の表紙を飾っているのは、ドジャース永久欠番・53の“Big D”ことドン・ドライスデール! オートバイが趣味というよりは、馬がメインで牧場の移動用にスズキ・Bearcat B105P(125?)の様な気もしますが、表紙に謳われている通り“two friends”として、実馬・鉄馬ともに愛されていた模様。 [続きを読む]
  • C100よりU系メイト
  • ホンダ・スーパーカブの旧型モデル・C100系カブは、ボクがバイク人となった時点(25年くらい前)で既に人気旧車だった訳ですが、いつの時代も何となく感じる“ミーハー感”から敬遠しがち!? そんな感じで画像は、ヤマハの対抗馬・メイトの旧型U系モデル。U50はポートカブ、U70はC100系に似たルックスですが、市場にあまり出回らないマニアックな存在!初期型メイトは例のCM(乗ってる乗ってる〜♪)によって、それなりに売れたと [続きを読む]
  • Penthouse Rizla Hesketh
  • カッコいいカラーリングのレーシングカーは、履いて捨てる程ありますが、エロいカラーリングのマシンって少ない!? そんな感じで画像は、’70年代にイギリスの青年貴族・ヘスケス卿が立ち上げたF1チーム「Hesketh Racing」’77年のマシン308E。 画像の通り、’76年より男性誌・ペントハウスとリズラがメインスポンサーとなり、マシンにはリズラの巻紙箱を抱きかかえたアダルトモデルのイラストが描かれています。アーティスティッ [続きを読む]
  • 男はケバブ屋、女はケーキ屋
  • 子供のごっこ遊びは日々、業種やシュツエーションが変化していく訳ですが、“○○屋さんごっこ”と言えば、プレイモービルのお家芸。様々な業種が無駄にラインナップされているのが素晴らしい。 そんな感じで画像は、“special PLUS”シリーズの最新作「9088・Kebap-Grill」と「9097・Konditorin mit Kuchentheke」そして左画像は「9095・Sängerin am Keyboard」。9097のパティシエについては、TVアニメ「キラキラ☆プリキュア・ [続きを読む]
  • Ligier JS5 Matra
  • 最近のF1は空力パーツがゴチャゴチャしてて…云々と言われていますが、今に始まった話ではない。デザイナーが最速を目指し、試行錯誤、知恵を振り絞ってきたのは、今も昔も同じ。 そんな感じで、画像はリジェ’76年のマシン『Ligier JS5 Matra』。“ティーポット”と揶揄された巨大なインダクションポットを備えた奇作。前年からフレッシュエアを求め、各チームとも“ティーポット”化(左画像は’75年イタリアGP)が進んでいたの [続きを読む]
  • WHAT NINTENDONT.
  • 任天堂の小型ファミコン「ニンテンドークラシックミニ」が大きな反響を呼ぶ中、“任天堂?ミーハーだなぁ〜”って、冷ややかな視線を送っていたマスターシステマ―やメガドライバーの輩も多いと思います。 そんな感じで画像は、アタリ2600などのレトロゲーム復刻機“FLASH BACK”シリーズでお馴染みのAT GAMESからリリースされた『Sega Genesis Flashback』!見た目の通り、ちょっぴり小型なジェネシス(北米版・メガドライブ)。 [続きを読む]
  • 8個限定!
  • 今年で40回の記念大会を迎える「鈴鹿8耐」の記念ヘルメットが発売されるらしい。画像がそれなのですが、なんと限定数8個…。 アライのフラッグシップモデル・RX-7Xをベースに8耐のイメージカラー赤・黒・白がデザインされ、8耐ロゴや鈴鹿サーキットのシンボル(?)観覧車のグラフィックが施されたスペシャルモデルとなっています。 ベースモデルが54,000円(税別)と高額な為、仕方が無いのですが、この『RX-7X 鈴鹿8耐40th記念デ [続きを読む]
  • ANTONS BAIT SHOP
  • レゴのアイデアプロジェクト「LEGO IDEAS」から新たに製品化が発表されたのが画像の『21310・Old Fishing Store』(邦題・金城ふ頭に釣具屋オープン!)。 塩害で補修を繰り返したような味のある板屋根など、ビーチサイドにあるであろう旧き良き“Fishing Store”が再現されています。日本語で言うとどうしても“釣り道具屋”となってしまいニュアンスが異なってしまいますが、欧米の“Fishing Store”のイメージって、個人的には [続きを読む]
  • 1/3サイズ?
  • フルカ―バードボディが絶妙にダサカッコいいとダサいの狭間をいくビモータの名車・DB1ですが、その1/3スケールモデルが発売!? 画像がそれなのですが、フェアリング各部の寸法やディテール,ライン,デカールに至るまで1/3で再現。当時のペインターによる新車と同手法のペインティングが施された拘りの逸品だそうです。 1/3サイズなら子供が乗って遊べそうな大きさですが、その辺は「走る宝石」。単なる置物!これぞ大人のホビー [続きを読む]
  • 巨人13連敗
  • セパ交流戦、絶不調の巨人軍13連敗…。球団ワースト記録を更新中!?虎党的には“ざまあ”なのですが、流石に少し心配…。 そんな感じで、前回のワースト時、’75年の巨人軍。若き日の長嶋終身名誉監督やミスタージャイアンツのワッペンが貼られたジャンパーに古臭さを感じる訳ですが、前年に引退した長嶋,黒江,森の影響は大きく、獲得した現役大リーガー デーブ・ジョンソンの不調もあり、同年 巨人は球団初の最下位。 とは言え [続きを読む]
  • Star Venture
  • ヤマハが新たなるフラッグシップクルーザー「Star Venture」を発表!旧型YZF-R1を巨大化し、オッサン臭くしたようなフロントマスクが印象的なのですが、そのマスクの下には、タッチパネル採用の7インチディスプレイを搭載し、オーディオ,ナビは勿論 電話や無線,パッセンジャーとの会話,SMS受信など…今っぽい装備満載! 搭載ユニットについては、大きなダクトからVMAX系…と思わせときながら、XV1900シリーズの空冷OHV・Vツイン [続きを読む]
  • ロックンロールの日
  • 今日は6月6日で『ロックンロールの日』なのでshake it up babyな訳ですが、6をロックと語呂合わせできる日本人って、とってもピースフル! そんな感じで日本人的「ロックンロールの日」にオススメしたい名盤が画像の尾藤イサオ&内田裕也「ロック,サーフィン,ホット・ロッド」(’64年)。 再販されたCD版では、翌年に発売された「レッツゴー・モンキー」(1曲目にヘルプのカヴァー!)との豪華2枚組だった訳ですが、勢いのある1 [続きを読む]
  • ☆69
  • MotoGP第6戦がイタリア・ムジェロサーキットで開催され、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾが今季初優勝! 同GPでは、先日 事故で亡くなった元世界チャンピオンのニッキー・ヘイデンに哀悼の意を表し、各ライダーがヘルメットやマシンに、「69」ロゴを掲げて挑んだ訳ですが、ドゥカティが弔い合戦を制した感じ。 MotoGPでのヘイデンと言えば、チャンピオンに輝いたレプソル・ホンダ時代(’03〜’08年)のイメージが強いの [続きを読む]
  • たいれる
  • 昨日、紹介したフェラーリ156/85を文具用品で初めて知ったのと同じように、タミヤのプラモやRCカーから、その存在を知ったのがF1史上唯一の6輪マシン『タイレルP34』。世代的に日本でF1初開催となった富士スピードウェイを好走(雨のレースをP・ドゥパイエが2位)した実車よりも、タミヤのプラモのイメージが強かったりします…。 そんな感じで、画像はタミヤがドイツ・ニュルンベルク国際玩具見本市(シュビールヴァーレンメッセ [続きを読む]
  • 1985
  • 最近のF1マシンはゴチャゴチャ空力パーツが付き過ぎて、あまりカッコよく思えない…って、老害はボクだけではないはず。そんな感じで画像は1985年イモラでのフェラーリ156/85(ミケーレ・アルボレート,27号車)。個人的に愛用していた色鉛筆のジャケがこのマシンだった影響もあり、これくらいの時代のターボ車が一番カッコいい…と刷り込まれています。地元サーキットでティフォシの声援を浴び、気合十分な雰囲気が伝わってきます [続きを読む]
  • 大橋モデル132!
  • 実家で眠っていたアップライトピアノが我が家にやって来た!3歳児の娘にはまだ早いって思ってましたが、小さな子でも毎日 鍵盤に向き合うことが大事らしい…。 そんな感じで画像がそれなのですが、黒ボディに猫足がイカしたディアパソンの132-A7。’73年式の姉が幼稚園の時に投入されたモノなので、おそらく「大橋モデル」と呼ばれるエエ時代のディアパソン!? とは言え、長年放置されていた為、本格的に使用するにはオーバーホー [続きを読む]
  • 栄光のルマン
  • 大人向けのちょっぴりマニアックなトミカをラインナップし続けるトミカリミテッドヴィンテージの9月発売予定の新作が画像の『マツダ787B 1991ル・マン優勝車』。 同機種の精巧な1/64モデルは既に京商から発売されていましたが、TLV版のウリは脱着可能な前後カウル!飾るだけなら、別に取れなくても…なのですが、スーパーカーブーム世代にとっては無くてはならない嬉しいギミックだと思います。 しかしながら、内部の作り込みは? [続きを読む]