hikuro さん プロフィール

  •  
hikuroさん: いなかのプレスマン
ハンドル名hikuro さん
ブログタイトルいなかのプレスマン
ブログURLhttp://ameblo.jp/suenohara/
サイト紹介文元新聞記者です。トヨタのお膝元でフリーペーパーの編集長をしています。
自由文新聞記者になりたいなと思ったのは、もう40年以上前だ。普通のサラリーマンのように会社と自宅を往復するだけじゃ退屈するような気がした。決して自由とか民主主義を守ろう思ったり、社会の木鐸を目指したものはない。現役のころは、記者クラブに通うのが日課だったが、今では朝刊に折り込まれるチラシのチェックとスキャンが取材源。世の中の動きを反映するチラシはまだまだ、あなどれない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2009/01/21 08:53

hikuro さんのブログ記事

  • 雪崩
  • 栃木・那須温泉スキー場で雪崩が起き、高校生ら8人が死亡した。 スキー場は今期の営業を終えたばかり。栃木県立高校の山岳部員の訓練中だったという。 テレビ・新聞は雪崩注意報が出ていたのになぜ訓練を強行したのかとひはんするが、雪崩注意報は「いつ」「どこで」「規模」が不明で注意喚起にしかならない。 孫を志賀高原に連れていくため中日新聞の志賀高原山荘を予約した。スキーの服や手袋を買い求め [続きを読む]
  • 教育勅語
  • まるで冬の嵐北風と氷雨が振り付ける。一度しまったダウンを押し入れから出す。 東京新聞の特報面作家の高橋源一郎氏がtwitterに掲載した教育勅語の現代訳を紹介している。 教育勅語① 「はい、天皇です。よろしく。ぼくがふだん考えていることをいまから言うのでしっかり聞いてください。もともとこの国は、ぼくたち天皇家の祖先が作ったものなんです。知ってました? とにかく、ぼくたちの祖先は代々、みんな実 [続きを読む]
  • ジンギスカン
  • むすぐ4月だというのに寒い油断してたら鼻かぜをひく。 夢叶え隊の3月例会来年度のメイン事業を何にするかを議論。 福沢さんの「転ばぬ先の四股」出版を応援する。会員数を増やすより、夢を持つ仲間の連帯を深める。そのために、各人の「自分史(フォトアルバム)」作成の支援する。おいしいものを食べ、楽しく飲む。みんなで旅行する。マレーシアでのロングライフの調査。夢叶え隊のミュージカルの実現などなど。&nbs [続きを読む]
  • サイコパス
  • 元名大女子生に無期懲役刑が言い渡された。高校時代の友人に硫酸タリウムを飲ませたり、知人女性(77)を斧で殺害した事件は、責任能力を争われていた。 その犯行や動機は、一般人の常識とはかけ離れている。「サイコパス」の著者・中野信子さんは 、トランプ大統領もサイコパスと断じているが、この女性のケースはまさにそれに当たる。 国会への証人喚問に立った森友学園の籠池理事長もその虚言癖 [続きを読む]
  • 通信簿
  • 小学校前のハナミズキが咲き誇ってる。3学期も今日で終わり、明日からは春休みだ。 運動靴、体育の服、漫画の本、上履きなど教室に置いていたものを持ち帰る。通信簿は2学期に比べAが2つ増える。 中の上といった成績だ。将来の夢は電車の運転手らしい。 孫と子供では育て方に違いがあるのか。どうしたら勉強へのスイッチが入るか。本人は「はやくスイッチ買ってくれ」とゲームに熱中する。まーいいか [続きを読む]
  • 花冷え
  • 桜は咲いたが気温は低い。孫の通う小学校は卒業式のため、5年生以外はお休み。 昼前に南大沢駅に出かけ、春休みの映画館の予約を済ませる。 女房と孫の3人でQBカットに入り散髪。 さっぱりしたところでパスタとピザで昼食をとる。カードで会計をしたら6万円分の食事券が残っていた。株は大幅に値下がりしているが、株主優待は健在なり。 歌手でタレントの研ナオコさんが舞台の上で骨折する。女性の場合、 [続きを読む]
  • docomo詣で
  • 毎月、ドコモからの請求書が届く。夫婦仲が悪いわけではないのだが、この請求書をめぐり険悪な空気になる。 電話代だけではない請求がづらりと並ぶと女房がこれは何に使ったのかと厳しく追及してくる。 別に悪いことをしているわけではないのだが、1−2か月前にカードで支払った内容は、自分でも覚えていない。 結局、それじゃあ、ドコモに聞いてみようということになり駅前のドコモショップに夫婦が雁首を [続きを読む]
  • 開花
  • 東京が全国に先駆けて桜の開花を宣言した。 あいにくの雨が夜半から降り続く中だけに桜も震えていることだろう。 山手線は東京駅での事故で20分ほど遅れ、通勤ラッシュ時間帯はホームが人人ひとであふれかえっている。 代々木のマンションによる。駅からの狭い路地のぼろ屋が取り壊されたと思ったらあっという間に飲み屋街に変身しているのにびっくり。 [続きを読む]
  • 芸大
  • 芸大とか美大というとなにか惹かれるものがある。 若いころは美大の女学生との合コンがあこがれだったこともある。 72歳になっても、もう一度、芸大生になりませんかというキャッチフレーズに誘われて明治神宮外苑にある京都造形芸術大学の外苑キャンパスを訪れた。 通信大学のガイダンスを受けたと油彩画コースのミニ講義を受ける。 これまで洋画も日本画もちゃんとした講義を受 [続きを読む]
  • 沖縄から
  • 沖縄のパパ爺ちゃんと婆ちゃんが上京してきた。お医者さんの2人は、軟式テニスが大好き。 今回は東京医大の学生と沖縄のテニス仲間の合同合宿に昭島市の昭和森のテニスセンターを選んだ。 我が家のこうた君は、最近テニスに興味を示しており、大学生の医者の卵やお姉さんに交じっての飛び入り参加となる。 国体級の選手に交じってテニスは初めてという孫は、もらったばかりのラケットをぶんぶ [続きを読む]
  • お化粧
  • 女性なら誰でも美しありたいと思う。お化粧は自分をより美しく見せるための作業だ。 そんなことは、分かりきったことなのだが、今一つ理解できないのは、足の爪を化粧するペデュキュア・ネイルだ。 男性は普段、女性の胸や顔、脚の細さには目が行くが足の爪にまでは気が付かない。この2週間ほど、自分の足の手入れをしてきた。クリームを塗ってマッサージしたり爪を切りそろえたり、曲がりくねる指を伸ばしたりス [続きを読む]
  • 虚言癖
  • 春本番も近い。桜の開花が期待できる。今日のお昼はソーメン。デザートはアイスクリーム。あーあつ! 大阪の森友学園をめぐる騒動は籠池理事長の「安倍首相からも100万円の寄付金を貰った」という爆弾発言から国会での証人喚問にまだ広がった。 先月17日ごろからのやり取りはこれが国政にどれだけ意味があるか疑問だったが、ついに行き着く先までたどりついた。 籠池理事長はこれまでの言動を見ても事実とはか [続きを読む]
  • 牛乳パック
  • 昨日とは打って変わりポカポカ陽気だ。 孫の通う小学校の資源回収日。子供たちの通学路を100枚近くある牛乳パックの袋をもって校門をくぐる。 下駄箱前の入り口にはお母さん方4人が、空き缶やパックを受け取り、箱に分けて整理している。集めた資源ごみは業者に持ち込み換金して図書館の書籍購入費にあてられる。 金額的には小さいがお母さん方の参加と子供たちへの省資源意識の高揚に役立つという。 ちり [続きを読む]
  • 100歳青年
  • 全日本らくらくピアノ協会という団体がある。 中高年に手軽にピアノを弾いてもらえるように指導する社団法人だ。 2月から堀之内の駅前に通うピアノ教室は2週間に1回。 鍵盤に番号や数字を張り付けてお年寄りでもキーがすぐわかる。 この協会はピアノを楽しみことで100歳まで元気に生きる「100歳青年」」を目ざす。 5月のは発表会があり来月からはソロとアンサンブルの練習が始まる。さあ [続きを読む]
  • お面
  • 今学期最後の読み聞かせ会。4年3組の子供たちに、毎月、絵本を読んできた。 お友達のお母さんと二人三脚。ひと月おきに、図書館や書店で選んだ本を読む。 今の子供は、テレビやPC、DVD,ゲームが各家庭にあり本を読み期間は極端に少ない。 元中日新聞の子供新聞編集長としては文字離れを少しでも防止したい。 アマゾンで取り寄せたトランプ大統領のお面をかぶり①身長は ②体重は ③10歳の3 [続きを読む]
  • 認知症テスト
  • 道路交通法の改正施行により、認知症の疑いがある75歳以上の高齢者に対する認知症テストが実施されるという(東京新聞社会面) 160万人以上いるといわれるシニアの運転免許証のうち、5万人が免許更新ができないという。3年後には75歳になるので、それまでに認知症テスト対策をしなくてはいけない。 同じく、東京新聞の特報面AIを使った囲碁ソフトの強さと弱点は興味深い。大学生から始めた囲碁歴はや [続きを読む]
  • 灯台もと暗し
  • 自分の足元は意外に気づきにくい。歩くのに欠かせない足も、普段あまり大事にされない。女性はペディキュアに時間をかけるから、そうでもないが、男性の場合は、靴下をはいたに脱いだりすすだけ。 東京新聞の本の広告に「官足法」(かんそくほう)が出ていた。さっそく、アマゾンで注文した。 すべての不調は足の汚れが原因だった!老廃物を流す「官足法」で治る。行本昌弘著。 足をもむ効用として①血液循 [続きを読む]
  • 変形性股関節症
  • 2週間ほど前から左足の股関節が痛む。 たまたま見ていたEテレで、人工関節による変形股関節症の治療法を見ていた。 ひどくなっると、人工股関節を入れるしかないという。歩けなくなるほどの痛みでもないのでなるべく手術は避けたい。 番組の後半、予防法として運動療法が紹介された。 椅子に浅くかけて、両足を開いたり閉じたりするだけの簡単なもの。そのほかうつ伏せになり、お尻の部分だけ左右に揺 [続きを読む]
  • 焼肉
  • 株主優待券を使うために家族3人で駅前の焼肉店に行く。 週末と会って家族連れでにぎわっている。どこのテーブルでも2−3000円の食べ放題が注文される。 学生や若い人には食べ放題はいいだろうが年寄りには少し荷が重い。 一品で注文しても、出てくるのは食べ放題と同じ品質の肉だから味のほうは今一つだ。 そもそも、終戦から70年。日本人の肉消費量は飛躍的に高くなった。その影響で、糖尿病や [続きを読む]
  • 青汁
  • 寒い季節。生野菜は採りにくい。そこに新聞の青汁広告。 特別価格と付属のシェーカーにつられてご存じ世田谷食品の乳酸菌入りの青汁のサンプルに飛びつく。 もともと、サプリとかビタミン剤の効果は限定的と考えているので青汁も健康に悪くはないが、効くとは思わないタイプ。 それじゃyなんで、青汁を飲むの?と言われそうだが、このところお酒をやめて、夕食後の飲み物に事欠いてきたため。 [続きを読む]
  • 転ばぬ先の四股
  • 夢かなえ隊の会員から朗報が入る。89歳のFさんの本が出版されることになったという。 タイトルは「転ばぬ先の四股」ロゴもデザインも決まる。スポーツマガジンの小冊子で発刊される。監修は元学士大相撲力士の松田さん。モデルはご本人との事。 夢叶え隊の第一号。夢を3年かけて実現された。おめでとうございます。 [続きを読む]
  • 放電
  • 3年前から使ってきたデスクトップPCが突然起動しなくなった。 箱形の本体のボタンを押しても黄色いライトが点滅するだけでディスプレーは真っ暗なままウンともスンとも言わない。 丁度、メーカーから3年の保守点検サービスが2か月後に切れるというハガキがあったのでサポートセンターに電話した。 いつもビジーなサポートセンターだが、事務所契約をしていたので相手から30分後に電話が入る。状況を説明した [続きを読む]
  • 確定申告
  • もうそろそろ確定申告をしようと国税庁のHPからPC入力した。 孫は所得税では16歳以下は控除対象にならないが、地方税では考慮されるという。 さて、入力が完了。いざ、プリントアウトしようと するが、プリンターはうんともすんとも動かない。再々トライするも、DELLのPCにはソフトが足りないようだ。 仕方なく、書類を持って南大沢から電車で30分八王子税務署まで出かける。 税務署の前 [続きを読む]
  • 宇宙船
  • 星の少ない八王子の夜空に1等星以上の輝きが2−3個見える。 最初は月かと思う。しかし、三日月は南のほうに浮かんでいる。 双眼鏡で見ると、左右の光源が近づいたり離れたしている。10円玉大の表面には波のような模様もある。 天文台に電話するがすでに誰もいない。 1時間ほどでこの現象は消えてしまう。火星の大接近なのかな?? [続きを読む]
  • どんぶらこ
  • ブログを書こうとしたら「きょうはミシンの日」の見出しとスタンプが現れた。 3月4日のごろ合わせなのだろう。早速、拝借することにする。 東京新聞の最終面。大先輩の田中元編集委員が「東京どんぶらこ」を書いている。 5日ほど前に訪ねた時に書いていた原稿らしい。ことし80歳を迎える田中さんは、東京新聞の名物記者、デスクで鳴らした。名文家でもあり、人情味あふれた社会部記者だった。&nbs [続きを読む]