上海ワルツ さん プロフィール

  •  
上海ワルツさん: 上海ワルツ
ハンドル名上海ワルツ さん
ブログタイトル上海ワルツ
ブログURLhttp://shwalzer.minibird.jp/
サイト紹介文数年前一つの恋がきっかけで中国語を学び始め、上海に渡って来て全くの新天地で日々悪戦苦闘中。
自由文1971年千葉生まれ。大学時代は水戸で過ごす。高校時代にテレビで見た演劇の世界に踏み入れ、以後アマチュア劇団で舞台音響専門として過ごす。就職は一般企業にするものの、趣味が高じて休日にブライダルで音響活動を続け500組近くのカップルを見届ける。自身は無類のクラシック音楽好きで年間120本以上のコンサートに通った時期もある。旅好きであり、日本はもとよりイギリス、スペインなど舞台を求めて世界を旅した。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2009/01/21 15:53

上海ワルツ さんのブログ記事

  • 上海はジワリと値上げの春
  •  毎年のことだが、上海は物価が年々上昇を続けており、今年、p7じわじわとあちらこちらで値上げが行われている。 今日もコンビニで買い物をしてきたのだが、先月まで14.9元だった弁当が15.6元に値上がりしていた。 飲料類も、サントリーの烏龍茶(500ml)が3.8元から4.2元に、その他の伊藤園のおーいお茶などが4.2元から4.5元に値上がりとなった。 リポビタンDの150mlも確か9元だったものが9.5元に値上がりとなった。4.5元に [続きを読む]
  • 上海71路バスは使い勝手が悪い?
  •  先月の初めに上海の中心部を貫くように開通した71路だが、開通した当初は色々チェックする意味も有って何度か乗ったが、最近ではほとんど乗らなくなってしまった。 理由は色々有るが、一口で言うと使い勝手があまり良くないのである。 通勤ルートからも外れるというのがまず最大の要因だが、その他にもやはりバス故にスピードが遅く、更に慢性的に混雑しているという印象になってしまっている。71路乗り場 まあ通勤ルートから [続きを読む]
  • ラジコのタイムフリーがとても便利
  •  中国に来てからテレビをほとんど見ない自分は、ずいぶん前から日本のラジオを、VPN回線を通して聴くことが習慣化している。特に週末の土曜日は外出するイベントがない限り、家でラジオを聴きながら作業をしたりして過ごすのが毎週の行動パターンとなっている。写真はイメージ しかし、天気の悪い日はともかく天気の良い日に家でラジオを聴いて過ごすというのはどこか勿体ない面もあり、どうも体がムズムズしてしまう日もないで [続きを読む]
  • 思い出のホルストの「惑星」N響&デュトワ
  • 先日YOUTUBEをチェックしていた際に、ふとシャルルデュトワ氏指揮NHK交響楽団の演奏によるホルスト作曲の組曲「惑星」の演奏映像に出くわした。見始めた途端に出足の1曲目「火星」から非常に熱い演奏で、すぐに引き込まれたのである。優等生的な演奏を見せる普段のN響とは一味違う熱い演奏で、さすがシャルルデュトワ氏だなと感心するような、オーケストラのドライブ振りを感じたのである。そしてその熱さを感じ取ると同時に、非常 [続きを読む]
  • 春秋航空に茨城空港から初搭乗 その2(茨城空港内編)
  • 前回のブログの終わりに、茨城空港の2階の食堂でそばを食べてからチェックインに向かったと書いたが、今回「その2」を書くにあたって、写真をチェックしてみると、どうも撮影時間から言えば、私は空港についてまず先にチェックインを済ましていたようである。(数か月も経つと人間の記憶なんていい加減なものである><) で改めてチェックインの時の様子を記すと、茨城空港には春秋航空専用となっているカウンターが4つほどある [続きを読む]
  • マフラー・マスクのおかげで風邪知らず?
  •  私は生まれつき気管支が結構弱いので、毎年冬になると結構激しい咳が続くことが多かったのだが、今年はそういったことがほとんどなくひと冬を過ごすことが出来た。 (その代わり痛いところはアチコチにあるが)はて、今年はこんなに咳き込むことがないのは何故かと考えてみると、マフラーとマスクのおかげなのではないかという気がしている。 特にマフラーを四六時中巻き始めたのは今年からで、昨年まではマスクはしていてもマ [続きを読む]
  • 春秋航空に茨城空港から初搭乗 その1(茨城空港へ編)
  • 前回まで書いた通り、昨年の帰国時のピーチ航空の欠航のあと、期せずして偶然にも春秋航空に初搭乗することになった。春秋航空が茨城空港へ就航して以来6年後にしてようやくの初搭乗である。今回ピーチ航空から春秋航空に乗り換えるにあたって、思いがけない一つの問題に直面した。それは手荷物重量の問題である。ピーチ航空の場合は、手荷物10キロ以内という基準と、任意の委託荷物オプションという構成だったのだが、春秋航空の [続きを読む]
  • 電子レンジでは温められない料理
  • 一人暮らしを続けていると、結構な頻度で電子レンジのお世話になる。買ってきたお弁当を温めたり、冷凍食品を解凍したりと一人暮らしの食生活には欠かせない必需品となっており、電子レンジなしでの食生活を想像するとゾッとする現状となっている。しかも最近では、ゆで卵なども電子レンジで作れるツールもあるようになってきていて、使い勝手の幅が広がっており、便利さの面ではこの上なく重宝している。画像はイメージしかし中国 [続きを読む]
  • わがままな上海人女性を育てる躾の現場?
  •  先日、バスに乗っていた時、3歳くらいの上海人の女の子とその父親の姿のやり取りの姿を見かけて唖然とした。 まず父親は娘だけを椅子に座らして、ソフトクリームを食べさせていた。 この時点でバスの中でソフトクリームを食べさせること自体どうなのかなという疑問がまず沸いた。 さらにこの父親は娘の脇で飛行機のCAの如く低く屈んだ姿勢で寄り添い、子供に垂らさないよう注意することなく、まるで召使のように娘の手を何度 [続きを読む]
  • 古着屋の増えた日本
  •   昨年久しぶりに訪れた日本で感じたのは古着屋(リサイクルショップ)が異様に増えたということ。 実は実家に帰った途端に両親に連れていかれたのが古着屋で、とにかく安いから一度覗いてごらんなさいということだった。 まあ、これまで人生の中で古着屋なんぞ一度たりとも足を運んでみたことのなかった私なので、古着屋という言葉のイメージは決して良くなかったが、とにかく行ってみた。 行ってみると、以前は靴屋かおもち [続きを読む]
  • ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない!?その3(後処理編)
  • 上海に行く予定の飛行機が意図ぜず戻ってきた羽田空港周辺は、皮肉にも天気が非常に良かった。快晴の羽田空港以前も、国内線では欠航の憂き目にあったことは何度もあったのだが、国際線は初めてでしかも搭乗後の欠航となると全く経験がなく、今後どう処理すべきかわからぬまま空港に着いた。羽田に到着した直後、地上から乗り込んできたと思われる職員から早速案内があり、欠航に対するお詫びの言葉とその後の処理に関する説明があ [続きを読む]
  • ピーチ航空で上海に戻れず、着陸できない!?その2(機内編)
  • 出発前の羽田空港の様子ピーチ航空の機体は羽田を離陸後、順調に関東平野上空を旋回しつつ西へ向かう航路に乗った。今回は窓際の席を取ったので、東京の夜景をそれなりに楽しめたのだが、雲が多く窓の外はあっという間に真っ暗になってしまった。こちらとしても既に2回目の同社便の搭乗であり新鮮味もなく、深夜であることもあってはしゃぐこともなく、うたた寝をしつつ時間を過ごした。途中途中で目が覚めて窓の外の景色を見ると [続きを読む]
  • 上海公共交通カードへの現金チャージならローカルコンビニが便利!
  • 昨年12月から上海の100駅もの多くの駅で、現金による上海公共交通カードへのチャージ取り扱いがなくなった。基本的には充値機(チャージ機)に切り替えられたのだが、このチャージ機というのがちょっとは厄介もので、現金によるチャージが出来ない。上海公共交通カードチャージ機 中国の銀行発行の銀聯カードがあり口座にお金が入っていれば事足りるので居住者にとっては概ね問題ないのだが、口座のない短期滞在者などにとっては [続きを読む]
  • ピーチ航空の上海発便に搭乗 その2(機内編)
  • 機内に乗り込むと、さすがにLCCなのでシートピッチは狭かったが3-3配列の座席の割りには詰め込まれているという印象はなく、シートの色の影響か雰囲気は悪くはない空間だった。ピーチ航空の機内 で、まずは座席前のポケットに差し込まれている資料をチェックする。 最初に手取ったのは機内販売のしおりだが、これを見て大変驚いた。 ほぼ全商品において、日本語だけでなく英語はおろか、中国語の簡体字と繁体字、さらにハングル [続きを読む]
  • ピーチ航空の上海発便に搭乗 その1 (搭乗編)
  • もう何か月も経ってしまったが、実はかのピーチ航空の上海乗り入れ初日に、上海側の始発便に乗って一時帰国してきた。就航のニュースを聞きつけて、就航記念チケットがでるというので、すぐにネットでサイトを探してそのまま購入してしまったのである。往復で732元(諸費税込み)という超格安だった!これは恐らく私の上海滞在史上最安値の一時帰国チケットである。そのかわり運航時間帯は上海浦東国際空港発がなんと深夜01:25発、 [続きを読む]
  • 中運量71路バスの開通で朱家角への新しいルートも誕生
  •  上海市内に71路という新たな交通機関が登場した。 この71路は外灘から上海の中心部の延安路(東路、中路、西路)の高架道路の下を延々と上海虹橋国際空港の南西側の申昆路枢紐站へまでの17キロ余りの専用レーンを走るトロリーバスでありBRTと言ってもいい交通システムである。71路バス この71路という名称は直近まで別の路線で使われていたのだが、今回の路線と重複する部分が多いということで名前を譲り、この路線で使われる [続きを読む]
  • ようやく旧ブログの取り込み完了
  •  昨年から始めた、旧ブログのワードプレス(wordpress)への取り込みか完了した。 正確な本数は把握していないが、全部でたぶん1300弱くらいで、その後の書き込みを含めて現在ブログ総本数は1600弱くらいに達した。(調べればすぐわかるのだが) 振り返ってみると最近は以前に比べて書くペースが落ちたような気もするが、換算すると以前も年間160本くらいであって、ここ2年の減り方は2割程度にとどまっており、移行作業に取られて [続きを読む]
  • 血液型と性格に関連は本当にないか?
  •  先日のニュースで日本で言われる血液型と性格の関連について、九州大学の縄田健悟講師(社会心理学)が関連がないということを発表したということがニュースになっている。 ニュースによれば日米1万人以上を対象に生活上の好き嫌いなどを訪ねた意識調査を行ない、血液型によるその差異がほとんど見られなかったことから、血液型による性格の差はないとの結論に至ったとされている。 私はこの報道を見て、九州大学の講師にして [続きを読む]
  • 妊婦さんと太ったおばさんの見分け
  •  今朝、地下鉄に乗った時にたまたま優先席に座ってしまった。 まあ優先席とて空きシートには変わりなく、優先すべき人がいなければ座っても良いし、譲るべき相手が来たら譲ればいいだけの話であり、朝の通勤時間帯には、老人などはほとんど乗って来ないので、それほど気に掛けることもなく座れる。 ところが、今朝はそこへ座って数駅通過した時に、数席離れた人が突然人に席を譲っていた。 よく見ると譲られた人は妊婦さんだっ [続きを読む]
  • 中国の七夕の絵は大間違い
  • 中国の七夕は日本のように新暦の7月7日ではなく旧暦の7月7日に設定され、夏の情人節と言われ冬のバレンタイン同様に恋人の日とされる。 最近、この七夕に関する調べ物をしていた時にとんでもない間違ったイメージが横行していることに気が付いた。 それは七夕のイメージ図に「満月の絵」が多用されていることである。 中国のウィキペディア的存在とも言える百度百科にもやはり満月の七夕の図がイメージ図として使われている。百 [続きを読む]
  • たまに駅を通過する上海の地下鉄1号線
  •  今年になってから、上海市内の行動軸が地下鉄1号線上に増えたため、以前に比べて1号線を頻繁に利用するようになったのだが、この1号線は乗っていると時々不思議なことが起きる。 なんと、列車が時々駅を停車せず飛ばして通過してしまうことがあるのだ。 もちろん、公式には地下鉄1号線は全列車が各駅停車のはずで、快速列車の設定はないし、そんな列車がたまに走っているという公式のアナウンスもどこにも見当たらない。 しか [続きを読む]
  • 自動改札機における性善説と性悪説
  •  先日、日本の駅の自動改札の写真を見る機会があって、改めて気づいたことがある。 それは日本の自動改札機というのは、基本的にゲートが開きっぱなしのものが多いということに気が付く。 もちろん、全ての自動改札機で開きっぱなしなわけではないが、記憶を振り返ってみても少なくともJRの自動改札機は開きっぱなしのものが多かったような気がする。 それに対して上海の地下鉄の自動改札機、というか世界のほとんどの改札機は [続きを読む]
  • 上海の公共バスに電光路線図表示
  •  昨日バスに乗った時、フロントガラスの上部に新しく路線図表示板が設置されているのを発見した。公共バス先頭部の表示板 日本の通勤電車のドア上部にあるような、幾つかの情報表示がカラー表示できるタイプのもので、やや大きめの表示板である。公共バス先頭部の案内表示 これまでもドット表示での横に細長い電光掲示板はあり、現在地の停留所名や外気温や室内温度の表示などが行われてきたが、運転手オペレーションの問題もあ [続きを読む]