maison plaisir さん プロフィール

  •  
maison plaisirさん: マルプーそらと息子の育児 ほのぼのスローライフ
ハンドル名maison plaisir さん
ブログタイトルマルプーそらと息子の育児 ほのぼのスローライフ
ブログURLhttp://maison-plaisir.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文ゆったりとマルプーのそらの成長や息子の育児でのおすすめや日記をつづっています
自由文結婚で実家のマルプーと離れてしまいました(涙)
2014年12月に息子を出産して、私自身ブログに助けられたので何かの役に立つかもしれないと、思いついた事を記しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/01/22 23:49

maison plaisir さんのブログ記事

  • 【こころ】ストレスを放す、離す
  • ●ストレス発散?私、ストレスを発散するのがヘタなようストレスは、(当たり前だけれど)持ち越さずはやく解決する事が大事らしいでもそれって難しい。育児はたのしいしできる事に感謝だけれどキャパが小さく余裕のない時は多いし。私は顔色を伺って言いたい事をぱっと言えないとか、とか人に上にでられる状態が苦手なんだと最近わかって。(自分でも、○○なのにストレス感じる なんてぜいたくだ、とかここが矛盾 している、と [続きを読む]
  • 【子育て】私でも二人育児できるのか?
  • 二児育児心身ともにキャパが小さくて子供がいなくてもすぐ具合悪くなっていたのに、できるのか?と出産前かなり不安だったけれど、 →二人目を授かって出産前に感じていたこと   第一子と第二子のちがうところ 産後は実際…最初はやっぱり骨盤が戻っていないのが自分でもわかって少し動くだけでもきつかった。事情があって産後ヘルパーさんに少し頼んで。(市の管轄で安いので貯金でたのめた。 産後ドゥーラも補助金ある自治体 [続きを読む]
  • 【子育て】だいじょうぶ、あてにならん♪
  • 子育ての先輩の声は参考になることもあるけれど時代とともに新しいデータや経験から教えられる育児がかわる(離乳食前の薄めた果汁だの、 ベビーパウダーだの、熱がでた時の お風呂だの、指導が親の時と違いますね)そしてテクニック的なことより大きいのは、なにより 記憶は結構あてにならないだって、わたし上の子2歳でもすでに かなり忘れてる刻一刻とかわる子供、常に今に一生懸命だからこそ、記憶はかなりあいまい、しか [続きを読む]
  • 夏こそあたためる
  • ●3つの首 首 手首 足首をあたためるといいとよく言われるけれど私は(その言葉は知らない頃から)たまたまストールやマフラーが昔から好きで巻くと体感温度けっこうあがったなぁ。でも、私の場合は3つの中でも特に体調に直に影響するのが  足首真冬はもちろんあたためるけれど、要注意なのは、昼夜の温度差が大きかったり、気温が不安定な  季節の変わり目そして、クーラーや薄着で冷 [続きを読む]
  • 【子育て】第一子の試練
  • ●出産の不安も変化先日第二子を出産1人目は出産の不安や、体力ない私に子育てできるかしら、仕事と違ってずっと続くのだし、という不安と心配でいっぱいだったけれど、 もちろん、それ以上に待望の赤ちゃん、 むかしから母親になる日を 夢見ていたのですごく楽しみだったけれどそれは今考えると呑気なことで、、、いやはじめての経験だからその時は十分いっぱいいっぱいだったけれど2人目は自分のことより上の子がママと離れる [続きを読む]
  • 【おうち】片付け苦手なので、置くのやめました
  • 整理・収納が苦手なのであまりしないために最低限行っていること その後思い出した、まだそういえばあった(本当はお片付け・おそうじが得意になりたいけれど、なかなかなれなれそうにない)●三角コーナーをおかない今はおかない人も多いですかね。シンクの端にフックを2つつけて、フックにビニール袋をかけるだけ寝る前にしばって捨てて、交換しかも、そこに入れるのは包み紙とかで、生ごみは入れません。魚の骨をゴミの日まで [続きを読む]
  • 【こころ】整理・収納のタイミング
  • ●片付けが苦手なので引っ越しして1年あまり最初は収納もお試しだったし定期借家なのでまた引っ越すのし、としばらく収納用品はかわず様子をみて(様子見が長すぎ…)そのかわり、普段から気を付けて物がふえすぎないようにして。 以前は片付けが大の苦手でよく怒られ、 学生時代も勉強机の上がぐちゃぐちゃで 床にプリントがひしめいていた時も…物の乱れは心の乱れその通りで、反抗期で心が乱れていた時ほどぐちゃぐちゃだっ [続きを読む]
  • 包丁、3本目は…?
  • 包丁を持つとき一本目は万能(三徳)ですよね二本目はペティナイフかなあ、朝がパンの人はパン切り包丁か?お料理があまりできない私はその二本で十分。 包丁やの妻としては失格だけれど…お魚が多いお家は出刃包丁や柳刃包丁が欠かせないだろうけれど、私は夫が包丁の卸のくせに (堺の刃物卸)いまでも出刃を持っていない。。。というか、あじしかさばいた事ないそれもてきとうに…柳刃は、会社の品が回ってきたのでたまに使う [続きを読む]
  • 【ベビー用品】木の汽車セット サンタさん迷う〜
  • ずっとキッチンばかり好きだった息子 (Hapeのキッチンセット:Amazonより)も、電車や車が大好きになりサンタさんに電車のおもちゃを頼もうということになり…やっぱり木製があたたかみがあっていいなぁと思っていたら、実際プラレールはお手頃でパーツを増やしやすく、複雑な路線を作って電動で電車を走らせるのは利点だけれど、踏んだらすぐに割れるので小さい子にはちょっと危ないみたい。という事で、好みもだし実用的にも木 [続きを読む]
  • 【出産・育児】女性は変化にいそがしい!
  • ●女性は変化が多いよく、男性は一般的にコンサバな人も多く女性は変化への対応が柔軟と言われるけれど、実際に女性は変化を求められる場面が多いからかもなぁと思ったり。(もちろん性差より個人差が大きいけどね)ちなみに私は変化が苦手だけれど多くの場合、結婚・離婚で姓がかわるし(思った以上に手続きがめんどう 特にフルタイムで働く人は大変)妊娠・出産の体の変化があったり、今は妻や母として求められがちな古い女性像 [続きを読む]
  • 【スポーツ】ちょっと知るとおもしろくなる
  • 冬と言えばフィギュアスケート今はよく知らないけれど、競技自体が人気になったので選手層も厚くなってどんどん若い選手がでてきているようで。 (本田真凜選手: 日本スケート連盟HPより) ここ最近はほとんど見ていないけれど、前まで好きなスポーツの一つ!オリンピックでも私の中でハイライトといってもまったくの素人で、ただ見て楽しむだけなんだけれど、何年か前にジャンプの種類の違いが気になってちょっと調 [続きを読む]
  • 【こころ】最後はじぶんの選択
  • 日本では、時代はかわってきたとはいえいまだに女性は古い価値観に窮屈さを感じる場面も多いと大人になって痛感。海外で子育てをした友人も、もちろん言葉の通じない、生活習慣も異なる見知らぬ土地で生活するのは苦労していたけれど、色々と大変でしょうと言ったら、日本より 解放されて自由だよ〜♪と言っていたな。小さい子がいるのに○○して、主婦なのに○○なんて、母親なのに云々直接言われなくても確かに窮屈な空気あるな [続きを読む]
  • 【子育て】アレルギーと付き合っていく
  • 2歳児の息子いつも薄着でげんきいっぱい風邪を私にうつされてもひどくならず、基本は健康なんだけれど(体は私たち夫婦とも弱かったので、 人ごみにあまりいってないだけかも)肌が弱くアトピー体質 そうだよ〜お散歩中にお茶してまーす♪冬になると、肌が乾燥して保湿が不十分だと炎症までいったり。一旦炎症がでちゃうと、保湿だけでは治らないのでお薬を塗ってきれいにして。落ち着いたらまた保湿でしのいで…。昨シーズンは [続きを読む]
  • 【ベビー用品】第二子でリピートしたもの
  • 2人目の出産準備上の息子と2歳1か月差の下の子。1人目も先輩ママに聞いて産前にはなるべくはやまってあれこれ揃えないようにしたけれど、2人目は買うものが少なくて済む一方、上の子がいるからそこらへんに寝かせていると危ないとか、家もかわったりと、逆に悩むことも。<おさがりでできるもの> :下着や服の一部、ベビーカー、  抱っこ紐、ブランケット類<男女差があったり、家の環境や 上の子がいるために必要なもの>  [続きを読む]
  • 【子育てと音楽】無意識のうたの毎日♪
  • 気づくといつも歌をうたっているダンナさん昔からテレビを見ていれば、でてくる歌をうたったり、子供みたいにテレビの問いかけにむかって答えていたり慣れていたつもりだけれど…それが産後は一時期ピリピリの原因に息子はもともとよく寝るタイプで、抱っこもいらず一人ですんなり寝ていたけれど、はいはい期くらいから、お昼寝はすんなり寝てくれるのに夜だけはなかなか寝ず、びーびーいったり動いて部屋を出ようとするそれも壁と [続きを読む]
  • 【子育て】たくましく育ってね
  • 現在2歳1か月の息子0歳の頃から、転んだり頭を打ってもあまり泣かなかったタイプ 頭打っても入りたいもんね〜でも、たまに痛そうな時にだいじょうぶ?と心配そうに聞きながら近づくと、やっぱりお約束、動きが止まり今にも泣きそうになったので、もう極力、音が大きかろうが痛そうだろうがだいじょうぶ、だいじょうぶつよいつよい〜と何事でもないように笑顔でいうようにするとさらに泣きにくくなり、すぐにすっと立って けろっと [続きを読む]
  • 【子育て】じぶんでやりたいもーん
  • あけましておめでとうございます。ただいま第二子出産間近のお正月…2歳前からの息子はなんでも自分でやりたいおとしごろイヤイヤ期が始まった反面、できる事もふえて、助かる事も→いやいや期入ったかなの記事 忍耐力勝負?の記事 おもしろいしかわいいけれど、こちらの手間が増える事は多いので私が第二子妊婦だし毎日24時間だと、楽しいだけではなく疲れるときもあるまぁでも日々変化するし子供って目の前の事に本当に一生懸命 [続きを読む]
  • 【子育て】ひとりひとりの個性
  • 現在第二子の出産間近上の子は2歳なりたてかつ男の子なので、あかちゃん返りや精神的な事が気になるけど、普段はとても助かってる●基本の性格とにかく毎日、とても楽しそうな息子イヤイヤ期らしきものが始まってからは機嫌の悪い時もでてきたけれど、道路や施設内で床ゴロゴロ〜となっちゃう時もあるけれど(笑)納得しない事はぜったいしないけれどそれまでは、というか今も基本はハハハ〜とかふふふ、とかいつも満面の笑み2歳近 [続きを読む]
  • 【ママと服】着るものの混迷から抜け出せない…
  • 現在第二子の出産前●ブランクが長くなり元々カジュアルが苦手で(きらいなのではなく、私が着ると 子供っぽく田舎っぽくなって かっこいいカジュアルができない…)ワンピースにはじまりシャツやスカート、パンプスやきれいめブーツが好きでも結婚や退職で着ていく先もなくなったり買う貯金もなくなってきてただでさえ感覚がさび付いた上に…妊娠でフラットシューズになり手持ち服からなんとかきられる物を探し産後は授乳できる [続きを読む]
  • 【妊娠・出産】第一子と第二子のちがうとこ
  • 前回↓につづき、 【妊娠・出産】二度目で感じること 振り返って第一子と今回のちがいをいくつか●つわり2人目は、よりきつかった悪阻たべものに関しては…1人目は気持ち悪くてご飯とお味噌汁しか食べられなくてそれでも戻す時期があり2人目はたべ悪阻に近く、昼間は常に何かたべてないと気持ち悪く夜だけ気持ち悪くて戻す、という違うタイプ。でも、両方の共通点は妊婦あるあるでジャンキーなものがたべたくなる、炭酸が飲み [続きを読む]
  • 【妊娠・出産】二度目で感じること
  • ●2度目の妊娠きてほしいような、こわいような未知の世界だった第二子自分が一人っ子だからこそ子供も一人っ子でいいや、となるのもなんか悪いかな(特に意味はないけれど)複数いたら楽しそう、いいなとは漠然と思っていたけれど、、、1人目出産も遅かったり体調も万全ではなくて、自信がなかったし少し間をあけてからでないと、無理かなと思う一方、年を重ねると更に体力がなくなってそれも大変だし…とかそもそも今は2人目不 [続きを読む]
  • 【子育て】いただきます、ごちそうさま
  • 自分のこどもに身につけてほしいことうまれた時は命さえあればと思うのに、成長と共にあれもこれもと求めてしまったり挙げ始めたらきりがないけれど、だいじな事って実はそんな多くないんだろうな。大事なことの中でも、やっぱり食については大きいなぁ たべものを大事にする きちんときれいにたべる周りでも、お金の多寡ではなくきちんとしているなぁとか品があるなぁというお家の友人たちは、みんなここが共通して反省すること [続きを読む]
  • 【結婚式】カラードレス まさかのつくっちゃった!
  • ●お色直し問題ウェディングドレスは難航の末になんとか見つかり、 →ドレス選びの難航   (オルガンザさんのドレスに決まるまで)さて…お色直し、そもそもするか?神前式だから式は白無垢だからウェディングドレスがお色直しみたいなもんだし、なくていいというかしたら着替えすぎじゃない??と思ったけれど、二次会問題があったオルガンザさんは汚れの問題から基本はウェディングドレスは二次会NGただ、ホテル内の会場なの [続きを読む]
  • 【こころ】合わないものは無理しない
  • 最近、30代も半ばとなると、無理はしないのが心地よくなったり人生の時間が貴重に思えたりして(て、年寄り臭い)●夫婦離婚、再婚する人もふえてきてもちろん最初の相手とずっとうまくいけばいいんだろうけれど、表現は悪いけれど前より驚かなくなってきて。(再婚しているのはモテル人、きれいな人 が多いけれど…やっぱり、そうよね)見ていると、二度目は肩の力も抜けて失敗もふまえてみているから、心地いい相手を選んでいる [続きを読む]
  • 【結婚式】ドレス選びの難航…
  • あこがれのウェディングドレスのはずが、思わぬ沼にはまる…イメージしていたのは、シルクのシンプル・上質な素材とロールカラーで露出をおさえたもの提携のショップたちを見たけれどしっくりくるものがなく、試着しても残念な姿が鏡にうつり…提携の中で一番すてきだったノバレーゼさんも、単品では素敵なのに着ると私にはぜんぜん似合わず、会場のテイストともちょっとちがったり。他にも気になる所はせっかくなので見るだけでも [続きを読む]