隊長@新選組流山隊 さん プロフィール

  •  
隊長@新選組流山隊さん: 新選組流山隊隊長日記
ハンドル名隊長@新選組流山隊 さん
ブログタイトル新選組流山隊隊長日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/arteiji/
サイト紹介文流山を拠点に研究・殺陣・史蹟巡り・交流会など、総合的な新選組活動を全国展開する団体の隊長ブログ。
自由文流山の新選組行事開催と史跡案内はもちろん、
本格的な研究では、研究家も知らない新説や、地元でも知られていない関連史跡まで紹介。
研究家や子孫との交流をもとにした逸話、全国の行事参加の報告、関連番組の裏情報など、マニアックかつファンには耳よりな情報が随所に掲載。
新選組を総合的に楽しみたい方、初心者から専門家まで、お待ちしています。
公式サイト→ http://www.at-town.com/snap
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/01/23 03:09

隊長@新選組流山隊 さんのブログ記事

  • 新選組の演劇「士魂Remember」を観覧。
  • 新選組をテーマにした演劇「士魂Remember」を観劇してまいりました。主演の萬雅之さんはこの演劇のために、新選組について真剣に勉強をされ、その姿勢には私も感じるところがあり、流山をはじめ板橋や日野などで一緒に史跡を巡ったりしました。近藤勇や土方歳三、井上源三郎、佐藤彦五郎ら、新選組関係の御子孫や幕末関係者にも紹介をさせていただきました。萬さんは、大河ドラマ「真田丸」にも出演されていましたが、今回は現代人 [続きを読む]
  • 新松戸まつりでの殺陣演武
  • 第31回新松戸まつりにて、今年も殺陣演武を行いました。気温が高く蒸し暑い中でしたが、雲が出ていて炎天下では無かったので、演武をする立場としては丁度良い天候でした。いつものように、観客席から乱入した「逆供流馬」と「堂出茂伊以蔵」との闘いを皮切りに、約10分間の演武を行いました。今回は演武の映像を舞台正面と左右からの3方向のアングルで撮影していただいたので、8月度例会の映像鑑賞会で、しっかりと立ち回りをチ [続きを読む]
  • 今年も新松戸まつりに出演します。
  • 今週末は、毎年恒例の「新松戸まつり」が開催されます。新選組流山隊は、今年も出演し、殺陣演武を行います。炎天下の屋外で隊士装束での演武は、非常に大変ですが、今年で14年目の参加となります。当日は、飲食を中心にテントブースも多く出店されます。新選組流山隊も一昨年までは、「氷処!新選組」として、かき氷を販売しましたが、さすがに負担も大きいので、昨年より、殺陣演武のみとしています。会場は、新松戸駅より徒歩10 [続きを読む]
  • 新選組流山隊の結成記念日−14周年
  • 今日は、新選組流山隊の結成からちょうど14年目でした。2003年7月7日に、新選組流山隊を結成してから、もうこんなに時間が経ったと感慨深い気持ちになりますが、この間に実にいろいろなことがあったことを思い出します。写真は、2003年10月の新選組流山本陣跡の史跡です。解説板の表示もボロボロの状態でした。この後、私が解説板の製作を担当させていただき、3回の改定を経て、現在に到ります。2枚目の写真は、今年4月の本陣跡 [続きを読む]
  • 10日間の空白。
  • 10日間、海外に行っていました。そんな感じのする10日間でした。急に製作するものがあって、納期を間に合わせるために、幕末史研究やほかの仕事よりも優先して、土日も含めて毎日集中していました。この間は、テレビのニュースなどを見るぐらいの時間はあったのですが、ブログ更新もままならず、食事や入浴中も頭の中がすっきりしないまま。集中度が高かったために日常生活から離れたような感覚でした。おかげさまで、通常なら2週 [続きを読む]
  • 演劇「士魂 Remember」の上演概要
  • 7月に新選組をテーマにした演劇が上演されます。前回お伝えしたように、主演の萬雅之さんは、新選組についても一所懸命に理解を深めようとしていますので、私も応援しています。以下、公演情報です。「士魂 Remember」会場:新宿シアターサンモール。東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」出口2より徒歩3分。公演日時:7回公演7月20日(木)19:00-21日(金)14:00- 19:00-22日(土)14:00- 19:00-23日(日)12:00- 16: [続きを読む]
  • 新選組をテーマにした演劇「士魂」
  • 7月に新選組をテーマにした演劇が上演されます。主演は萬雅之さんです。新選組を演じるにあたり、新選組について学びたいということで、稽古の合間を縫って流山にもお越しいただきました。その後も板橋や日野の新選組関連史跡を一緒に巡り、ご案内をさせていただきましたが、非常に熱心に取り組む姿勢は、きっと演技においても同じだと思います。萬さんの演じる役柄は、現代の悩める青年とのことですが、幕末にタイムスリップし、 [続きを読む]
  • 新選組を演じるためには新選組を知ること。
  • 数回続けて、日野の新選組史跡の話題を掲載しましたが、6月4日の史跡巡りでは私が案内解説を担当させていただくことになったため、ある俳優さんをお誘いしました。写真は、その際に土方歳三資料館にて、館長の土方愛さんと三人で撮影したものです。イケメンの俳優さんは、萬雅之さんです。実は7月中旬に、新選組を題材にしたお芝居の主演を演じられるそうで、現在、新選組のことを一所懸命に勉強、体感されています。4月9日に流山 [続きを読む]
  • 日野の新選組史跡巡りを終えて
  • 新選組流山隊では、史跡巡りを「巡察会」と称しています。6月4日の日野巡察会は、「勝海舟の会」の主催による「史跡探訪」で、会員以外の方々を含む大人数で巡りました。私は今までも、「勝海舟の会」の史跡探訪で江戸城や丸ノ内の案内解説をさせていただき、3回に2回くらいは一般参加もしてきたので、ありがたいことに多くの会員さんから知遇を得ております。作家や研究者、龍馬会や南州会、山岡鉄舟研究会等々の会員さんも参加 [続きを読む]
  • 日野市の新選組史跡を網羅して巡る。
  • 新選組は、その多くの期間が、隊長の近藤勇と副長の土方歳三による運営でした。この二人が生まれたのが「武州多摩郡」でした。そして近藤勇を支援したのが、日野宿の佐藤彦五郎や小野路(現・町田市)の小嶋鹿之介ら多摩の有力者たちでした。そのため、私は多摩地域が「新選組のふるさと」であると感じています。その中で今回は、「新選組の支援者のまち」である日野の新選組史跡を網羅して巡るということをテーマにしました。前々 [続きを読む]
  • 日野巡察(2)−石田村と高幡村
  • 日野は「新選組のふるさと」というより「新選組の支援者のまち」だと、前回記事で書きました。日野市の新選組史跡は、3つの地域に分かれます。一つは前々回の記事で紹介した旧「日野宿」、そして、旧「石田村」と旧「高幡村」です。6月4日の日野巡察会では、この3つの地域をモノレールで移動し、徒歩で散策をしました。旧石田村は「土方歳三のふるさと」です。6月4日は、40名弱での徒歩移動だったため、甲州街道駅でモノレールへ [続きを読む]
  • 「新選組のふるさと」はどこか?
  • 日野市では、町おこしの目玉として新選組との縁を利用し「新選組のふるさと日野」と掲げています。私は2002年頃、新選組に興味を持ち始めて調べた情報で、新選組は江戸から上洛した浪士組の一部隊士が京都で結成したことはすぐに解りましたが、なぜ日野市が「新選組のふるさと」なのかが理解できませんでした。おそらく理由の一つは、昭和後期以降は近藤勇よりも土方歳三が人気となり、現在は日野市となった「旧石田村」が「土方歳 [続きを読む]
  • 日野巡察(1)−日野宿
  • 6月4日は、日野の新選組史跡を巡りました。今回は40名弱をご案内させていただき、日野宿〜旧石田村〜旧高幡村といった順路で、モノレールを乗り継ぎ、徒歩での散策でした。昼の12時に日野駅集合という少し遅めの出発ではありましたが、夕方17時の解散までに「日野市立新選組のふるさと博物館」を除く、新選組史跡を総て訪れる事が出来ました。写真は、坂下地蔵です。甲州道中の日野宿の京口となります。続いて、宝泉寺へ。ここには [続きを読む]
  • 日野の史跡巡り前夜
  • 写真は、甲州道中の日野渡付近〜八王子宿方面を望む鳥瞰図的写真です。空からの立体的地図は様々な要素が加わるので、地形や距離感などが解ります。さて、明日(6/4)は、日野巡察をおこないます。日野宿、石田村、高幡村の新選組関連史跡を巡ります。専用の史跡地図、貴重な古写真、史跡の解説資料も用意しました。参加者の皆様、どうぞよろしくお願いします。ブログ村 幕末維新 ←応援 お願いします→ ブログランキ [続きを読む]
  • 史跡デジタルマップを一部運用開始。
  • 流山の新選組史跡地図のデジタル版が完成しました。Googleマップをベースにしたデジタルマップとして、流山の新選組史跡の位置は勿論、概要コメントや一部は写真も掲載しています。いずれは千葉県内はもちろん茨城や埼玉等々の新選組関連史跡を網羅していく予定です。実は、今までにも全国各地の史跡地図を製作しており、その一部は、このようなデジタルマップも併用できるようになっています。現在、「東京23区江戸幕末史跡千箇所 [続きを読む]
  • 流山の史跡案内にて
  • 5月24日は、流山巡察を実施しました。20名の方々を案内し、市立博物館で流山の歴史全般を紹介し、新選組流山本陣跡や一茶双樹記念館などの史跡を徒歩で巡りました。最近、夏のような高温が続いていたのですが、この日は曇り空で、散策するには丁度良い気温でした。この季節は、緑も綺麗ですね。写真は、浅間神社裏にある富士塚です。新選組流山事件の際に、新政府軍は浅間裏に菊の紋の旗を押し立てたと記録されています。5月は、 [続きを読む]
  • 5月度例会で新史料を紹介。
  • 5月21日は、新選組流山隊の5月度例会でした。今回は、初参加の隊士がたくさんいたため、今までの経緯や新選組流山隊のスタンスなどのお話しをあらためてお伝えしました。今週も、流山巡察会の予約が入っており、日々の活動もなかなか研究に傾注するわけにも参りませんが、現在、裏付け調査を進めたい事柄が山積しています。例会では、「幻の史料」と言われていた史料発見により、原本複製を全員に紹介し、解説しました。細部の解 [続きを読む]
  • 佐原を散策−千葉県ボランティアガイドの総会参加
  • 5月18日は、佐原に行って来ました。新選組流山隊は、流山初のボランティアガイド団体として千葉県に登録され、新選組団体として初めて日本観光振興協会にも登録されました。その後、千葉県観光ボランティアガイド連絡協議会が設立され、総会や、「ベイ・東葛交流会」には毎回必ず参加しています。総会は「ベイ・東葛」「北総」「南房総」の3地域で順番に実施、今回は「北総」の佐原で行われ、まずは午前中の総会に出席。いつもの [続きを読む]
  • 新選組演劇のご案内〜亀有にて
  • 一部の方々にはすでにお渡ししていましたが、今年は、今週末そして7月中旬に新選組の演劇が上演されます。7月の演劇については、主演の萬雅之さんの熱心な姿勢に感銘し、私も微力ながら応援させていただいております。こちらは後日あらためて記事にします。今週末に上演されるのは、葛飾区亀有での新選組の演劇です。先般、主催者のスタッフが私の事務所「新選組流山屯所」に来訪され、いろいろとお話しをさせていただきました。 [続きを読む]
  • 浪士組上洛の関連史跡巡察-2〜近藤道場付近
  • 近藤勇の天然理心流道場は、一般には「試衛館」とされていますが、当時の史料には「試衛館」という記述はなく、子母澤寛による創作と推定されます。北辰一刀流の「玄武館」が「千葉道場」、神道無念流の「練兵館」が「齋藤弥九郎道場」と記されているように、天然理心流の近藤勇の道場も、当時史料では「近藤道場」という記述が散見されます。そしてその所在地は、当時史料には「甲羅屋敷」あるいは「市ヶ谷加賀屋敷」「市ヶ谷柳町 [続きを読む]
  • 浪士組上洛の関連史跡巡察
  • 4/23は、江戸巡察会として、北区・板橋区・文京区・新宿区などの史跡を巡りました。「近藤勇百五十回忌・新選組諸隊士供養祭」に参加し、午後は板橋宿を散策した後、新選組流山隊5名は、帰宅する隊士や関係者と別れて流誠号での巡察へ。徳川慶喜屋敷跡や永倉新八住居跡などを車窓に見ながら、白山通りを南下しました。まずは、伝通院へ。近藤勇ら浪士組は伝通院を出発したとされますが、集会を行ったのは塔頭の処静院大信寮と記録 [続きを読む]
  • 板橋周辺の巡察
  • 4/23は「近藤勇百五十回忌・新選組諸隊士供養祭」に先立ち、関係者のみで行われる交流会に出席するため、流誠号で流山を出発しました。10時10分受付だったのですが、わずか30分で王子へ到着したため、受付までまだ30分もあり、ちょっと足を延ばして巣鴨へ。徳川慶喜巣鴨屋敷跡を確認に行きました。新選組流山隊で製作している地図には、屋敷跡の敷地を記載していますが、今回は記念碑の位置を確認しました。正確には、この碑の建つ [続きを読む]
  • 近藤勇一五〇回忌・新選組諸隊士供養祭に参加
  • 4/23は、板橋駅前にある近藤勇墓所にて供養祭に参列して参りました。今年は、「近藤勇百五十回忌・新選組諸隊士供養祭」として、通常の供養祭の前には、関係者42組約60名が出席しての交流会も行われました。その中で平成20年の「近藤勇百四十回忌供養塔大規模修繕」の参与人(墓所右側の記念石板に氏名記載)の出席は53名中18名でした。10年の間にお亡くなりになられた方も数名いて、時の流れを感じます。交流会では、貴重なお話を [続きを読む]
  • スマホを活用した講座と史跡巡り
  • 4/22は、流山にて講座を勤めさせていただきました。ドコモショップ流山店さんの企画で、スマホを利用した幕末史講座と史跡巡りという、通常とは少し変わった内容です。まずは、パンフレットからQRコードを読み取り、「新選組倶楽部」公式サイトへアクセス。パンフレットは印刷代節約のため2色印刷。チラシはカラーでも写真は小さく掲載されるのみ。これに対して、WEBでは綺麗なカラー写真を掲載しています。要は、印刷物とWEBの使 [続きを読む]
  • 講演二日目も満員御礼。
  • 昨日に続き本日も新選組の講演会をさせていただきました。今日のテーマは「新選組流山事件の真相」。昨日の内容も多少紹介しながら、新選組結成の経緯で通説と異なる部分が、流山事件前後の動向にどんな影響を与える事になったかなどを紹介しました。予約が定員を超えたため、14日からのお問い合わせには、当日のキャンセル待ちとなり、会場スタッフからも当日は新たな聴講希望者はお受けできないとの確認がありました。しかし、早 [続きを読む]