eucalyptus_k さん プロフィール

  •  
eucalyptus_kさん: ユーカリの薫るベランダで
ハンドル名eucalyptus_k さん
ブログタイトルユーカリの薫るベランダで
ブログURLhttp://www.eucalyptus.jp/
サイト紹介文150種以上のユーカリ栽培がメイン。 eucalyptus_kによる植物の育成ブログです。
自由文元々祖母の畑や両親のガーデニングを手伝っていた程度でしたが、数年前から観葉植物の育成を本格的に始めました。
現在、ユーカリに魅了されており、種子を海外から輸入し、全150種近くを育てています。
日本でマイナーなユーカリを紹介し、様々な方々と植物について情報交換ができればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/01/24 14:50

eucalyptus_k さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今年も咲いた!ユーカリ・ウッドワーディー(woodwardii)
  • 先年からたくさんの蕾を付けていたwoodwardiiですがこちらも開花しているのを発見しました。少し発見するのが遅れてしまい満開の盛りを過ぎてしまっていますが、先端にもう少し蕾の束が残っているので、もう一回くらい綺麗な写真が撮れるかもしれません。woodwardiiはここのところ、たくさん蕾を付けてくれるのですが、何度も書かせていただいた通り、このユーカリはとても脆いところがあります。少しでも手が当たったり、引っ掻け [続きを読む]
  • ユーカリ・フォレスティアナ(forrestiana)の蕾
  • 我が家では初めてのforrestianaの蕾が赤みを帯びてきて、そろそろ開花間近となっています。蕾自体は昨年の初夏くらいからでき始めていたのですが、やっと大きくなってきて、開花に向かってきています。花材にもなる面白い花が咲くということで今から非常に楽しみです。このforrestianaは元々病気がちで、枯れてしまいそうになったこともありましたが、日照や風通しの良い場所に移してから調子を戻して蕾を付けてくれました。我が家 [続きを読む]
  • 真冬でも健気に咲くトルクァータ(torquata)
  • やっと写真を撮ることができました。ブログの更新が滞っており申し訳ありません。真冬にtorquataの花が咲いていてびっくりしました。今年の冬はところどころに暖かい日があったからでしょうか?冬は少し寂しくなる我が家のベランダに一際目立つピンク色の花でした。ご挨拶が遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!...(続く) [続きを読む]
  • 今年はたくさん枯れた...
  • 久々の投稿恐れ入ります。最近多忙+体調不良が重なってなかなかブログの更新ができずに申し訳ありません。そんな中、今年はたくさん枯らせてしまいました。決して管理には手を抜いてはいないのですが...でも原因究明だけは怠りません。■ Eucalyptus pleurocarpa----------------------------------------------------------------元々病気がちだった株ですが毎年何とか花だけは咲かせてくれていました。このように病気がちの株は [続きを読む]
  • ご挨拶と記事更新遅延のお詫び
  • ついに暑い夏がやってきました!個人的にはユーカリの管理には、冬よりも遥かに気を使う季節だと思っています。多忙のため、なかなか記事更新ができずに申し訳ありません。決して「死んだブログ」ではありませんので、何か興味のあることや質問などがあれば、お気軽に記事閲覧の上、お問い合わせください。お問い合わせについては、全てに対して順次返信をさせていただいています。ブログの更新はできていないのですが、ユーカリの [続きを読む]
  • ユーカリ・ピンピニアナ(pimpiniana)の開花
  • 先日より蕾の報告をしていたEucalyptus pimpinianaがついに開花しました!蕾はかなり前から付いていましたが、気候が合わなかったのか、栽培環境がよろしくなかったのか、それとも開花までに時間のかかる品種だったのか、とにかく開花までにかなりの年月を要しました。pimpinianaは非常にマイナーなローカル品種です。日本でいうと例えばある都道府県にだけ生息していて、その生息地の名前が付いている品種のような感じです。その [続きを読む]
  • Eucalyptus glaucescensの読み方
  • 先日、当ブログにお問い合わせをいただき、「グラウケッセンス」と書かれたユーカリが何かを教えて欲しいという内容でした。お写真を拝見してすぐにglaucescens(グラウスセンス)だと分かりました。このユーカリは日本で登場したときに「グラウスセンス」名で売られていたので、私もそのまま当ブログではこの名称で掲載していますが、少し気になったので、海外の文献を調べてみました。学名はラテン語の「glaucescens」という単語 [続きを読む]
  • ユーカリ・ウッドワーディー(woodwardii)の開花
  • 以前から何度も蕾が付いたという記事をアップしてきましたがそのたびにうまく冬を越すことができずに全ての蕾が落ちてしまっていたEucalyptus woodwardiiが遂に開花しました!英名がLemon-flowered Gumとなっているので、鮮やかな濃い黄色の花を想像していましたが、開花したての頃はkruseanaの花にも似た若干ライムグリーンがかった黄色をしていました。そこから開花して日数が経つごとに少しだけ黄色みが増してきて、最終的には [続きを読む]
  • ユーカリ・ピンピニアナ(pimpiniana)の蕾
  • 我が家にあるユーカリで最もレアな品種の一つにPimpin(ピンピン)という愛称で呼ばれているEucalyptus pimpinianaというユーカリがあります。このユーカリはSAの乾燥地帯に生息し、極めて樹高の低い小型のユーカリです。最高樹高は2m程になることもありますが、大概は1m程度の茂み状に育ちます。ただし非常にローカルな品種のため、現在タネを入手する手段が見つかっていません。私はたまたまタネを持っている現地のコレクターか [続きを読む]
  • ユーカリ・オービフォリア(orbifolia)の開花
  • ハートリーフユーカリとして最近人気急上昇中のorbifolia。最高樹高も4m程度と低く、開花もしやすいユーカリです。我が家では過去に何度も蕾を付けているのを確認できていましたが、日本と気候の合わないユーカリであり、我が家の環境はベストとはいいがたいので、蕾は常に開花に至らずに落ちてしまっていました。3度目の正直という今回、この厳冬期に開花を確認することができました。花としては非常にスタンダードな白いユーカリ [続きを読む]
  • 地植えのglobulus(グロブルス)
  • 昨年に公園の寄贈スペースに地植えした恐らくglobulus ssp. bicostataであろうglobulusを久々に見に行きました。すでに3m弱にまで成長していますが、思っていたよりも成長は控えめのようです。globulusは養分豊富で根の張りやすい耕作地のど真ん中に植えると、数年で簡単に電信柱の高さを超えるそうですから、これでも随分と大人しいと言えます。公園の土は固く、貧しく、学校のグラウンドのような土ですから、さすがのglobulusも [続きを読む]
  • 年始のユーカリの蕾たち
  • あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いします。多忙と体調不良につき、なかなかブログの更新ができずにいましたが、何とかユーカリの写真を撮ることができました。年始早々のネタは寒さの中でも健気な蕾たちです。まずは今最も注目株、黄色い花が特徴のwoodwardiiの蕾です。我が家では毎年蕾はできるのですが、開花に至ったことは一度もありませんでした。寒い中でもすでに開き始めてしまっている蕾があ [続きを読む]
  • 寒中見舞
  • 今はユーカリが最も暇な季節でもありますが、多忙と体調不良で少し更新が滞っています。。。そんな中でもお問い合わせの方はとてもたくさんいただいていますので、随時楽しく返信させていただいています♪またしばらくしたら色々とアップできると思いますのでよろしくお願いいたします。何か記事のリクエスト等がありましたら遠慮なくご一報くださると嬉しいです♪寒い中ですが、皆さんも体調には気をつけてください。ユーカリと一 [続きを読む]
  • ユーカリ栽培で厳禁なコト その3(水分管理)
  • 毎月たくさんのお問い合わせをいただきます。その多くは栽培知識に関することであったり、調子の悪いユーカリの改善策についてです。ユーカリは栽培の難しい植物と言われることがあります。確かに日本とは大きく気候の異なるオーストラリアの植物なので、若干癖のある部分もあると思います。ただ大きく分けて3つのポイントにさえ気を付ければ、特に難しい植物ではなく、その他の在来の植物でももっと難しいものはたくさんあると思 [続きを読む]
  • ユーカリ栽培で厳禁なコト その2(用土・鉢・肥料)
  • 毎月たくさんのお問い合わせをいただきます。その多くは栽培知識に関することであったり、調子の悪いユーカリの改善策についてです。ユーカリは栽培の難しい植物と言われることがあります。確かに日本とは大きく気候の異なるオーストラリアの植物なので、若干癖のある部分もあると思います。ただ大きく分けて3つのポイントにさえ気を付ければ、特に難しい植物ではなく、その他の在来の植物でももっと難しいものはたくさんあると思 [続きを読む]
  • ユーカリ栽培で厳禁なコト その1(日照と風通し)
  • 毎月たくさんのお問い合わせをいただきます。その多くは栽培知識に関することであったり、調子の悪いユーカリの改善策についてです。ユーカリは栽培の難しい植物と言われることがあります。確かに日本とは大きく気候の異なるオーストラリアの植物なので、若干癖のある部分もあると思います。ただ大きく分けて3つのポイントにさえ気を付ければ、特に難しい植物ではなく、その他の在来の植物でももっと難しいものはたくさんあると思 [続きを読む]
  • 【ユーカリ紹介-72】ユーカリ・カンフォラ (Eucalyptus camphora)
  • 続きまして第72回目は、日本ではマウンテンスワンプガムの名前で知られた湿地帯生息種のハートリーフ系ユーカリユーカリ・カンフォラです。◎ユーカリ・カンフォラ【学名:Eucalyptus camphora】【英名:Mountain Swamp Gum / Swamp Gum】日本ではマウンテンスワンプガムという名称でホームセンターや園芸店などで目にすることができます。camphoraはパッと見、ポポラスのように見えることもありますが、白みの強いポポラスよりも [続きを読む]
  • ユーカリの名前について
  • ユーカリに限らずですが、学名・英名・和名・商品名など様々な呼び名があります。特にユーカリの場合、日本にはほとんど存在しない品種が多いので、英名がそのまま和名になっているものや、和名がそもそも存在しないものもあります。例えば、Eucalyptus cinereaの場合、[学名] cinerea[英名] Silver Doller Gum / Argyle Apple / Mealy Stringybark[和名] ギンマルバユーカリ[商品名] シルバーダラーユーカリ etc.といった感じにな [続きを読む]
  • 今度こそ!ウッドワーディー(woodwardii)の蕾
  • 今までwoodwardiiには何度も蕾ができており、その度にご紹介をさせていただいています。ところが管理に問題があるのか、それとも気候が合わないのか、元々折れやすく軟いwoodwardiiだからか、多くの場合、マンション高層階特有の暴風で開花までに蕾が落ちてしまっていました。開花までに時間がかかりすぎの傾向があったので、元々開花には至らない蕾が落ちただけなのかもしれません。今回もまたwoodwardiiに蕾が付きました。以前ま [続きを読む]
  • ユーカリ苗って高価なの!?
  • 最近、お問い合わせをいただく人によっては、「ユーカリ苗ってなぜあんなに高価なんですか?」と聞かれることがあります。私は正直、最近の植物全てについて値段が安すぎると思っているほどなので、ユーカリが高価だと思ったことは一度もありません。元々野菜の苗以外の植物というものは昔はそれなりの値段がしたものでした。ところが昨今は大手ホームセンターなどの進出で大量生産による価格の下落が起こり、僅か数百円で観葉植物 [続きを読む]
  • 恒例のプレウロカルパ(pleurocarpa)の開花
  • 今年もpleurocarpaが開花しました。本来の開花時期は6月中旬から7月初旬ともう少し早いものですが、日照が控え目な我が家のベランダでは少し遅くなります。毎年少量ではありますが、この時期の開花が恒例となっています。白色とユーカリ中ではスタンダード色ですが、花弁の先のしべが薄い黄色でなかなか華やかです。一つの花が4つの区画に分かれているのがpleurocarpaの花の特徴です。このpleurocarpaの花は数あるユーカリの花の中 [続きを読む]
  • ユーカリ・アーナ(urna)の蕾
  • またまた非常に珍しいユーカリに蕾が付いているのを発見しました。こちらで紹介しているレアなユーカリurnaです。花自体はスタンダードなユーカリの花になると思いますが、urnaの花ももしかすると日本初!?と言えるかもしれません。文献によると、初夏〜秋まで幅広く咲くようなので、早ければ秋口には咲くかもしれません。urnaは最高樹高16mクラスの中型ユーカリですが、蕾の付いた株はわずか120cm程度の株になります。実はこのur [続きを読む]
  • やっと動いた新芽!
  • ユーカリ中でも屈指の美しさを持ちますが、栽培難易度も屈指の難しさといわれるmacrocarpaというユーカリがあります。そしてその矮性種にmacrocarpa ssp. elachanthaというユーカリがあります。さらにこのmacrocarpaの類似種の丸葉種にrhodanthaというユーカリがあります。これらのユーカリは非常に強烈な日光とびっくりするような暑さと土中温度、用土の強い乾燥力を必要とするユーカリで、正直我が家の半日陰のベランダでは、栽 [続きを読む]
  • 過去の記事 …