Brillante☆ さん プロフィール

  •  
Brillante☆さん: 自然のままで〜Naturale
ハンドル名Brillante☆ さん
ブログタイトル自然のままで〜Naturale
ブログURLhttp://perugia20120608.blog.fc2.com/
サイト紹介文イタリア生活、イタリア料理、食べ物などの話題
自由文イタリアに恋をしてイタリアで生活してみたいとずっと夢見ていた。ポケットになんの道具も入れずに遠いイタリアに身一つできた私の奮闘記?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/01/24 18:54

Brillante☆ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 6月のイタリア家庭料理教室のお知らせ
  • 6月のメイン料理は「お肉」です。今回は生ハム「プロシュット・ディ・パルマ」を取り寄せる予定です。前菜で「プロシュット・ディ・パルマ」をご試食していただき、そしてお料理にも使用する予定です。今回使用するハーブは「セージ:Salvia」と「パセリ:Prezzemolo」です。<6月のメニュー>Antipasto グリッシーニと生ハム(Grissini con prosciutto di Parma)Primo piatto ペンネアッラビアータ(Penne all'arrabbiata)Sec [続きを読む]
  • 4月のイタリア家庭料理教室のお知らせ
  • 今回は旬の「ヒイカ」、「アサリ」、「菜の花」を使って春のイタリア料理を作ります。<4月のメニュー> Antipasto  菜の花のソテー 白魚 or 素魚の揚げ物((Frittelle di bianchetti o pesce ghiaccio)  Secondopiatto ヒイカとアサリのスープ ブルスケッタ添え (Zuppa di calamaretti e vongole con bruschette)Dolce クレーマカタラナ(Crema catalana)  *その他 サラダ、エスプレッ [続きを読む]
  • ”痩せる脳”のスイッチ
  • 病気のせいもあったようだけど、1年半前から体重がどんどん増加していて、中年太りまっしぐら。。。と思っていました。私はもともと肥満児で、小学生から高校1年生まで太っていて、好きな洋服が着られず悲しい思春期を過ごしていました。その後ダイエットに成功しオシャレができるようになり会社員時代は毎月お気に入りのブランドの洋服を購入していました。(バブル時代だったこともあります。)手術を受けてから退院するまでの約 [続きを読む]
  • 大根のサラダ:Daikon
  • 最近の我が家の食事はがらっと変わりました。というか、野菜中心の食事に私が変えました。入院する機会があり4kg痩せました。それまではどんどん体重が増加していて、あ〜中年太りまっしぐら。。。と思っていました私は小学生から高校1年生まで肥満児でしたので、太るのは簡単なんです。ちょうど胃が小さくなったのでこのままベスト体重へ持っていこうと思っています。(さらに5kgマイナスしたい。)今日は旬の大根を使った簡単 [続きを読む]
  • かぼちゃのジャム アマレット風味:Marmellata di zucca
  • かぼちゃのジャムのレシピです。  カボチャ 1kg レモン 1個 ナツメグ 適宜 シナモン 2g グラニュー糖350g*アマレット 60ml①かぼちゃの皮、種とわたを取り除き、小さめのサイコロ状に切る。②鍋にグラニュー糖と①を入れよく混ぜ、半日〜1晩置く。③ナツメグ、シナモン、レモンの皮、レモン汁を②に加える。④弱火で15分〜煮る。*L'Amaretto di Saronno(アマレット):あんずの種子 [続きを読む]
  • ラム酒の香りの大人の柿のジャム:Marmelltata di cachi
  • 母の友人から甘柿をたくさん頂いたので、早速ジャムにしました。美味しくできたのでレシピを載せます。ラム酒の香りの大人の柿のジャム<材料>柿 1kgグラニュー糖 300gリンゴ 1個レモン汁 1個分レーズン 50gラム酒  レーズンが浸るくらい(約50ml)<作り方>①レーズンをラム酒に浸ける。  柿の皮を剥き、種を取り、適当な大きさに切る。  リンゴの皮を剥き適当な大きさに切る。②鍋に①とグラニュー糖を入れ3時間 [続きを読む]
  • 9月の料理教室のご案内(塩釜)
  • 9月のイタリア家庭料理教室La Tavola Naturaleのセコンドで紹介するお料理は  カジキのアギョッタ(Agghiotta di pesce spada)です。どうしても気仙沼産のカジキを使ったイタリア料理を皆さんと作りたくて、何を作ろうか悩みました。候補は3つほどあったのですが、私はこのカジキのアギョッタ(Agghiotta di pesce spada)にシチリアを感じ、そして大好きな味なので今月のメイン料理に決めました。               [続きを読む]
  • スイカ 西瓜:Anguria ,Cocomelo
  • やっと梅雨明けしました〜。(宮城県在住です!)こう暑くなってくると食べたくなる野菜の1つが「西瓜」ではありませんか? ず〜っと気になっていた西瓜を使ったシチリアの伝統的な冷菓を試作しました。イタリア語で西瓜のことを「Cocomero」「Anguria」といいます。また「Melone」と言う地域もあるそうです。今回試作したこの「スイカのゼリー」は優しい口当!私はとても気に入りました 「ん〜シチリアのマンマの味がする〜♪ [続きを読む]
  • 7月のイタリア家庭料理教室のお知らせ
  • 7月のイタリア家庭料理教室La Tavola Naturaleのセコンドで紹介するお料理はイワシのパプリカ巻き バルサミコソース(Involtino di Sarde con Peperoni)です。このお料理はトスカーナ州にあるルッカ料理学院の校長&シェフ ジャンルーカ氏(Gianluca Pardini)に教わったお料理です。イタリアの伝統的なお料理ではなく、シェフのお料理です。昨日試作をしました。イワシ好きの兄は美味しいとかなりの評価をしてくれました。これ [続きを読む]
  • 野生の小玉ねぎ:i lampascioni
  • i lampascioni (ランパシオーニ) はらっきょうではありません。野生の小玉ねぎです。地中海の野菜でバジリカータ州やプーリア州で食べられているそうです。味は苦味が強いので、甘酢漬けにしたり、揚げたりして食べます。このi lampascioni (ランパシオーニ)の下処理をプーリアのマリアカルラさんとした時に、日本で母のらっきょう漬けの手伝いをした時の事を思い出しました。国が違えど似たような食べ物がたくさんあります。面白 [続きを読む]
  • マッシュルーム:Champignon
  • 4月13日から約2週間イタリアへ料理修行に行ってきました。今回はAvellino(カンパーニア州)と言う小さな町でホームステイしながらお料理をみっちり習ってきました。少しづつ今回習った料理をお教室で披露していきたいと思っています。そしてイタリア旅行中に再確認したのが、マッシュルームの美味しさでした。(イタリア語でマッシュルームをシャンピニオンと言います。)日本に帰国してからマッシュルームで簡単な前菜を作ったの [続きを読む]
  • イタリア料理冒険家Signora Yokoのイタリア食の散歩道 Numero4
  • La festa della donna e la mimosa:女性の日とミモザの花みんさんは「ミモザ風・・・」という料理名を聞いたり、食べたりしたことがありませんか?この「ミモザ」とは、花の名前です。 イタリアでは毎年3月8日は「La festa della donna:女性の日」または「La festa della mimosa:ミモザの日」とされ、男性が日ごろの感謝を込めて母親や奥さん、恋人、友人、職場の同僚などにミモザの花を贈る習慣があります。女性から女性へ贈 [続きを読む]
  • なんでもやってみる!
  • ある時、テレビに平野レミさんが出演していました。平野レミさんは、いつもテンションが高く息つく間もないほどの早口で話すのが私はちょっと苦手でした。そんな彼女が「今の自分があるのはなんでもやってみたから」だと言った言葉が私の心に響きました。平野さんはテレビ出演当初、かなりのクレームがあったそうです。それでも仕事の依頼は続いたそうです。もしクレームを気にして仕事を断っていたら今の平野さんは居ないでしょ [続きを読む]
  • イタリア料理冒険家 Signora Yokoの食の散歩道 Numero2
  • ☆カーニヴァルと揚げ菓子☆カーニヴァルはイタリア語でCarnevale:カルネヴァーレと言います。1月下旬頃からイタリア各地でCarnevale(カルネヴァーレ)が催されます。皆さんがカーニヴァルと聞いて真っ先に思いつくのは仮面を付け、仮想した人々で賑わう*ヴェネツィアのカーニヴァルではないでしょうか?Carnevale(カルネヴァーレ)の語源はCarne=肉、Levare=取り除く、という意味からきた言葉だと言わ [続きを読む]
  • カルロ・クラッコの本:A QUALCUNO PIACE CRACCO
  • カルロ・クラッコと言えば、イタリアを代表するスターシェフです。正直スターに興味がなかったので彼の本を購入した事はありませんでした。でもあるイタリアの料理に関する本を探していたところ「A QUALCUNO PIACE CRACCO」という本の存在を知りました。 (この本はクレアパッソ(creapasso.com)で購入可能です。)クレアパッソさんがこの本の序文を翻訳されています。「イタリアの地方料理について話すことは、迷路に入り込む [続きを読む]
  • イタリア野菜 :Verdure italiane
  • 先日かほくイタリア野菜研究会の方が陸前原ノ町駅で旬のイタリア野菜を販売するという情報を知りポロねぎ、フィノッキオ、オトレビス、バターナッツかぼちゃを購入しました。そして今夜はFrittata di radicchio(トレビス入りオムレツ)、Porri gratinati al forno(ポロねぎのグラタン)、Insalata di finocchi e arance(フィノッキオとオレンジのサラダ)を作りました。 ペルージャ在住時に同居人がホームパーティを開くという [続きを読む]
  • 豚肉のアリスタ :Arista di maiale
  • 10月のイタリア家庭料理教室La Tavola Naturaleのセコンドで紹介するお料理は豚肉のアリスタ(Arista di maiale)です。これはアレッツォのラファエラマンマ(2009年)に習った思い出の味です。どんなお料理かといいますと、イタリア風豚肉のローストです。フィレンツェではこのお料理を"Aristaアリスタ"と呼ぶようです。Arista di maiale=豚肉のローストフィレンツェ風ということになりますでしょうか? [続きを読む]
  • イタリア家庭料理教室 La Tavola Naturale:
  • 今日は第1回 イタリア家庭料理教室の日でした。幼馴染やその友人達が集まってくれて8名の生徒さんに来ていただくことできました。昨日食材の買い物をしながら料理教室に8名もの方が来ていただけることが嬉しくて心が一杯になりました。そして昨夜にまだ決めていなかった料理教室の名前をLa Tavola Naturaleに決めました。食材そのものを味わう=自然の味を味わう料理を心がけているのでこの名前に決めました。 [続きを読む]
  • 葡萄のスキアッチャータ:Schiacciata all'uva(con semi)
  • 葡萄の季節になると食べたくなる葡萄のスキアッチャータを作りました。この”葡萄のスキアッチャータ”は葡萄の収穫時期にトスカーナ地方のパン屋などでで見かけることが出来ます。使用するのはワイン用の小粒の葡萄です。でも日本ではワイン用の葡萄を手に入れることは困難なので巨峰、山葡萄などで試作しました。葡萄をたっぷり使っているので葡萄のジュースが生地に染みてこれがまた美味しいのです。それに葡萄の種がカリッと [続きを読む]
  • 吉報 :Buone notizie
  • Facebookを開くと珍しい人からメッセージが届いていた。そのメッセージをくれた人は私がペルージャに住んでいた頃に毎日のように通っていたパン屋の店主リカルドだった。今日、Yokoが書いたAmoイタリアの記事を読んで2.人の日本人が来たぞ!Yokoが書いた記事を読んでこの店を探して来てくれた。この吉報に私は嬉しくて嬉しくて涙しました。リカルドの店の記事を書いたのは約1前です。私がお世話になった人達に恩返しがしたいとい [続きを読む]
  • レモンの塩漬け :Limoni sotto sale
  • 2011年に私が知ったレモンの塩漬けのレシピをアップします。(塩レモンが日本で流行っていたとは知りませんでした。)レモンの塩漬けの作り方<材料>レモンがまるごと入る大きめの瓶 (煮沸消毒しておく)レモン 瓶に入るだけ粗塩 (なければ普通の塩)オリーブオイル<作り方>1.レモンを縦に二分の一に切る。2.塩大さじ1を1.で割ったレモンの切り口において挟む。3.塩をサンドしたレモンを大きめのビンに詰められ [続きを読む]
  • 過去の記事 …