R1 さん プロフィール

  •  
R1さん: 海の中より・水中写真と立体写真
ハンドル名R1 さん
ブログタイトル海の中より・水中写真と立体写真
ブログURLhttp://r1rawd.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文北海道のダイバーです。水中で写した立体写真をダイバー以外の方にも楽しんでもらえたらうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/01/26 17:39

R1 さんのブログ記事

  • 西之島 2017-06-26 T010537Z Landsat8
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) 南側に流れていた溶岩流は完全に止まってしまいました(南側に熱反応無)。西側に流れていた溶岩流で西海岸の面積が増えていますが、噴火口と西側溶岩流の出口を繋ぐ溶岩トンネルが熱画像で僅かにしか見られなくなっているので、勢いが衰えてきたのでしょうか?中央火砕丘全体が高温になっているので、噴火口からの噴火 [続きを読む]
  • 西之島の海底地形 2017 と年代別による海底地形の変化
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) 西之島の最新版海底地形図「海底地形図 第6 5 5 6号8 西之島」が公開されました。去年の測量データで西之島の海底地形図が更新される前に再噴火してしまいましたが、頑張って測量・データ処理された、海上保安庁・国土地理院の方は・・・  図1、西之島の海底地形図 2017年 (西之島近傍)  これだけ精細な海底地 [続きを読む]
  • 旭山動物園で探してみて!
  •  今週のダイビングはお休みなので、旭山動物園に行ってきました。散策のメインは、昭和42年7月1日の開園当初からある「タコ水道」。全部で6匹見つけましたがまだ隠れているタコ水道、あるかな?あっ、もちろん動物も見たんですよ(^_^;)見つけた場所は? ヒントの写真を見て探してみてください。 タコ水道 No.1 3D立体写真・交差法 (左 で拡大) タコ水道 No.2 3D立体写真・交差法 (左 で拡大) タコ水道 N [続きを読む]
  • 卵の中のヤリイカの赤ちゃん 2017/06/10 積丹・美国でダイビング
  •  今日は小宝島でのんびりとマクロ系の撮影大会です(^_^;) 卵の中のヤリイカの赤ちゃん 3D立体写真・交差法 (左 で拡大) 孵化までには間のあるヤリイカの卵ですが、卵の中で赤ちゃんイカが外套膜をパタパタと動かしていました。ハッチアウトの瞬間、今年も見られるかなー(去年のハッチアウトビデオです) 卵の中のヤリイカの赤ちゃん 3D立体ビデオ・交差法 リュウグウハゼの卵 3D立体写真・交差法 (左 [続きを読む]
  • 再噴火後の西之島の3D立体地形 2017/06/10 Landsat8
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) ランドサット8のセンサー間の視差を利用して作った西之島の3D立体写真です。Landsat8のセンサーモジュールの配列は、Green.Red.NIR.C/A.Blue.PANの並びで配置されていて、バンド2(G)とバンド8(PAN)のセンサーは両端に配置されていてセンサー間の僅かな距離で視差を生じます。同時性という点では視差は無い方が良いの [続きを読む]
  • 西之島 2017/06/10 T010531Z Landsat8
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) 火砕丘の北側から反時計回りに南海岸に流れていた溶岩流はどこかで止まってしまったようで、行き先を失った溶岩流は徐々に溶岩トンネルの上方西寄りに溜まり、あふれ出した溶岩流が西海岸に向きを変えたようです。(前回のB10画像を参照)そして新たに火砕丘の北側側面にできた噴出孔から真南へと流れ出した溶岩流があり [続きを読む]
  • 今日は入舸で潜りました。 2017/06/03 積丹・入舸でダイビング
  •  今日は時化で、美国も幌武意もダイビングできるところが無く、中止かな?と思っていたのですが、アクアキャットさんが時化を見越して前日から入舸に船を回していたので、それに同船させて頂きました。 それと数年ぶりにポカをやってしまいました。ストロボのポップアップを忘れて水中ハウジングへ入れてしまい、今日はストロボなしの撮影です(涙そんなこんなで、今日は潜れただけ良し! の日でした(^_^;) タケギン [続きを読む]
  • ランドサット8の熱画像で見る西之島の3D立体地形
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) ランドサット8の熱画像(バンド7,10)で、西之島の高温な溶岩流の大まかな「分布や厚み(体積?)」を、3D立体地形図で表現してみました。再噴火後の溶岩流によって高くなった地形の確認が出来るようです。 1、考え方は、 (1)、冷えていない高温の溶岩流は、熱画像の高温部で判別できる。 (2)、高温部は周りの [続きを読む]
  • 西之島 ランドサット8・熱画像 2016-04-19〜2017-05-25
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) Landbrowser(AIST)で再びランドサット8の画像を見ることが出来るようになりました。いつも当たり前に見ていた画像が見られなくなって、産総研さんが無償公開していることのありがたさを改めて感じました。これからもありがたくデータを利用させて頂きます。 で、見られなかった間に溜まっていたデータ。量が多いの [続きを読む]
  • 西之島 3D立体海底地形図(マンボウⅡ 2015年6-7月)改訂版
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) 前回作成した「西之島 3D海底地形図(マンボウⅡ 2015年6-7月)」は、等深線図を積み木のように重ねたステップ状の3D海底地形図だったため、水深が不連続で見づらいものでした。今回は、水深データの補間を行って連続した水深データから滑らかな面の3D海底地形図を作成しました。但し補間により等深線の細かい輪郭が [続きを読む]
  • リュウグウハゼの卵 2017/05/27(2) 積丹・美国でダイビング
  •  超超レアものの、リュウグウハゼの卵です。まだ発眼していないステージですが、卵黄の下に胚体(魚の胎児)の頭が見えています。目はまだ黒くなっていませんが形が確認できます。 リュウグウハゼの卵は一般的な魚類のように球形ではなく、細長い涙滴型をしています。その卵は天井の岩から釣り下がっていて岩の下に平面状に産み付けられています。(球形で産み付けられた後、垂れ下がって細長い形になるのでしょうか?)写真の卵 [続きを読む]
  • 西之島 2017/05/25 Landsat8 どこまで大きくなった?
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) 今日、Landsat8により撮影された西之島の画像を海底地形図の上に重ねて、溶岩流の続いている南側の大きさの変化を見てみました。南側の海上に突き出た溶岩は、水深約-50mラインまで達しており、海底では-100mぐらいまで広がったかな? 図1、西之島(2017/05/25 Landsat8) と海底地形 3D・交差法 (左 で [続きを読む]
  • 西之島 3D海底地形図 (マンボウⅡ 2015年6-7月)
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) 海上保安庁により2016年10月22日〜11月10日に行われた西之島の水深調査による海図がそろそろ出る頃かなと思っていた矢先に西之島の再噴火です。西と南の海底まで流れ出した溶岩流は今も続いており、陸上及び海底地形も変わってしまいました。新しい海図(もう変わってしまいましたが)は発表されるのでしょうか? [続きを読む]
  • フサコとフサオ 2017/05/20(1) 積丹・美国でダイビング
  •  今年の、フサコとフサオです。同じポイントの少し離れたところに2匹のフサギンポがいます。去年も同じポイントで2匹いたので、唇?が赤い方をフサコ、白い方をフサオと呼んでました。今年の個体は去年と違うようですが、2代目フサコ、フサオを襲名しました。ちなみに雄雌の区別は不明です(^_^;) フサコ(フサギンポ) 3D立体写真・交差法 (左 で拡大) 唇が赤いフサコです。 フサオ(フサギンポ [続きを読む]
  • 西之島の地下はどうなっている?
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) 西之島、最近天からの啓示が下りて来ないので、地から探ってみたの巻です(^_^;) 西之島の地下がどうなっているのか知りたくて、伊豆・小笠原海溝の地下構造図(断面におけるP 波トモグラフィー図)を見てみると、 図1、伊豆・小笠原海溝の地下構造図(断面におけるP 波トモグラフィー図 図の説明『図 [続きを読む]
  • 水温10℃になりました 2017/05/13 積丹・美国でダイビング
  •  水温がやっと10℃になりましたが、ダイビング装備はまだ冬仕様です。水温15℃になったら夏装備にしようかなー(^_^;)今日は写真の現像をちょっと派手目にしてみました。が、ワザと色飛びさせて派手さを出すまでは勇気がありませんでした・・いつもは色の再現を重視しているので見た目がパッとしない写真ばかりですがこんな感じもありでしょうか?オレンジが目に刺さる〜 フサギンポ 3D立体写真・交差法 (左 [続きを読む]
  • 西之島、温度パターンで見る溶岩トンネル 2017/05/02
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) LandBrowserが4月末から更新されなくなり、ランドサット8による西之島の再噴火の情報が入手できません。ASTER画像が定期的に更新されているようなので当面はASTER画像で西之島を見ることになりそうです。 今ブログで扱える情報は他に、海上保安庁の観測データとひまわり8号しか有りません。今回はちょっとティーブレー [続きを読む]
  • 西之島 2017-05-01 T01:23:28Z ASTER画像
  •                                    (西之島シリーズ目次 No.101〜) ASTERにより、2017-05-01 T01:23:28Z に撮影された西之島です。 西側、南側に流れ出している溶岩流は、再噴火前の西之島の輪郭を越えて海側に広がっているようです。温度分布は、中央火砕丘の少し北西に高温部の中央があり、西側・南側に広がっており、南側の方が若干高温状態です。 図1、 西之島 2017-0 [続きを読む]
  • 幌武意ラストダイビング 2017/04/29 積丹・幌武意でダイビング
  •  今日は冬期間(11月〜4月)の幌武意のラストダイビングです。今年も例年通りに「見たいものはすべて見た」のと、3DマクロアダプターⅡを作り、ホテイウオの稚魚やダンゴウオの稚魚など、5mmぐらいの被写体を3Dで写すことが出来るようになり、3D・マクロ図鑑用の写真を写すことが出来たのが成果でした。次回からは、積丹美国のダイビングが始まります。何が待っているでしょうか?今日の撮影はパソコンで見たら、3Dマクロアダ [続きを読む]