R1 さん プロフィール

  •  
R1さん: 海の中より・水中写真と立体写真
ハンドル名R1 さん
ブログタイトル海の中より・水中写真と立体写真
ブログURLhttp://r1rawd.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文北海道のダイバーです。水中で写した立体写真をダイバー以外の方にも楽しんでもらえたらうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/01/26 17:39

R1 さんのブログ記事

  • 水中撮影機材 第5回 3Dアダプター
  •  第5回は、3Dアダプター。ミラーを4枚(R/Lx2)使った、サイドバイサイド式の3Dアダプターです。仕組みは、下の図1のように、外側のミラー間の距離で視差(人間の目の間隔に相当)を得内側のミラーでカメラの1枚の画像に左右の画像を記録するタイプです。 図1、サイドバイサイド式の3Dアダプター サイドバイサイド式は写真の大きさ4:3の画像を左右に分けているので、左右の写真の大きさは縦長の4÷2:3画像に [続きを読む]
  • ランドサット8で見る西之島 2017-02-18 T01:05:46Z
  •   西之島は噴火の兆候が認められなくなったため火口周辺警報を解除されました。(平成29年2月14日18時00分)これからは西之島の関心も薄れていき、定期的に出されるパブリックで使える情報はLandsat8の衛星画像だけになってしまいました。海上保安庁さんの写真やビデオは見たいけれど緊急を要しない案件で多額の費用が掛かるフライトは出来ない相談ですね(涙 図1、ランドサット8で見る西之島 2017-02-18 T01:05:46Z [続きを読む]
  • ヘッドホンアンプとヘッドホンATH-W1000改
  •  高域補間ハイレゾ音源がVer.4になってから、ノートパソコン+ヘッドホンで聞く音が少し物足りなくなってきたので、使っていなかったエレコムのPC用スピーカーのパーツ(YD2822アンプ用IC、VRなど)とジャンク基盤の部品でヘッドホン用アンプを作りました。こんなお手軽アンプでも、ノートパソコンより音に馬力があって結構使えます。お世辞にもHi-Fi(死語か)アンプとは言えないが、オリジナル192KHz-24bit、ダウンサンプリング [続きを読む]
  • 水中撮影機材 第4回 内臓ストロボ拡散BOX
  •  第4回は、内臓ストロボ拡散BOX。カラクリ仕掛け満載のドッキリメカです(^_^;) ①まずは使用する前に、反射集光板を開きます。図1、ストロボの反射集光板の展開  (左 で拡大) 拡散BOXの上に折りたたんでいる、反射集光板2枚を開きます。反射集光板は左右・上方向の光をカメラの画角以上に広がらせないように前面内側に反射で戻す役目とマクロ撮影時にレンズ前面の直近下方へ光を反射誘導するためのものです。上 [続きを読む]
  • ひまわり8号で見る今日の流氷 2017/02/14
  •  今年は流氷が例年に比べて南下が速く、密度も濃いようです。流氷ダイビングは楽しんでいるでしょうか。 今日(2/14)は雲が少なく、ひまわり8号のカラー画像で流氷が良く見えているので久しぶりに流氷画像(図1)を作成してみました。 図1,2 ひまわり8号で見る今日の流氷 2017/02/14 09:00-14:30 (左 で拡大)  網走から知床半島の西側海岸は白く隙間が無い密度の濃い流氷で覆われています。ひまわ [続きを読む]
  • ラジオ体操で腰痛改善と背骨の矯正。
  •  最近、腰の痛みが再発しダイビングはちょっとお休みです。もとを正せば運動不足とメタボな体重で、原因は自分にあるのですが・・・何とかしないと3度の飯よりも好きなダイビングが出来なくなると危機感を感じ自分なりの腰痛改善をしてみました。方法はちょっと変わったラジオ体操で、1週間続けてみたところ、なんとなく腰が軽い!そろそろダイビング再開できそうな状態です。おまけに背骨の曲がり(歪み)も矯正できて、一石二鳥 [続きを読む]
  • 水中撮影機材 第3回  水中プロテクターとステー
  •  第3回は、水中プロテクターとステー。水中プロテクターの右側はもはや原形をとどめていないほどの改良?です(^_^;)※でもスーパーXで接着しているので、いざというときは元に戻せます。 図1、水中プロテクター(水中カメラハウジング)(前側)   (左 で拡大) 改良-1:レバー滑り止め 冬季は5mmミトンなので、レバーが滑って操作ができません。 レバーに、ナベタッピング 2x4を浅くねじ込んで滑り [続きを読む]
  • 高域補間でハイレゾ音源を作ろう Ver.4
  •  「高域補間ハイレゾ音源 Ver.3」では満足できなくて、Ver.4にリニューアルしました。今回のVer.4は、オリジナルハイレゾ音源の再現に近づいたと思うのですが(^_^;)  開発環境   1、ノートパソコン dynabook T551/T6DB   2、ヘッドホン audio-technica ATH-W1000 改   3、音楽編集ソフト Audacity 2.0.6   4、波形確認・聴取ソフト WaveSpectra Ver.1.51   5、8KHz?までしか聞こえない私の耳・・ [続きを読む]
  • 水中撮影機材 第2回
  •  第2回は、水中撮影機材が撮影目的により変身ロボのように形態が変化する様子です。 図1、水中撮影機材のパッキング   こんな形で、クーラーBOXを改造したキャリングケースに水中撮影機材一式が  入れられています。  機材を洗うときは、クーラーBOXに水を一杯に入れれば洗い桶に変身します。 図2、組立前の水中撮影機材   キャリングケースから出すとこんな状態です。  ライト関係は拡散レンズ、 [続きを読む]
  • 日本列島の降雪分布 2017-01-26
  •  2017年1月23日から24日にかけて、西日本の日本海側や北陸地方に降った大雪の降雪分布を、ひまわり8号のカラー画像で見てみました。 図1、日本列島の降雪分布 2017/01/26 8:30-16:00  (左 で拡大)   白く明るく見えている部分が降雪部です。 (※1、2、3) 図2、日本列島の降雪分布(カラーチャート) 2017/01/26 8:30-16:00 (左 で拡大)   雪の多い部分(明るい)を赤、少な [続きを読む]
  • 水中撮影機材 第1回
  •  持病の○○痛がまた出たのでしばらくダイビングはお休みです・・・ダイビングネタが無いので、今私R1が使っている「水中撮影機材(水中カメラ)」の紹介を数回に分けて掲載していきます。第1回は、水中撮影機材一式のパーツ紹介です。並べている水中撮影機材で、そのまま使っているのはXZ-2カメラ本体のみで、後のパーツは改造又は自作したものを使っています。移動時はこの機材一式がクーラーBOX(断熱材を抜いて広くしてありま [続きを読む]
  • ゴッコベイビー 2017/01/14 積丹・幌武意でダイビング
  •  今シーズン初の、ゴッコベイビー。ホテイウオの赤ちゃんです。もう体に模様がはっきりと出ているので生まれてからしばらくたった個体ばかりです。生まれて間もないホテイウオの稚魚はまだ体の一部が透けて見えます。先週は「トドに見られるダイビングツアー」だったのでこのポイントには潜ってないんですけどもしかしたら初ゴッコベイビーを見られたのかもしれませんね! ゴッコベイビー(1-1) 3D立体写真・交差法 ( [続きを読む]
  • 2016年潜り納め 2016/12/30 積丹・幌武意でダイビング
  •  今年も、沢山のバディさん、ロビンソンさん、アクアキャットさんのおかげで、安全ダイビングで締めくくることが出来ました。来年も、元気で安全に注意してガンガン潜るぞー ホテイウオ 3D立体写真・交差法 (左 で拡大)  お腹が卵でパンパンに膨れています。 1カ所産卵しているところがあったそうですが見られませんでした。 ホテイウオの保護卵を見られるのは来年になってしまいました(涙 [続きを読む]
  • 黒いオニカジカ 2016/12/25(4) 積丹・幌武意でダイビング
  •  初めて見た、黒いオニカジカです。もしかしてオニカジカと別のクロオニカジカか? と思ったのですが調べてみると違うようです。オニカジカにもいろんな色のタイプがあるようです。この黒いオニカジカはハラビレが綺麗です! これをアップで撮ることを思いつくことは、私には無いなー(^_^;) 黒いオニカジカ(1) 3D立体写真・交差法 (左 で拡大) 配色は黒をベースに赤と黄色で飾ってみました(^_^;) &nb [続きを読む]
  • オニカジカの保護卵 2016/12/25(2) 積丹・幌武意でダイビング
  •  先週(12/18)には無かったオニカジカの卵と守っているオスのオニカジカがいました。このカジカの卵が産み付けられている場所は私が知る限り過去5年連続でピンポイントで同じ場所です。R1メモ 4年連続で同じ場所に産み付けられていたオニカジカの卵の過去記事です。  不思議! オニカジカの産卵場所が、4年間連続で同じ場所だった!  http://r1rawd.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-28dc.html   (去年は同じ場所 [続きを読む]
  • 流氷はどこまで来ている? 2016/12/23
  •  2016/12/23 11:30 現在、サハリンの南端近くの東部まで来ています。果たして、今年の流氷ダイビングは三角ホールが開けられるほど接岸してくれるのか? 図1、流氷はどこまで来ている? 2016/12/23 ※流氷の位置はR1調べで、公式のものではありません。 画像の出典:NICTサイエンスクラウド ひまわり8号リアルタイムWeb http://himawari8.nict.go.jp/ の画像をもとに作成。 R1メモ流氷画像の作成手順 [続きを読む]
  • ホッケの卵 2016/12/18(2) 積丹・幌武意でダイビング
  •  もうハッチアウト(孵化)が始まっています。ハッチアウトの瞬間を見られないかと4分間粘ったのですがハッチアウトの気配も無し。1ダイビング(約30分)粘っても無理でしょうか(^_^;)  ホッケの卵 3D立体写真・交差法 (左 で拡大) ハッチアウトした抜け殻の卵が沢山ありました。 ホッケの赤ちゃんの心拍数は、65回/分 卵の中の赤ちゃんホッケの心臓が透けて見えます。後半のビデオで心拍数を [続きを読む]
  • トドの親子まだ居たよ! 2016/12/04 積丹・幌武意でダイビング
  •  先週見たトドの親子、まだ居ました。今回は、母トドだけ水中で見られたそうです(^_^;) 私は見られませんでしたが・・・ トドの親子(母トドとパップ(幼獣)) パップ(幼獣)は少し大きくなった?   トドは千島列島の北部(遠いと1600Km)で生まれて宗谷海峡を渡り積丹まで来ています。  小さな幼獣も母トドと一緒に約1600Km泳いで来たことになります。  興味のある方は過去記事ですが参 [続きを読む]