santen1 さん プロフィール

  •  
santen1さん: サイバーサンクチュアリ人協会福岡筑紫教会
ハンドル名santen1 さん
ブログタイトルサイバーサンクチュアリ人協会福岡筑紫教会
ブログURLhttp://ameblo.jp/santen1/
サイト紹介文異端の世界平和統一家庭連合(統一教会)に反対します。文亨進様に従い、再臨主の教えを守ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/01/27 06:47

santen1 さんのブログ記事

  • 天一国合衆国憲法27
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 6.  議会は、王の家計を維持する資金および王の職員の働きに提供する資金を配分しなければならない。完全に仕える使用人および護衛は、王の裁量で、王の一家の一員とみなされる。 [続きを読む]
  • 氏族メシヤ戴冠式に関する亨進二代王様の見解
  • 氏族メシヤ戴冠式に関する亨進二代王様の見解をエルダー宣教本部長にメールにて聞きました。 一部個人情報を伏せています。 以下質問とエルダー宣教本部長からの回答 様、メールをありがとうございます。2代王様としては、冠をかぶればよいのであって、戴冠式(即位式)の必要はありません。各国の文化などの理由でこのような儀式を持つことが好ましいとされる場合には、それを行ってもよろしいとの立場です。その場合、儀式の具 [続きを読む]
  • サイバーサンクチュアリ人協会の口座が出来ました
  • サイバーサンクチュアリ人協会会員及び賛同者の皆様。 サイバーサンクチュアリ人協会の口座が出来ました。 サイバーサンクチュアリ人協会へ献金をされる方は以下の口座へお願いいたします。 なお、サンクチュアリ教会米国本部へ献金をしたい方は、直接米国本部にペイパルなどで送金をお願いいたします。 サイバーサンクチュアリ人協会では、当協会へ献金された金額の十分の一をまとめて半年ごとにサンクチュアリ教会米国本部へ送金 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法27
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 6.  議会は、王の家計を維持する資金および王の職員の働きに提供する資金を配分しなければならない。完全に仕える使用人および護衛は、王の裁量で、王の一家の一員とみなされる。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法22
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 第一条王の権限1.  天一国の王は、天一国合衆国の元首である。王権は、再臨主文鮮明から、第二の王として息子である文亨進に遺言で譲られ、その後、第三の王として文信俊に譲られる。王権は、その後、現に即位中の王の息子へと遺言で譲られていく。もし王に息子がいなければ、文亨進の直系の男子後継者へ遺言で譲られる。王が相続者を決め、王位継承の順位を確立する。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法17
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 権利7コモンロー上の訴訟において、訴額が20ドルを超える場合、陪審による裁判を受ける権利は維持される。また陪審により認定された事実は、コモンロ−上の準則に基づく場合を除き、天一国合衆国のいかなる裁判所においても、これを再び審理してはならない。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法16
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 権利6すべての刑事訴追において、被告人は、犯罪がなされた州および地区(この地区は予め法律によって定められていなければならない)の、公平な陪審により、迅速かつ公開の裁判を受ける権利を享受する。被告人は、起訴事実の性質と理由について告知を受ける権利、自己に不利な証人に対面して尋問を行い、自己に有利な証人を得るために強制手続きをとり、自己の防御のために弁護 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法15
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 権利5何人も、大陪審による、または正式起訴によらなければ、死刑を科しうる罪その他破廉恥罪につき公訴を提起されることはない。ただし、陸海軍または戦時もしくは公共の危険に際して現に軍務に服している市民軍で発生した事件については、その例外とする。何人も、同一の犯罪について重ねて生命または身体の危険にさらされることはない。何人も、刑事事件において自己に不利な [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法14
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 権利4国民が不合理な捜索・押収または拘束から、自らの身体、家屋、書類、および所持品の安全を保障される権利は、侵害されてはならない。いかなる令状も、宣誓または宣誓に代わる確約にもとづく相当な理由があり、かつ、捜索される場所および拘束される人または押収される物が特定されていない限り、これを発布してはならない。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法13
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 権利3平和時においては、所有者の承諾なしに、いかなる家屋にも兵士(人)を宿営させてはならない。戦争時においても、法律の定める方法による場合を除き、同様とする。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法11
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 権利1連邦議会は、国教を定めまたは自由な宗教活動を禁止する法律、言論または出版の自由を制限する法律、ならびに国民が平穏に集会する権利および苦痛の救済を求めて政府に請願する権利を制限する法律は、これを制定してはならない。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法10
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 原則2:人権を侵してはならない。遺伝子操作が行われることなく、生物学上生きている人間は、神の創造の頂点に立つ存在であり、創造主から、奪うことのできない人権を、賦与されている。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法9
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 原則1:神の清い血統を維持せよ。性の区別は神が定めたものであり、男性は主体的配偶者であり、女性は対象的配偶者である。議会はこの神の定めに反する法律は制定してはならない。男女間で相互に貞節を守る結婚は 、神の創造理想であり、天一国合衆国の政府は、この神の法に干渉する、もしくは反する法律を制定してはならない。 男女間で相互に貞節を守る結婚 の成果は、子女を [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法8
  • 天一国合衆国憲法以下前回の続き(本文)天一国合衆国の国民である我々は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に備え、福祉一般を促進し、我々と我々の子孫のために自由という神の恩恵を確保する目的をもって、ここに天一国合衆国のために、天の父のみ名において、この憲法を制定し、確定する。 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法紹介7
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 私、文亨進は、神の王国、天一国の二代目王権の王として、天宙天地真の父母の王冠を授かった後継者、また代身者として、また神の王権の完全な相続人として正しく立ち、私の父である文鮮明−真の父、メシア、再臨主、また王の王でもあられるお方によって与えられた全ての権限によって、ここに不変にして、変更のできない「天一国憲法」を以下のように宣言するが、これは決して加除 [続きを読む]
  • 天一国合衆国憲法紹介6
  • 天一国合衆国憲法 以下前回の続き 2001年1月13日の神様王権即位式において、メシア、再臨主、王の王であられる真のお父様は「天の王国の憲法第一条は、血統を汚さないことである。(中略)2つめの項目は、人権を蹂躙しないことであり、そして3つめの項目は、公金を盗まない、公的資産を自分のために使用しないことである。」と宣言された。 [続きを読む]