MATHMATH さん プロフィール

  •  
MATHMATHさん: 授業がんばりMATH
ハンドル名MATHMATH さん
ブログタイトル授業がんばりMATH
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tamusi22
サイト紹介文毎日の算数授業奮闘記やふとした呟きを綴っていきます。
自由文家族と算数教育と酒と料理を愛する小学校教師の,授業奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2009/01/29 14:58

MATHMATH さんのブログ記事

  • 技能の時間の中でも…
  •  分数×分数のいろいろな型の計算に進めていきます。 まず「復習」と称して4問ほど出題します。この中に「140×2/7」という問題を入れておきます。この問題は,「電卓を使った分数計算」でやった問題です。なので,「この問題だけは,電卓でやりましょう。」と指示をして計算させておきます。これは「しかけ」です。 ここから新しい「型」に入ります。まずは「帯分数」を使った計算です。わずか1分の「自力解決」をとります。 [続きを読む]
  • 分数のかけ算一般化
  •  分数×分数の計算方法を一般化させていきます。前時に4つの計算結果から,「気がついたこと」を発表させるところまではできています。それを再確認し,そうなる理由についても「四マス関係面積図」を用いてイメージ化した後,「じゃあ,この計算方法をまとめるよ。」といいながら,真ん中の部分が空いた吹き出しを作りました。分数×分数の計算を文字式に置き換え,計算方法を自分で表現することを課題としています。 多くの子 [続きを読む]
  • 4ます関係面積図
  •  前時の「ノートにしゃべろう」に面積図をかくお題(3/4×2/5)を出したのですが,完全にできていた児童が一人もいませんでした。難しさを感じると共に,「押さえるべき所を押さえれば使えるのでしないか。」という直観も働いたので,そのことを子どもたちに告げ,「今日はその図をきちんとかけるようになろう。」と,ものすごく明確な「めあて」を設定しました。 まず「3/5×1/4」という単位分数をかける場面を設定し,1つずつ [続きを読む]
  • 面積図へ
  •  まず前時にできるようになった「整数×分数」の計算を電卓を使って行います。分母で割って単位分数分を出し,そのいくつ分で分子をかけます。計算技能はできています。 ここからは,計算のイメージを作るために,「面積図」に取り組みます。今年は「四マス関係面積図」を利用しているので,その図を描くように指示を出します。しかし,最後の右下の図で止まっている児童がたくさんいます。この図こそ一般的な「面積図」と呼ばれ [続きを読む]
  • 責任(算数を学ぶ会から)
  •  先週の土曜日に「算数を学ぶ会」が行われました。今回も10名程度の参加者がいましたが,秋に行われる「県レベルを超えた研究大会」での授業者の方が中心となっていました。6学年で1学級ずつの公開がありますが,そのうちの4学年の先生から提案がありました。提案は,1学期に行う研究授業についてです。2年生は「mmの導入」場面でした。私はこの場面の授業を経験していませんし,これまでに相談されたこともない「珍しい」 [続きを読む]
  • 事務局の仕事スタート
  •  先週の金曜日に「県算数部会」のスタートとなる会が行われました。各郡市の係校長先生が一堂に集まり,一年間の事業や予算の報告・計画を行う会です。その会は3時スタートなのですが,先だって「会計監査」を2時30分から行うことになっています。そのため,今年は10名になった事務局員には2時集合で文書を送り,資料の準備や受付・案内などの仕事をしてもらいました。(統括をする私は1時過ぎには会場に入っていました。 [続きを読む]
  • 教材研究(かけ算の意味)
  •  かけ算の意味とその指導についての教材研究をしたいと思います。2年生で「1つ分×いくつ分」と学習し,「倍」という言葉を学んだ子どもたち。答えの出し方は「同数累加」を中心にいろんな方法で求めてきました。さらに九九を使って桁数の多い計算や,倍関係の素地も学んでいます。 それが「×小数」「×分数」になると,意味の拡張が必要になってきます。そのための素材について考えてみます。教科書では「×小数」になると「 [続きを読む]
  • 電卓で分数計算
  •  前時に,「整数×単位分数」の場面・立式・計算方法を考えたので,まずその確認をします。「四マス関係表」で数字を整理し,そのイメージに量感を伴わせた「四マス関係面積図」を作り,立式をして,割り算を使って計算すればよいことまで押さえます。 その「イメージの定着」(技能の定着ではない)のために,いくつかの練習題を示し,計算させます。単純な割り算問題ですが,「これが分数をかけることなんだ。」と,心のどこか [続きを読む]
  • 「分数のかけ算」導入
  •  「分数×分数」の単元に入ります。この計算は,「技能」に関してはそれほど問題はありません。それよりも演算の意味や分数そのもののイメージを新たなものにしていくことの方が大切だと考えています。「今日は問題を読み上げるので,みんなはメモを取ってください。」と投げかけます。読み上げられた問題は,「2Lで60平方メートル塗れるペンキがあります。このペンキ6Lでは何平方メートル塗れるでしょう。」です。子どもたちか [続きを読む]
  • 採点の仕方
  •  最近,ネット上で,「算数の採点の仕方」について,保護者の立場からの提言をきっかけに論争が起こっているのを見かけます。現場の人間や数学者まで出てきて論争が起こっていることもあるようです。「小数点や0の処理」はもちろん,「習っていない演算を使ったこと」に対する教師の赤ペンにも言及が及んでいるようです。そんな中,それとほんの少しだけ関連しているような出来事がありました。 「文字を使った式」のワークブッ [続きを読む]
  • 式を読む
  •  文字を使った式で表現したり読んだりしていきます。 4年生で学習した「複合図形」の面積を求める問題です。ただし1つの辺の長さがxとなっているところが異なります。しかし,「6年生だからこれでもできるよ,じゃないとだめだよね。」と言って,自力解決させました。 時間は5分程度でしたが,自力で式を立てられていたのは半分弱です。それ以外の児童は,的確に式化することができていません。これは想定の範囲内です。教 [続きを読む]
  • 未知数を求める
  •  文字を使った式で,「未知数」を求めるところまで進めます。前時に「色鉛筆3本と500円の筆箱を買って,代金が680円」だった問題に対して,「全部を確かめる」方法でやっていた児童は2名でした。まずそのやり方を確認しておきます。その上で,「逆算」を使って考えた方法について,少しずつ意味を確認していきました。「yの値段から筆箱の値段を引いて,3で割る」という説明が出てきました。それを具体的な式にしてその意味を [続きを読む]
  • 人とのつながり
  •  1学期から夏休みにかけては,県算数部会でいくつかの事業があります。5月の「代表者会」6月の「主題研究会」が主なものですが,今年度は,「県レベルを超えた研究大会」があるので,お願いする文書も複雑だったり多かったりして大変な作業です。 2年ぶりに事務局長に復活したこともあり,これらの準備に奔走する毎日です。大変ですが,この複雑な仕事を経験の少ない若手に任せるわけにもいかず,校長先生にお願いされたよう [続きを読む]
  • 関係式と値
  •  文字を使った式をさらに進めていきます。前時の文房具店を再利用します。色鉛筆5本と下敷きを買います。色鉛筆の本数をx,代金をyとしています。前時の最後にやった問題と本質的にかわりはありませんが,問いかけの仕方が算数の文章題的になっています。始め戸惑っていた児童もいましたが,「昨日,同じようなことをやってるからね。」と言ってやることで動き始めます。関係を表す式ができれば「仲間学習」です。そしてその式 [続きを読む]
  • 文字式を作る
  •  「文字を使った式」の学習をさらに進めていきます。まず「文房具店の代金表」(小黒板に私が適当に書いただけのもの)を示し,問題を板書・視写します。鉛筆の本数は□で示しておき,前時にxで表すようにすることを想起させます。そして,「昨日までなら,できない,と言っていたはずですが,もうみんなはこれでできるはずです。」と言って,ノートに「答え」を書かせます。「答え」といっているのがポイントで,子どもたちは, [続きを読む]
  • 「文字を使った式」導入
  •  「文字の式」の単元に入ります。導入は,私がよくやっている「袋」による導入です。学年に応じて,「○」などでもやっています。 「後でこのカードを使うからね。でも今は使わないから袋の中に入れておきます。」といって,袋の絵の中に数字カードを入れます。そうして問題文を板書・視写した後,「では答えはどうなりますか。」と尋ねます。(石の並べ方は説明している)すると子どもたちから,「このままではできないよ。」と [続きを読む]
  • 練習の時間
  •  「対称図形」の単元が終了しましたので,今年度最初の「練習の時間」を取りました。「練習の時間」とは,「知識・技能の習熟に特化」した時間のことです。したがって日常の「授業」とは異なり,「消しゴムを使っても構わない。」「友達との相談は基本的に無し。」等ルールも変更させています。毎日書いている「授業回数」にもカウントしません。 最初のプリントは,自作したA4のプリントで,基本中の基本問題だけにしています [続きを読む]
  • 操作の時間
  •  前時に,中途半端になってしまった「正四角形の対称の軸」や正五・六角形の対称の軸について,しっかり操作で調べる活動をやっておきます。 最初は振りが身を使って,前時の最後に出てきた折り方で折れるかどうかを確かめます。折れそうで折れません。「半分の面積」https://blogs.yahoo.co.jp/tamusi22/30116779.htmlならばこの直線も見えてきますが,対称の軸にはなっていません。簡単そうで1/3くらいの人は折れる,と感じて [続きを読む]
  • 「学級力」研修3(模擬授業から)
  •  この日の「学級力」研修では,午後から「模擬授業」が2本行われました。模擬授業というのは,指導案検討に域を出ることはないのかもしれませんが,何とか「授業」に近い形で研修をしていきたい,という関係者の意志が現れているように感じました。 1本目は4年生の「概数」で「約500ゲーム」の提案でした。実はこのゲームは,ある実践家の方がテレビ番組の中で実施していた教材で,私も追試させてもらっています。0〜9まで [続きを読む]
  • 「学級力」研修2(式と計算)
  •  2本目の授業は東京の有名な先生による4年生「式と計算」の授業でした。過去に同じ授業を拝見させていただいたこともありますhttps://blogs.yahoo.co.jp/tamusi22/38899346.htmlし,私自信も何度か実践している教材でした。https://blogs.yahoo.co.jp/tamusi22/39108235.html 3×1の長方形を,風車状に並べ,その周りの長さを考えます。このとき大体3種類の考えが出てくるのですが,今回は6人(そのうちの一人は3年生)で [続きを読む]
  • 「学級力」研修1
  •  先日の日曜日に参加してきました。某研究会です。初めての参加となります。今回がもう12回目の研究会だそうで,算数だけに特化しているわけではないようですが,今回は算数の授業を取り上げられていました。実際に子どもたちを募り(6名),授業がみられるということで,自家用車で2時間ほどかけて行ってきました。 1本目の授業は,4年生の「調べ方と整理の仕方」です。ビンゴゲームをする,という設定です。このとき数字 [続きを読む]
  • 地元の悉皆調査
  •  当地では,4月18日の全国学力・学習状況調査と同時に,小学4,5年生と中学1,2年生に地元独自の悉皆テストを実施しています。今回は,その小学4,5年生の問題を取り上げたいと思います。 小学4年生の春,ということはほとんど3年生です。そんな子どもたちに長い文章のテストは大変です。昨年度末に「練習」をしていた先生も多く見られました。問題自体はそれほど難しくありません。B問題的なものも「なぞり問題」に [続きを読む]
  • 学テ中学問題から
  •  全国学力・学習状況調査の中学校問題の眺めてみます。私たち小学校教師にとって,中学校問題は新聞等で目にするしかありませんので一般の方と同じと言えます。 A問題で目を引いたのが,左の2つの問題です。上の問題は前半,下の問題は後半にあります。大きく離れた場所にあるのですが,私はすごく「関連」のある問題のように感じました。 上の問題は,ab共に負の数ですので,アは必ず負の数,ウエは必ず正の数になります。 [続きを読む]
  • 眺める
  •  線対称・点対称を学習しました。新しい「図形を見る窓」を得た子どもたちに,これまでの既習の図形を見直す時間を取ります。子どもたちには「眺める」という言葉を使いました。 まず「正方形」を線対称という視点で眺めます。線対称であることは直観で分かりますし,対称の軸についても「折り紙」の経験があればたやすくイメージできるでしょう。子どもたちにはフリーハンドでノートにまとめさせます。「点対称の方はどうかな。 [続きを読む]
  • 点対称図形の作図
  •  点対称図形の作図へ進めます。2つの問題を併記して見せました。半分の形と対称の中心が示されています。この2つが完成した場合,どんな形ができるか,概形を考えておきます。子どもたちからはいろんな言葉が出てきましたが,「線対称」との混合も見受けられます。ここでは訂正したりせずそのまま進めます。 まず左の青い点に対応する点がどの辺りになるかを考えます。やはり線対称との混同がありました。その辺りは,「ここを [続きを読む]