パンダマ さん プロフィール

  •  
パンダマさん: 旅するとんぼ玉−骨董屋の娘の言いたい放題
ハンドル名パンダマ さん
ブログタイトル旅するとんぼ玉−骨董屋の娘の言いたい放題
ブログURLhttps://ameblo.jp/ma-chanpp/
サイト紹介文四国・松山のアンティークパンダモギャラリーです。(^−^)
自由文 とんぼ玉のこと、骨董のこと、古代への妄想など・・なんでも筆まかせに書いています。 が、最近は、坊ブログになっちゃいました。(*゜ー゜)ゞ時々は、骨董話も書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/01/30 18:25

パンダマ さんのブログ記事

  • 台風の後の濁流とトワイライト。
  • 台風の後の重信川を見に行った。 普段、水の無い川がゴオゴオと音を立てている。 台風の翌日の夕方だから、これでも大分水が引いた後だろうね。(2017.9.18撮影) 重信川のこんな姿も記憶に留めておきたいと思った。 川岸のコスモス揺れて(よく倒れなかったね) 山々は青々と清しい。 河川敷を散歩していると、花が咲いていた。台風の間、どうやって耐えていたのだろう。 このオシロイバナって、雄蕊雌蕊が長くて違う花みたい。 [続きを読む]
  • 皿ヶ嶺(2017.8.29)。
  • 8月最後の休日は皿ヶ嶺に登ってきた。 風穴の青い芥子の花。こんなにきれいな写真が撮れたのははじめてかも・・。 たくさん咲いていたハガクレツリフネソウ。 可憐なクサアジサイ。 ギンバイソウの谷。 竜神平のコオニユリ。 竜神の庭に、美しい小鬼が遊ぶ。 すごく人懐っこいジャノメチョウ。一緒にカレーパン食べた。 竜神平から山頂までは、熊笹ばかりなのだが、足元に、ヤマジノホトトギスを見つけた。 可愛い。踏まれないよ [続きを読む]
  • 空と風と星と詩。
  • 今年、生誕100年を迎える韓国の国民的詩人「尹 東柱(ユンドンジュ)」。大戦末期、希望を胸に留学した日本で治安維持法違反の嫌疑により逮捕され、27歳の若さで獄中非業の死を遂げた。奪われた母国語で書かれた彼の詩は戦後発表され、多くの人々の心を打った。序詩 死ぬ日まで天を仰ぎ一点の恥じ入ることもないことを、葉あいにおきる風にさえ私は思い煩った。星を歌う心ですべての絶え入るものをいとおしまねばそして私に与えら [続きを読む]
  • 精霊飛蝗(しょうりょうばった)。
  • 庭に大きなバッタがいたので、調べてみると精霊飛蝗(しょうりょうばった)と書いてあった。ウィキペディアによると、「ショウリョウバッタ。オスの成虫は体長5cm前後で細身だが、メスの成虫は体長8-9cm、全長(触角の先端から伸ばした後脚の先端まで)は14-18cmほどにも達し、オスよりも体つきががっしりしている。メスは日本に分布するバッタでは最大で、オスとメスの大きさが極端に違うのも特徴である。」 なるほど、この大き [続きを読む]
  • 金原まさ子「カルナヴァル」。
  • 6月26日、「106歳の不良少女」といわれた俳人金原まさ子死去。時世の句は、「転生3度目の脂百合(やにゆり)ですよ」であった。 102歳の時に出版した句集「カルナヴァル」は、彼女が終生句のテーマとしてきた「エロスと狂気」に満ちていて、独特の世界観に心がざわつく。 金原まさ子  『カルナヴァル』 自選五十句  ああ暗い煮詰まっているぎゅうとねぎ  やわらかな雪降っている魂(たま)揉みや  ひな寿司の具に初 [続きを読む]
  • 鷺のコロニー その4。
  • 最後は、私のお気に入りのアマサギさん。                     このヒト↓ なんか、可愛くない?? ぷぷっ。かわいい!(? >ω お隣で、ダイサギ親子の給餌がはじまりました。 大きな口を開けて、しっかり喉までお魚を入れてもらってる。                                                    ↓クールなこのお方 またこっそり見にくるね。じゃ、またね [続きを読む]
  • 鷺のコロニー その3。
  • アマサギ・コサギ・チュウサギ・ダイサギ・ゴイサギ・・・といろんな種類が一緒に暮らすコロニー(集団営巣地)。 外敵に対する共同防衛。幼鳥に混じって、見張りの成鳥たちが凛々しく立っています。 この、下の方にあるのって、保育所じゃな〜い? 時々、大きな親鳥が入れ替わりにやってきては給餌していました。 なんか可愛い。 その4に続く。 [続きを読む]
  • 鷺のコロニー その2。
  • 茶色い坊やは、誰かというと・・・ 親が給餌に来たのでわかりましたよ。 遠目ながら、すごい迫力なんだけど!近くのサギ達はまるで動じず。 親鳥が見えました。ゴイサギですね〜。 前に黙って立ってた子は、我慢できなくなったのか・・・「ママ〜。わたしも!!あーん」 しかし、ゴイサギの幼鳥はけっこう迫力あるなあ。まるで原始の鳥みたい。 親は何かを告げて、また餌を探しにいってしまいました。 ひらりと舞い降りたダイサギ [続きを読む]
  • 鷺のコロニー その1。
  • 鷺のコロニーを見に行った。                           (7月25日撮影 西条市小松町) これは、すごいわ!!ヽ(*'0'*)ツ ちょうど子育ての時期だから・・・ とってもにぎやか! アマサギの子とチュウサギ(?)の子が、つばえよる(遊んでる)。 これはチュウサギの親子かなあ・・? 「見て〜!こんなに上手に飛べるよ。」 「ママ!見て〜!」 「見てっちゅうとるのに!む〜っ!(`ε´)」 で・・・茶 [続きを読む]
  • アオバズクずくし。
  • おや、あんたまた来たの。                                (7月19日撮影) 不思議とあんた一人で来ると誰もいないね。 ふーん。 なんか・・なんか・・・ 痒いわ!! びろろろろ〜。 おもしろかった?ふふ じゃあ、またね。 帰ると、うちのニコズクは・・・ 寝てますの。 坊ズクは、まあちゃん待ってたよ。 [続きを読む]
  • ひょこたん池のカルガモのみなさん。
  • やあ、久しぶり。 今日はサービスして、羽をお見せしましょうか! お美しいですね・・ ほほほ。 たまにはサービスしないとね。 こっちでも・・・わーい!見て見て! なんとなくだけど・・・この2羽と、草の上の4羽のうち一番左端の子は、若鳥・・って感じがする。 じゃあ、またね。 墓所の前のひまわり畑が満開であった。 昔読んだ阿刀田高の短編小説で、いちめんのひまわり畑のひまわりが、夜になるとみんな人間の生首になって [続きを読む]
  • アオバズク 雛ちゃん出てきたの。(^^)
  • 一羽だけ無事に育ったひとりっこの雛ちゃん、巣を出ました。(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆みんなにお披露目だね。 夕べ巣から出てきたばかりなんだって。眠そうだよ・・・ これは母さん。 こっちが父さん。 いまや、雛ちゃんは、みんなのアイドル。大勢の人が見に来ていました。 逆光でお顔がよく見えない・・・でも、可愛い。((o(´∀`)o)) 雛ちゃんのお腹。しっかりした足してますね〜。産毛がほわほわしてる。 父さんのお [続きを読む]
  • バンの親子
  • 「仲良しふたり組」と私が呼んでるマガモちゃん雄2羽を見に行きました。 はは・・・いるいる。(^^)相変わらず仲好しだね〜。君たち。 あれ??もしかして隣に何かいる??とっても遠いから、よく見えません。 ええ??もしかして・・・ もしかして・・・ バンの親子では?? ああ・・・遠すぎる。。 きれいな色〜。足はグリーン。後ろのが幼鳥。 コンデジの望遠最大値で必死で撮る。。が、ぶれる。(これらの画像は、トリミン [続きを読む]
  • アオバズク雛っこ三羽。
  • 昨日は、違う場所のアオバズクの家族を見てきました。雨上がりで蚊に刺されながら、ひとり探し回った〜。(;^_^A 歩きつかれて帰ろうかと思った頃・・・ きゃー。みんな勢ぞろい。 両端が、お父さんとお母さん。中の3羽が雛っこ。 コンデジじゃ、この程度。 画像加工でようやくお目目が見えた。うう・・・可愛すぎる。(*・ω・*) [続きを読む]
  • 森の賢者に会いに行く
  • 捜し求めたアオバズクに、会うことができた。大きなお目目で、こっちを見ている。 思ったより小さい。夫婦で巣を守っているのです。 大きい方がお母さん 後ろに回っても・・・ ちゃんと見てるのよ。。 お父さんは居眠り この巣の中に雛がいるそうですよ。 もうすぐ雛も巣から出てくるかもしれないね。 また、見に行こう。(^−^) [続きを読む]