pukuzoh さん プロフィール

  •  
pukuzohさん: 新プクッチイズム
ハンドル名pukuzoh さん
ブログタイトル新プクッチイズム
ブログURLhttp://pukuttch.blog79.fc2.com/
サイト紹介文プクッチイズム伝承
自由文真実を追究するのだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2009/01/30 18:59

pukuzoh さんのブログ記事

  • 6月23日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は特に動意なく行って来い相場。 ダウはマイナス17ドルで引けた。チャートはFXネオ ここ最近は狭い幅のレンジ。 エネルギーを貯めてる状態。 上はどうも重い。 欧州の利上げも絡むが、やはりドルが買われる展開は考えにくい。 近いうちにドル円は108円を目指すんではないか。 ここから3円近い幅があるんで、113円バックの戻り売りで大丈夫と思う。 作戦は戻り売り。 しばらくは行って来い相場が続くか [続きを読む]
  • 6月22日のプクッチの戦略
  •  様子見。 昨日は特段材料もなく、日欧米の行って来い。 ダウはマイナス57ドルで引けた。チャートはFXネオ クロス円主導で円安。 英国の利上げは日本だけ的疎外感を感じる。 キャリートレードに円が使われるだろうことは容易に予想がつくことで、円は更に売られる可能性が高い。 しかし、それも113円、もしくは116円程度までか。 日本の量的緩和が無意味であることは、既に結論が出ていることなので、米国が更なる利上げに [続きを読む]
  • 6月21日のプクッチの戦略
  •  様子見。 昨日の米指標はやや強め。 ダウはマイナス62ドルで引けた。チャートはFXネオ 日銀会合の議事録が公表されて、今は111円台。 上値が切り下がっているように見えるが、これは短期筋の利益確定。 113円台までの上昇はある。 そこから、どう行くか?だが。 116円をバックに戻り売るか、上がるのを待つか。 要するに日米にとって、いや、究極的に言うと米国にとって円はどのレベルが良いかが決まるわけで、大体106円 [続きを読む]
  • 6月20日のプクッチの戦略
  •  様子見。 昨日は欧米の株価が好調な中、米連銀総裁の度重なるタカ派的発言でドル円は111円ミッドを突破。 日本の出口戦略が見えない中で、円は独歩安。 ダウはプラス145ドルで引けた。チャートはFXネオ 主要各国は金利を上げているのに、日本だけが緩和政策を継続。 こうなってくると円がキャリートレードとして売られる。 111円ミッドを突破したので、113円くらいまでの上昇はあるか。 フィボで見ると115円の大台もあり [続きを読む]
  • 6月19日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 今週は下窓ながら既に窓埋め完了。 日銀の出口戦略が明確でなかったため全面円安だが、米の利上げにも懐疑的。チャートはFXネオ 111.50辺りに厚い売りが見られる。 そのレベルまでは売り上がりが正解か。 しかし、110円割れからは厚い買い意欲が見られる。 この範囲でレンジじゃないかな。 欧州のほうでは英国がリスクになってるし、アジアでは北朝鮮がリスクになってる。 微妙にリスク回避の種が転が [続きを読む]
  • 6月16日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 原因はわからないんですが、昨日は欧州時間に入ると上値追い。 欧州指標が弱かったとか、イエレン議長のタカ派的発言が好感を持たれたとか、理由を考えればいろいろありますが、米国債利回りとの矛盾が説明出来ない。 米指標は強弱混合ながら、強めな結果。 ダウはマイナス14ドルで引けた。チャートはFXネオ 急落の揺り戻しと考えればいいのかな? いや、それじゃあ、説明がつかない。 何でしょうか、このドル [続きを読む]
  • 6月15日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は米指標の悪化からドルが総崩れ。 FOMC前の膠着状態だったこともあり、あれよあれよと109円前半へ。 FOMC声明直後は乱高下して108円に突っ込む時間帯もあったが、その後はイエレン議長のタカ派的なコメントに対してドルは買い戻された。 ダウはプラス46ドルで引けた。チャートはFXネオ CPIとか小売売上高とか、今までそれほどナイアガラを起こすような指標ではなかったのに、この反応の仕方はリ [続きを読む]
  • 6月14日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は110円台に復帰するも、なんだかんだ言って行って来い。 ダウはプラス93ドルで引けた。チャートはFXネオ  何で日本時間からロンドン時間まで上がって、米指標が良かったのにNY前半で下がったのかは不明。 FOMCを前に調整的なものか。 ダウがどんどん上がるのが気になる。 どこまで行くのか? 完全にバブルだと思うが、ジョージ・ソロスの米国6月売り論は正しいのか? 自分のポジショントークのよ [続きを読む]
  • 6月13日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は日本時間の終わりから円売り。 対ドルは全面安。 米債券の倍率が3倍になるなどリスク回避思考が鮮明に。 ダウはマイナス36ドルで引けた。チャートはFXネオ 109円台に入ると押し目買いが入る。 輸入企業はその辺に入ると買いで、110円を大きく変えると輸出企業が売りで。 日本時間はその繰り返し。 ただ、全体的に見れば米大統領リスクや米株高騰への懸念もある。 注目はFOMC。 複数回利上げは織 [続きを読む]
  • 6月12日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 今週は上窓も既に窓埋め完了。 一応、一通りのイベントが済んで次は日米の金融政策決定会合が焦点。チャートはFXネオ  トランプのことばかり気になっていたが、安倍首相も相当リスキーな状態だった。 テレビ見ないんで、何とか学園事件のことって安倍首相が関わってるって知らなかった。 トレーダーとしては失格。 でも、日本の政権ってほとんど為替相場に影響を与えないから、別に知らなくてもいいのか。 目 [続きを読む]
  • 6月9日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は日銀出口論のメディア推測で円が買われる場面もあったが、その後は再び110円を目指した。 英総選挙、ECB総裁の発言など、不確定要素によって相場は混乱。 特にポンドの下落率が激しい。 ダウはプラス8ドルで引けた。チャートはFXネオ ちょっと外的要因によって円が買われたり売られたりするので、難しいと言えば難しい。 北朝鮮リスクも考えないといけないし、相場はカオス状態。 それでも長期的予想 [続きを読む]
  • 6月8日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 大きなイベントを控えて相場は調整中。 下に行ったポジションが投げられて110円復帰もありそう。 ダウはプラス37ドルで引けた。チャートはFXネオ 昨日の動きは理由をつければいくらでもあるが、急激な変動の反動が出ただけ。 次の材料待ち。 110円台にしっかり乗せれば再びレンジだが、乗せきれないと下に突っ込む。 ターゲットは106円か。 イベントの結果次第では113円、116円もある。 一応は様子見だが、 [続きを読む]
  • 6月7日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は徐々に値を下げて110円割れ。 二度ほどストップが狙われて下に突っ込んだ。 ダウはマイナス48ドルで引けた。チャートはFXネオ 米雇用統計結果が意識されたと言われればそれまでだが、基本的にドル円は円が高く評価され過ぎていた。 ドル円は上値を伸ばした時のことを思い出してみれば、その根拠は日本の緩和策と米国の複数回利上げだった。 それがほぼ織り込まれているとすれば、もうドルは売られるしか [続きを読む]
  • 6月6日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日の米指標は強弱混合ながら、若干強め。 相場は日欧米で行って来い。 ダウはマイナス22ドルで引けた。チャートはFXネオ 相場の焦点は来週のFOMCに向いていると思うが、それよりも日経新聞が北朝鮮リスクに言及したことが驚き。 本当に米国が北朝鮮を攻撃するとは思ってなかったが、ひょっとすると攻撃するかもしれない。 その場合、相場はどう動くか? 日本もなんらかの被害を受けるだろうことを予測す [続きを読む]
  • 6月5日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 予想通りというか雇用統計はここ最近ではないほど、予想とかけ離れた数字になった。 1円以上のぶっ飛び。 今週は窓が多少開いたが、既に窓埋め完了。チャートはFXネオ 110円台で踏ん張ったのがせめてもの救いか。 ここが割られれば、もう1〜2円落ちたかも。 そうなると売り場が難しくなるので、ここから上がってくれれば再び戻り売り。 110〜113円辺りが日米合意のレートなんじゃないかな。 いや、そんな表立 [続きを読む]
  • 6月2日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は強い米指標、特に雇用系はイニシャル・クレームもADPも好結果で、金曜雇用統計に対する期待が高まった。 ドル円は111円にしっかり乗せ、ダウはプラス135ドルで引けた。チャートはFXネオ 一本調子の右肩上がり。 これはあまり利食いが入らず、ポジションをホールドしてる人が多い場合に起こる。 NYからの流れで日経も上昇中。 これを受けてドル円も更に右肩上がり。 しかし、大抵の場合、こういう期 [続きを読む]
  • 6月1日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。  昨日はなんだかんだ言われつつも日欧米の行って来い。そういう事情で動いただけで、利回り低下とかベージュブックとかそんなものは後付け。 ダウはマイナス21ドルで引けた。チャートはFXネオ 相場にはセルインメイんという言葉がある。 意味はそのまんま、五月に売れ、ということ。 これは欧米の期末期が12月で6月は半期に当たる。 日本でもニパチという言葉があるけど、内容も同じ。 しかし、今年はダウが [続きを読む]
  • 5月31日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は日本時間欧州時間は上値を追ったが、昨日休日だった米国時間に入ると一転ドルは売られた。 カンファレスボードの予想以上の悪化と米長期利回りの低下や原油価格の下落からリスク志向へ。 ダウはマイナス51ドルで引けた。チャートはFXネオ 一日単位で見れば日欧米の行って来い運動だが、リスクは下。  米連銀総裁が利上げは二回と断定する物言いをする総裁もいる中、ドルは売られ続けたところを見ると、利 [続きを読む]
  • 5月30日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は米国が休日とあって狭い幅のレンジ。 三角保ち合い状態。チャートはFXネオ どっちかに振れるんでしょうけど、リスクは下とみる。 ただ、今日は月末に近く、ゴトー日。 仲値を狙う作戦もあり。 その場合はどっちへ行くんだろ? 昨日は上に行ったから、今日は火曜でもあるし下か? 様子を見ながら上か下かを決めればいい。 その後は行って来いになるだろうから、狙うならそっちかな。 作戦は相変わらず [続きを読む]
  • 5月29日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 今週は下窓ながら既に窓埋め。 しかし、チャートを見てもらえば7時には窓が開いていたことになる。チャートはFXネオ 先週もそうだったが、7時を過ぎて窓が開いている場合、積極的に攻めるべきではないかな。 激狭スプレッド業者だと、こういう場合スプレッドが開いてるから怖いけど、プライムならほぼ想定通りのスプレッドだから十分勝負できる。 今日はほぼ月末で、明日はゴトー日。 月が替われば米重要指標連 [続きを読む]
  • 5月26日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は特に方向性なし。 イニシャル・クレームのやや良い数値が出たが、相場に与えた影響は僅か。 ダウはプラス70ドルで連日の史上最高値更新。チャートはFXネオ 月末も近づいているし、週末でもある。 112円を抜けるわけでもなく、110円台ミッドを抜けるわけでもなく。 次の材料待ち。 来週になれば連日米重要指標の発表があるので、材料的にはそこか。 しばらくはレンジ。 作戦は戻り売り。 今日は特に日 [続きを読む]
  • 5月25日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日はFOMC議事録で複数回の利上げに慎重だったことがわかって、一気に全面ドル安。 ダウはそれを受けて急騰しプラス71ドルで引けた。チャートはFXネオ 議事録発表前までは期待で112円台を示現したが、その後は下のストップが切られて111円割れ寸前まで行くが、そこからやや盛り返す。 各連銀総裁が複数回利上げに意欲的な発言をして、利上げするぞ!と姿勢だけは維持した。 しかし、ダウは史上初の2万1千ド [続きを読む]
  • 5月22日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 今週は下窓ながら既に窓埋め完了。 先週末ダウが後半にかけて上値を伸ばしてプラス141ドルで引けたこともリスク志向か。 全面ドル高で今週は始まった。チャートはFXネオ こんな早い時期から米大統領の弾劾請求が出るなんて異例。 これが可決されるかどうかは別にして、常にトランプを巡る動向には注意する必要がある。 ドル円は一旦110円台に突入して下攻めは一服か。 しかし、相変わらずリスクは下。 作 [続きを読む]
  • 5月19日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は欧州時間に入って米大統領リスクが意識され、下のストップが切られたことから110円台に突入。 しかし、強いイニシャル・クレームや米連銀総裁の利上げしまっせ発言によって111円台に復帰。 ダウはプラス56ドルで引けた。チャートはFXネオ 急落の反動といったレベルの反発だが、上値は重い。 利上げ以外ドルを買う理由がない。 それも織り込み済みだとすれば、あとは突発的なファンダによって円が買われや [続きを読む]
  • 5月18日のプクッチの戦略
  •  戻り売り。 昨日は米大統領弾劾請求が出てドルは急落。 ダウもマイナス372ドルと大暴落。チャートはFXネオ これ、やるんなら週末の相場が開いてない時にやると思ってたんですが、このタイミングでやるってガチですね。 週末にやるってことがわかってるなら、FRBの株主はドルや米株を売って週を持ち越したはずですから。 トランプがどうなるかはわかりませんが、こんなような急展開はありあり。 弾劾請求が却下されれば [続きを読む]