ESHU さん プロフィール

  •  
ESHUさん: 負けるが勝ち
ハンドル名ESHU さん
ブログタイトル負けるが勝ち
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/jazzyshu/
サイト紹介文ベガルタ仙台とエスティマハイブリッドについてテキトーに。
自由文アウェイ遠征経費削減のご参考にでも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/01/31 16:01

ESHU さんのブログ記事

  • 残留争い(残り7試合)
  • J1年間総合順位表 2016/8/27終了時点 順位   勝点 得失点差 直近五試合13 磐田   31   -08    ○▲●●●14 新潟   27   -08    ●○●○●○15 甲府   27   -19    ▲○○●●16 名屋   20   -20    ▲●●●▲17 湘南   19   -23    ●●●●●18 福岡   16   -24    ●●●●▲【磐田、死闘を制す】ナイターとはいえKO時の外気温は31度。熱波の博多の森を制したのは磐田だっ [続きを読む]
  • 残留争い(残り8試合)
  • J1年間総合順位表 2016/8/20終了時点 順位   勝点 得失点差 直近五試合13 磐田   28   -09    ▲●●●▲14 新潟   27   -07    ○●○●○●15 甲府   26   -19    ○○●●○16 名屋   19   -20    ●●●▲●17 湘南   19   -22    ●●●●●18 福岡   16   -23    ●●●▲●【甲府・新潟、意地の勝利】新潟は福岡と、甲府は広島とそれぞれ対戦し、共に勝利した。これで背 [続きを読む]
  • ニアサイド攻略
  • 柏戦、開始前のウォーミングアップの際、GKとGKコーチが今まで見たことのないトレーニングを行っていた。かなり鋭角で至近距離からのシュートへの守備対応だったように見えた。六反がGKの時にはニアをぶち抜かれるシーンが多かった記憶がある。柏戦ではおそらくクリスチアーノのシュート対策ではないかと思う。試合中でもそうだが、多少距離があったり、角度がなかったしてもシュートコースがあれば容赦なく蹴り込んでくるから怖い [続きを読む]
  • 昇格争い(残り13節)
  •             順位   勝ち点 得失点差  8/14現在01  札幌 62    27 02  松本 56    18 03  岡山 53    15 04  大阪 51    10 05  京都 50    12 06  清水 48    26 07  山口 43   -01 08  町田 41   0509  横浜 40   01 10  千葉 37   00 【J2リーグのおさらい】・1位〜2位のクラブは、J1に自動昇格。・3位〜6位クラブのうち、J1ライセンスが付与されてい [続きを読む]
  • 残留争い(残り9試合)
  • J1年間総合順位表 2016/8/14終了時点順位   勝点 得失点差 直近五試合08 大宮   36   -01    ▲○●●▲09 仙台   36   -06    ○○▲○○10 鳥栖   34    00    ○●○○▲○11 神戸   33    03    ○●○●○12 東京   32   -06    ●○○●●●13 磐田   27   -09    ●●●▲▲14 新潟   24   -10    ●○●○●●15 甲府   23   -20    ○●●○▲16 名屋   [続きを読む]
  • 若手にもっと実戦の場を!!
  • ホーム柏戦、結果はともかく小島と茂木らにとって非常に厳しい戦いを強いられた。とくにスタメン出場の小島にとっては柏の強力なFWとサイドラインの上下に振り回され、SHの藤村と侵入を防ごうとするが、反省点の方が多かったと思う。初スタメンの試合にしてはほろ苦デビューといったところか。だが、小島にとっては視野を拡大できた有意義な試合だったろう。やはりJ1上位レベルのチームで、屈指のFW力を持つ相手とガチンコで試合し [続きを読む]
  • 五輪メダルラッシュ!!
  • 【ロンドン五輪】  国名  金 銀 銅 メダル総数01 USA 46 29 29  104 アメリカ 02 CHN 38 27 23  88  中国03 GBR 29 17 19  65 イギリス  04 RUS 24 26 32  82 ロシア  05 KOR 13 08 07  28 韓国 06 GER 11 19 14  44 ドイツ 07 FRA 11 11 12  34 フランス 08 ITA   08 09 11  28 イタリア 09 HUN 08 04 05  17 ハンガリー 10 AUS 07 16 12  35 オーストラリア 11 JPN  07 14 [続きを読む]
  • 手倉森ジャパン、お疲れ様。
  • 1勝1敗1分 得点7 失点7 勝ち点4予選リーグ3位で予選敗退という結果になった。スウェーデン戦はようやく日本のサッカーが結果としても残せたが、決勝トーナメントには進出できなかった。評価は人それぞれあると思う。まして、以前仙台を率いた監督だけに思い入れもある。だが、東京五輪を任せるだけの結果を残せなかったし、選出メンバーも含めて采配には疑問が残った。特にOAの使い方はあまりにも突出過ぎて、なぜ彼らが [続きを読む]
  • 残留争い(残り10試合)
  • J1順位表       2016/8/6終了時点 順位   勝点 得失点差 直近五試合08 大宮   35   -01  ○●●▲▲09 仙台   33   -08    ○▲○○●10 東京   32   -03    ○○●●●11 鳥栖   31   -01    ●○○▲○12 神戸   30    00    ●○●○●13 磐田   27   -07    ●●▲▲▲14 新潟   24   -09    ○●○●●15 甲府   20   -21    ●●○▲▲16 名屋   [続きを読む]
  • 五輪代表、初陣残念。
  • 攻撃陣が見事なコンビネーションからファインゴールが多かっただけに残念。日本は苦労してゴールを奪ったのに、ナイジェリアは日本DF陣のミスを逃さず、落ち着いて決める・・・何だかもったいない気がする試合だった。ミスは仕方ないかもしれないが、OA組が足を引っ張ったり、DFとGKの連携がちぐはぐだったりと、隙を隠すどころか露呈してしまった形になって5失点。全ての失点は守備の精度次第で防げる内容だけに悔やんでも悔やみ [続きを読む]
  • 灼熱地獄の二週間
  • 天気予報によると、本日から約二週間は全国的に暑さが厳しくなるとこと。仙台も昨日に続いて30℃超えを記録。いよいよ本格的な夏場に突入した。アウェイ福岡戦で後半息切れした原因は暑さ対策という見解が多いようだが、これから二週間は日本中どこへ行っても暑さから逃れられない。特に九州地方はかなりキツい。仙台と比較して最低・最高気温ともに+5℃!!日中は体温以上の気温と戦わねばならない。むしろ先週福岡と対戦してお [続きを読む]
  • 残留争い (残り11試合)
  • J1順位表       2016/7/30終了時点順位    勝点 得失点差08 大宮   32   -02 09 鳥栖   31   00 10 神戸   30   01 11 仙台   30   -09 12 東京   29   -04 13 磐田   27   -06 14 新潟   21   -10 15 甲府   20   -17 16 名屋   19   -14 17 湘南   19   -17 18 福岡   16   -18 【残留争いメンバー】おそらく上記11チームで争われる [続きを読む]
  • 福岡戦、負けなかっただけまだマシ
  • ま、こんなもんです。さすがに失点シーンはヘディングのクリアミスがまさか坂田の目の前とはね。さすがの関もこれではセーブは無理です。まあ、こんな展開も想定できた。何度も言うけどアウェイ福岡(というか九州)は立地上、仙台にとっては超アウェイ。梅雨明けまでは本当に暑い日は皆無ってくらい寒かったから、博多の暑さは身に染みたでしょう。だが、負けなかったことは大きい。福岡にとっては善戦したと思うし、正直負けそう [続きを読む]
  • 安心の1点差リード
  • 湘南戦、ウイルソンの豪快な左足からの先取点。後半、欲しかった先制点をもぎ取ってからの試合展開が見事だった。湘南サイドから見れば1点差が3〜4点差くらいに感じたのではないか。2012〜13シーズンを思い出すようなコンパクトな布陣、まるで意思が統率されたかのような連動した守備。途中出場の藤村や菅井も着いてプレーに加わり、全く歯車のズレが生じない。まさに鉄壁な守備、パスコースが見つからず、ボールを左右に揺さぶっ [続きを読む]
  • 難攻不落、福岡戦
  • 前回対戦時は裏天王山、ホームでなんとか勝てたから良いが、まず良い記憶がない。対戦成績もあまり良くないのではないか。福岡、というよりアウェイ九州か。この地では苦渋を嘗めさせられることばかり。夏場は暑さでグダグダになり、圧倒的に運動量が落ちる。2002シーズン、鹿児島が舞台のアウェイ磐田戦は1-5で完敗。J1から降格した2003シーズン最終節は大分だったし、余裕で勝てると思われた昇格したばかりの熊本を相手に怒涛の [続きを読む]
  • 思い出したショートカウンター
  • 久しぶりのアウェイへ参加。すっかりこの雰囲気を忘れてしまったのか、いつも以上に感じる違和感。日常と違うスタジアムと相手サポーター数が圧倒的多数、そして何よりも「いつも以上に声を出さねば選手を後押しする声援にはならない」という使命感が嫌でもテンションを高くさせる。序盤、少し新潟に攻め込まれたシーンが多く、冷や汗が吹き出てしまったが、どうも新潟の作戦が予想と違ったことが原因のようだ。確かに、いつもより [続きを読む]
  • 決して鵜呑みにしてはいけないが、
  • 浦和戦0-1で惜敗。まあ、最後はどう転ぶかわからなかったが、最後の最後でDF陣の連携が乱れてしまった、、、そんな試合だった。だが、決して悲観する内容ではなかった。FW起用2試合目の藤村が前線から的確なポジショニングとチェイスで守備に貢献。自身も惜しいミドルシュートを打つ場面もあり、FW起用は決して間違いではないことがわかった。だが、攻撃面では野澤の穴を埋める程の活躍は見せてない。ここぞという時の判断やアイデ [続きを読む]
  • フレキシブルな戦術へ
  • 川崎戦、難敵相手に0-3で完敗。ある意味順当かな、とさえ感じられた。どうも仙台は前線から激しいプレスを仕掛けるチームに弱いようだ。焦らずに落ち着いてボールを回す、もしくはセーフティにタッチへ逃れるなど選択肢があるのに、焦って縦へパスしてカウンターを仕掛けられる。とはいえ川崎の大久保らが中盤と連動した精密な守備を仕掛けている訳ではない。プレスの仕掛ける早さだったり、激しさだったり。お世辞でも守備がうま [続きを読む]
  • 2ndステージもスタートダッシュ次第
  • また日程君に妙な操作を施したのでは?と疑うくらい、スタートダッシュが困難な相手が揃っている。7月02日 土 19:00  川崎 ユアスタ 7月09日 土 18:30  大阪 吹田S 7月13日 水 19:00  浦和 ユアスタ 7月17日 日 19:00  新潟 デンカS 7月23日 土 19:00  湘南 ユアスタ 7月30日 土 18:30  福岡 レベスタ まあ、相手も選手が入れ替わるだろうし、序盤三連戦で1勝1分1敗以上なら合格だろう。新潟・湘南・福岡は [続きを読む]
  • 藤村次第
  • 1stステージ最終節となったアウェイ磐田、ここ勝てば五連勝、勝ち点26とまずまずの成績で1stステージを終えることができる。好調の立役者である野沢と冨田が怪我で離脱したが、代わりの選手が補うことができれば勝機は十分だ。ウイルソンは2ndステージの大爆発を期待し、まずは英気を養ってほしい。野沢の代わりは水野が濃厚だ。地元静岡出身ということもあり、磐田戦先発でモチベーションも高い。A代表経験で技術力と経験 [続きを読む]
  • 2ndステージに向けて
  • 1stステージ最後のホーム戦、見事な逆転勝利を収めたことでほっとしているサポは多いだろう。とにかく春先からGWにかけて厳しい試合が続いた。一時は降格圏まで順位を落としたことから、さすがに覚悟を決めたほどだ。だが、下位相手の対戦が続くと怒涛の四連勝でついに開花した。まだアウェイの磐田を残しているが、16節終了時点で8位。磐田に勝てば最高で4位まで上昇する可能性を残している。まあ、連勝ムードと攻撃陣に不安を残 [続きを読む]
  • 先制されても動じない
  • ↑甲府戦の勝因はまずコレだろう。今年初めての逆転勝利らしいが、やはり先制されると焦ってしまうのはどのチームでも同じこと。追いつこうと前がかりになったところをカウンターでズドン。何度も見て来た光景である。だが、甲府戦は違っていた。序盤、いきなり甲府が先制する。天敵(?)クリスチアーノの豪快なシュートが決まり、リードした甲府。喉から手が出るほど欲しい先制点を得た。こうなると既に甲府ペース、甲府のタスク [続きを読む]
  • リーグ戦三連勝からみえたもの
  • 湘南、新潟、柏を撃破してリーグ戦三連勝。ようやく守備も安定し、攻撃陣も好調を維持している。勝ち点も一気に20とし、9位以上の上位グループに突入した。厳密に言えば10位だから順位表の右側ではあるがとても気持ちが良いもんだ。さて、勝利したことは最も大切なことではあるが、試合の内容もなかなかなものである。もう負けられないアウェイ湘南戦で厳しい試合だったが何とか勝ち点3をもぎ取った。そして対上位相手に完璧な守備 [続きを読む]
  • 新潟戦、勝てば勢いがつく
  • アウェイ湘南戦、内容は仙台が圧倒していたかと思うが、1点差リードだけでは最後まで本当に目の離せない試合だった。1-0勝利。まず今は結果が大事だ。確実に勝ち点を積み重ねて1stステージ目標、勝ち点20に早くたどり着いて欲しい。順位     勝点 試合数 得失点差 13  仙台  14   13    -07 14  甲府   12   13    -06 15  新潟  11   13    -06 16  鳥栖  09   12    -06 17  福岡 [続きを読む]