コブタ さん プロフィール

  •  
コブタさん: 名言コツコツ|自分磨きとライフハックのブログ
ハンドル名コブタ さん
ブログタイトル名言コツコツ|自分磨きとライフハックのブログ
ブログURLhttp://meigen.ko2ko2.net/
サイト紹介文名言、禅語・格言・ことわざ等 古今東西の知恵を学んで自分磨き。なりたい自分になる為に。
自由文2009年1月11日スタートから現在まで一日も欠かすことなく毎日更新中。2010年ライフハック・ブログ賞に入賞しました♪ 「心が明るくなる」「元気になる」「やる気がでる」ブログをめざしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供393回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2009/02/01 00:19

コブタ さんのブログ記事

  • 手帳を使うのは、「しあわせな時間」を増やすため。
  • 手帳を使うのは、「しあわせな時間」を増やすため。逆算手帳2017年9月カレンダーページより「逆算手帳」のセミナーで最後にご紹介している言葉です。ビジョンの大切さや逆算思考でプランニングしていく方法などをご紹介しているのですが、最終的に手帳を使う目的は「しあわせな時間」を増やすためだと考えています。自分にとっての「しあわせな時間」もそうだし、周りの人の「しあわせな時間」を増やすために、手帳を活用していっ [続きを読む]
  • 才能よりも、「途中であきらめない力」を磨く
  • 才能よりも、「途中であきらめない力」を磨く『「不器用」を武器にする41の方法』(加藤 嘉一 著/サンマーク出版) より知識やスキルを向上させることには熱心なのに、それよりも大切な「途中であきらめない力」を磨くことに関心が薄いような気がします。「途中であきらめない」ために必要なことってどんなことでしょう?それは最終的にどうなっていたいか、どんなことを達成したいか、自分の中で具体的にイメージできていること [続きを読む]
  • 朝のわずかな時間は、午後の数万時間に匹敵する。
  • 朝のわずかな時間は、午後の数万時間に匹敵する。西洋の格言おはようございます!夕方か夜にブログを更新することが多いのですが、今日は朝。これから台湾へ視察ツアーに出かけるためです。朝(特に早朝)は【夢を叶えるためのゴールデンタイム】です。これは私の実感です。「こうなりたい!」「こんなことをやりたい!」と思うことを実現させてきましたが、振り返ってみると、そのための作戦を考えるのはいつも早朝でした。早朝は [続きを読む]
  • 「書く」ことで、時間の使い方が変わる。使途不明時間を減らそう!
  • 得ることが難しく、失いやすいのは時間である吉田 松陰今日12月1日は「手帳の日」ですよ。来年の手帳はもう決まりましたか?私としてはもちろん「逆算手帳」がオススメなのですが(笑)、「逆算ウィークリー」もセットでお使いいただくとさらに効果的です。「逆算ウィークリー」は、重い手帳を持ち歩きたくないけど一週間のタイムマネジメントをしっかりやりたい方のためのツールです。下記が記入例です。24時間のウィークリーバーチ [続きを読む]
  • 情熱なしにできることは、すべて無価値である。
  • 情熱なしにできることは、すべて無価値である。マックス・ウェーバー(社会学者)情熱をもって取り組めることに集中できるって、幸せです。GYAKUSAN株式会社を設立して2週間になります。打合せをし、計画を立て、人に会い、アイデアを出しあい、作戦を練り直し、また話し合う。取材対応やセミナーの開催をし、次のイベントの準備もする。とても濃密な時間を過ごすことが出来ています。もちろん仕事だけでなく、プライベートでの飲 [続きを読む]
  • 情熱なしにできることは、すべて無価値である。
  • 情熱なしにできることは、すべて無価値である。マックス・ウェーバー(社会学者)情熱をもって取り組めることに集中できるって、幸せです。GYAKUSAN株式会社を設立して2週間になります。打合せをし、計画を立て、人に会い、アイデアを出しあい、作戦を練り直し、また話し合う。取材対応やセミナーの開催をし、次のイベントの準備もする。とても濃密な時間を過ごすことが出来ています。もちろん仕事だけでなく、プライベートでの飲 [続きを読む]
  • 「夢の叶い癖」をつけよう|ささやかな夢からスタートして、壮大な夢へ
  • 私は小さい頃貧しかったので、最初は腹一杯食べたい夢でした。丁稚奉公にいってからは、貯金して早く店を持ちたいと思いました。商売をはじめても、大きな会社など望みませんでした。一段上の夢を着実にこなしていっただけです。松下 幸之助毎日を楽しく過ごしたいのなら、「夢の叶い癖」をつけましょう。なにも、最初から壮大な夢を実現する必要はありません。ささやかなことからで大丈夫です。小さな夢をたくさん実現していくう [続きを読む]
  • 「夢の叶い癖」をつけよう|ささやかな夢からスタートして、壮大な夢へ
  • 私は小さい頃貧しかったので、最初は腹一杯食べたい夢でした。丁稚奉公にいってからは、貯金して早く店を持ちたいと思いました。商売をはじめても、大きな会社など望みませんでした。一段上の夢を着実にこなしていっただけです。松下 幸之助毎日を楽しく過ごしたいのなら、「夢の叶い癖」をつけましょう。なにも、最初から壮大な夢を実現する必要はありません。ささやかなことからで大丈夫です。小さな夢をたくさん実現していくう [続きを読む]