コブタ さん プロフィール

  •  
コブタさん: 名言コツコツ|自分磨きとライフハックのブログ
ハンドル名コブタ さん
ブログタイトル名言コツコツ|自分磨きとライフハックのブログ
ブログURLhttp://meigen.ko2ko2.net/
サイト紹介文名言、禅語・格言・ことわざ等 古今東西の知恵を学んで自分磨き。なりたい自分になる為に。
自由文2009年1月11日スタートから現在まで一日も欠かすことなく毎日更新中。2010年ライフハック・ブログ賞に入賞しました♪ 「心が明るくなる」「元気になる」「やる気がでる」ブログをめざしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供406回 / 366日(平均7.8回/週) - 参加 2009/02/01 00:19

コブタ さんのブログ記事

  • 室生犀星:私は雨が好きである 雨はいつも私を机のそばにつれてゆき
  • 私は雨が好きである雨はいつも私を机のそばにつれてゆき喜ばしい落ちつきを与へ本を手にとらせるこの世界に小さな座を与へてくれる室生犀星 詩「ある日」梅雨も本番。涼しくなったり蒸し暑くなったりして体調を崩しやすい時期ですから、お気を付けくださいね!雨が降り続くと外出が億劫になりますが、そういう時は読書にふけるにはもってこいです。梅雨を嫌な季節だと考えるのは貴重な毎日を憂鬱にしてしまうからもったいない。読 [続きを読む]
  • 煮詰まってしまわないように、心の避暑地「マイ・ワールド」をもつ
  • 自分時間の過ごし方を決める際に、1つだけポイントがあります。それは、その時間を気の赴くまま、行き当たりばったりで好きなことをして過ごすよりも、目標を持った楽しみ方をした方が、心の満足度、充実度を高めることができるということです。この「目標を持った自分時間」を、私は「マイ・ワールド」と呼んでいます。自分が幸せを感じるもの、自分らしさを表現できるものを見つけ、長い年月をかけて実現していく場が「マイ・ワ [続きを読む]
  • 自分の足で歩こうとすれば、行きたいところに行ける
  • 自分の足で歩こうとすれば、行きたいところに行ける『遠回りがいちばん遠くまで行ける』(有川 真由美 著/幻冬舎) より「誰かがどうにかしてくれる(どうにかしてもらいたい)」と考えていると、世の中は自分の思い通りにならないことばかりで不満ばかりが募ります。子どもの頃の私がそうだったし、大人になってからもしばらくは「どうして○○してくれないのー!」と周りの人に当たり散らしていました。今振り返ると恥ずかしい [続きを読む]
  • 自分が満たされていて幸福な人は、意地悪な目で人をじろじろ見たりはしない。
  • 自分が満たされていて幸福な人は、意地悪な目で人をじろじろ見たりはしないと思うのね。だから、そういう視線にぶつかってしまったときには、「そんな目で人を見るなんて、よほどあなたは不幸でおつらいんでしょうね」なんて心の中でつぶやいたりしています。『おちゃめな老後』(田村 セツコ 著/WAVE出版) よりぼぉーっとしているのが私のデフォルトの状態なので、いつも通り、ぼぉーっとしながら歩いていたら、「ぼぉーっとし [続きを読む]
  • 人生をダメにするもの。それは、嫌な人間関係です。
  • 人生をダメにするもの。それは、嫌な人間関係です。不快な人間関係を避けましょう。特に直属の上司に対して、「この人は尊敬できない」、「自分の模範にならない」と思ったら、その人のもとで働くのは極力避けてください。私がこれまで嫌な人間関係をどうやって避けてきたかというと、先に自分で尊敬できる上司を見つけてきて、その人のもとで働かせてほしいとお願いしました。誰かを批判することはせずに、そうやってうまく切り抜 [続きを読む]
  • 苦労は幸せになるための準備運動
  • 佐賀にいる時は、昭広にいろいろと苦労をかけたと思います。ばあちゃんとおる時は、「苦労は普通や」「苦労っちゅうのは、幸せになるための準備運動や」昭広には、いつもそんなことを言ってきたけど、本当のことを言ったら、お前が泣いてしまうと思って、あんな言い方をしました。本当は昭広が寂しかったり、辛かったりしたことは、ばあちゃんが一番よくわかっています。『がばいばあちゃんの手紙』(島田 洋七 著/幻冬舎) より [続きを読む]
  • 道は待つことではなく、歩くことによってできる
  • たいていの場合、わたしたちは目の前に理想的な道があらわれるのを待って日々をすごしています。道は待つことではなく、歩くことによってできる、という事実を忘れているのです。夢を見るのもいいでしょう。でも、大きなことを考えるだけでは、仕事を成しとげたり、請求書の支払いをしたり、心のなかでなれると思っている人物になったりすることはできません。スコットランドの思想家、トマス・カーライルのことばに、つぎのような [続きを読む]
  • いい本に囲まれることは、いいパワーに囲まれること
  • いい本に囲まれることは、いいパワーに囲まれること『ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法』(エリカ 著/大和書房) より読書週間は秋ですが、梅雨のこの時期も読書にピッタリの季節です。(読書好きにとっては一年中が「読書にピッタリの季節」ですけどね)雨が降っていて外出するのが億劫だなという日は、お気に入りの飲み物を用意して読書三昧というのはどうでしょう?読みたいと思うものなら雑誌でも漫画でもいいと [続きを読む]
  • 女のタフネスは、毎日を面白がり続けられる体力にある
  • 女のタフネスは、毎日を面白がり続けられる体力にある戦って勝つのがかっこいい女なのか。育児と仕事を両立できていればかっこいいのか。かっこいい人に認めてもらえれば自分もかっこいいという事になるのか。マサキハナエ (モデル)『写ガール 17 写真ありきの「旅」に出る』(エイ出版社) より仕事も家事も育児もしっかりやっている人は本当にスゴいなーと思います。尊敬します。でも、私がそうなりたいかというと、話は別。私 [続きを読む]
  • やるかやらないか、今迷っているなと自覚したなら「やる」と決める。
  • 「やる」か「やらない」と考えずにやり過ごしているのは逃避です。やるかやらないか、今迷っているなと自覚したならやる。そこにはただシンプルな意思決定があるだけです。『7つの動詞で自分を動かす 言い訳しない人生の思考法』(石黒 謙吾 著/実業之日本社) より「やる」と決めてしまえば、「どうしたらできるだろう?」と次へ進むことができます。「やらない」と決めてしまえば、貴重な脳のエネルギーをそれ以上無駄にするこ [続きを読む]
  • 次の次のゴールを持つことで、今がしんどくなくなる。
  • 次の次のゴールを持つことで、今がしんどくなくなる。1つのゴールしかない人は、今がしんどくてしょうがなくなります。次のゴールを持つ人にとって、手前のゴールはそれほどしんどくありません。『運のある人、運のない人』(中谷彰宏 著/ぱる出版) よりこれはとってもよくわかります。私のマラソンの目標はいつも直近の2つを意識しています。ハーフマラソンを走る前、本当に走れるんだろうかとドキドキしました。でも、次のフ [続きを読む]