由美(#^-^#) さん プロフィール

  •  
由美(#^-^#)さん: Wind-Of-Time
ハンドル名由美(#^-^#) さん
ブログタイトルWind-Of-Time
ブログURLhttp://ameblo.jp/wind-of-time/
サイト紹介文恋愛詩とメッセージの詩を綴っています。
自由文HNとブログをリニューアルして、再度
書きなおしていきます。
心に素直になれたときに、ゆっくりと
そのままに綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/01/31 19:09

由美(#^-^#) さんのブログ記事

  • 春の雨がいい
  • 雨は苦手なんだ 冷たくて 心も体も冷え切っていく まるで孤独じゃないかと思わせるように だから こんな空模様の日は出歩けない 例え音楽を聞いて紛らわそうとしても 雨音は聞こえてしまうから せめて冬じゃなく春の嵐くらいならいいのにね [続きを読む]
  • 許してくれるよね
  • 君を想うあまりに 重くなりすぎた言の葉たち 言わないでおけば 心の中にしまっておけば わたしは 君の近くにまだいられたのかな たった1つだけ残された 君を感じさせてくれるものは 身に着けることはないけど・・大事にしまっている 誰にもいわずに 誰にも触れさせずに もうすぐ ここから暫く離れて過ごすことになる 不安だから君の思い出を もっていきたい 無くしたくはないけど&nb [続きを読む]
  • 思うようには綴れない
  • 詩を書き始めてから5年くらい経過しているのでしょうか。 つたないもので始まってから、今のように綴れるまで長い間苦悩してましたが ・・・ アレですね。 羞恥心を捨てること・・・これにつきます。 感情のままに全部書いちゃう・・ 修正とかなしで 思うままに。 最初は色々躊躇って、こうじゃないこうじゃないって悩んだけど、 結果的に思い出と妄想が混ざって出来たのが今のだから(笑) [続きを読む]
  • MoonLight
  • 傍にいきすぎると 眩しすぎて遠ざけてしまう 昼間の太陽は強すぎて 熱すぎて  君にとっては 防御するために色んな策略を考えそう 触れることはきっと難しいだろうな だから 月夜になろう 星が沢山みえる 空気が澄んでいる夜の 優しい月の光になろう それに夏になって花火があがれば 笑顔にも会えるね 触れられないけど 大好きな人 月夜の光で君をいつも照らしていこう  [続きを読む]
  • 奪ってでも
  • 君が大事だから 大事すぎて 大好きすぎるから 奪ってでも幸せにしてあげたい 君を愛して守ってあげたい まわりにいる 友達や兄弟 全ても含めて 君が大事だと思えるなら 同じように努力していく 君が笑顔になれるよに 頑張る 僕の腕の中で泣いている君なんて 見たくない そんな姿 耐えきれないから [続きを読む]
  • 生まれ変わる
  • 今日という日は 2度とこない 毎日 同じ仕事 同じ友達 LINEでのやりとり 恋人同士でのひととき 変わらないようでいて 変わっている 言葉は同じじゃない 伝えることも 伝えられてることも この命1つさえも 同じに見えて同じじゃない 自分だけのものだけど 毎日生まれ変わってる 爪も皮膚も髪の毛も 骨さえも 血液も もしも 生まれてから全部同じなら 言葉も何もかも&nb [続きを読む]
  • 神頼み
  • 昔 昔の話 大好きな人と廊下ですれ違うだけでドキドキしてた 相手は少し年上の先輩か先生 ありがちな設定 そしてやっぱり大切な人が傍にいる 片思いが決定的 誰かに薦められた相手は 私の中で思ってた人じゃない 好きな人には 届かない 触れることさえ許されない トキメキや憧れは芸能人か2次元だけ 悲しい余生だな・・ せめて人生の中で本気で愛せる人と出会いたい 今更だ [続きを読む]
  • 忘れてくれていい
  • ごめんね  君を忘れようとしてた 忘れてるはずだった だけど残された写真も たった1つのプレゼントも 私には捨てることの出来ない 大事なもの 今の君の傍には 大切な人がきっといるのだろうけど 話す機会も会うこともないだろうけど たぶん ずっと心の片隅にずっと愛してたことが残ってる この言葉は 君には重い それも分かってる だから 忘れてくれていい 今の言の葉を [続きを読む]
  • 受け止めてあげる
  • 特別な日に 君にだけにあげる 私だけの心と チョコ  だけど 手作りが重いと感じるのなら 君が好きなお店で ご褒美してあげる まるで 男女逆だね だけど 時々はこんなのもいいよね 君だけに気遣いをさせたくない 甘えたくもない 言えないことも 泣きたくなることも みんな  誰にも見せたことない そんな姿を 私にだけは見せてほしいと思うから 今日はね いいよ  [続きを読む]
  • 戻らない 戻れない
  • もう戻れないと決めたことがある もう戻らないと誓ったことがある それは君との思い出に浸らない事 振り返らないこと 私には眩しすぎた 憧れすぎた世界だったから 手には到底 届くはずなんてない 最初から分かっていたこと 最初から気づいてたこと それなのに 惹かれてしまった自分が どうしようもなく 情けなくて弱かった 強くはなれなかった 君に頼りすぎてたから だから [続きを読む]
  • 私色
  • 君を色に例えると青になる 空と海と心の広さとあったかさ 決して暗色の蒼じゃなく 真っ青な 全てを包んで 忘れてもらえそうな そんな心地いい 青い色 私を色に例えると 淀んだ紫に近い 高貴な色じゃなく パステルでもなく 深い深い色 幾重にも染められて もう 最初の色さえ 思い出せないくらいの 深い色 もう一度 君に会えば 君に抱きしめられたら せめて淀 [続きを読む]
  • 何も感じない
  • いつからだろう 心から 笑えることも 泣けることも 怒ることも 何かもの感情が私の表情にでなくなったのは ただ 胸の中に何かが残るだけで 口に出せなくて 体でも訴えられなくて 。。まるで人形になった気分 こんな私では 誰も愛せない こんな私では誰も愛してはくれない [続きを読む]
  • 見つけられる
  • 君はいま どこにいるのだろう 昔と同じ場所にいて 友達や大好きな人の傍にいて 楽しく笑えて暮らせているのだろうか そんなふうに私のみたことのない君の姿を 一度はみてみたかったな どんなに沢山の人混みの中でも 小さな砂の中からでも 大切な君のことは 見つけ出せる気がする でも 君には私の事は見つけられないだろうね 記憶の片隅にも残ってない私のことは わからない [続きを読む]
  • わたしの恋愛力腕試し
  • ▼わたしの恋愛力腕試しの結果は・・・\あなたの"恋愛力"はどのくらい?/恋愛力腕試しに挑戦する 巨匠だそうだ^^;;そんな経験は過去に一度もない気がするけども・・未来でか 来世で、そんな人が現れてすごい幸せな心地になれる恋愛ができれば最高です ・・・・・ しかし この私がなぜ巨匠に?・・・・リアルな私を知っている方がいたら笑いのネタに一生されて酒のつまみにされてしまう [続きを読む]
  • 君のためのバレンタイン
  • いつもなら 親とか友達とか 会社の人とか そんな風に大量生産しちゃうけど 今年は君が傍にいるんだっけ きっと楽しみにしてくれてるのだろうな・・ 甘いの好きだったかな 苦手かな 他にも何かプレゼントしたほうがいいのかな 男の人の 君のことは 本当の事いうと何もわからない 何が好きなの? 教えてよ 苦手でも 頑張って君の為に作るから [続きを読む]
  • 苦しいことだけ覚えてる
  • 心が揺らいでいるのは まだ好きな証拠なのかな 苦しくなるのも 悲しくなるのも 全ては まだ消えてないのかも 消してしまいたいことも沢山あったはずなのに どこかで 騙されたかもしれないのに わかってはいるのに 消えてはくれない 楽しい記憶はきえても 辛い記憶って残ってるものだね 貴方はきっと 私の事は忘れてる そして 私だけが覚えてる [続きを読む]
  • 強くなれる
  • 誰かを思えることは素敵なこと それは片思いでも 両想いでもいい 心があったかくなるから ひとりで闇にいるより 強くなって光を感じられる 孤独ではないと思えてくる 大丈夫 大丈夫 私は大丈夫 あなたがいるから 人混みの中 1人だけ寂しく歩いていても 恋人たちが沢山いる クリスマスやテーマパークにいても 私には あなたが心の中にいるから そんな風に 勝手に 思い [続きを読む]
  • 家族
  • 貴方が心配だから・・  母が父にそう  その一言は愛情に満ちているように思えるけど 実際はそうじゃない気がする 自分の生活が 父がいなくなることで 父が働けなることで 金銭的に困るから 心配してる  そういうこと その理由がわかったのは 私に対しても 同じ言葉をいったあとで 働けなくなったら 誰がこの家計を守れるの? 父しかいない 父がいないとダメになる & [続きを読む]
  • 勇気のある言葉
  • 今までで 一番心の中に残ってる 言葉だけ覚えてる 私を変えたひと言だけ 「ありがとう」っていってごらん 素直になれずにいた 何もできない私には それさえ言えずにいて 心の中は闇だけ だけど どんなに心の中で嫌な人がいても 少しだけ微笑んで 感謝してみた そうしたら 笑って 「どういたしまして」って答えてくれた あぁ 簡単なんだ 口にすることって ただ 思い込ん [続きを読む]
  • 君の事を 思いだして書こうとした でも あまりにも遠くて 淡くなりすぎて 言葉も声も 思い出せなくなって 何も 何も 言の葉に乗せられず 悲しくなった あんなに沢山の思いをくれたのに あんなにも 沢山 大好きたったのに 君を大事に一番に愛せる 誰かと一緒に幸せになってとしか 私より君を愛せる人と一緒にしか言えない [続きを読む]
  • 素直になろうね
  • 同じ遺伝子を継ぐからか それとも 同じ女の子として生まれたからか 私と貴女は 愛する人には素直になれるね いや 素直というか 甘えるというか 誰に聞かれても 顔にでてしまって嘘はつけない 例えばその指にリングが光ってなくても 誰か好きな人がほかにいるの?って言われても 顔が桜みたいに真っ赤になって バレてしまう。 心は偽れない 言葉は取り繕っても だから 傍に [続きを読む]
  • 馬鹿なこと
  • 誰を愛すること 愛せることも 愛されることも 多分もう ないかもしれない 色んなことを思い 経験し もういいかなって感じていたけど 一人じゃいたくなくて また誰かを求めたり そんなことを何度も繰り返して 馬鹿みたいなことをしてた 心が弱くて 隙がでてきて そんなふうになってるところに 声をかけてくる 男は欲望を叶えようとし 女は 癒しを欲してしまう わたしもそう  [続きを読む]
  • 愛じゃない
  • 愛は無償 見返りを求めて期待している心がある限り 愛じゃない 例えていうなら 自然や動物 人類に対する大きな愛情に 何かを求める人はいないだろう それと同じ 何も求めない ただ見守り必要なら助けてあげる 結婚したからとか 夫婦だからとか 恋人だとか 子供なんだからとか 色んなことで 当たり前のように求めてしまうけど 私自身も含めて それは愛じゃないよね& [続きを読む]
  • 現実逃避
  • 心の内側を誰にも言えずに 甘えることも出来ずに 一人で耐えきって疲れてた私は いつしかお酒に溺れ 隙ができていたのか 簡単に誰かを好きになっていたりしていた 心のどこかでは それは危険かもしれないと 本当の好きではないはずだと思っていたりもしたけど そんなのは関係ないと僅かに残っていた理性をなくして 現実逃避できる場所と 思い出させないでくれる人のところに 心の半 [続きを読む]
  • 運命なんて
  • 今はだれかを愛する余裕もないから 誰も愛せないけど もう少し時間が経過して 色んな出来事を経験して 沢山の思いを積み重ねていけば 大切だと感じられる人は なんだか居てくれそうな気がする 最初から運命とか王子様とか そんな夢物語じゃない リアルで少し困ったちゃんな人が もしかしたら愛しく感じられたり 甘えん坊で寂しがりな人が そんな人かもしれない 私にはどんな人がいてく [続きを読む]