cpakickboxer さん プロフィール

  •  
cpakickboxerさん: プロキックボクサーと公認会計士の二足のわらじ
ハンドル名cpakickboxer さん
ブログタイトルプロキックボクサーと公認会計士の二足のわらじ
ブログURLhttp://ameblo.jp/cpakickboxer0024
サイト紹介文現役プロキックボクサーでもある公認会計士が綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2009/02/03 11:07

cpakickboxer さんのブログ記事

  • 大学の単位取得
  •  産業能率大学に4年生として再入学(再編入)して、はや4ヶ月が経とうとしている。順調に単位を取得しており、卒業に必要な20単位中、12単位を取得することが出来た。単位取得合格通知が来ると嬉しいものだ。 勉強は、心理学、ビジネス関係、会計系と多岐に渡る。社会人になって勉強となる教材もあるので楽しみながら勉強できありがたい。 スクリーングと言って、一部通学で単位を取得する部分があるが、それも無事完了。あと [続きを読む]
  • 息子さんに思う事。
  •  息子さんを見ていると、身体的な私の特徴と同じ特徴を見ることが出来る。足の親指の形とでかさ、歯が生えてきたが、上の前歯の2つの大きさ、形など。私の小さい頃の体型とよく似ていること。色が白く、髪の毛の色も薄く、とても体が大きかったので、外国人の子供と言われ、私はチャーリーブラウンというあだ名であったそうであるが、息子さんも同じで、でかいでかいとよく言われる。身体的な共通点を見つけては嬉しくなるのとDN [続きを読む]
  • 幼児の肺炎球菌ワクチン接種
  •  息子はんは、生まれて9か月が過ぎている。通常は、2か月目に1回目の肺炎球菌を受けるのが、通常である。しかし、うちの息子は受けていない。どうしたものか?やきもきしていた。今日、嫁から息子はんが1回目の肺炎球菌を受けたとの連絡を受けた。ほっとした。何かあったら親としての自分を責め続けることになる。何事もなく良かった。息子はんは、生後9か月を過ぎているため、本来は4回だが、3回しか受けないこととなった。 ワ [続きを読む]
  • 痛ましい事件
  •  アメリカの学生さんがある国から脳に大きな損傷を負い、植物人間のような状態で帰国されたニュースを見て、とても胸が締め付けられる。 私も海外で暮らす身として、日本では考えられないほど警戒が必要であることを身に染みて分かる機会があったが、今回は残念でならない。アメリカ人としての認識とある国との認識の違いと対立関係がこのような悲劇を生んでいる。人災である。冒険心がこのような結末を迎えるのがとても悲しい [続きを読む]
  • 子供の予防接種
  •  子供の予防接種がうまく進まずストレスだ。中国本土のルールに基づいて予防接種を受けていると、足りていないことに気付く、調べて、日本の予防接種カレンダーを入手し、足りないものを比べ、受けるスケジュールを組むが、頻繁に日本へ戻るわけではないため、スケジュールがうまく合わない。 そこで、香港の予防接種カレンダーを取り寄せ、見比べる。足りないものをまず香港で受けようとするが、嫁がベトナム人のため、スムー [続きを読む]
  • トーナメント表フェチ
  •  生きていると色々興味があることが多いが、かなり衝撃的に心を奪われたのが、小さい時にトーナメント表を見ることである。小さい時から高校野球のトーナメント表をよく見て、観戦をしていた。自分自身も小学校の時に、地域の町内会のソフトボールクラブに所属し、試合のたびにトーナメント表を見る。中学校では、柔道、高校では、ラグビー、大学からはグローブ空手(キックボクシング)とトーナメント表に自分の名前が載るのを [続きを読む]
  • 男の子
  •  最近、息子君は、私が仕事から帰ってくると、笑顔で手をあげて帰りを迎えてくれる。嫁もそのことを気付いてくれ、喜んでくれる。 勝手な判断であるが、男の子であるからであるような気がする。つまり、近い感覚で接しているのが男性の私であるからである。一緒に遊ぶ時は、私は彼を立たせて、机の上で一緒に遊ぶ。また、手をあげさせたり、行動を促す。彼は体を動かすのが大好きなのである。それと、おもちゃとおもちゃを激突 [続きを読む]
  • デート○○○○ラック
  •  詩織さんという方が顔出し・実名出しで○○プされたと記者会見をされていたそうで、ニュースで知りました。デート○○○○ラックという薬物が使用された疑いがあるということですが、アメリカではその手の被害は後を絶たず、中にはドラックの過剰摂取で死に至るケースも存在するようです。 このニュースを見て、20代前半に記憶がバックしました。19歳から中退はしましたが私は大学に通っており、その時の友人の1名が気に入った [続きを読む]
  • 出張をしている時に気になること
  •  今も福建省の厦門に出張に来ているが、出張の時に気になることが、息子に忘れられてしまうという恐怖である。息子は8か月を過ぎたが、以前は、1週間ほど出張に行き、帰ってくると、息子は、「この人誰?」という顔でずっと顔を眺めている。1時間ほど一緒に遊んでいると、思い出したように笑い出す。その1時間は初めはショックな出来事であった。仕方がないと思いながら、寂しい気持ちになっている。 今月、5日ほど出張で家を空 [続きを読む]
  • 学園祭
  •  只今、産業能率大学4年生。ポスターを見ていると、学園祭らしきポスターが!大学生であることを実感する。Non Style等の漫才が見れるようだ。私の本当の大学生時代(19歳〜)の近大の学園祭は、ドラゴンアッシュが来ていた。ブレイクする直前だったと思う。21年前ほどだ。その時は、椅子をロープで巻いて、座れないようにし、みんな立って、演奏を聴いていた。最後は、舞台に上がれと煽られ、大学生は舞台へ上がり、肩を組みな [続きを読む]
  • 入れ替えの時期
  •  物が壊れたりすると買い替えをすることになるが、それが一緒に来るタイミングがある。それが正に今であった。 PCのマウスの上下にスクロールさせる部分のゴムの部分が溶け、うまく回らなくなった。明らかに溶けている。。なんで!? それと時を同じくして、スーツのズボン(パンツ)の股の部分が擦り切れる。。毎日ケツをかなりの圧で椅子に摺り当てているような擦り切れ方である。 電気髭剃りが、落としたようで、肌に接す [続きを読む]
  • 3か国を股に掛ける凄腕
  •  今、私は、広州と香港という2拠点を担当しているが、業種にもよるだろうが、広東省の地区(例えば、広州市や深圳市など)と香港を兼務する人は意外にいる。私がこの境遇になって、同じような方がいることを再確認した。共通の話題が出来るのは嬉しい。 しかし、それを遥かに上回る凄腕の方が居た。香港で業務を実施していた際に、香港の責任者が新しくなるという事でご挨拶をした。名刺は、ベトナム法人の総経理となっている。 [続きを読む]
  • ココリコ田中さんの離婚を聞いて
  •  ココリコ田中さんを1ミリも知りませんが、離婚のニュースを聞いた時、ある思いが脳裏をよぎった。通常夫が浮気をして、それが判明し、嫁が受け入れられず、離婚みたいなよくあるパターンではなく、父親が親権を持つという流れが、心に引っかかった。 あくまでも推測に過ぎないが、奥さん側が出て行くパターンで、家族を離れてでもしたいことと言ったら、奥さんが他の愛する人を見つけてしまった。理由は、奥さん側にあるため、 [続きを読む]
  • 人との相性(朝鮮族編)
  •  中国には、朝鮮族の方がいらっしゃるが、広州でも黒竜江省や吉林省の朝鮮族の方が働かれている。会社でも朝鮮族の方と仕事をする機会がある。私の感想で言うと私はかなり相性が良い朝鮮族の方と仕事をしている気がする。仕事で緊急で何とかしないといけないとなった時に真っ先に浮かぶのが朝鮮族のスタッフの方だ。そして彼らは私を助けてくれる。当然、全員ではないだろうが、朝鮮族の方の方が、より私(日本人)と感覚が似て [続きを読む]
  • 日本人とベトナム人と中国人と日本とベトナムのハーフと
  •  今、一緒に住んで生活をしているのが、私(日本人)、嫁(ベトナム人)、息子(日本とベトナムのハーフ)、住み込みのお手伝いさん(中国人)であり、色々と会話をきちんとしないと生活がスムーズに出来ない。嫁とお手伝いさんの意思疎通は抜群で、嫁は大陸続きということもあり、中国をより理解している。お互いストレスがあまりないようで、役割分担も上手い。嫁がお手伝いさんの休みをうまく増やしてあげようとするぐらいで [続きを読む]
  • Baby-led weaning
  •  息子さんが、生後6か月を過ぎた頃から、嫁の意見で、 指でつまめる大きさの野菜や果物を皿ではなく、直接ベビーチェアのトレーの上に置き与えます。息子さんは、好きな物を選んで食べています(初めは食べているというよりも、掴んでは、振ったりしているので、実際は、半分も食べていない状態)。 まだ主体は母乳で、野菜や果物はほんの少しで、食べ物との触れ合いをさせているのかな?と思っている程度でした。嫁にベビーフ [続きを読む]
  • ボディーブローのように
  •  昨日は、労働節休暇で土・日を挟んで、3連休であり、今日から仕事再開。日本はゴールデンウィークで長期休暇、羨ましい。 肉体というのは分かりやすい。怪我をしたら、その表面に現象が現れる。それを対処しながら、体調を見て、良くなったかどうかを確認できる。 しかし、精神というのは、中々分かりにくい。ストレスを常に受け続け、それを精神力でカバーしていると思われるのであるが、そのストレスというのは、目に見えな [続きを読む]
  • 大学の勉強。
  •  最近は、仕事が終わり、家で夕食を家族と取り、息子さんをあやし、寝てくれた後、21時から22時頃から寝るまでの間、大学の勉強をしている。提出する課題をこなし、テストに備えての勉強である。今勉強しているのは、ドラッカーのマネジメントを題材にした講義とFP(ファイナンシャルプランナー)のリスク管理。週末に近づくと、結構しんどく、勉強しても頭に入って来ない。。おっさんは、何かとしんどがりである。 あと一年の辛 [続きを読む]
  • アウェー感
  •  この季節になると、日本へ帰任される同士の方が現れます。広州で4年以上お付き合いのある方が2名日本へ戻られた。とても親しくさせて頂いていたので、ぽっかりと穴が開く感じがした。 話していると色々と自分自身も考えらされる。どこが自分の場所なのか?ずっと入れる場所は? これは、遊牧民の方に話を聞かないといけない。 [続きを読む]
  • 中国という環境への適合
  •  私の妻はベトナム人である。彼女は、性格的な仕組みは中国人と似ている。大陸で繋がっている隣国であり、社会主義という共通点、建国の父ホーチミンさんは、ここ広東省で学び、支援を受けた。 彼らの文化では、第一に自分の要求が大事(第一)である。中国では、人口が多いので、自分が主張をして、物を入手しないと生きていけないと言われる。昔は、生きるために皆が一生懸命の時は正にそうだったのであろう。それを後世に裕 [続きを読む]
  • 業務範囲外という言葉
  •  我々の仕事は会計系コンサルティングであり、アドバイスをすることもあれば、記帳代行、税務申告代行など代行する業務もある。お客様とある程度深く係り合う為、中には契約している業務範囲外の仕事の話も出てくる。ある程度の量であれば、別契約の提案で交渉は可能であるが、中には、ほんの少しだけお願いしたいというお願いもある。携帯電話やWifiに支障が出て、お客様のスタッフが不在で、今解決が必要のため、電話で交渉し [続きを読む]
  • 香港の事情
  •  ニュースを見ていたら、香港人の83%が、「生活が苦しい」と大規模調査の結果が出ていた。大多数の市民が生活苦を感じている。項目別では、最も困難に感じているのは41%が「住宅」と答え、「物価」は17%。「就業」と「貧困」が13%、「環境汚染」と「高齢化」は4%だそうだ。 確かに、住宅は本当に高い。家賃もびっくりする値段であり、香港で生活をするのは、かなりのコストが掛るのはよく分かる。 昨年、会社を [続きを読む]
  • キャッシュレス時代
  •  中国の広州で生活をしていると、現金を使う機会がかなり少なくなっていることに気付く。普段使うコンビニ、レストラン等では、Wechat微信での決済で携帯アプリで対応するし、何かの買い物でも携帯アプリか銀行のデビットカードでの支払いで済ませる。最近は、タクシーに乗る時に現金で支払っている時と割り勘で食べたり飲んだりするときに現金を使うぐらいかもしれない。 電子決済は思った以上に便利であるが、リスクも存在す [続きを読む]
  • 香港
  •  香港でのお客様へのご訪問対応で、毎月、広州から香港へ訪問をしている。今は、香港のホテルで支度中だ。香港事務所は広東通りのアクセスしやすい場所にあるため、交通は便利であるが、コンセントの口が中国本土側と異なるため、コンセント口を忘れると大変な事に。漸く、忘れず持っていくようになった。 あとネット環境の規制が無いので、色々とネットで検索が出来る。中国が長くなり、ネット規制は、仕方がないとストレスを [続きを読む]
  • ベトナム・ホーチミンの実家へ帰省
  •  ベトナムのホーチミンへ嫁の家族に会いに1日滞在しましたが、相変わらずのバイク渋滞。空気の汚染具合が心配ですね。 ベトナムのフーコック島から大量の海鮮を買い、義理のお父さん・お母さんへご挨拶に。久々にお会いするので多少緊張もしながら、家に着くと、ぞくぞくと親族の方々が義理のお父さん宅へ。何と、私が帰ることを喜んで頂き、親族の方が夕食を一緒に食べようとご訪問頂いた。嫁はちょくちょく帰っていますが、 [続きを読む]