cpakickboxer さん プロフィール

  •  
cpakickboxerさん: プロキックボクサーと公認会計士の二足のわらじ
ハンドル名cpakickboxer さん
ブログタイトルプロキックボクサーと公認会計士の二足のわらじ
ブログURLhttp://ameblo.jp/cpakickboxer0024
サイト紹介文現役プロキックボクサーでもある公認会計士が綴るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/02/03 11:07

cpakickboxer さんのブログ記事

  • 価格破壊
  •  広州のスポーツジムの年会会費の価格破壊が進んでいる。最近は、家の近所にも多くのスポーツジムが開設され、客引きをしている従業員の方を良く見かける。 今は、歩いて5分のフィットネスジムに行っているが、2年ほど前に設立され、設立間もなく入会すると、年間会費4,000元(6万4千円ほど)であったが、嫁の交渉で、2,980元までディスカウントされた。ランニングマシーン、各部署を鍛えるマシーン、トレーナー [続きを読む]
  • 嫁のビジネス感覚はんぱねー!
  •  嫁は、子供を母乳で育て、日本語学校へ通っており、私の食事まで用意してくれるため、仕事をする時間などない。しかし、ホーチミンっ子である彼女は、商売が大好きである。ない時間を駆使して、商売をしたいと考えている。 最近、ベトナム語で、家のカレンダーに何か書いているので、「これ、何?」って聞いたら、何と貿易の仕事をしていた。え、え!?と思い、聞いたら、何と、ベトナムのホーチミンに居るショップの人間から [続きを読む]
  • 嫁の中国語はんぱねー。
  •  私は会社が契約している携帯電話を支給されている。昔から契約しているため、ネットが3Gまでで、最近の4Gに対応していない。ネットが遅いため、何とか4Gに切り替えたいと中国移動に連絡をし、中国のスタッフともに変更をお願いした。すると、4Gに替えるためには、携帯番号が変わると言われた。多くのお客様に今の携帯電話をお教えしているため、携帯番号を変えるのは一苦労だ。何とか、携帯番号を変えずに3Gから4Gへ変更 [続きを読む]
  • ホンダのモンキー
  •  高校生の時の思い出の1つ、それは、ホンダの原付50CCバイク『モンキー』である。友人が持っていて借り、地元を走っていた時がとても懐かしい。高校の時に、授業中に見る定番は、漫画とモンキーの写真集であった。 近所の小学校のグランドを借り、連れと一緒にバイクレースをした記憶が今蘇った。当時何も考えていない私は、夏で浮かれ、上半身裸でバイクに乗り、見事転倒。背中一面がめくれ上がり、とてつもないでかさのかさ [続きを読む]
  • W杯 日本の勝利と同時に
  •  W杯 日本の勝利、ほっとしましたが、こちら中国では、韓国を破り大勝利と大きなニュースになっております!これから、サッカーも国のレベルは上がっていくことでしょう。 キックボクシングでは、K-1世界チャンピオンに初めて中国の方がなったこともあり、レベル的には、とても高くなり、試合開催も世界的に中国が大きなマーケットになっています。 ディスカバリーチャンネルでは、イギリスの俳優がプロのキックボクサーにな [続きを読む]
  • 多忙を言い訳にしてはいけないが。
  •  昨年の9月から香港業務も担当するようになり、仕事の幅は確かに広がり、色んな経験が出来、仕事好きには良い傾向であるが、広州の今までの仕事も増加傾向にあり、景気的には良いが、気にすることが多くなり、最近夢も見なくなった。夢がたとえあっても、スケジュールに追い回される夢で現実と似ており、起きるとどっと疲れる。シャワーを浴びていても考え事をしているようで、シャンプーを今したかどうか?さえ分からない。その [続きを読む]
  • 子供の成長
  •  息子は明日で6か月が経つ。昨日から第1形態から第2形態へ進化をしたような気がする。 一日の多くを「あー、うー」としゃべり続けている。嫌な体制になると体を伸ばして反らせて、嫌がる。自分の好き嫌いの表現がより強くなった。 赤ちゃんから子供になったような気がする。私と妻はいつの間にか、小さいおじいちゃんと呼んでいる。多分見た目がおじいちゃんのように見えるからかもしれない。 わんぱくでも良い、逞しく育って [続きを読む]
  • 最近の夜泣き
  •  最近、息子は、夜お腹が痛いようで、泣く。温かいタオルをお腹に当て、お腹をマッサージして、泣き止むが、いつも抱っこして貰いたく、泣くふりをするウソ泣きとは違い、本当に痛がり泣き続ける。 当初は、どうして泣き止まないのか夫婦で困惑し、例えば、私の動きが悪いと妻がキレるような夫婦間で不必要な喧嘩にもなっていたが、最近では、連携プレーで如何に直ぐに泣き止むようにするか?が夫婦の自然の流れとなっている。 [続きを読む]
  • 子供との関係
  •  毎日家に帰るのが楽しみで仕方がない。やはり子供の存在は大きい。仕事などでストレスをかかえていても、彼の笑顔を見たら、本当に忘れてしまうどころか頑張らないといけないとパワーが湧く。凄い存在である。 子供は本当に私を父親とどのように認識しているのか?と疑問が湧く。お母さんの場合は、明らかに細胞がお母さんの中で形成され、母乳で育ち続け、ナノレベルで繋がっていることを細胞レベルで認識しているような気が [続きを読む]
  • 中国の出納の落とし穴
  •  中国の経理部の出納係りのスタッフは、日本人の出納の方と感覚が違う。それは、中国では、請求するのはより早く、支払は遅らすことが良い評価につながるという認識がある。中国では、どうしてこのようにするのか?というと現金での経営を重要視しているからと思われる。現金が手許により多くあることが望ましいという感覚なのである。中国人の経営者と話をすると、決算書の成績よりも、現金が手許に残ることを良く気にしている [続きを読む]
  • 中国のコストダウンロジック
  •  中国において、現地日系企業の工場が色々とコストダウンに励み、低価格で販売しようと努力をする。しかし、そこには、合法の範囲での努力である。 しかし、中国のローカル企業はそれを遥かに下回るコストで販売が出来る。品質も一昔前のように安かろう悪かろうではなく、日本の品質をクリアーする商品も存在する。コストを下げるために、一部の売上を計上せず、簿外として、企業所得税をコントロールしたり、税務局からの増値 [続きを読む]
  • 最も怖い存在 その②
  •  Gちゃんとは、それきりになり、知り合いからは、Gちゃんは中国の東北地方へお母さんと暮らしていると聞いていた。そして、2年の年月が過ぎ、最近、知り合いの家に遊びに行くと、なんとGちゃんがいた。話しかけたが、無視(人見知り)された。1歳のことは覚えていないそうだ。何と、ご両親は離婚され、Gちゃんは知り合いの家で、Gちゃんのおばあちゃんに育てられていた。何とも複雑である。 Gちゃんの様子を見ると、Gちゃんは布 [続きを読む]
  • 最も怖い存在 その①
  •  私の中で今もっとも怖い存在がいる。それは、知り合いの親族の子供の現在3歳になるGちゃんという女の子である。 Gちゃんとは、彼女が1歳の時に、初めて私の家で会った。知り合いが春節休暇で実家に帰るため、駅に近い我々の家に1泊して朝早い列車で故郷に帰るというものであった。その家族の中にGちゃんがいたわけであるが、当時は1歳で現在は3歳である。当時1歳の時には、言葉も話せず、「あ、あー」と声を出していたことを思 [続きを読む]
  • 中国での仕事の1番の灰汁
  •  中国で仕事をしていると、日本で仕事をしているよりもはるかにストレスが掛る。異文化の人との仕事で、要求されるクオリティーは日本基準のため、その差を我々が埋めないといけないからである。 そのギャップとは、私の仕事では、ほうれんそう(報告・連絡・相談)があまりないため、情報をいつもこちらから取らないと時間的ロスが発生する。日本から又は日本人からの要求を満たすために事前に内容を聞くことが大事であるが、 [続きを読む]
  • 会社への忠誠心と短期的思考
  •  中国で仕事をしていると、中国人にとっては、会社への忠誠心とは何んなのか?と良く思う。中国人の方と仕事をしていて、やはり彼らにとっては、自分の能力及び時間を提供する対価として会社から給料を貰い、その給料で豊かな生活を送りたいとなり、決して無理をしない。会社の仕事で残業をしてでも追加でやって欲しいとなると、何かと嫌がり何とか仕事を楽にしたいというのが見える。そこがとても嫌になる部分である。それが、 [続きを読む]
  • クレジットカード
  •  クレジットカード、手にあると便利な道具。中には、海外のホテルを予約するには必要なアイテムとなっており、もっていないと海外で暮らすにはかなり不便ともいえる。 何かの事情でクレジットカードを持てない日本人がいるとする。以前クレジットカードでローンをして支払が滞りブラックリストに載るなどする場合も考えられる。 そのような人が海外でクレジットカードを作成できるのか?となる。 中国の本土では、日本のクレ [続きを読む]
  • 道脇裕さんという方の考え方に共感
  •  NHKテレビ番組プロフェッショナル仕事の流儀を観たら、道脇裕さんという発明家が取り上げられていた。 http://www.nhk.or.jp/professional/2016/1114/ 発明とは無縁の私であるが、番組を観ていて心が鷲掴みされた。それは、「誰かのため、何かのために。」という言葉であった。 私は今まで、自分自分という考えを中心に据えてきた気がする。しかし、今のコンサルの仕事、家族を持つことでの潤滑化を考えていくうえで、私が目 [続きを読む]
  • 産業能率大学4年生
  •  産業能率大学から学生証が届いた。ついに、3度目の正直の4年生のやり直しである。もう40歳になってしまった。通常は22歳で卒業なのだろうが、私には漸く見えた卒業となる。キャンバスライフはほとんどないが、学業に励まなくては。 ビジネスでの始めの自己紹介の小ネタで、大学卒業しておりません。会計士です。というキャッチフレーズがなくなる。元プロキックの会計士ですというネタは残っているからそれで良いか。 以前、 [続きを読む]
  • 広東省陽春市
  •  お客様へのサポートで、広東省陽春市に来ております。広州市から車で5時間掛るこの場所は、全くの別世界で、時間がゆったり流れています。山間が独特の形をしており、ベトナムのハロン湾を思い出す形状です。 ここの税務局の動きが、広州の状況とはまた違い、税務局の見解が興味深い。経営をしている以上、赤字は許さず、しかも、利益率まで指定され、それに伴う企業所得税を要求され、ひん曲がった財務諸表・二重帳簿が出来て [続きを読む]
  • 中国人の子供事情
  •  とある中国人の友人宅へ出向いた時のこと、その中国人の友人は、結婚はしておらず、子供はいない。お母さんと住んでいる。しかし、友人の家に、3歳ほどの子供が無邪気に遊んでいた。3歳ほどの子供は誰の子かと聞くと、お兄さんの子供だそうだ。 残念ながら、お兄さんは、離婚をしており、元奥さんが中国の東北地区でその子供を育てていたそうだが、今回の春節で、広州へ来て、友人の家へその子供を置いていったそうだ。因みに [続きを読む]
  • レンタル自転車
  •  中国で、爆発的に外で見るのが、レンタル自転車、1時間あたり1元で利用が可能であり、アプリをダウンロードし、銀行引き落としのための銀行情報等を打ち込み、登録すると使用可能になる。URコードをアプリでスキャンすると、使えるようになり、最後は、後方についている鍵をロックすると、アプリ上で精算となる。使う時は、アプリを起動し、一番近い自転車を表示してくれるので、その自転車のURコードをスキャンすると、ロッ [続きを読む]
  • 中国の社長さん
  •  日系の中国の子会社の社長(中国では、董事長とか総経理という)が中国人になるケースがここ最近増えている。弊社は日系の中国の子会社を相手に商売をしておりますため、総経理の私は、その中国人総経理と対戦することが多くなった。 中国人と言えども、人口の多さが物語っているように多種多様であるが、傾向として、やはり勝ち気な人が多く、とても特徴的なのが、始めはかなり好戦的であるということ。 日本の親会社から弊 [続きを読む]
  • 大学卒業
  •  今、中国では、新しいビザ取得の制度へ移行中(広州では早期実施中。)で今年4月に中国全土で実施される中で、新しいビザ取得には、大卒(学士)の取得以上を要求される事案が聞こえてくる。法律的には、かならず大卒(学士)の取得以上の要件ではないが、実施する政府の窓口は、要求するケースがあり、現に近くの深圳市では、高卒を理由に、ビザ申請の受理を拒まれたケースが発生している。 私は、大阪にある近畿大学を中退し [続きを読む]
  • 長期投資
  •  本日は、月1回の香港出張である。ホテルで「長期投資はじめの一歩」(澤上篤人著)を読書中。利子のほとんどつかない日本の銀行へいつまで預金を寝かしておくのか?と妻から言われ、早や1年が経ち、どのように資産を運用するか?考えるも、具体的な案もなく、時が過ぎ、嫁には、不動産投資を呼び掛けられる。日本?中国?それともベトナム?不動産投資は妻に任せ、ベトナムの物件を暇があると検索している。 春節の休暇の帰省 [続きを読む]