drpion さん プロフィール

  •  
drpionさん: Alltid Leende
ハンドル名drpion さん
ブログタイトルAlltid Leende
ブログURLhttp://drpion.se/alltidleende/
サイト紹介文北欧スウェーデンで働いている女性外科医の毎日を綴っています。2012年に男女の双子のママになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/02/06 05:50

drpion さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 徒然なるままにと言ってみたい
  • 毎日毎日、やらなければいけないことが多すぎて、やりたいことはできないままに時が過ぎていきます。 日本の職場と違って、出勤すると、その日の仕事プラス貯まっている仕事を、可能な限りのスピードでこなして、できるだけ早く家に帰るようにしています。これは、同僚のすべてがやっていること。日本では、仕事がなくても上司がいれば帰れないですし、受け持ち患者さんの容態が安定しなければ、当直に任せて帰るということもでき [続きを読む]
  • Merry Christmas, God Jul! We are still alive!
  • 子育てと仕事に追われる日々。気が付いてみれば、1年もブログをほったらかしにしていました。 大人は年を取るばかりですが、子供は着々と成長しており、そのことで年を取ることの痛みが軽くなっているのは幸いです。 今年一年の記録を含め、来年はもう少しマメに記事を書きたいなあと思っております。 [続きを読む]
  • 今年のノーベル医学・生理学賞 (2)
  • ノーベル賞授賞式および晩餐会は毎年、アルフレッド・ノーベルの没日である12月10日に行われます。昨年は、授賞式と晩餐会に参加しました。 今年のノーベル・ウイークは12月第2週となりましたが、受賞者がストックホルムに到着してから毎日のように様々な行事が行われます。ノーベル医学・生理学賞受賞者のスケジュールなどに関しては、ノーベル審査委員会の事務局長が仕切っており、エスコートはUD(外務省)からのノーベ [続きを読む]
  • 保育園のルシア祭
  • 保育園では折々の行事がありますが、クリスマス前のこの季節は、ルシア祭。 双子の保育園はKungsholmenでは最大級で、園児数約120人。1−2歳児のグループ二つと3−5歳児のグループ2つがあります。双子は3−5歳児のグループで一番小さいのですが、このグループは今年は屋外で歌を披露するという企画でした。 娘はペッパーカーカ(ジンジャークッキー)の服装で臨みました。パッと見ても一番小さいのが娘です。 息子はサ [続きを読む]
  • 今年のノーベル医学・生理学賞 (1)
  • 今年のノーベル医学・生理学賞は、実に良い賞でした。アフリカなどを中心として、貧しい人々が多く罹患するマラリアと線虫に対する治療薬の発見に対して。 ノーベル医学・生理学賞審査委員会からのプレス用の情報はこちら。簡易バージョンはこちら。 線虫に対するAvermectinを産生する放線菌を発見した日本の大村博士。河川盲目症(River blindness )は、Onchocera bolvulus(回旋糸状虫)がBlack flyと言われる蝿を介して人間に感 [続きを読む]
  • 半年もご無沙汰してしまいました。
  • 気が付けば2015年も残り僅か。師走とは良く言ったもので、毎日走るように忙しい時間を過ごしております。ブログも半年もご無沙汰してしまっている事態に愕然としています。 夏には久しぶりに双子を連れて日本へ帰国しました。双子は日本で3歳の誕生日を迎えました。祖父母である私の両親、妹夫婦、従兄弟たちに可愛がってもらい、日本の保育園にも短期間通わせてもらって、充実した時間を過ごしました。 未熟児で生まれた [続きを読む]
  • 過去の記事 …