Mahalo! さん プロフィール

  •  
Mahalo!さん: 南房総 館山の観光・グルメ情報 『週末楽園くらし』
ハンドル名Mahalo! さん
ブログタイトル南房総 館山の観光・グルメ情報 『週末楽園くらし』
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733
サイト紹介文都心から90分の南国“Tateyama”での、週末スローライフについてのブログです。
自由文東京生まれ、都心在住の東京人が、南房総・館山で週末暮らしを始めました。ちょっと感動したソウルフードやロコグルメを中心に南房総・館山の魅力を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/02/06 16:04

Mahalo! さんのブログ記事

  • 【館山】 焼き鳥屋 炭雅
  • 安い、うまい、ボリューム満点! 三拍子揃った焼き鳥と焼きとん。昨年10月、持ち帰り専門のおいしい焼き鳥店が館山にオープンしました。場所は、ハローワーク館山の並び。ここの焼き鳥と焼きとん、想像以上においしくて、最近、館山で焼き鳥を買うときはここ!と決めています。やっぱり炭火でじっくり焼いた串物はおいしいですね。『鳥もも』(130)奥2本が塩で、手前2本がたれ。写真では伝わりにくいかもしれませんが、焼き鳥の [続きを読む]
  • 館山産やよいひめ 
  • 暖かい館山で育った苺は甘くて巨大!まるで春のように暖かい週末だったので、「大西」で塩だらけになった外壁やテラスの掃除をしましたが、水を使っても全然寒くないほどでした。そんな、暖かい館山は苺の産地でもあります。クリスマス時期のケーキ用の苺も館山産が多いのだとか。12月や1月の苺は小ぶりなものが多いのですが、2月になると館山の苺は大粒のものが市中に出回ります。今回は、館山産の「やよいひめ」を買ってみました [続きを読む]
  • 【館山】 里見茶屋 
  • 花も団子もたのしめる城山公園。2017年がはじまりました。皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。一年の疲れが溜まっていたのか、年末は館山で寝込んでしまいましたが、新年はすっかり元気になって、とにかく飲み食べまくりの年明けとなりました。この3連休は、正月の不摂生をリセットすべく、運動がてら城山の散策に出掛けてきました。さすがは暖かい南房総だけあって、城山公園にはすでに春を告げる花々が咲き始めてい [続きを読む]
  • 【鴨川】 カレー屋 ライバック 
  • 思わず「ニクイねぇ!ライバック。」と呟いてしまいたくなるこだわり。太海に用事があったので、久々に、江見にあるカレーの美味しい『ライバック』でランチをすることにしました。当ブログに訪問して下さった方々から、「とにかくカレーが美味しい!」という情報をお聞きしたのが最初。実際伺ってみたら、皆さんのリコメンド通り、私の舌にもその美味しさの記憶がしっかりと刻まれ、時折無性に食べたくなるお気に入りのカレー店の [続きを読む]
  • 北条海岸BEACHマーケット
  • 今年最後の北条海岸BEACHマーケット。来週は「市場のマルシェ」が最終回。「美と健康」をテーマに、新しいライフスタイルを提案するイベントとして始まった、『北条海岸BEACHマーケット』。今日11月6日(日)は、今年最後の開催でした。いつもの週末より早起きをして、館山の家から海沿いに散歩がてら歩いてきたら、ちょっと汗ばむほどの暖かい陽気でした。まだ午前中だというのに、すでに結構な人出でした。東京では価格高騰が深 [続きを読む]
  • 【富浦】 特別開催「気まぐれランチバイキング」
  • 本日と明日10日は「シェフ高本の気まぐれランチバイキング」が開催中!今日は、ポケモンGOをしがてら大房岬をブラブラ。やんでいた雨がまた降りだしてきたので、久しぶりのロイヤルホテルに逃げ込みました。入ってビックリ!あの、「THE昭和」だったホテルが、すっかりきれいにリニューアルされているではありませんか!トネリコの大木がシンボルのロビー。あの昔風のゴージャスな大階段も、ウッディーな「いまどき」な感じに生ま [続きを読む]
  • 【館山】 安房自然村 日帰りプラン
  • 源泉かけ流し温泉と自然村名物の食事が両方たのしめて、なんと1500円!!!肋間神経痛がなかなかよくならないので、館山の天然温泉にゆっくり浸かってきました。安房自然村「不老薬師温泉」ロッジ風の宿泊棟の裏手にある「名主の館」に、安房自然村源泉の「不老薬師温泉」はあります。日帰り利用の方は、まずこちら「名主の館」で料金を支払います。入浴のみは700円。食事付きは1500円。食事付きの場合は、7種類のメニューから選び [続きを読む]
  • 【和田】 道の駅 和田浦 WA・O!
  • Over 40には感涙モノ! あの給食メニューが再び食べられる道の駅。JR内房線の和田浦駅のすぐ隣に現れるシロナガスクジラの巨大な標本。これが、『道の駅 和田浦 WA・O』のシンボルであり、目印なんです。平成24年にOPENした『道の駅 和田浦 WA・O』は、捕鯨基地の街である和田浦らしく、日本の食文化としての鯨が体験できるスポットになっています。売店では、南房総特産物の「くじらのたれ」(鯨肉の干し肉)や、「くじらの大和煮 [続きを読む]
  • 【館山】 パン アトリエ リチュード
  • ハードパン好きにはたまらない! 館山で最もハードなパンの店がOPEN。『パン アトリエ リチュード』館山駅西口から北条海岸へと続く「夕映え通り」の右手に、7月2日、新しいパン屋が開店しました。ここのパンは、とにかく超ハード!パン屋の多い館山でもトップクラスの硬さだと思います。表面のパリッとした硬さだけでなく、中の生地も、みっちり密度があって噛みごたえ満点。顎が相当鍛えられるタイプのパンなので、ハードパン好 [続きを読む]
  • 【館山】 SUN SEA SAND
  • Ocean Gate 103の姉妹店が、本日7月23日(土)OPEN。館山北条海岸の新たなランドマーク 「Ocean Gate 103」の横に、本日、テイクアウト専門のカフェがOPENしました。その名も『SUN SEA SAND』。「ホットドッグ」(350)フライドオニオンがたっぷり乗ったホットドッグ。ジューシーなソーセージと、カリカリのフライドオニオンの食感がたのしい逸品。しかも 「スルジェ」のパンを使用しているので、具も側もすべてが最高に美味し [続きを読む]
  • 【和田】 うなぎ 新都 
  • 新店舗になって進化した『新都』。読み返してみたら、以前 『うなぎ 新都」を紹介したのは、もう6年も前のこと。若旦那さんの代になって店舗も新しくなったとのことだったので、ずっと行かなくてはと思いつつ、先日やっと伺ってきました。新しくなった『新都』。すっかり高級店の店構えに生まれ変わっていてびっくりしました。太平洋側から館山に戻るときは、297には入らず、ショートカットの外房黒潮ラインに入ってしまうので、 [続きを読む]
  • 三芳村の手作り弁当
  • 南房総の家庭的な味をたのしむなら、道の駅の弁当・惣菜がおすすめ。日本一道の駅が密集しているという南房総エリア。その土地土地の特色を活かした、観光ショーケースみたいなスポットなので、道の駅をハシゴするだけで、南房総の多様性に触れることができるんです。土産物やココしかグルメ(ココでしか食べられないグルメ)はもちろん、新鮮な地産品も安く買えるのが魅力なんですよね。そんな道の駅で、僕がひそかな楽しみにして [続きを読む]
  • 【鋸南】 お食事処 なぶら 
  • 勝山漁協直営のとれたて新鮮地魚がリーズナブル。南房総には、漁協直営の美味しい地魚の店がたくさん。週末房総暮らしを始めたころにはよく通っていた鋸南町の『ばんや』は、テレビ取材のテッパン店になってしまい、大行列に並ぶ覚悟なしには、なかなか足が向かなくなってしまいました。そんな頃に見つけた穴場だったのが、富浦の『おさかな倶楽部』。http://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733/17246145.htmlでも、こちらもあっという間 [続きを読む]
  • 元祖ちょうしたのかばやき
  • 房総定番の缶詰グルメ! 「いわし」と「さんま」の蒲焼はいかが。遠い親戚が銚子の近くの飯岡に住んでいたからなのか、なぜか子どもの頃、家の食品庫でよく見かけた缶詰。館山のスーパーで普通に売っているのを見て、懐かしさから無性に食べたくなってしまって速攻カゴの中へ。昔と変わらないレトロな缶のデザインにもキュンとしてしまいました。『ちょうしたのかばやき いわし』『ちょうしたのかばやき さんま』(ともに小売価 [続きを読む]
  • カントリー・マムの野菜スイーツ
  • これはおいしい! 農村レストランの野菜たっぷりヘルシーケーキ。毎週末のように新鮮な野菜を買いに行く「道の駅三芳村 鄙の里」。この「鄙の里」の中にある 『農村レストラン カントリー・マム』の野菜スイーツが最近のお気に入りなんです。もともと辛党のため、生クリームたっぷりのケーキ類は苦手な方なのですが、こちらの野菜スイーツは別物。三芳村のおいしい野菜を買ったついでにテイクアウトして、館山の家でのんびりくつ [続きを読む]
  • [房総みやげ 038] 贅沢いわしフィレ
  • 絶品! ユズがほのかに香るカタクチイワシの酢漬け。以前ご紹介した美味しいいわしの押し寿司、「ひしこ押し寿司」をつくっている和田の(有)アルガマリーナには、もうひとつ、おすすめしたい逸品があるんです。千葉産限定いわし使用『贅沢いわしフィレ』(648円)アルガマリーナは、創業者の金?氏が、房総の新鮮な水産物を美味しい製品として付加価値を付けて、地域活性に貢献していきたいという漁師時代からの夢を形にした食品会 [続きを読む]
  • 安田農園のメロン狩り
  • マスクメロンの温室栽培見学と試食が一年中できるメロン園。前々から気になっていた、安田農園のメロン狩りに行ってきました。入口には、イラストレーター 山口マオさんによる、手書き看板が出迎えてくれます。マスクメロン1/4カット試食が付いて、入園料は600円。1/2カット試食したい人は、入園料が1,100円。8月20日〜11月20日の間は、2,000円で食べ放題というコースもあります。最初に、どのコースにするか告げて入園料を支払う [続きを読む]
  • 【館山】 喫茶室 MON
  • 駅前のMONが混雑していたらこちらへ。先月、 館山生活10年目にして初めて、「南総文化ホール」に行く機会がありました。たまたま知り合いの伝手でチケットを入手した、ハッスルマッスルの南房総公演。解散してしまったマッスルミュージカルのメンバーによって、再始動した「ハッスルマッスル」。正直、公演自体に特段興味があったわけでもなく、館山でこういう劇場公演を観るのは初めてだし、南総文化ホールも中に入ったことが [続きを読む]
  • 【館山】 地中海レストラン Ocean Gate 103 
  • 2月にオープンしたものの一時閉店。4月24日(日)に再オープン予定。館山駅西口通りが海岸通り(鏡ケ浦通り)と交差する角に、今年の2月20日、流行りの地中海料理レストランとしてオープンした『Ocean Gate 103』。ですが、4月2日には一時閉店。4月24日(日)からは、カフェとして再オープンすることになったようです。今度は、 「CAFÉ DEL MER カフェデルマ」と、館山市藤原の農家カフェ『Banni cafe バニカフェ』が一緒 [続きを読む]
  • 2016 【館山】 桜の名所情報
  • 館山のソメイヨシノはまだ7分咲き。今年も桜の季節になりました。館山は2度も桜の花見がたのしめるリゾートなんです。まず、2月には河津桜が満開に。今年は暖冬だったこともあり、早く長い期間で河津桜が楽しめました。そして、ここ最近の天候不順もあって、やっと、ソメイヨシノの季節がやってきました。館山で最も人気のある桜の名所「城山公園」のソメイヨシノ。先週末はチラホラとしか咲いていなかった桜も、この週末は花見が [続きを読む]
  • 出没!アド街ック天国 『房総 館山』 2016
  • テレビ東京 2016年4月2日(土)21:00 O.A.昨夜は、『出没!アド街ック天国』で館山が放送されましたね。前回館山が特集されたのは、今からちょうど7年前の2009年4月25日(土)でした。その時の記事はこちら。http://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733/15452804.html2011年4月23日(土)にO.A.された『南房総』はこちら。http://blogs.yahoo.co.jp/xcrjb733/29325944.html今回も、このブログで記事にしてきたものがかなり取り上げられて [続きを読む]
  • 房総産ピーナッツバターいろいろ
  • 房総はおいしいピーナッツバターの宝庫。館山は意外にもパンの街。と、これまでもこのブログでいろいろ紹介してきましたが、館山のおいしい焼きたてパンには、「ひふみ養蜂園の純粋菜の花はちみつ」と、房総産のピーナッツバターがあればもう言うことなし!そんなわけで、今日は、お気に入りの房総産ピーナッツバター&ペーストを、いくつか紹介したいと思います。鈴市商店 『クリーミーピーナッツバター』(350円)明治15年創業 [続きを読む]
  • [房総みやげ 037] しょうがシロップ
  • 房総産の手作りシロップは、ジンジャーエールやホットジンジャーに大活躍。鴨川の 道の駅「みんなみの里」で、なんだか妙にほっこりするパッケージデザインの、『しょうがシロップ』なるものを見つけました。『しょうがシロップ』(¥850)原材料は、生姜、きび砂糖、カルダモン、シナモン、クローブ、ローリエのみ。無添加の手作りシロップなんです。興味本位での衝動買いでしたが、これがなんとも素朴な味わいで、すっかり『し [続きを読む]
  • 【館山】 SEA DAYS COFFEE リニューアル
  • 2月2日からランチがヘルシーなDeli スタイルに。海岸通りにある 『SEA DAYS』。開店当初のランチメニューは、ハワイアンだったのが、昨年はイタリアンに。そして、今月からは館山産の新鮮な野菜をふんだんに使ったデリランチに一新。週末のヘルシーなブランチにぴったりな雰囲気です。さっそく、 To Go してきました。「選べるデリランチ4品」(1,090)色とりどりに並んだメニューの中から、主菜1品、副菜を3品、そしてパンか雑 [続きを読む]