samurai-nadeshiko さん プロフィール

  •  
samurai-nadeshikoさん: インターナショナルスクールへ転校?!
ハンドル名samurai-nadeshiko さん
ブログタイトルインターナショナルスクールへ転校?!
ブログURLhttp://ameblo.jp/samurai-nadeshiko/
サイト紹介文10歳の息子が公立小学校からインターナショナルスクールへ転校してみて・・・ってどんなの?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供284回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2009/02/07 11:57

samurai-nadeshiko さんのブログ記事

  • 『すべての教育は「洗脳」である』
  • 堀江貴文さんの著書『すべての教育は「洗脳」である』↓すべての教育は「洗脳」である〜21世紀の脱・学校論〜 (光文社新書) Amazon 息子がインターへ転校したことをきっかけに、 この「洗脳」について議論するようになりました。 残念なことなのですが、 インターとか外からそれを見てる人とだけに許されたことでした。 一度、違う意見を聞かせてもらおうとト [続きを読む]
  • セオリー、固定したノウハウではない
  • その教育ってエビデンスがないよね、 我が子が成功したからって、みんなが成功するとは限らないし、 そうであって、そうでない。 子育てに教育に、エビデンス、科学的根拠を求めたり、証拠を欲しがったり、 ここまで多くの情報が溢れるカオスなイマ、 親がそうなりたくなるのもわからなくもないけれど、 それって意味があるのかな、時間もかかるし、 それに2020年の教育改革で [続きを読む]
  • 自分の考えを、はっきりと自由に
  • トットちゃんの通ったトモエ学園の校長先生は、 今から70年以上も前、子ども達にこう言っていたそうですね、素敵! これからの子供は、人の前に出て、自分の考えを、はっきりと自由に、恥ずかしがらずに表現できるようになることが、絶対に必要だ。 それから70数年、今も同じことが言われています。 自分の考えをはっきりと自由に話す、日本人にとっては難しいことですね。 [続きを読む]
  • 窓ぎわのトットちゃん
  • 窓ぎわのトットちゃん 窓ぎわのトットちゃん 新組版 (講談社文庫) Amazon 中学生か高校生のころ読んだのですが、 子育てを経験してもう一度読んでみると、 おかあさんすごい 校長先生すごい おとうさんすごい  まわりの大人たちへ視点が移ります。 そして、そして、トモエ学園と小さなインターって似てる トモエ学園の校長先生の言葉が、 小さなインターのアメ [続きを読む]
  • いいライバルという違和感
  • 勝負・比較・争って傷つけ合う 友達はライバル、いいライバル、 息子がインターを経て日本の学校へ通うようになってから、この感覚に違和感を覚えるようになりました。 スポーツでのいいライバル、これはわかりやすい。絶対的なルールがあって、お互いがフェアーに戦ってるからか違和感は湧かない。 プロのスポーツ選手が、インタビューなどで『試合が終われば普段はとても仲が [続きを読む]
  • お金と欲と成績って繋がってる?
  • みなさま〜 たくさんのあたたかいコメントありがとうございます 本当に本当にみなさまのおかげです、ありがとうございます 返信にいくつもの漢字間違えがありますが、そのままですみません ーーーーーーーーーーーー  何もかも許されたことじゃないから〜 ふたりはまるで 欲深いみたい〜 こそり別途の上で 100万持ちより〜 きつーく手を 握りしめあ [続きを読む]
  • 卒業・ありがとうございます!
  • ありがとうございますー!!! 息子の高校生最後の日、卒業式でした。 ギリギリで電車に滑り込むも、 あ、ハンカチ忘れた 日本の卒業式をイメージしていたので、 駅のキオスクで吸収力400倍と書いてあるハンカチを購入、 ギリギリでチャペルに滑り込み、 厳粛な中で始まったものの、それは日本式の卒業式ではなかった。 卒業証書授与 [続きを読む]
  • 帰国生が感じる・日本の大学生はどうして勉強をしないの?
  • こちらのつづきです UWC帰国生・IBインタビュー 日本の大学生はどうして勉強をしないの?外の教育を受け日本の大学に進学した多くの帰国生から聞こえるワード、勉強したいとかじゃなくて、単位とることが目的になっている?ギリギリでも単位がとれればいい?小さな頃から、大学に入る事だけを目標にして勉強してきて、大学に合格したら、もう目標達成しちゃってるんですよね?それだと、もう大学で勉強 [続きを読む]
  • UWC帰国生・IBインタビュー
  • 続いてのインタビューは、 United World CollegesでIBを学んだ帰国生編、こちらも2015年の記事です。United World Colleges 日本卒業生会 HPよりUWC(ユナイテッド・ワールド・カレッジ)は、世界各国から選抜された高校生を受け入れ、教育を通じて国際感覚豊かな人材を養成することを目的とする国際的な民間教育機関です。UWCの素晴らしい環境の中でIBで学んだ後、初めての母国に単身で帰国され、ご両親の母校である [続きを読む]
  • ”日本の若者” IB卒業生インタビュー
  • 新しく読者登録をいただいたブロガーさんより、 過去記事から全部読んでますよ〜とメッセージをいただいて、 2010年の”日本の若者”インタビューシリーズを読返してみました。 2010年、 ひゃー もう7年も前なのですね それから10年後の2020年、 やっと日本もこっちの方向にかわる、10年・・・ですね。 ジュネーブのインターで、IB(国際バ [続きを読む]
  • 2020年入試問題と哲学
  • 2020年から入試が変わって、 自らの考えに基づき論じなさい、論を立てて1000文字程度で書きなさい。 さて、どうしましょう?  息子は小さなインターの哲学先生から「考えて、考えて、考えろ」と考えることの大切さを教えていただき、なぜ? なぜ? なぜ? いつも問われていたと言います。 そして、日本の高校生になってからは、郷に入っては郷に従え、自分の意見を言わなく [続きを読む]
  • 反抗期って国ごとに違うの?
  • 反抗期・・・ 息子の反抗期は日本の学校に関わる時に起きていました。 インターに通っている時期はいつもおおらか、未来の希望に溢れて、 日本の学校へ通っている時期はピリピリイライラ、 何も見ない、何も聞かない、何も感じない、心を閉じていきました。 もちろん個人による違いだとは思いますが 同じ人間の変化なのでとてもわかりやすい、 環境による子ども [続きを読む]
  • 子供の才能を伸ばすって
  • 年長さんの頃、息子が描いた『レインボートラウト』がPCから見つかりました。 このころは、魚が大好きで保育園では「さかな博士」と呼ばれていて、 この絵は初めて自分で大きなニジマスが釣れて、大興奮の中で描いていました。 この当時は魚の図鑑ばかりみていてかなり魚に詳しかった、 そしてバカ親ぶりを発揮すると、もしかしたら絵がうまい?!と思 [続きを読む]
  • ダメな母親たちとは?
  • インターの宿題すごいーの記事にいただいたコメントに、 youtubeをみましょう〜というのがありました。 教科書のない小さなインターの生徒だった息子も 宿題のyoutubeをよくみていました。 でも、 してるとどんどん課題から離れていく、 モニターを監視しているわけではないので何をしてるのかわからず放置、 たまにみるといつもヘンなのみ [続きを読む]
  • ケンブリッジ大学の面接
  • 友人のお子さんが受けたという ケンブリッジ大学の入試面接の話しを聞きました。んーーー牛タン! あ、驚嘆 ふざけてないとやってられない 一刻も早くマークシート式のテストをやめなければ友人のお子さんはものすごくデキル!世界トップ大学を受験するくらいだから当然なんだけど、両親共に日本人の家庭環境は100% THE 日本、現地校に通いながら、週末は補習校の生活を高校生の今も続けているそう [続きを読む]
  • アメンバーご申請のお願い
  • アメンバーにご申請いただきましてありがとうございます。コメントいただいておりますみなさま、ありがとうございます。メンバー承認は、そこそこの頻度で解除設定をさせていただいておりますのでいつも見てるのに解除という場合には、大変お手数で申し訳ございませんが、メッセージと共に再申請をよろしくお願いいたします。本当にすみませーーーん!ーーーーーーーアメンバー記事は、情報を必要とされている方に向けて発信 [続きを読む]
  • アメリカに留学した学生の40%はアメリカ人大学生と仲良くならない
  • 「外国の言葉で勉強し文章を書く」というのはもちろん困難の伴うことですが、それ以上に留学生たちの壁になっているのが人間関係におけるやりとりです。「A True Liberal Arts Education」という本の著者の一人であるYongfang Chenさんは自身の体験から、「あらゆる質問について『標準的な答え』が用意されている国の出身であるため、私はたとえ自分が納得していないことでも人々と議論したことがありませ [続きを読む]
  • 出逢いは壱阡萬の胸騒ぎ〜
  • 出逢いは壱阡萬の胸騒ぎ〜 エキゾチック〜 エキゾチック〜 大学3年間を留学するとだいたい壱阡萬くらい、 インターへ数年通ったらだいたい壱阡萬くらい、 小学3、4年生から塾+受験+私立中高だと壱阡萬くらい? あまりにざっくりですが壱阡萬でどうしましょう〜 というお話を留学生のお母さまからお伺いいたしました。 こん [続きを読む]
  • 何でもいいと答えて不機嫌になると子供を潰す
  • 中学受験の成功率は実はもの凄く低い、 という現実を教えていただきました。 考えてしまったところに、 こんな記事が流れてきまして、 子供を潰す ってその言葉が恐ろしいからー いたたたた と読みすすめてみると、 こちらより  中学受験 子供を潰す「NN母」の残念な特徴5 デートの際に「どこに行きたい?」と聞くと「どこでもいい [続きを読む]
  • 英検落ちたー 
  • 聞いてないっての記事にメッセージをいただきました。 英検落ちたー(子供が)  受かると思っていた英検が落ちたー(子供が) もう立ち直れないー だから勉強しなさいっていったじゃん 大丈夫って言ったじゃん 遊んでばっかりじゃん だから、言ったじゃん だから、だから、だからー もおーーー ====== 英検に限らず、子どもにとら [続きを読む]
  • 聞いてないって
  • 子どもが萎縮するまで怒らない方が・・・と思います・・・たぶん 静かに言っても、般若のごとく怒っても、 そもそも聞いてないんだから、どっちも同じ、 なんで怒られてるってのもわかってないし、ねぇ、 あー 昔の自分に言ってるんですけどね、 萎縮させたら、反抗期に怖いらしいですよー 男の子のママ達と話していると、 怒られたのに5分 [続きを読む]
  • いつもの学びってー
  • しゅー しゅー 宿題がー 半年前に小さなインターへ転校した中学生くんが飛び込んできました。 なになに? と課題の資料を覗くチューター息子、 ほぉー すごいねー 楽しいねー どうしようー やばいよー  大丈夫! 何すればいいか読んだ? え・・えっと・・・ここに書いてある うん、○○は何にするの? え・・と・・・ この [続きを読む]