エース さん プロフィール

  •  
エースさん: センテンス・オータム
ハンドル名エース さん
ブログタイトルセンテンス・オータム
ブログURLhttp://risingham.hatenadiary.com/
サイト紹介文ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2009/02/08 23:56

エース さんのブログ記事

  • これでイッてしまっていいのか大谷翔平
  • もう順位表を見るのも嫌になってきた(笑)リーグ戦再開後も、さっそく首位ゴールデンイーグルスに負け越し、27日の対ホークス戦。カード頭を、初回に放ったわずか1安打で完封負けを喫するという、たいへんショッキングなやられ方をした。もし、もしもファイターズが逆転優勝を狙うなら、この上位2チームに対し最低でも5勝1敗くらいでいきたかったところ‥。連覇など、夢のまた夢。もはや絶望的といっていいだろう。こうした「圏 [続きを読む]
  • 中田翔とは「何者」なのか
  • 25日のTBS系【S☆1ボヤキ解説】を、ご覧になった方はいるだろうか。球界のご意見番・ノムさんが中田翔を一刀両断だ。まず髭を染めた行為に対して『最低』とバッサリと切り捨てる。‥コレはよくあることだが、岸孝之の真ん中付近のストレートを空振りし、三振にたおれた際は4番(打者)の資格なし胸のすく思いがした。誰もが内心感じていることを、この御大は、公共の電波を使って堂々宣って頂ける。‥まぁお歳で記憶力 [続きを読む]
  • 【魂でもいいから、そばにいて】 奥野修司
  • もう何人、身の回りの人間が死んだだろう....弱冠30代にして、結婚式よりも葬式に参列したことの方が、はるかに多い。「死」は、常に私の身近にあり、“こちら側”とをつなぐ魂の行き来は何度も目の当たりにしている。だからなのか、彼らからの「メッセージ」を、いつしか私も“受信”するようになった。‥「目の当たり」といったが、実、それは目に見えるものではなく、“感じる”ものだ。実体をもって我々の前に現れること [続きを読む]
  • ジャニーズ事務所の 「守るチカラ」
  • ◇稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がジャニーズを退所中居正広も合わせた4人で‥と前々から云われていたが、けっきょく彼は残留の道を選んだようだ。急転直下の決断の裏に、どんな思惑があったのだろう。『事務所に残って「独立組」を守る意図もあるのでは』といった記事も見かけた。たしかに“いかにも彼らしい”賢い選択。次期幹部候補とも云われる中居がジャニーズ事務所にいるかぎり、擁護の姿勢を取っていれば、独立組が芸 [続きを読む]
  • 誰か似てる‥‥
  • 巨人対福岡ソフトバンク戦。顔面付近への死球で陽岱鋼(30)が激高する一幕があった。そんな彼の姿に日台の野球ファンは驚きを隠せなかった模様だが、私は、彼なら「いつかやるだろうな」とは思っていた。ハム時代も何か揉め事があるたび、ベンチから真っ先に飛び出してくる“獰猛”なシーンを、幾度か目にしていたからだ。「乱闘」はこうでないといけない‥と、あらためて。かつての盟友・中田翔などは、大抵、投手に向かっ [続きを読む]
  • 「4番」のプライド
  • 敵地での中日戦に辛くもカード勝ち越しを決めた北海道日本ハム。前の巨人戦とあわせ、これで2カード連続勝ち越しとなったわけだが....依然として借金は9。やはり、負け越しの数がここまで多いと、返済も一筋縄ではいかない。こういったチームは、とりあえず「勝率5割」を目指す。こっちがヨレヨレしながら「5割」を目指している間に、他チームは貯金の数を積み重ねる。差は開く一方だ。逆襲を誓うどころか交流戦でも、リーグ戦 [続きを読む]
  • 大田泰示君をオールスターに
  • このエントリを書いているのは、試合終了から数時間たったあと‥‥。日米の球界を通じて、待望の「プロ初勝利」を古巣・巨人からもぎ取った村田透(32)に、もらい泣きしたばかりである。村田の巨人時代の印象を尋ねられた阿部慎之助は 『記憶にない』。栄光のドライチとはいえ、一軍戦での登板自体がないのだから、まぁそれが本当のところだろう。巨人に在籍していた頃にバリバリ主力だった阿部以外にも、そんな選手が1塁側のベ [続きを読む]
  • 中田翔に物申す、ふたたび‥‥
  • ◇巨人が13連敗ちょっと、今シーズンの優勝は難しそうだ。‥どうだろう。ここまできたら、「18」までいって、あらたに「巨人」の名を球史に刻んでみては。実は“あのとき”も、主が千葉ロッテでありながら、球界は異様な盛り上がりをみせていた。怖いもの見たさもあったろうし、いつストップするのかといった「好奇心」もあってか、連敗中は普段より観客を集めていた記憶もある。なんでもイチバンになるのはいいことだ。手 [続きを読む]
  • 近藤祐司の矛盾
  • ◇読売さんが12連敗「交流戦の出来がペナントの行方を左右する」とは、以前からよく言われていたけれど、悪い方に傾いてしまったみたいだな、このチームは。「日本記録」にまで、あと6というところまで迫ってきた。しかしながら、今年は「大型連敗」という現象が各球団でみられる。ここまで北海道日本ハムの10連敗を皮切りに、オリックスが9、千葉ロッテが8だったか。当該3球団は当然のごとく、現在、パ・リーグ下位に沈んでい [続きを読む]
  • ライオンズファン
  • すべてのシーンを確認したわけではないが、ロッテファンがデスパイネにブーイングを浴びせなかったというのは本当の話だろうか。もしそうだとしたら、彼らはたいしたタマである。よりによってペナントを争うライバル球団。金が理由でソフトバンクに渡ったのは誰の目でみても明らかなのに。‥なるほど、「ファン」が魅力でこの球団に入りたい選手がいるのも頷ける。それに引きかえ、埼玉西武‥‥。一応、『生まれ故郷に帰って野球 [続きを読む]
  • 恋愛のマジック
  • 「せっこぉ‥せつこぉ‥」 そう嗚咽する、兄の声。失礼ながら、「節子」の名を聴いて、まっさきに思い浮かべる顔は【火垂るの墓】の節子ちゃんである。原節子という立派な女優さんもいらしたが、私が物心ついたころには、すでに一線から退いていた。したがって、あの“せっちゃん”の方が、ひょっとしたら我々の世代には馴染み深い「節子」かもしれない。最近あらたな節子がメディアの前に現れた。山辺節子、62歳。 [続きを読む]
  • 北の大地のスリーエム
  • 松田聖子&中森明菜以上、安室奈美恵未満‥‥世代的にいえば、そんな感じだろうか。90年代前半頃は、いかにもアイドルらしい女性アイドルが不在だったような気がする。歌番組も消滅しかけていた、今おもえばアイドルたちにとって不遇の時代ではあった。ではそのとき、無名グラドルのエロ本見て興奮していた、田舎のボンクラ中高生だった私たちが誰に熱をあげていたのかというと、やはり「3M」ということになる。牧瀬里穂と宮沢 [続きを読む]
  • 安打製造機「ハリー」以外にも、英雄がいた件
  • だいぶ暑くなってきたこの梅雨時期特有の蒸し暑さは、なんとも厭なものである。躰も心もサッパリしたい衝動に駆られ、久しぶりに床屋というところに行ってみたのであるが(いつもは美容院)、これが裏目にでた。近年ほとんどのヤローがそうしている「ツーブロ」をオーダー。流行に敏感な美容師がいるわけじゃあるまいし、モデルの写真をみせたりアレコレ口頭でリクエストするのもナンだと思ったから、ほぼ“お任せ”状態にすると [続きを読む]
  • 私が斎藤佑樹を見捨てられない理由
  • 623日ぶりの白星‥‥624日前、オレは何をしていたんだろう。そうだ、あの頃は俺は、まだ好きな女と一緒にいたんだっけ。ふいに彼女のことを思い出し、つい感傷に浸ってしまった。5月31日、ベイスターズ戦で先発。5回途中1失点の好投で、ひさびさ勝利投手となった斎藤佑樹(28)。入団当初、しょっちゅう上がっていたお立ち台も、“カミカミ”だった。時間の経過を、あらためて感じさせた一幕。2、3年前はよく目に涙を浮かべ [続きを読む]
  • 早稲田大卒投手の「未来」をみた
  • ◇有原航平が抹消となほら言わんこっちゃない。以前にもここで指摘したが、今年の有原は“昨シーズンと比べると”まったく球がきてなかった。‥こんなことを書くと、また『打席にも立ってねーくせに』とか『おまえ有原の球を受けたことあんのかw』などど言われてしまいそうだが、解るさ。こちとら四半世紀もプロ野球観てきてんだから。でもどうなんだろう‥‥。一度落ちて、ミニキャンプみたいのを張ったところで、“昨シー [続きを読む]
  • 幸福を呼ぶ、野茂?
  • 基本的に、ハムが勝った日しか、野球系ブログは更新しない‥‥つくづく分かりやすい書き手である(苦笑)先日、非科学的な「勝負強さとは」について語っていた私。まずは、それからいこう。26日の福岡ソフトバンクホークス戦。反撃の狼煙をあげるホームランに、満塁走者一掃の同点タイムリー、ブランドン・レアード。‥見たかい?中田君。これが「勝負強さ」 というものだよ(笑)。試合の大勢が決してから放つものとは、価 [続きを読む]
  • 埼玉で何かが起こる? ー当たった男と、期する男ー
  • 今朝のヤフーのトップに「ヤツ」の名前があったから、何事かと思ったら....www.nikkansports.comもっとこう‥試合で大活躍したとか、そういった話題で載っておくれよ(苦笑)。不可抗力とはいえ、ね。‥せっかくのご登場だから、前回記事では書ききれなかったことを付け加えておく。まず、身なりのことなんだが、別に昨日着ていたシャツのセンスの悪さについて言いたいのではない。最近よく大田泰示のくだりで、『ハムは [続きを読む]
  • 中田翔なんか〇イ〇〇イ?
  • ハムが北海道に移転する前後の年くらい‥‥私がファイターズファンであることを初対面の人に告げると、大抵は小笠原道大の話を持ち掛けてきた。当時、彼はファイターズきっての有名人。タイトルを獲得するなどして、すでに全国区の選手となっていた。小笠原の名前を出しとけば、とりあえず“間違いはない”と、相手の方も思うのだろう。この人も、きっと小笠原を好きなはずだーーしかし、『そうでもない』といった旨を話をする [続きを読む]
  • 東急フライヤーズ7本塁打 ー4人の侍たちー
  • 文春が発売前の新潮の記事を盗み見!?先週スクープされた、この記事。まさに「文春砲」を逆手にとられたカタチだが、真相はどうなのだろうか。私は、どちらの誌も愛読中。ただ、純粋な“読み物”とすれば、新潮に分があるような気が、最近はしている。文春といえば、オンライン上で【文春野球コラム ペナントレース2017】が開催されているのはご存知だろうか。12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナン [続きを読む]
  • 【神は背番号に宿る】 佐々木健一
  • 目に見えないものは信じない‥‥正確には、見たこともないものは信じられない‥‥といった方が適切だろうか。たとえば、宇宙人やお化けとかの類。霊魂の存在はあると思っているが、実際、その姿を筆者は目撃してはいない。だから、信じようがない。たとえば、恐竜。いくら化石が発見されようとも、彼らが地球上を闊歩していた姿を誰も見たことがないし、当然、それをとらえた画像などもない。はたして恐竜は本当に存在していたの [続きを読む]
  • 【夫のちんぽが入らない】 こだま
  • 親とか兄弟とか、残してきて死ぬほど後悔してることって、なんもないの。不思議だよ。人より持ち物が少ないのって寂しいけど、いざという時は軽くて済むーー【ロングラブレター漂流教室】浅海暁生演ずる窪塚が口にした、いささか悲観的なそのセリフに、いたく共感する。人が死ぬとき、今世で自分がやり残してきたという後悔よりも、愛する人たちへの別れの「未練」の方が、おそらく、大きいのだと思う。別れたくないから、まだ [続きを読む]
  • 夜中の「F」なつぶやき
  • もはや、使い古された感のある言葉であるが、覚醒‥したのだろうかまさかまさかの、大田泰示(26)である。17日夜に放った4号ホームランは、5月半ばにして早くも自己最多タイの本数。打率も2割5分にまで押し上げてきたw下位に低迷し続けるチームにあって、大田の存在が明るい光を灯した。久々に打席を「見たい」を思わせてくれる選手。今夜も、彼の打席をみるために、ビデオで何度も振り返った。私が負け試合にも関わらず、こ [続きを読む]
  • 【フィリピンパブ嬢の社会学】 中島弘象
  • 前々から気になっていた本を手にとった。実体験に基づいたルポ‥ノンフィクション好きの血が騒いだが、まず率直な感想を言わせてもらおうか胡散くさい色々と‥‥。話がだいぶ美化されている印象。最後に判明したのだが、やはり、第三者によって手を加えられているようだ。‥大まかな内容は、面倒だから、Amazonのものを引用する。「アイシテルヨ〜」の笑顔のかげに、凄まじい人生があった。フィリピンパブを研究するうち [続きを読む]