エース さん プロフィール

  •  
エースさん: センテンス・オータム
ハンドル名エース さん
ブログタイトルセンテンス・オータム
ブログURLhttp://risingham.hatenadiary.com/
サイト紹介文ディープ・マニアック・鋭く「DMS」 様々なアレについて...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2009/02/08 23:56

エース さんのブログ記事

  • ヒトを幸せに導く、ヒトのために時間を割けるヒト
  • 俺はいったい、何人の女を幸せにできたんだろう....ここ数年、そんなことをよく自問していた。そもそも「幸せ」の基準なんて、私に明確なものは解らないけれど、ぼんやりとビジョンは見えている。ヒトとして、女として生まれてきてよかった‥‥あなたと巡り会えて、よかった‥‥そう相手に思わせることではないか。そのプロセスの中に少しでも自分がいたのなら、“協力”くらいはできたのかもしれない。むろん、照れ臭 [続きを読む]
  • ちょっと気になった雑誌のコ volume.1 【斉藤由貴】
  • 50代の医師との不倫が発覚‥‥「手つなぎデート」が世間の注目を集めた斉藤由貴(50)嬢。不倫の是非はともかく、異性と映画を鑑賞し、手を繋いだだけでこんな報道のされ方をしてしまう彼女、有名人もいちいちタイヘンである。あの映画館の暗がりで‥まぁ彼女たちの場合は、目の前に急な階段があったのだから、男性側が女性の手を引き、安全にエスコートするのは、ある種当然の行為だと思うのだけれど。それを「=男女の仲」「 [続きを読む]
  • 「川工」の星となれ ー太田賢吾ー
  • チームの不甲斐なさ、また以前には谷元圭介の放出劇なんかもあったりして、怒りをぶつけてしまったり、絶望を嘆いたりすることも多くて「偏屈なジジイ」みたいな印象をお持ちになっている読者も、近ごろは多いのかもしれない。が! んなこたぁない。こんな私だって温かく見守るべきところは、そうしている。どちらかといえば、普段の私は優しいのだ。‥自分で言うなって感じだが(笑)、前夜快勝の余韻に浸りながら、今回は久々 [続きを読む]
  • どうする?稲葉JAPAN
  • 打てども打てども、得点には結びつかない....こういう試合が、もっとも苛立つ。結果、試合に勝ったなら、少しは報われるようなものの、敗戦となれば、そのイライラを一体どこかで発散させれば良いのだろう。ある意味ヤツらは卑怯だ。13日のソフトバンク戦は終始塁上を賑わせ、圧倒的に相手を押していた。しかし、13安打も放って得点はホームランでの2点のみ。やらなくてもいいのに、14日の月曜日も同戦が組まれているのだと [続きを読む]
  • 愛の在り方について問う 【悲しみを抱きしめて】 西村匡史
  • お盆‥‥昔も、今も僕には帰る場所がない。帰るところがある人が羨ましかった。そういった人が、乗客の中に大勢いたと訊く。32年前のちょうどお盆時期‥8月12日の夕刻、御巣鷹の尾根に墜落した、日航機事故ーーmainichi.jpリンク先の記事にある田淵親吾さんという方は、僕もわりと最近知った。西村匡史著【悲しみを抱きしめて 御巣鷹・日航機墜落事故の30年】に、一家の話が記されている。大切な3人の娘を事故で一瞬にし [続きを読む]
  • Fs摩訶不思議アドベンチャー.2017
  • 10日の試合が終わった時点で借金が30以上もある。なのに最下位ではない。‥例年なら「ひとり負け」していても、おかしくはない、凄まじい“負けっぷり”なのに。北海道日本ハムのこんな今季の摩訶不思議アドベンチャー、いらんわいこれで東北楽天にも3勝12敗となった。トリプルスコアまでは聴いたことあるけれど、さらにその上を、クアドルプルスコアというらしい。そもそもカテゴリ「野球」において、4倍もの差を“勝敗数” [続きを読む]
  • 「純烈」に憧れて? PART.2
  • 変身後の“スーツスタイル”の方が好き‥‥。僕自身が子供だったのもあるし「ヒーロー」役の俳優に特別目を奪われることも、あの当時はなかった。むしろ「敵役」の中に、強烈なインパクトを残す者がいたりして、後年もそちらの方をよく記憶していた。その代表格がダイナマンに登場していたメギド王子である。カブトムシの角ような兜をかぶり、なんか、全身グリーンだったイメージ‥。“いかにも悪”なメイクを施した様が、ちょっ [続きを読む]
  • 「純烈」に憧れて? PART.1
  • まだ週刊少年ジャンプが600万部売っていた頃、光原伸さんが描く【アウターゾーン】という漫画が、僕はドラゴンボールやジョジョよりも好きだった。人気少年漫画誌で、怖い話。当時としてはかなり特殊な存在感を放っていた。基本、一話完結型のストーリーだが、多くはないページ数で、よくまとまっていた印象がある。その中に、こういった話があったのを思い出した。かつて「戦隊モノ」のヒーローとして、名を馳せていた元役 [続きを読む]
  • 今、私が「清宮君」よりも欲しかった男?
  • 連勝が「13」でストップした埼玉西武‥‥誠に惜しいことをしたと思う。あとひとつ勝って、連勝を14にまで伸ばしていたら、球団としては60年ぶりの快挙であったのだとか。こうしたチャンスは、なかなか巡ってこない。‥といっても、球団タイ記録となる11連勝をした翌年に、さらにその上をいく14連勝をしたハムの例もあるから、意外とそうでもないのかもしれない。ハムはその2006、2007年ともに1位。連覇を成し遂げたが、優勝す [続きを読む]
  • 僕から彼女へ、ファイナルアンサー?
  • ここ、はてなブログに移ってきてからなにげに1年以上経つのだけれど‥‥僕ほど「はてな機能」を使いこなせていない人も、いないだろうなぁ。いまだに“はてブ”?の使い方とかもよく分からないし、設定も開始当初のままだし、こちらから読者登録?なんかもしていなかった。したがって、はてなでの読者やブロ友はほとんどいない(苦笑)。ただ、旧ブログから引き継いだ、はてな民以外の読者が大勢いるので、一日あたり100〜200程度 [続きを読む]
  • 最近読んだ傑作本 【空想科学読本】 柳田理科雄
  • 少し古いネタだが、ヒアリが日本へ本格的に上陸した模様....長年弱い生物の代名詞のように扱われ続けてきた蟻に怯える日がやって来ようとは、人類の無力さを、あらためて感じてしまう。でも、そのヒアリの天敵が「ノミバエ」という、蝿の一種であるところも、なんとなくおかしい。昆虫つながりで、僕が最近怖いなと思ったのは、アマゾンである。密林地帯の方ではなく、ネット通販の方の、あっち。書店などでは手に入らぬマニ [続きを読む]
  • if 放出していたら「暴動」必至だった?男の巻
  • 埼玉西武が怒涛の12連勝で上位に肉薄‥‥広島東洋にまもなくマジック点灯‥‥夏真っ盛りのプロ野球ペナントレース。特にこの両球団のファンなんか、今がイチバン愉しい時期だろうなぁ。ファン心理とすれば、追われるよりも“追う”展開の方が盛り上がる。それは昨シーズンの北海道日本ハムを見続けてきた者として、身をもって体感した。追われる方は、常にプレッシャーはあるけれど、さすがに今の広島くらい、2位に差をつけて [続きを読む]
  • 「デキる」女と遭遇した顛末
  • 先日、とある場所で、とある女性と食事をしてきた。早速だが、ヘコんでいる。その女性は初対面だったが、自分でも驚くくらい趣味が合い、たいへんに盛り上がった‥ように、少なくとも僕は感じていた。具体的ではないにせよ、次回の約束も取り付けた。妻子ある身でありながら‥という展開が、本当は好きなのだが、幸い僕は独身。向こうも独身。恋愛にいたるに、何ら障害はない。初対面の彼女を、不覚にも、僕はおおいに気になっ [続きを読む]
  • 「谷元放出」に‥‥エロスは激怒した
  • 母さん、事件です.....って、今回はふざけている場合ではない。昨日は中島卓也「プロ第一号」の歓びを瞬時にかき消す、闇からの始まりだった。www.nikkansports.com谷元圭介が、金銭トレード!?わが目を疑ったのはいうまでもない。当然、最初はガセかと思っていたのだけれど、どうやらガチらしい‥‥。あぁん!?一体なに考えてんだ!この球団は....エロスは激怒した。もう我慢できない。怒りや不満をブロ [続きを読む]
  • この際、中島卓也はモデルチェンジを
  • 母さん、事件です。北海道日本ハムファイターズの中島卓也(26)が、なっなんと!ホームランを打ちました....中島 卓也 1号 ソロ ホームラン 2017年7月30日 ソフトバンクvs日本ハム‥予感はあったけどねぇ。ほら今シーズンから打球が“上がり”始めてきていたから。彼がもし「本塁打」を打つとするならば、てっきり狭い東京ドームか、交流戦の神宮あたりかと思っていたけれど、そうか‥ヤフオクドームという手もあったな [続きを読む]
  • ダーマ神殿の謎
  • いよいよ本日発売となった【ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて】。新作は5年ぶり‥か。オリンピックよりも待たせてくれやがる(笑)。3年前に亡くなったドラクエ愛好家・淡路恵子さんも、天国でプレイされることを望む。かくいう筆者も、シリーズ2作ぶりに購入してみた。今回の目玉のひとつである、やはり、プレステ4以外に携帯機(3DS)から出してくれたのが大きかった。‥本日中にも届くはずだが、“プレイブログ”や [続きを読む]
  • 北海道ハム、1000勝に寄せて
  • 26日、帯広で行われた千葉ロッテ戦に勝利し、北海道移転後「通算1000勝」を達成したファイターズ。大体12年とちょっとで1000勝‥‥。どうなんだろう、このペース。そうか、良い比較対照があった。ハムから一年遅れて東北に新球団をつくったイーグルスが2016年終了時点、通算754勝である。楽天が1000勝に到達するには、3年近くかかりそうだから、やはり、ハムはここまで順調すぎるくらいに勝ち星を積みあげてきているといって、 [続きを読む]
  • 海を、“感じただけ”の人のハナシ
  • ここ最近の尋常ではない暑さと、ひいきチーム(野球)の見るも無残な惨敗っぷりで何もする気が起きず、週末はずっと自宅に引きこもっていた。こういうときのために、こういうヒトのために「ゲーム」があるが、あいにく自分はゲームをやらない。ドラクエの発売は、もう少し先だ。となると、ネット‥‥。とりわけ私が生業にしているブログの執筆をしていれば、アッというまに時間は過ぎ去っていくだのけれど、これは精神状態と密接 [続きを読む]
  • 日ハムさん、ホンネ‥言ってもいいですか?
  • 交流戦はパ・リーグが滅法強いのに、オールスターはセ・リーグの方が滅法強いという摩訶不思議‥‥。どなたかこのワケを論理的に説明してほしい。一昔前まで「実力のパ」だなんて言われていたくらいだから、オールスターでの戦績もパ・リーグが圧倒していた。ところが2016年の時点でパの80勝78敗‥。ここまでセが肉薄してきてしまった。手元に正確なデータはないが、この20年間の勝敗数をみれば、まちがいなくセがパに“圧勝” [続きを読む]
  • 38歳の匂いに‥‥
  • なんの前触れもなく書評‥らしきものを連投したから面食らった者も、中にはおられたかもしれない。だが、今でこそプロ野球のシーズン中で日ハム絡みのエントリーが多くなっているけれども、本来、私はこういったコトをしてみたかったのだ。したがって、ここを野球専門のブログとはしなかった‥‥なにも年がら年中、中田翔への不満ばっかたれてるわけではない!あしからず‥(苦笑)‥今シーズンは9割9分、連覇の夢が潰えたとい [続きを読む]
  • 相撲ファンじゃなくても愉しい? 【平成二十九年版 大相撲力士名鑑】
  • 昔のスポーツ映像を見ていて「感動」をするのは、大相撲である。相撲について特別な知識を持たない僕が、ではいったい何に感動をしているのかというと、その場の「風景」だ。昭和の時代も今も、何ひとつ変わらない風景‥‥コレと少し似たことがいえるのに「高校野球」がある。しかし近年は、ユニフォームが幾分カラフルになったり、ヘルメットの形状も変わったりと、以前に比べ、“変化”を感じさせる部分がないこともない。 [続きを読む]
  • カラスに憑りつかれた男 【カラスの教科書】 松原始
  • キュッとしまった脚、すまし顔でヒョコヒョコと歩くアイツを、かわいいなぁとガチに思う。都会の街並みに、僕よりも溶け込んでいる、アイツを....女の子の話ではない。これはカラスの話である。‥僕がアイツに強い関心を持つようになったキッカケは、いくつかあって、まずはそこから話そう。あの光景をみたときは、誠に衝撃的であった。ある日の朝方、国道に黒い何かが大量にうごめいていたのは、遠目にも分かった。おそるお [続きを読む]
  • 木嶋礼賛? 【毒婦。】 北原みのり
  • 婚活だなんだ、現在(いま)のような堅苦しさもなく、もっと気軽に趣味友や異性と知り合えた、当時の出会い系サイト‥。身の回りの人間が手を出していたのもあって、以前ボクもかじったことはある。世代的に、彼女はボクの少し上だけれど、サイトの利用時期が重なっていたときは、あるいはあったのかもしれない。下手すると、自分も木嶋佳苗と“出会っていた”。‥幸いにして出会わずに、ここまで生きてこられたので少し想像 [続きを読む]