ぺんぎん さん プロフィール

  •  
ぺんぎんさん: ぺんぎんの台所から
ハンドル名ぺんぎん さん
ブログタイトルぺんぎんの台所から
ブログURLhttp://penguinkitchen.blog54.fc2.com/
サイト紹介文食いしん坊だけど、病気になりたくないぺんぎんの台所から。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2009/02/09 16:25

ぺんぎん さんのブログ記事

  • 腹の据わらない伝統武道も少々進歩。
  • う〜、ボディーワークなのか?習い始めは所作が身につくまでマメに通った方がいい、と言われ、ちょうど稽古日と3日間の春合宿が重なったので出かけてきた。だって、広島からはやっぱり遠いんだもの。まとめてくれると有難い。続けるかどうかはわからないけど、とりあえず稽古着もそれなりに準備したので、いろんな人から褒めてもらいました。しかし、ネットオークションで手に入れた袴は縫い糸が弱っていて何かの拍子にピリピリと [続きを読む]
  • 「腹が据わる」ということ
  • 先日みた映画でセリの場面が何度も出てくるのだけど、アサッテの方を向いて指で合図を出して競る。マグロなんか「高級車一台分」というから、一千万とか、そんな商い。それを電話で本社と相談とかせずに、一人で決める。品定めから値段までひとりで決める。仕事とはいえ大変な商売だ。セリの場面を見ていて思った。「この人たち、丹田に気が降りていて、腹が据わっている!!」ぐちゃぐちゃと迷う時って大抵気が頭に上がっていてお [続きを読む]
  • 緊張してると知る。
  • 母さんは自分が常に緊張していることを知らない。緊張って、身体のことを言ってるんだけれど、母はいつも全身ガチガチで、びっくりすることに、自分が緊張してガチガチだっていう自覚もない。なんでこんなことを知ってるかというと、わたし自身が緊張ガチガチだったから。タイマッサージなどをしてもらうと今でも「背中かたいね〜、何してるの?」と言われるが、今では背中が硬いという自覚がある。自分がもしかしたら常に緊張して [続きを読む]
  • 猛烈にお寿司食べたくなる映画「築地ワンダーランド」
  • 昨日、メールで連れ合いが「私、これに行きたいんですけど、あなたはいかがですか?」と聞いてきた映画。「築地ワンダーランド」「私、東京生まれの東京育ちだしさ、見たいのよ」、って言うのよ。黒門市場の映画があったら見たいか?と聞かれたらよくわからないけれど、築地は移転問題でず〜っとガタガタしているし、実際世界一の魚市場。面白い映画を作るもんです。平日の昼なんだけど、今日は時間が取れるとかで、お昼ご飯兼ねて [続きを読む]
  • 祝!稽古着2号完成!
  • 三月も半ばになって、日差しはすっかり春なのに、雨だし、風だし寒い日々。おまけに国会はひどいカオスになっていて、うちの母まで国会中継を楽しむ始末。私もFacebookやTwitterで後追いしてますが、役者揃いすぎ?財務局の局長とか、税務署のエラさんとか、名前や顔もバンバン出て来て、今まで公務員はほっかむりして知らん顔で逃げてたのにね。いや、面白がってたらいかん。こんな方々が我が国を代表しておられて、喜ばしい限り [続きを読む]
  • 東大阪に念仏と瞑想に出かける。
  • 実家のプチ工事の立会いも終わり、今日は「青空への瞑想と念仏」というとっても現代的というか、今日的というか、21世紀的アップデートした仏教と蘇る鎌倉仏教という感じの会に出かけて来た。難波から近鉄電車でお出かけ。前も近鉄に乗ったなぁと思ったら、京都駅から奈良と京都の境に行ったんだっけ。今日は難波から乗り換え乗り換え。行った先は東大阪の大念寺というお寺。驚いたことに、このお寺のご住職は檀家をお持ちなのに [続きを読む]
  • おさかな大好き
  • 子供を育てて、姑を見送って、連れ合いも見送って、母は今人生初めての一人暮らしをしている。母の家は兼業農家で、味噌はもちろん、醤油も作っていたそうで、話を聞いていると夢のような豊かな暮らしなのだけど、母はそれが嫌で嫌で仕方なかったらしい。味噌も醤油もカビが出ると困るので塩辛いものだったとか。しかし、戦中戦後のもののない時代でも自家製の味噌醤油があったので、人にあげるととても喜ばれたとか、学校の先生が [続きを読む]
  • 結局味噌を仕込むのだ。
  • 3年越しで出した味噌があまりに美味しいので、2011年仕込みの黒豆味噌がなくなるのも寂しくなって黒豆味噌を仕込むことにした。産直市で黒豆が売ってたのでゲット。1キロくらいの豆なら、鍋が大きくなりすぎないので、ストーブの上に乗せておけば1日半くらいでいい感じに茹で上がる。味噌を仕込み始めて何年になるのかな?15年くらいにはなるだろうか?自家製味噌の醍醐味は塩で贅沢するところだと思うのです。まぁ、糀とか [続きを読む]
  • 稽古着完成。ついでに角帯も。
  • 最近始めた某伝統武術、袴があっさり買えたので、気を良くして袴の上に着る半着も作ることにした。袴が買えた話はこちら→☆いつぞや北野天満宮の市で購入した麻の着物。その頃はまだ男物の着物と女物の着物の区別もよくわからず、縫い直して何かにしよう、というくらいの気持ちで買ったもの。汚れもあるので、洗って解いて、そのまま反物みたいに丸めて放置してあったもの。ああ、解くんじゃなかった、と思いながら一から縫うこと [続きを読む]
  • 「ご契約の光回線のお安くなります」攻撃。
  • ある日、実家に帰ったら、電話機の場所にファックスが付いていた。「あれ?母さん、これ誰が付け替えたの?」と聞いたら、「このお兄さんがやってくれたの」。このお兄さんってどのお兄さんよ?なにこれ?あんた、なにやってんの?え〜?電話の契約変えったって?電話の契約は触るなって言ったじゃないの〜!!なにやってるのよ〜〜詐欺よ〜詐欺!!違約金詐欺よ〜!!と激しく母を攻撃してしまいますた。あのサァ〜、違約金とか、 [続きを読む]
  • アンナプルナ農場の無農薬栽培強力粉〜。
  • 長野の友達が作っている小麦粉。小麦粉を分けてくれるところは少ないので、大事に使っている。麦は、「ハナマンテン」と言う地元の品種なんだそうで、国産小麦ってみんな中力かと思ってたけど、こんな硬質小麦もあるんですね。麺にするには100%だと固すぎて伸ばすのが大変だから手打ち麺は薄力を半分混ぜて中力にするくらいでちょうどいい。パンには普通に使えます。ふすまも分けてくれたので、いつもの配合にふすまもプラス。1キ [続きを読む]
  • 断食のお供に味噌スープ。
  • 今日は楽しい断食デー。ハンストじゃないのでルールはゆるい。朝のコーヒーも飲むし、柿茶も飲む。晩ご飯は食べるけど、夕方の切ない時間帯はぐっと我慢です。日によって朝の10時くらいからお腹空く日もありますが、今日は2時くらいまで空腹感もない代わりに、身体が寒い〜。断食では塩分を取らないので、塩が抜けてだるくなることもあるし、食べないので寒いのはまぁ普通の反応。コーヒーを飲んでも軽く頭痛がする時もあります [続きを読む]
  • 「味噌作りの最難関は・・・かび!!」
  • 今日は楽しい料理教室〜?。「味噌やってない〜」と言うご意見でお味噌。え〜、私、お味噌いつ仕込んだっけ?3年前?天地返ししてないからどんなことになっているのやら・・・恐ろしいものがございます。味噌作りって冬になるとプチブームになる人がおられます。「え〜、簡単なの?あ〜美味しい〜!!こんなの作れるの?簡単?え〜おしえておしえて〜」と盛り上がる光景がそこここでこの冬も繰り広げられたと思います。しか〜し、 [続きを読む]
  • 某伝統武術のお稽古のための稽古着をあれこれする。
  • 趣味なのか?趣味なんだろうか?なんでこんなことになってるのか正直よくわからないけれど、自分とはあまり関係のない力に連れて行かれる感じの新しい稽古事。寒稽古の時は続けるつもりもほぼなくて、誘ってくれた方は稽古着を用意してくださったにもかかわらず、「長くて着にくい」と私服で受けたから目立つことこの上なかったのです。初参加の人は数人いたのに、皆さん、どこでお買いになったの?と不思議なくらいに服装が整って [続きを読む]
  • 「世間並み」という幻想。
  • 「東京タラレバ娘」という漫画を半年ほど待って図書館で借りて読んだら気分悪くなった。連れ合いは最初の方こそ笑って読んでたけど、話がだんだん見えてきて「あんまり〜」ったって、あなたのリクエストでかりてきたのに。どちらかというと、わたしより連れ合いの方が面白がっていたけど、それはきっと彼が男性だから。これ、ドラマになってるのね〜〜と思ってたら、こんな記事読んだ。日本の女性はなぜ「東京タラレバ娘」と「逃げ [続きを読む]
  • 甥っ子と「鬼笑い」
  • 実家に帰ったタイミングに、弟一家もやってきて、久しぶりに甥っ子〜。甥っ子は急に背が伸びて、プクプクした子供顔から少年っぽくなってきた。内弁慶で超照れ屋なのは変わらない。いつも「おばちゃん」と遊ぶおもちゃをセレクトして持ってきてくれるのですが、今回は「鬼笑い」鬼笑いって、なんやそれ?と思ったら、おたふくじゃなくて、鬼らしい。どうやら節分の時に幼稚園で作ったんだろう。甥が持ってくるおもちゃは、レゴ以外 [続きを読む]
  • 色々引き寄せるのはどうしたことか・・・
  • アップデートする仏教を読んでいて、12月に座禅断食でご一緒だった方に猛烈にお会いしたくなって、メールを送ろうとメルアドを発掘したりしていたら・・・実家最寄駅デパートの食品売り場でなぜか目が光を捉え、光に包まれた人が・・・その方だった。お名前を思い出して(普通は忘れてる)お名前で呼びかけたら、やっぱりその方!!え〜!あ〜!実はわたし、これを読んでて〜(読み終わったのに、図書館に返す前にまだ持ち歩いて [続きを読む]
  • 伊那谷の無農薬強力粉が届いたので、麺の日!
  • Facebookで繋がっている友達、元新聞記者が伊那谷で有機農家している。何を作ってるのか、あんまり詳しく知らなかったけど、麦も作ってて、売ってる、という投稿があったので、注文してみた。なんでも、小規模農家対応してくれる製粉所を見つけたとかで、製粉したての粉をふすま付きで送ってくれるらしい。わーい、ふすま付き〜、嬉しいなぁ〜。早速、パンの仕込み。いつもはライ麦全粒粉と亜麻仁を入れるけど、今日は小麦だけなの [続きを読む]
  • 「人生フルーツ」やっと行ってきた。やっと着た。
  • やっと行ってきた。人生フルーツこのおじいさん、洒落者だか切れ者だかよく分からない風情で、日本人でこんな人いるんだ〜!というおじいさん。ご夫婦は食べるものが違うけど、奥様の類稀なる家事能力で別々のご飯を準備して、それぞれ一緒に召し上がる。おじいさんは「お海苔は?」とのたまうと、奥様が海苔を炙って差し出す。なんか・・・わたしには無理。同じものを我慢して食べるよりは別に準備して自分は好きなものを食べるの [続きを読む]
  • 今日も楽しい料理教室〜。
  • 更新を怠けたら、料理教室の日がやってきて、しかも、同じメニュ〜なので同じ料理。なぜか今回はお話が弾んで弾んで、火星の先まで飛んで行って、大変なことになってしまいまして、面白かったのか、なんなのかよくわかりません。さて、おしゃべりは置いておいて、お料理。器を変えてみましたよ。今回は子供仕様を考えなくてよかったので、ちゃんと最初から手順を変えずに作ったので、一層美味しかったです。こうなっちゃうと一緒だ [続きを読む]
  • 豆カレーとポロタとペンギンクッキー
  • 今日は楽しい料理教室〜?年度末が近づいて生活の変化がある時期、心が乱れることも少なくないけれど、そんな時こそ頭の中の雑念や妄想と自分自身を分けて観察するには良い季節、今日はマインドフルネス、瞑想の方法などについて簡単に説明にながら豆とカリフラワーのカレーにポロタを作りました。カリフラワーとカボスのカレー。南アジア料理は酸味と合うものが少なくありません。前に魚とレモンのカレーを作りましたが、今度は野 [続きを読む]
  • ちょっとヘロヘロな断食明け。
  • 普段の断食は朝昼抜きの実質24時間断食だけど、ハンストリレーは0時から24時までの24時間。晩御飯の後は何も食べないし、夜中にも食べないので、結局前の晩御飯から次の朝または昼ごはんまでとなる。今回は晩ご飯がちょっと遅かったし、ヘロヘロだったからパンにシナモンと蜂蜜を塗って食べたので、実質35時間くらいの断食と相成りました。前回のハンストも眠かったけど、今回は眠い上に自宅で気が緩んでいたせいか、倦怠 [続きを読む]
  • 趣味の断食&ちょっと遅れたハッピーバレンタイン!
  • 今日は楽しい金曜日〜。金曜日といえば、わたしが生まれた曜日で、生まれた曜日に断食をすると宇宙のサポートが得られるお得な日。先週は冬季修行の最終日で打ち上げがあったし、お昼のお弁当も頼んだしで断食はお休みしたので、前回の断食、いや、ハンストから一週空いてしまいました。前回の断食、じゃなくてハンストは広島から実家に寄って、また姫路まで戻るというロングドライブ。車の運転なので寒さや冷えは自宅で仕事をする [続きを読む]
  • 仏教アップデート。
  • というわけで、仏教なのですが、冬季修行にわたしと同じ全く初心者の中国の方がおられました。なんだか深刻そうで暗い人で、英語とイタリア語を話す方なんだけど、すんごく暗くて、「若いのに、えらい暗いなぁ〜」と思っていたら、彼女は金剛経を読んで自分の世界が崩壊してしまって、どうやって人生を建て直したらいいのかわからない、というとても哲学的でスピリチュアルなクライシスと直面していたのでした。金剛経って何?よく [続きを読む]