谷田部真之助 さん プロフィール

  •  
谷田部真之助さん: 年間指導400件超!個人レッスンのプロが教える上達法
ハンドル名谷田部真之助 さん
ブログタイトル年間指導400件超!個人レッスンのプロが教える上達法
ブログURLhttp://soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/
サイト紹介文サッカー家庭教師:代表blog。小中高生,初心者〜セレクション対策まで結果の出る上達方法を伝授!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/02/09 18:22

谷田部真之助 さんのブログ記事

  • 上手い子の特徴とは?まずこの2つから違う。
  • こんにちは谷田部です。本日の京都の個人レッスンの件は締め切りました。ありがとうございました。今日は最近のレッスン内での気付きや発見について書いていこうと思います。今年度よりiPadで撮りまくったからこそ出てきた気づき今までの谷田部の個人レッスンの場合体験レッスンの時点で「立ち方」と「歩き方」が変わるという特徴がありました。私の中では当たり前だった部分ですが動画を撮影していくうちに改めて再認識させられた [続きを読む]
  • 逆足を上達させるための方法2017年度版
  • 逆足をより早く上達させる4つのポイント逆足をより早く上達させる4つのポイント逆足を上達させるための2つの方法 番外編http://soccer-kateikyousi.com/daihyoublog/archives/993.htmlこの2つの記事が今なお好評のため昨日の記事を絡めて2017年度版を書いてみようと思います。1.まずはipadで正面から右足と左足を蹴ってみよう右足と左足をipadやスマホやタブレットでもいいので正面からフォームを蹴ってみましょう。右足と左足の [続きを読む]
  • ipadを使ってその場でフォーム修正 自信と実力がつく個人レッスン
  • こんにちは谷田部です。 今年四月より新たな試みとしてipadでフォームを録画し問題点を確認し共に修正していくという試みを始めました。 今までは私谷田部の目で見て違和感を見つけそこを修正し実感してもらいボールの感覚や結果としてついてくる。という個人レッスンでした。 個人レッスンにipadを導入して変わったこと・自分の問題点が客観的にわかる・修正すべき点が具体化する・谷田部が感じている部分を親御さ [続きを読む]
  • ご相談内容で最近、多い3つの文言・・・
  • ・キープ力がないんです。・判断力がないんです。・すぐにボールを取られるんです。電話越しやメールでお問合せを頂く際に必ずと言って入っている文言が上の3つです。さてこれをどのように解決するのか?最近はこのブログをサッカー関係の方も読まれているようなので自分なりにも考えてほしいところです。また親御様方も上記3つには「共通点」があります。共に考えながら読んで頂ければ幸いです。キープ力が本当に必要とされるシ [続きを読む]
  • 評価をされない原因。周りについていけない原因。を克服する方法
  • こんにちは谷田部です。中々チームで評価されない。周りについていけない。だからみんなが通っているスクールへ通ってみる。こういった流れを踏んでご相談を受けることが大変に多いです。評価をされない原因。周りについていけない原因。はそれぞれの課題に大きな個人差があるそう個人差があるのです。その原因は本人にある場合がほとんどです。本人にある場合はそれぞれの課題にピンポイントで克服しなければ何も問題は解決しませ [続きを読む]
  • 「サッカーが下手な子」を得意とし専門とする個人レッスンのプロ
  • サッカーが下手でお子さんが子供たちの中で罵られる。嫌な思いをする。どうにかしなきゃとスクールへ入っても中々変わらない。そんなお悩みを日本中から頂いております。サッカーが下手。というのは子供たちの中では大変に大きな問題です。親御さんとしては、サッカーが向いていない。だから辞めさせた方がいいのだろうか。そこまで思い悩んでしまいます。私にはそうした思いの親御さんとそうした立場のお子さんが多数ご相談に訪れ [続きを読む]
  • ポジショニングとオフザボールに重きを置いたゲーム会
  • サッカー家庭教師のゲーム会はオフザボールとポジショニングの修正をメインにおいています。 基礎的な技術などは個人レッスンで修正確認しているため通常のスクールのような基礎練習の時間は作らずいきなりボール回しやポゼッション、ゲーム形式ばかりを行っています。 広がれば広がりっぱなし、ボールに関わらない個人レッスンでもこの修正は行っています。しかし、実際のゲームの中で場面場面でより具体的に修正できる [続きを読む]
  • セレクションに受かる。とその後の対策は違う
  • セレクション対策は入試です。レギュラー対策は中間テストや期末テストのようなものです。 入試と普段の中間や期末が違うこう言えば伝わりやすいでしょうか。 だからこそセレクションに受かってもそのあとがまた大切なのです。 セレクションに受かった。その後は?小学生の場合上のカテゴリとしてジュニアユース中学生の場合 ユースへの関門があります。 セレクションに受かった。と言ってもすぐに次のカテゴ [続きを読む]
  • 顔が上がらないのは「目の使い方」が間違っている
  • 顔を上げなければ、考えや判断の材料が手に入らない。前回のブログでも書きました。「考えろ」「 判断」 そのためには顔を上げる必要がある そして 〜顔を上げてプレーするにも【コツ】がある〜 「判断」「考える」の前に最低限の原理原則を理解していない子が多い 今日はそうした中で意外と見落とされがちな「目の使い方」について書いていこうと思います。全ての人が出来る能力を持ち普段からやっているサッカーの場合 [続きを読む]
  • 試合に出られない子はなにをすべきなのか?
  • こんにちは谷田部です。当サイトではレギュラーに中々なれない。というお悩みを抱えた方が数多く訪れて頂いているようなので最近のレギュラーになる方法を書いていこうと思います。練習量だけ多くてもレギュラーにはなれない上手い子は練習時間が長い。下手の子は練習時間が短い。 間違ってはいません。今から下手な子が上手い子に追いつこう。そうすると単純に時間だけで追いつくことは到底無理です。 上手い子はずっと [続きを読む]
  • セレクションに合格し受かるコツ 2017版
  • 志望チームを考える今の自分のレベル云々ではなく、自分が入りたいチーム。その先々どうなりたいのか。を含めしっかりと自分の志望チームを考える必要があります。通える範囲のチームであればいいのですが、場合によっては引っ越しなどを考える必要がある場合もあります。そこまで家族内でケースバイケースを考えておく必要があります。本命以外のチームのセレクション情報も集める毎年、本命のチームしか受けないという方も多数い [続きを読む]
  • 「判断」「考える」の前に最低限の原理原則を理解していない子が多い
  • 前回は「考えろ」「 判断」 そのためには顔を上げる必要がある そして 〜顔を上げてプレーするにも【コツ】がある〜というタイトルの記事を書きました。今回は顔を上げて判断材料を入れた後のお話です。ある意味後半編とも言えると思います。土台となる判断材料をどういう優先順位で処理するのか?土台となる判断材料を手に入れてもそれをもとにどのように判断し処理していくのか?仕事でいう段取りを決める必要があります。この段 [続きを読む]
  • クロスステップはどう活かす??クロスステップは「ばらばらにして使え」
  • クロスステップの使い方。ステップワークやアップでよく見かけますがプレイ中にどのように使うのか理解していますか?上手い子たちの中では知らず知らずに使用している場合も見受けられますが実際に理解して使えるともっともっといいことがおきます。せっかく練習で毎回のようにあるクロスステップしっかり実践で使えるようにしてもらいたいと思います。クロスステップを理解するとシュートが良くなる。パスがもらいやすくなる今回 [続きを読む]
  • 「戦う姿勢のON/OFFスイッチ」は個人レッスンで作れる
  • こんにちは谷田部です。戦うスイッチというとメンタルトレーニングや集中力といったことを想像すると思います。私自身「メンタル」という言葉で片づけてしまうことはあまり好きではありません。なぜなら、サッカーとは「勝つ」という目的を全うすべきものだからです。結果を出さないといけないのに「メンタル」を言い訳にしていいはずがありません。大人になればわかると思いますがメンタルは仕事の失敗の原因にはならないのです。 [続きを読む]
  • 大学サッカー部セレクション対策、高校生の個人レッスンも受付中
  • こんにちは谷田部です。サッカー家庭教師の個人レッスンは小学生や中学生が対象と思われがちですが毎年高校生の個人レッスンも受け付けております。もちろんセレクション対策もです。大学のサッカー部の場合、推薦組と一般での二通りの入部の方法があります。一般の場合、強豪になるとセレクションがあったりします。そうした時に何が見られるのか?自分のストロングポイントは何なのか?など対策も講じていきます。もちろん [続きを読む]
  • ボールを止めてから蹴るまでのタッチ数が多いのは、プレースピードを遅らせる
  • ボールを止めて蹴る当たり前にできるよ。という声が聞こえてきそうですがこのボールを止めて蹴るという動作出来るにも幅広くあります。ボールを止めて蹴る際にいくつもステップを踏まなければ蹴れないかどうか体のバランスを崩していないかなど正確に止めて蹴ることが出来るだけでもその中にもレベルの差は生じます。結果的にプレースピードが遅くなります。ちょっとしたステップを覚えるだけでプレースピードが劇的に変わる脚は2 [続きを読む]
  • セレクション合格の基準は「一つ上の学年に勝てる」
  • 谷田部です。スクールや地域クラブのセレクションも一通り結果が出始めました。今の時期は小学生の中学年向けが多かったと思います。来年度J下部やそれに匹敵するチームを受けたい。そう考えているのであれば早めに対策は必須です。なぜなら実力にするためには、定着させるための熟成期間が必要になるからです。どうしたらセレクションに受かるのか?よくあるのが体が大きい足が速い上手いそんな子が受かる。とよく巷では耳にしま [続きを読む]