hirobe-t さん プロフィール

  •  
hirobe-tさん: 建築家 廣部剛司 /日々の断章
ハンドル名hirobe-t さん
ブログタイトル建築家 廣部剛司 /日々の断章
ブログURLhttp://ameblo.jp/hirobe-t/
サイト紹介文建築家 廣部剛司 が建築のこと、音楽のことなどを綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/02/10 16:04

hirobe-t さんのブログ記事

  • 明日から「かながわ建築祭」です
  • 明日の金曜日から日曜日まで馬車道駅のコンコースで「かながわ建築祭」が開催されます。 「JIA神奈川デザインアワード」に弊社は『Villa Escargot』の模型とパネルを出展します。日曜日には伊東豊雄さん河内一泰さん、柳澤潤さんによる公開審査が予定されています。 横浜散策がてらにお寄り頂ければ幸いです。http://www.onvisiting.com/2017/02/20/jia-kanagawa-20170226/ このカットは鳥村さん撮影の一枚です。2 [続きを読む]
  • 『由居庵』アプローチを改修しました
  • 世田谷区の『由居庵』は定年後を見据えて設計された住宅です。 HPに掲載しています写真の段階では、ディベロッパーが造成した急なアプローチ階段のままとなっています。 http://hirobe.s2.bindsite.jp/Works/house/yuian.html これは、頑張れば縦にクルマを2台入れられる…ということを狙って造成されたのだと思いますが、健常者でも緊張感のある角度でした。 そのため、いずれ階段を昇降しやすいものに改修 [続きを読む]
  • 長く描き続けるために、元気でスポーツをするために
  • 今から一月半前のこと、いつものようにスカッシュコートでボールを打った瞬間、強い痛みが走りました。今まで経験したことのない感じの痛みで、その日は退散。。。 日常生活でもモノを持ち上げたり、着替えたりするときに痛みがありましたが1ヶ月ほど、整体で見てもらったりしながら安静にしていました。 そして、久しぶりに行ってみたスカッシュのレッスン。始まって打つこと1球目で激痛が走り、コートを後にしました [続きを読む]
  • 本日の夜18:30より、丸の内でお話しさせていただきます
  • 本日の夜18:30より、丸の内で別荘建築のこと、それから街の住宅で自然を感じるための設計手法などについてお話しします。元々はクローズな会でしたが、オープンにしても良いということでしたのでお知らせさせて頂きます。 (当日参加、大丈夫だと思います)宜しくお願いいたします。廣部剛司詳細:https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=524512391083678&id=415202278681357申込み・お問い合わせ先 U楽サークル運営 [続きを読む]
  • ドライエリアのある地下空間
  • 玉川学園の住宅、竣工写真が届きました。撮影は鳥村鋼一さんです。これは、ドライエリアのある地下空間。北傾斜の難しい条件でしたが、副産物として落ち着いた空間ができました。これから徐々に事務所HPへ写真をアップしていこうと思っています。 [続きを読む]
  • 雨の『岡崎の曲がり屋』
  • 『岡崎の曲がり屋』、明日は竣工写真の撮影予定でしたが、天候が良くないため延期となりました。実はお引っ越し後落ち着いた春先から撮影予定を組んでいますが、ずっと天候や予定変更などで撮影が延び続けています…。 もうすぐ竣工して1年、素材が少し生活に馴染んだ状態で撮影となるので、それはそれで楽しみではあります。これは、私が撮ったスナップです。この時も雨でした。 [続きを読む]
  • クルマと建築家「casa BRUTUS」
  • 土曜日に、横河健さんのアトリエにて行われた小規模なレクチャー。ゲストは西沢立衛さんでした。講演後の懇親会で西沢さんと少しお話ししたのですがその時話題に出したのが一緒のコーナーに掲載されていたクルマについてのページ。さて、いつの記事だっただろう…と探してみると2004年の「casa BRUTUS」でした。12年も前ですね。今見ると、興味深い顔ぶれ。クルマ自体も時代と共に変わっているのを実感します。 [続きを読む]
  • 身体を弛める
  • 先日のこと別荘の設計をさせて頂いたお施主さまから新しくサロンをオープンしたので是非、とお誘いをいただきました。六本木駅からすぐのロケーション。高層階に位置するサロンに伺うとリーンロゼの紅い「プルム」が迎えてくれます。コーナーがない柔らかなデザイン。このチョイスもリラックスを求められてのことかな、などと思いました。高層階の大きな窓からは明るい光空が近くて浮遊感があります。一方で施術をして頂く部屋はグ [続きを読む]
  • 夏休みのオープンデスク
  • 夏休みのオープンデスク、毎年受け入れています。これは、昨年の夏休みメンバーと打ち上げをしたときの一枚。1〜2名ずつの受け入れなのですが、まとめて打ち上げをやり、学校の課題を持って来てもらいました。みなで即席の講評会。楽しい時間でした。応募は下記の要項を参照して下さい。<オープンデスク・インターンシップ>設計実務の場を体験できます。タイミングが合えば、打ち合わせや現場に同行してもらいます。・ 応募資格 [続きを読む]
  • 設計スタッフを募集しています
  • 廣部剛司建築研究所では現在、設計スタッフを募集しています。■募集要項・採用人数:1〜2人名(新卒もしくは実務経験者)・業務内容:個人住宅、別荘、商業施設等の企画・設計・監理・応募資格:建築・美術系大学、建築専門学校等卒業の方      明るい対応ができるコミュニケーション能力に長けた方・給与待遇:スキルを考慮の上、弊社規定による(14.5万〜)。交通費支給(上限あり)・休日休暇:日・祝日、夏期休暇、年末 [続きを読む]
  • Villa SSKが「AECCafe」で紹介
  • Villa SSKがAECCafeというサイトで紹介されています。打合風景や模型、現場写真などプロセスが掲載されるのは珍しいので、宜しければご覧下さい。http://www10.aeccafe.com/blogs/arch-showcase/2016/06/01/villa-ssk-in-chiba-japan-by-takeshi-hirobe-architects/?fb_action_ids=1373694535990803&fb_action_types=og.likes [続きを読む]
  • 新スタッフを募集しています
  • 廣部剛司建築研究所では新スタッフを募集しています。■募集要項・採用人数:1〜2人名(新卒もしくは実務経験者)・業務内容:個人住宅、別荘、商業施設等の企画・設計・監理・応募資格:建築・美術系大学、建築専門学校等卒業の方      明るい対応ができる方・給与待遇:スキルを考慮の上、弊社規定による。交通費支給(上限あり)・休日休暇:日・祝日、夏期休暇、年末年始休暇、リフレッシュ休暇(2日/月程度)・試用期間 [続きを読む]
  • 初対面から戦友に
  • 4/29の祝日、ミーレさんとASJのコラボ企画で行われたキッチン対談に登壇しました。進行をされたのは本間美紀さん。「リアルキッチン&インテリア」を発行されているキッチンのスペシャリストです。もう一方選ばれた建築家は相原まどかさん実は、3人ともこの日が初対面でした…初めまして、とご挨拶もほどほどに直前に本間さんが組まれたパワーポイントを拝見事前にいくつか作例はお送りしてあったので、それを確認しつつ流れを掴 [続きを読む]
  • ミーレさんとのコラボ企画
  • 明日 4/29(祝日)、ミーレさんとのコラボ企画で行われる対談に登壇します。場所はASJ東京セルで 14時からです。当日の進行は本間さんがされるので内容は読めませんが、楽しみに臨もうと思っております。東京フォーラムの真裏にある東京セル丸の内散策がてらにでもお寄り下さい。当日は 11〜18時まで会場におります。詳細はこちらをご参照下さい。http://www.asj-event.com/st996-0002/cn2/pg407.html [続きを読む]
  • 廣部剛司建築研究所では新しいスタッフ・インターンを募集しています
  • 廣部剛司建築研究所では新しいスタッフ・インターンを募集しています。「建築の設計は音楽に似ていると思います。同じメロディーであってもアレンジや楽器の音色テンポなどによってまったく違ったものになる。同じように、建築空間をつくるということは一見同じようなプログラムでも、それをどのように導いていくかで結果が変わる。音楽が人の心を打つように、どんな設計であっても心に響く空間に辿り着きたい。そう考えて仕事をし [続きを読む]
  • 樹木と対話する時間
  • 昨日はずっとプランを考えている伊豆高原の別荘敷地に行きました。敷地を訪れたのは着手時から2回目。条件の違う天候で、違う季節に行ってみたいと思ったからです。ここは宅地造成のされていない敷地できることなら大きな木は切らずに計画したい。それでも限界があるので、だんだんと樹木と対話するような感じになってきます。これは、そんなモードの時に同行したスタッフが撮影した一枚。傾斜地の難しい条件ですが、ここに馴染み [続きを読む]
  • 21世紀の木の住宅
  • 雑誌「モダンリビング」の最新号に『Villa Escargot』が木の空間の事例として掲載されています。特集は「21世紀の木の住宅」前号から少し判型が小さく持ち歩きやすくなったML、ぜひご覧下さい。P114〜モダンリビング 226/ハースト婦人画報社¥1,800Amazon.co.jp [続きを読む]