hirobe-t さん プロフィール

  •  
hirobe-tさん: 建築家 廣部剛司 /日々の断章
ハンドル名hirobe-t さん
ブログタイトル建築家 廣部剛司 /日々の断章
ブログURLhttp://ameblo.jp/hirobe-t/
サイト紹介文建築家 廣部剛司 が建築のこと、音楽のことなどを綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/02/10 16:04

hirobe-t さんのブログ記事

  • ※延期のお知らせ「奏楽庵(sogaku-an)」内覧会
  • お世話になっております。 先日お知らせさせて頂きました「奏楽庵(sogaku-an)」内覧会ですがこのところの天候で外壁の補修が間に合わなくなりまして週末に外部足場が残ってしまう状況となりました。関係者にて来場頂く方々の安全も考慮させて頂いた結果、内覧会の日程を延期させて頂くこととなりました。 既に御予定いただいていた皆様には申し訳なく思っております。 宜しくお願いいたします。 廣部剛司 追伸:資料準備の関係も [続きを読む]
  • 「奏楽庵(sogaku-an)」内覧会のお知らせ
  • 中野区にて施工中の住宅が間もなく完成致します。ヴァイオリンを演奏されるご家族が友人を招いてサロンコンサートを開けるようにというご要望で設計をしております。サロンとしても使用するLDは音響を優先して断面計画を考えております。クライアントのご厚意で、お引渡後ではありますが内覧頂ける時間を設けることができました。設計依頼を検討されている方、メディア・建築関係の方などで内覧をご希望される方は下記の要領により [続きを読む]
  • 音楽とアート ワインのしらべ
  • 今週末(5/28)丸の内にありますASJという建築家ネットワークの拠点でリゾートライフを中心にお話しさせていただく機会がございます。 少しワインが出ましたり、という砕けた雰囲気になりそうです。 なお、当日は13時頃より私は会場におります。 廣部剛司 ――――――5/28(日) セミナー: 16:00〜17:00  廣部 剛司様(廣部剛司建築研究所) 「別荘建築」〜音楽とアート ワインのしらべ〜 世界放浪の旅に出掛け、様々 [続きを読む]
  • 岡崎はジャズの街なんですよ
  •  2015年に竣工した『岡崎の曲屋(まがりや)』という住宅の設計、現場を通して何度も岡崎には通っていたけれど、いつも時間に余裕が取れなくて現場以外の場所をほとんど訪れたことはなかった。 今回ひょんな繋がりで岡崎の建築相談会に呼んで頂くことになり、2日目の朝、早起きして(ごく一部ではあるけれど)街歩きをすることができた。城下町にルーツを持つ街並みの一部を感じながら岡崎城まで、約1時間ほど歩いた。   [続きを読む]
  • 今日から2日間、ASJの東京セルにおります
  • 今日から2日間、ASJの東京セルにおります http://studio.asj-net.com/cell/tokyo/ev-info.html 13:00〜18:00 [入場無料]会場/ASJ TOKYO CELL東京国際フォーラム ホールC向かいのビル明日4/30には15時からお話しをさせて頂きます。 今回は自作中心のレクチャーではなく、独立前に8ヶ月にわたり建築を巡った世界放浪のことや、処女作となった自宅のことなど少しフランクな内容でお話しさせていただく予定です。 住み始めて1 [続きを読む]
  • 4/30 世界放浪のこと、処女作のことについてお話しします
  • 4/30にASJの東京セルでお話しさせて頂きます。 自作中心のレクチャーではなく、独立前に8ヶ月にわたり建築を巡った世界放浪のことや、処女作をなった自宅のことなど少しフランクな内容でお話しさせていただく予定です。 休日ではありますが、お気軽にお越し下さい。 お申し込みは下記HPよりお願いします。 http://studio.asj-net.com/cell/tokyo/Seminar.html http://studio.asj-net.com/cell/tokyo/Seminar.html [続きを読む]
  • アラン・ホールズワースのこと
  • アラン・ホールズワースが亡くなりました。 ギター小僧にとって神のような存在。それは多くのプロミュージシャン達にとってもそうでした。 その音楽は決して分かりやすいものではなかった。とても不思議な「空間感覚」の持ち主だったと思っています。 その秘密に迫りたくて、この曲をバンドでコピーしたのは大学2年生の時。されど、音を追うのに必死で秘儀については身につかず…若かったとはいえ、なかなか無謀な試みでした・笑 [続きを読む]
  • 「建築を気持ちで考える」を拝読して
  •  堀部安嗣さんのお名前を最初に認識したのは、まだ芦原義信先生の事務所に居た頃です。『ある町医者の記念館』を新建築誌上で拝見して、その光の巧みな操作や静かな空気感に共感を覚えると共に、同世代の建築家がこんな作品を手掛けたのだと驚いたことを良く憶えています。 先日まで、ギャラリー間で開催されていた堀部さんの展覧会にあわせて出版された「建築を気持ちで考える」をご縁あってご本人から頂きました。実は頂いてす [続きを読む]
  • 明日から「かながわ建築祭」です
  • 明日の金曜日から日曜日まで馬車道駅のコンコースで「かながわ建築祭」が開催されます。 「JIA神奈川デザインアワード」に弊社は『Villa Escargot』の模型とパネルを出展します。日曜日には伊東豊雄さん河内一泰さん、柳澤潤さんによる公開審査が予定されています。 横浜散策がてらにお寄り頂ければ幸いです。http://www.onvisiting.com/2017/02/20/jia-kanagawa-20170226/ このカットは鳥村さん撮影の一枚です。2階に必要な空間 [続きを読む]
  • 『由居庵』アプローチを改修しました
  • 世田谷区の『由居庵』は定年後を見据えて設計された住宅です。 HPに掲載しています写真の段階では、ディベロッパーが造成した急なアプローチ階段のままとなっています。 http://hirobe.s2.bindsite.jp/Works/house/yuian.html これは、頑張れば縦にクルマを2台入れられる…ということを狙って造成されたのだと思いますが、健常者でも緊張感のある角度でした。 そのため、いずれ階段を昇降しやすいものに改修 [続きを読む]
  • 長く描き続けるために、元気でスポーツをするために
  • 今から一月半前のこと、いつものようにスカッシュコートでボールを打った瞬間、強い痛みが走りました。今まで経験したことのない感じの痛みで、その日は退散。。。 日常生活でもモノを持ち上げたり、着替えたりするときに痛みがありましたが1ヶ月ほど、整体で見てもらったりしながら安静にしていました。 そして、久しぶりに行ってみたスカッシュのレッスン。始まって打つこと1球目で激痛が走り、コートを後にしました [続きを読む]
  • 本日の夜18:30より、丸の内でお話しさせていただきます
  • 本日の夜18:30より、丸の内で別荘建築のこと、それから街の住宅で自然を感じるための設計手法などについてお話しします。元々はクローズな会でしたが、オープンにしても良いということでしたのでお知らせさせて頂きます。 (当日参加、大丈夫だと思います)宜しくお願いいたします。廣部剛司詳細:https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=524512391083678&id=415202278681357申込み・お問い合わせ先 U楽サークル運営 [続きを読む]
  • ドライエリアのある地下空間
  • 玉川学園の住宅、竣工写真が届きました。撮影は鳥村鋼一さんです。これは、ドライエリアのある地下空間。北傾斜の難しい条件でしたが、副産物として落ち着いた空間ができました。これから徐々に事務所HPへ写真をアップしていこうと思っています。 [続きを読む]
  • 雨の『岡崎の曲がり屋』
  • 『岡崎の曲がり屋』、明日は竣工写真の撮影予定でしたが、天候が良くないため延期となりました。実はお引っ越し後落ち着いた春先から撮影予定を組んでいますが、ずっと天候や予定変更などで撮影が延び続けています…。 もうすぐ竣工して1年、素材が少し生活に馴染んだ状態で撮影となるので、それはそれで楽しみではあります。これは、私が撮ったスナップです。この時も雨でした。 [続きを読む]
  • クルマと建築家「casa BRUTUS」
  • 土曜日に、横河健さんのアトリエにて行われた小規模なレクチャー。ゲストは西沢立衛さんでした。講演後の懇親会で西沢さんと少しお話ししたのですがその時話題に出したのが一緒のコーナーに掲載されていたクルマについてのページ。さて、いつの記事だっただろう…と探してみると2004年の「casa BRUTUS」でした。12年も前ですね。今見ると、興味深い顔ぶれ。クルマ自体も時代と共に変わっているのを実感します。 [続きを読む]
  • 身体を弛める
  • 先日のこと別荘の設計をさせて頂いたお施主さまから新しくサロンをオープンしたので是非、とお誘いをいただきました。六本木駅からすぐのロケーション。高層階に位置するサロンに伺うとリーンロゼの紅い「プルム」が迎えてくれます。コーナーがない柔らかなデザイン。このチョイスもリラックスを求められてのことかな、などと思いました。高層階の大きな窓からは明るい光空が近くて浮遊感があります。一方で施術をして頂く部屋はグ [続きを読む]
  • 夏休みのオープンデスク
  • 夏休みのオープンデスク、毎年受け入れています。これは、昨年の夏休みメンバーと打ち上げをしたときの一枚。1〜2名ずつの受け入れなのですが、まとめて打ち上げをやり、学校の課題を持って来てもらいました。みなで即席の講評会。楽しい時間でした。応募は下記の要項を参照して下さい。<オープンデスク・インターンシップ>設計実務の場を体験できます。タイミングが合えば、打ち合わせや現場に同行してもらいます。・ 応募資格 [続きを読む]
  • 設計スタッフを募集しています
  • 廣部剛司建築研究所では現在、設計スタッフを募集しています。■募集要項・採用人数:1〜2人名(新卒もしくは実務経験者)・業務内容:個人住宅、別荘、商業施設等の企画・設計・監理・応募資格:建築・美術系大学、建築専門学校等卒業の方      明るい対応ができるコミュニケーション能力に長けた方・給与待遇:スキルを考慮の上、弊社規定による(14.5万〜)。交通費支給(上限あり)・休日休暇:日・祝日、夏期休暇、年末 [続きを読む]
  • Villa SSKが「AECCafe」で紹介
  • Villa SSKがAECCafeというサイトで紹介されています。打合風景や模型、現場写真などプロセスが掲載されるのは珍しいので、宜しければご覧下さい。http://www10.aeccafe.com/blogs/arch-showcase/2016/06/01/villa-ssk-in-chiba-japan-by-takeshi-hirobe-architects/?fb_action_ids=1373694535990803&fb_action_types=og.likes [続きを読む]