handvaerker さん プロフィール

  •  
handvaerkerさん: handvaerker
ハンドル名handvaerker さん
ブログタイトルhandvaerker
ブログURLhttp://withbasket.exblog.jp/
サイト紹介文365日、いつでもどこでもナンタケットバスケットともに。ハンドバーカー(職人)のブログです。
自由文アメリカの伝統工芸品、ナンタケットバスケットを365日使えるアイディアをご紹介。美しいもの可愛いもの美味しいものも大好き。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2009/02/14 17:00

handvaerker さんのブログ記事

  • with flowers
  • 夏草と、ナンタケットバスケット。一つは、ワインクーラー、もう一つはカップホルダー。でも、ともに花瓶として使う方がしっくりくる。秋草とナンタケットバスケット。模様入りの、ちょっとしつこいバスケットだが、お花と相性が良い(気がする)。ドライフラワーとナンタケットバスケット。革リムキャンドルホルダー、秋らしくと思って・・・葉っぱを切り取ってみた。近所の散歩、曼珠沙華が。突然咲いているから、不思議。タロウ [続きを読む]
  • 涼しくなると、食べたくなるもの
  • SummerbirdのFlodeboller。デンマーク発祥のお菓子だが、今や世界各地で見られる。マシュマロとチョコ、鉄板の組み合わせ。ミニサイズとはいえ、マシュマロとチョコとマジパン、思いっきり甘い。でも、ペロリ。Wittamerのプチシュークリーム。6種類全て、中のクリームも外のチョコも違う。マンゴー、レモン、ラズベリー、ピスタチオ、コーヒー、チョコ、どれも美味しい!涼しくなると、こういうものが欲しくなる。夏痩せしなかっ [続きを読む]
  • donut と matahari、生徒さんも!
  • 佐々木さんから、パーツ色々できました!のご連絡を受けて、幾つか購入。早速試作品を作ってみた。穴が空いているのがdonut、穴がないのがmatahari、と、前回名付けた。donutsmatahari違いがあるのか?と言われると、・・・。ミニチュアグラスを載せてしまえば、皆同じ。大きさがちょうどぴったりで、スカート履いているみたい。何個か作ってみて、少しコツがわかったような・・・。早速生徒さんもトライ!(お写真送ってください [続きを読む]
  • 夫婦トート?!
  • どちらも9インチトート。ちょうど同日に完成。同じモールドを使った作品が、同日完成というのは珍しい。一つは、ステイブ、ウイーバーともプレーンの籐で、メープルリム、白い革ハンドル。白い貴婦人のよう。一つは、ステイブ、ウィーバーとも黒染めの籐で、ウォルナットリム、黒檀オーバーレイのウォルナットハンドル。マットな雰囲気で、ウッドのかっちりしたハンドル、どことなく男前。写真を撮っていたら、生徒さんが、「夫婦 [続きを読む]
  • 無性に甘えたいっす。
  • 動物とわたしかーさん??いきなりどアップで近づいてきたタロウ。あのう、なでなでしてください。お膝に乗せてほしいっす。お膝〜。ふふん、やった。無性に甘えたくなる時って、ありますよね〜。(いつもだと思うけど。。。)website : håndværker Facebook : 365 days of Nantucket Basket Instagram : handvaerker_365にほんブログ村↑↑↑Click, Please! 応援とってもありがたいです。 [続きを読む]
  • 不愉快なタロウ
  • 動物とわたしこの姿勢で寝ていることが多いからって、あっしをミニバスケットのサイズ比較に使わないでください。ましてや、頭の上に載せないでくださいっ!怒いやぁ、似合ってるよ〜。ありがとう、タロウ。website : håndværker Facebook : 365 days of Nantucket Basket Instagram : handvaerker_365にほんブログ村↑↑↑Click, Please! 応援とってもありがたいです。 [続きを読む]
  • 颯爽と・・・?
  • 動物とわたしかっこいいでしょう?ねーさんのお買い物のお供っす。でも実はとっても怖いっす。隣からお肉の匂いがするけれど、そちらを向く余裕すらありません。早く、お家に帰りやしょう。普段はバッグに入れて乗せるのに、今回直に乗せられて、とってもビビっているタロウでした。website : håndværker Facebook : 365 days of Nantucket Basket Instagram : handvaerker_365にほんブログ村↑↑↑Cl [続きを読む]
  • 最近完成の生徒さん作品
  • 7月は展示会でお休みが入り、その後は夏休みもあり、生徒さんの作品完成のペースは落ちていたのですが、最近、大作が次々と仕上がってきています。7インチラウンド。浅めに編んで、茶色のハイドケーンで引き締まった印象に。長めのハンドルなので、木の蓋もスッキリ。ベースと蓋とハンドルはチェリー、蓋ノブとハンドルノブはウォルナット。2種類の木が見事に調和。料理のプロの生徒さんだから、テーブルコーデに活用していただ [続きを読む]
  • The Glass Flowers at Harvard
  • 久しぶりに本の整理をしていたら、目に止まった。懐かしい!ボストン在住中、まだ小学生だった娘と夫がハマったのは、ハーバード大学の自然史博物館。中でも、凄まじい数の剥製や骨格の展示(鳥、哺乳類、などなど)と鉱石の展示が大好きで、何度行っても、一つ一つじっくり眺めていた。その間、私が入り浸っていたのは、グラスフラワーの展示室。植物の見本を作る方法として、写生や写真、造花はよくあるが、立体的に、色あせもせ [続きを読む]
  • またも、メサージュ・ド・ローズに??
  • 薔薇のチョコといえば、メサージュ・ド・ローズ。デザインも、チョコも、最高品質。幾度となく、お使い物に、自分へのご褒美に、と利用させていただいている。この度、またまた可愛い薔薇に出会い、一目惚れ購入。コーンフルーリ。似たようなものは他にもあるが、さすがメサ−ジュ・ド・ローズ、コーンも、中のチョコも、薔薇の花もみんな違ってミニチュアサイズながら食べ応えも十分。6本入りの箱しかないのが残念。もっといっぱ [続きを読む]
  • タロウの近況報告
  • 動物とわたしサマーカットをしたら、一部の毛が薄くなって、なかなか生え揃わなかったので、しばらくバリカン厳禁になってました。真夏にもかかわらず、もさ〜としてます。ベッドとマットを新しくしたら、何故かはみ出て寝るように。頭痛くないの〜?でも、一ヶ月経って、ようやくマットに収まるようになりました。相変わらず、膝の上で寝るのが大好きで、降ろされたくない時は、こうやって腕にしがみつきます。爪たってるし、結構 [続きを読む]
  • 使い道未知バスケット
  • 佐々木さんからの宿題、がっつりウッドリム。いろいろ考えて、最初の構想とは全く違うものが完成。和の雰囲気から、ふろおけ?小盆?はてさて、何に使おう?website : håndværker Facebook : 365 days of Nantucket Basket Instagram : handvaerker_365にほんブログ村↑↑↑Click, Please! 応援とってもありがたいです。 [続きを読む]
  • 木象嵌、再び。
  • 2009年の作品。当時は、木象嵌を習っていて、こちらを展示会に出品すべく、頑張って作っていたのを思い出した。ナンタケット島のおなじみの風景。独特の形と色のヨットがたくさん見られるのは、夏だけの光景。木象嵌から離れて10年近く。材料だけはあるので、いつかはと思いながら、全く作っていない。この度、私の10インチオーバルトレイを見て気に入ってくださった生徒さんが、同じ木象嵌を嵌める予定。ちゃんと教えられるか [続きを読む]
  • 天照”屋久杉”時計
  • 屋久杉ベースの時計第一弾に続き、第2弾完成。一回り小さいサイズ。放射状に広がる模様は太陽光線をイメージした。杉独特の木目を眺めているうちに、この杉の長い歴史を共に歩んだのは太陽だと思った。少しチャレンジした部分もあるのだが、結果はあまり目立たず。ま、それでも、イメージ通りになったから良しとするか。website : håndværker Facebook : 365 days of Nantucket Basket Instagram : h [続きを読む]
  • インストラクターの資格
  • メール等で、「そちらのお教室でインストラクターの資格が取れますか?」という質問が続き、いろいろ考える機会があったので、現在の私の意見をまとめておこうと思います。私自身、アメリカ在住の日本人の元でインストラクターの資格を取りました。が、当時はインストラクターコース自体が初めてのことで、レッスンというよりは研究会のように、お互い意見や疑問を出し合い、皆で実験して発表するという形でした。この経験は、大変 [続きを読む]
  • 風邪っぴきのおうちごはん
  • 別に忙しいわけでもないのだが、夏風邪を引いた。夏に風邪を引いたのは久しぶり。熱もないし、頭が痛かったのは始めの二日だけ、喉が痛くて咳が止まらないのはしんどいけれど、食欲は落ちない。ということで、最近のおうちごはん。まだ元気だった娘が買ってきてくれた笹巻けぬきすし。魚の小骨を毛抜きで抜いていたからついた名前、なんとも江戸っぽい。ご近所さんで、夕方6時から食パン10斤のみ販売するお店がある。お店という [続きを読む]
  • ナンタケットバスケットとお出かけ
  • 10インチトートにエトロのスカーフを巻いて、7年ぶりの友人との再会に。マンダリンオリエンタルホテル38階のオリエンタルラウンジ。Summerを意識したアフタヌーンティ。夏野菜をふんだんに使い、涼しげな色使い。さっぱりした味で、どれも食べやすかった。ドリンクは、ポットではなく、1杯ずつオーダーできるので、いろいろな種類のものを楽しめる。憧れの先輩マダム、ブログは拝見しているものの、実際にお話を聞くといろい [続きを読む]
  • 真夏の深大寺
  • 4年前に初訪問した深大寺。鬼灯市のときだった。お盆休み、久しぶりに行ってみる?と、タロウと一緒に。鬼太郎茶屋では、着ぐるみ鬼太郎がお出迎え。あれ、鐘はつけないっすね〜。除夜の鐘だけね。それだって抽選なんだって〜。ちょっと涼しいっすね〜。わんこに優しいお寺で有名。どの蕎麦屋もテラス席ならわんこOK。タロウは小川に興味津々。ねーさんと一緒にお出かけ、嬉しいなぁ。また、連れてきてくださいね〜。website : h [続きを読む]
  • ハートのドングリ(?!)
  • ワインクーラーの横に小さなバスケット2つ。手のひらサイズながら、キャンドルホルダーや一輪挿し、小物入れと、用途は多彩。というのも、中がガラスや陶器になっているから。器をモールド代わりに作る時、器の形を損なわないように、私は革のリムを使う。更にこちらは、ステイブを切り抜いてあり、キャンドルを灯すとハートが浮かび上がる。ステイブもウィーバーも薄くしないと明かりが透けないので、実は結構手がかかる。たまた [続きを読む]
  • ファブリック小物でお遊び♪
  • 先日、吉祥寺Cotton Fieldでいろいろ買い求めた布小物で、自作バスケットをおめかし。バントレイを黒っぽく編上げ、黒の革蓋とハンドルを付けたこちらには、カラフルなリボンを。付け替え可能で、短い期間のお楽しみ。ダブルワインも、シンプルなボトムに黒の革蓋とハンドル。シンプルなので華やかに、と、お花の小物をピンで留めた。ピンだから付け替え可能、いろいろアレンジできて楽しい!こちらのお店、素敵なリネンもいっぱい [続きを読む]
  • 老舗の試みを試作のお盆に。
  • 試作で作った小盆。改良の余地大なのだが、展示会では、ミニチュアやブローチを置いて、興味を持ってくださった方も多かった。美味を載せてみたら、なかなか使い勝手も良い。広島土産を頂いたので。もみじ饅頭が有名なにしき堂の新作、「生もみじ」。生地がモチっとしていて、今までのものとは全くの別物。美味しい!ワインのお供にと頂いたので。種類豊富なかりんとうで有名な麻布かりんとの新作、「チーズ&ワイン」と「トリュフ [続きを読む]
  • お気に入りだけど、さようなら。
  • あれ、タロウ、どうなっちゃってるの〜?器用に小さなベッドに収まって寝てるね。でも、やっぱり狭いよね。お気に入りだろうけれど、新しいベッドに替えようね。で、大きいのを買ったのに、はみ出てるって、どうゆうことっ?!てへぺろ。website : håndværker Facebook : 365 days of Nantucket Basket Instagram : handvaerker_365にほんブログ村↑↑↑Click, Please! 応援とってもありがたいです。 [続きを読む]
  • 最近の”初”づくし
  • 7月半ば、ペニンシュラのザ・ロビーで初アフタヌーンティ。以前テーブルウェアフェスティバルで一目惚れした小皿トレイが!こんな風に使えたらいいなぁ。フードの種類も豊富、飾り付けも可愛く夏らしく、紅茶のお代わりもすぐさま聞きに来てくれるし、最高に幸せな時間だった。こちらも7月半ば、新宿小田急のマキャベリ初訪問。トスカーナで1638年創業の老舗。ワインが飲みたかったけれど、この日は我慢。デザートまでがっつ [続きを読む]
  • デンマーク映画2本で偏見について考える
  • 見たかったけれど見そびれた映画、やっとDVDに!デンマーク映画というのは、いつも見終わった後にモヤモヤ感が残る。視点が独特だからか。第二次大戦直後、ナチスが埋めた地雷を除去するために捕虜のドイツ少年兵たちが派遣される。少年兵を統率するのは、デンマーク人のラスムスン軍曹。最初、憎しみをあらわにし、少年兵に武力や罵声を浴びせる軍曹が、日々、死と向かい合わせの中で一生懸命仕事をこなす彼らと生活を共にするう [続きを読む]
  • 伊勢土産
  • どのお店も大混雑の赤福。伊勢土産といえば、赤福なのだが、赤福となが餅を一生分食べている我が家は違うものを。Mrs. Inahoという斬新なネーミングのおかき。塩、エビ、あおさの三種。サクサクふんわり、程よい塩加減。お土産新旧、どちらも捨てがたし。左は創業390年の関の戸。旅の疲れを、この甘さが癒してくれたんだろうなぁ。右はパールゼリー。真珠の粉とコラーゲンが入った見た目も美しいお菓子。同じブランドで飴やクッ [続きを読む]