ナユタ さん プロフィール

  •  
ナユタさん: 必ず彼氏ができるとっても不思議な恋愛ブログ
ハンドル名ナユタ さん
ブログタイトル必ず彼氏ができるとっても不思議な恋愛ブログ
ブログURLhttp://nayuta-ren-ai.seesaa.net/
サイト紹介文なかなか彼氏ができないとお悩みのあなたに。彼氏ができる、とっても不思議な魔力を持つブログです。
自由文素敵な彼氏、幸せに包まれた恋愛、そして結婚へ。次にバージンロードを歩くのは、あなたです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/02/15 11:30

ナユタ さんのブログ記事

  • 10年後のあなたが幸せであるために
  • 現在、あなたは幸せな人生を過ごされているでしょうか。人生は人それぞれですから、「とっても幸せ」という方もいらっしゃるでしょう。一方で「孤独で寂しい毎日」という方もいらっしゃるかもしれません。さて、では10年後のあなたは、どのような人生を歩まれているでしょうか。「10年も先のことなんか、考えたことないなぁ」10代から20代の方であれば、10年先の自分をイメージすることは難しいかもしれません。でも、10年後におい [続きを読む]
  • 尽くされる女性がモテる理由
  • 「尽くしているのに振り向いてもらえない・・・」と、そんなお悩みを抱えていらっしゃる乙女はいらっしゃいませんか。その一方で、周囲の男から何かと尽くしてもらっている女性もいるものですが、案外そんな女性はモテるものです。「尽くされるからモテるんじゃなくて、モテるから尽くしてもらえるんじゃないの?」確かにそんな場合もありますよね。でも、尽くされるように仕組んでいるがために、自然にモテるようになるという、実 [続きを読む]
  • ターゲットに対するカメレオン的接近術
  • あなたには、今、好きな人がいます。できれば、その人と恋愛関係となり、素敵な時を過ごしたいと考えているとしましょう。でも、これがなかなか実現しません。とっても好きなので、近寄るだけで心臓はドキドキ。胸がいっぱいになってしまいます。また、その人は自分をどう思っているのだろうと考えると、勉強も仕事も手につきません。こんなにも想っているのだから、いっそのこと告白してしまおうかとも考えます。でも、なかなかそ [続きを読む]
  • 「タラレバ娘」を卒業するために
  • 「東京タラレバ娘」というドラマをご存じでしょうか。もともと東村アキコさんのコミックが原作ですが、これがドラマ化された作品ですよね。売れないフリーの脚本家の鎌田倫子、独身彼氏なしであり、同じく恋愛に悩む二人の友人とタラレバばかりいいつつ気づいてみたら30歳といったシチュエーションです。主演は、吉高由里子さん、二人の友人を榮倉奈々さん、大島優子さんが演じています。このドラマ、ボクも録画をして楽しんでいた [続きを読む]
  • 男に結婚を決意させるための戦略
  • あなたがターゲットにする男性は、多くの場合独身男性のはずですよね(というよりも、独身男性以外をターゲットにするのはやめましょうね)。さて、独身男性に結婚を決意させるためには、人にもよりますが、実はひとつの高いハードルを超えなければならないのをご存知でしょうか。というのも、男が結婚を決意するためには、捨てなければならない様々なものがあり、それを捨ててでも、あなたとの結婚生活をチョイスする決断をしなけ [続きを読む]
  • 赤い糸で結ばれた彼の年収が200万円である場合の準備
  • 労働人口のおよそ4割が非正規として働いている日本。このような状況下においては、運命の出会いとも思える素敵な彼氏ができたとしても、その彼氏が非正規労働者である確率も、かなり高くなるはずですよね。非正規労働者の平均年収は250万円以下ともいわれています。彼らは自分の年収では、結婚をして家族を支えていくことは不可能と考えている場合が少なくなく、よって結婚には消極的な方が少なくありません。でも、もしあなたが年 [続きを読む]
  • 幸せになるために認識すべき「彼氏って何?」
  • 単身上京されて5年、必死に頑張り、今では仕事がうまくまわり始め収入も安定されてきたという乙女からメッセージを頂戴しています。夢に向かってしっかりと歩まれているあなたは、きっと素敵な方なんでしょうね。でも、せっかくお付き合いがスタートしたのにも関わらず2週間で振られてしまったといいます。あなたはご自分の非についてあれこれとお考えです。ただ、お付き合いは二人の関係性によって結ばれることも別れることもある [続きを読む]
  • 恋愛に年齢制限はあり?それともなし?
  • 恋愛に年齢制限はあると思われますか?それとも恋愛と年齢は関係ないでしょうか。たとえば、恋愛の後に結婚をして子供を授かりたいとお考えであれば、どうしても出産年齢から逆算した年齢制限を設定しなければなりませんよね。でも、恋愛の中には、出産年齢を意識する必要のないものもあるものです。実は先日、「結婚をすることになりました」というお手紙を知人から頂戴しました。50代を迎えている女性ですが、成人されている二 [続きを読む]
  • 容姿に関係なく彼氏ができるための知恵
  • 「やはりモテる子は可愛いな。と容姿を気にしてしまいます」と、そんなメッセージを頂戴しています。容姿については、以前にも「ご自分の容姿に自信が持てないあなたの戦略(1)」や「ご自分の容姿に自信が持てないあなたの戦略(2)」などにおいて、記事としてご紹介していますので、そちらもご参考いただければと思います。また、この方のメッセージは「私には女性らしさがないんです」と続きます。確かに、俗に言われる美女っ [続きを読む]
  • 恋愛が長続きしやすい人としにくい人の違いとは
  • 「恋愛の数だけは誰にも負けない」という女性をたまに目にします。なかなか彼氏ができないと悩む乙女からは、羨ましい限りと言った感じでしょうか。でも、恋愛の数が多い人は、ある意味で問題を抱えているとも言えます。というのも、それだけ一つの恋愛が長続きしないという裏返しでもあるからです。「せっかく彼氏ができても、なかなか長続きがしないんだけど」そんなお悩みを抱えていらしたりはしませんか?ということで今回は、 [続きを読む]
  • 自由に相手の想いを聞いたり自分の想いを伝える方法
  • 「彼の想いを聞いたり私の想いを伝えるには、どうすれば良いでしょうか」と、そんなメッセージを頂戴しています。恋愛って、お付き合いがスタートするまでがひとつの難関であるわけですが、無事おつき合いがスタートしてからも、何かと悩むものですよね。中には何の問題もなくおつき合いが成立しているのにもかかわらず、互いの想いを伝え合うことができずに、結果的にフェードアウトしてしまったり、ちょっとした隙間が生じたりと [続きを読む]
  • 今年彼氏ができて幸せになれる女性の+αの条件
  • 先日「今年彼氏ができて幸せになれる女性の5つの条件」という記事をご紹介させていただきました。するとさっそく次のようなご意見が。「今年彼氏ができて幸せになれる女性の条件って、この前の5つ以外にもあるって言ってたよね」「そうだね」「教えてくれないかな」「過去の記事にもいろいろと書いているんだけど」「もう一度教えてもらえるとありがたいな」現代社会に生きる女性は、皆さんとてもお忙しいようです。ということで [続きを読む]
  • 今年彼氏ができて幸せになれる女性の5つの条件
  • 新年あけましておめでとうございます。いよいよ新たな一年の始まりですね。きっといつになくハッピーな時を過ごされていることかと思います。初詣は行きましたか?なお、本ブログは皆さんからの多くのアクセスによって支えられています。いつもありがとうございます。ということで、今回はあなたに向けて、「今年彼氏ができて幸せになれる女性の5つの条件」というお話をさせていただければと思います。もし、まだ彼氏ができなくて [続きを読む]
  • 好きになった人に振り向いてもらえないあなたの秘策
  • 「どうしていつも、好きになった人に振り向いてもらえないの?」と、そんなメッセージを頂戴しています。ここ数年、何人もの人を好きになったのに、二人で何回か会うと連絡が途絶えてしまうパターンが続いているんだそうです。たまたま好きになった人が、自分を振り向いてくれないといった経験は誰もが持つものです。好きになった人が自分を好きになってくれるのであれば、恋愛問題の80%は解消されるように思います。ところが、 [続きを読む]
  • ボッチのクリスマスはお嫌いですか?
  • クリスマスイブですよね。最近、米国では「メリークリスマス」ではなく「ハッピーホリデー」という風潮が強くなっているようです。ご存知でしたでしょうか。まあ、どこでもというわけではないんですが、多民族国家ですから、クリスチャン以外の人々への配慮もあるようです。一方日本においては、特に宗教を信仰していない人が多く、クリスマスを年末のイベントとして捉えている方が多いですよね。クリスマスに盛り上がっても、それ [続きを読む]
  • 年末までの間にあなたに訪れる幸福
  • あと2週間で今年も終わりですね。ここの所気温もかなり低くなってきていて、本格的な冬の到来を実感することができますよね。街はクリスマスへ向け、盛り上がりを見せていて、年末に向けた舞台設定も着実にできあがりつつあるようです。今年は、ホワイトクリスマスとなるところもありそうな予感がしています。それはもしかしたら、あなたの地域かもしれませんね。さて今回は、これから年末の間にあなたに訪れる幸福についてお知ら [続きを読む]
  • 「いきなり結婚族」のメリットデメリットとそれを超える戦略
  • ネットであれこれとサイトを見ていて「いきなり結婚族」という言葉が目につきました。「なにこれ?」とばかり調べてみると、TV番組で特集していたらしく、この特集の発端が、ある女性がブログで結婚相手を募集したことにあることを知りました。女性が一人で生きるには寂しさもあり、経済的リスクもあることから、結婚はしたいと考えています。ところが、結婚へ至るまでの恋愛工程は不要と考えたこの女性、であるならばと、ブログで [続きを読む]
  • 「あなたの肩を借りていい?」で男を落とす女の戦略
  • 呼び出されたバーは、ボクもたまに立ち寄るお店で雑居ビルの地下にあります。店にh入るとと、カウンターで彼女は一人。暗い店内でカウンターに照明があたり、彼女の後ろ姿がスポットライトに照らされていました。「待たせた?」ボクは彼女の隣に座り、スコッチの水割りをバーテンダーにオーダーします。「呼び出してしまってごめんね。忙しいでしょう」「何かあった?」ボクは彼女に聞きます。彼女はそれには答えず、ボクの肩に手 [続きを読む]
  • 「選ばれる女」になるためのマインドセットを理解しよう
  • 「なぜ、私に振り向いてくれないの?」とそんな想いにとらわれたこと、ありませんでしょうか。たとえば男女のグループでちょっとした旅行に出かけた際、複数の男が、一人の女性の周りに集まることがあります。皆で行動をしているわけですから、偏る必要はないわけですが、特定の女性にのみ男が引き寄せられているわけです。その一方で、あなたに振り向いてくれる男がいません。ちょっと理不尽な展開ですよね。でも、そんな経験をお [続きを読む]
  • 「1対5の法則は彼氏探しに使えるかも」というお話
  • 1対5の法則、ご存じでしょうか。企画部やマーケティング関連の部署、業態でお仕事をされている方であればご存じかもしれませんね。1対5の法則とは、新規顧客獲得や新規顧客対する販売コストは、既存顧客に対する販売コストに比べて5倍のコストがかかるという法則です。「いきなり難しい話?」いえいえ、そうでもないんです。たとえば、ある通販会社が新規顧客を獲得したいとしますよね。これにネット広告などを介してプロダク [続きを読む]
  • 周囲の人に優しくなれると彼氏ができる理由
  • 大手広告代理店に勤務するある乙女は、ファッションセンスにも長けていて、ルックスもなかなか。仕事もできるといった恵まれたものを複数持つ女性です。本来であればそんな彼女は、周囲の男性が放っておくはずがないわけであり、当然の事彼氏がいても良いはずなんですが、なかなかできないと言います。「理想が高すぎたりしない?」と聞くと、「そんなことはないです」と、あっさりと否定します。彼女は笑顔も素敵で、コミュニケー [続きを読む]
  • 幸せの到来を待つだけの貴女が今やっておくべき事
  • 「出会いがないんです」と彼女が言います。「彼氏が欲しいわけだね」とボクが聞きます。「はい」「彼氏が欲しいなら、いろいろと行動を起こしてみたら?」「私にはそんなこと、できそうにありません」「じゃあ、どうする?」「運を天に任せて待つしかないのかな・・・」彼氏が欲しいし、新たな出会いが欲しいと考えているものの、自分から行動に出ることはとてもできないという乙女は多いものです。確かに、女性から男に声を掛ける [続きを読む]
  • さりげなく自分を知的で魅力的に見せる方法
  • 知的な女性は、男から見ても素敵で魅力的なものです。このため、知的な女性の演出も時には有効な戦略となります。ところがこの方法を取り違えてしまっている女性をよく目にします。自分を知的に、そしてより大きく見せることに必死になりすぎて、痛い印象を相手に与えていることに気付かれていないのです。これ、ちょっともったいないですよね。せっかくの努力が実を結ばないばかりか、逆にマイナスの印象を相手に与えてしまってい [続きを読む]
  • なかなか使える定番ながら効果的な告白未満の意思表示
  • 数か月前からとっても気になっている彼が、彼女にはいます。彼女の頭の中は、いつも彼の事ばかりで、ほかの事が手につきません。また、彼とお話しできる機会があると、心臓はドキドキで何を話していいのかもわかりません。でも、彼女はある日勇気を振り絞ります。そう、告白です。「私、あなたのことが・・・好き」これまでの人生で、これほどまでの大勝負は記憶にありません。心臓が喉から飛び出るんじゃないかと思えるほどです。 [続きを読む]
  • 比較的高い年収を得ている貴女が落とすべき男とは
  • 「男って変なプライドがあって難しい」頬杖をついて、ため息まじりに彼女は言います。「彼氏とうまく行っていないみたいだね」「ていうか、別れた」「何か問題でもあった?」「切れられたんだよね」「理由は?」「それが、よくわからないんだよね」大学を卒業後、ITコンサルタント専門の法人に入社した彼女は、仕事一途の日々を送っていたんですが、やっと彼氏ができたと喜んでいたのは、半年ほど前の事です。彼女はすでに30歳で [続きを読む]