モンライダー さん プロフィール

  •  
モンライダーさん: 嘘-たわごと
ハンドル名モンライダー さん
ブログタイトル嘘-たわごと
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/monrider/
サイト紹介文甲斐バンド、甲斐よしひろの音楽に対する想いを・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2009/02/16 00:13

モンライダー さんのブログ記事

  • たわごと〜ガラスの動物園のテーマ
  • 「ガラスの動物園のテーマ」うっかりすると聞き逃してしまうんじゃないかと思うくらい、低温で演奏されている。田舎の人間が東京という大都会に出てきて、その街というものを思い浮かべるとガラス細工の大きな舞台で浮かれてるような感じがつきまとう。そこには物語もドラマもあるのだけれど、不安定さみたいな微妙なニュアンスがつきものだ。そうしたことをテーマに、様々なドラマが繰り広げられていくアルバム「ガラスの動物園」 [続きを読む]
  • たわごと〜アルバム『英雄と悪漢』
  • アルバム『英雄と悪漢』このアルバムこそが、甲斐バンドの実質1thアルバムだということは、古きファンなら誰しもがそう思うだろう。このアルバムに「ポップコーンをほおばって」が収録されていることからも、それは明らかだ。前作と比較してもサウンド的にもロックになりつつあり、詞もハードボイルドのエッセンスが入り込み始めている。初期甲斐バンドアルバムの中でも、内容的に群を抜いてるし、本当にここから始まったという [続きを読む]
  • たわごと〜薔薇色の人生
  • 「薔薇色の人生」フォークはその指向と思考、ロックは目で肌で感じたことの表現力、そんな具合に思うことがある。「薔薇色の人生」は、共に歩んだことのある男と女で、その舞台に向けての想いに置き換えて甲斐がそこまで歩んできたものの中でのひっかかりを歌ってる曲だと思うことがある。いいことばかりではなく、良くないこともある生という時の中ではそれが急激に訪れることもあるし、予期めいてくることもある。それが時間の波 [続きを読む]
  • たわごと〜絵日記
  • 「絵日記」何とも牧歌的な曲。田舎中の田舎に身を置かないと、こういう詞は書けないんだろうな。今時の子供は、昆虫を取るモノではなく買うモノと思ってるし、穏やかな時が流れる中でトンボが飛んでる様な風景なんか想像もできないんだろうな。子供だけでなく、その親たちまでも、、、実に嘆かわしいと思うね。ロックだなんだと言うけれど、甲斐バンド、甲斐よしひろの根っこはフォークに近いし、そういうジャンルにあるんだと思う [続きを読む]
  • たわごと〜一日の終わり
  • 「一日の終わり」この曲の作詞はベーシスト長岡、作曲はドラムス松藤。作曲はともかく、長岡の作詞はこの曲以降の曲でも感じられるけど、昭和40年代前半から中盤の匂いがする。フォーク全盛時代だったかもしれないその時期は、音楽のみならず、どんな小さいことにも意味を見出そうとする時代で、学生闘争の時代だったと思ってる。♪ 冷たいベット しみだらけの壁 指の一つも 動かせないまま ♪こういうフレーズには、昭和40年 [続きを読む]
  • たわごと〜昨日のように
  • 「昨日のように」「ポップコーンをほおばって」と同時期、甲斐よしひろがまだ17歳の頃に書かれたこの曲。甲斐のそれまでの歩み、しかもその歳まで描かれてしまった生い立ちが凝縮され、男女の恋愛というか一方的におもちゃにされてしまった女に置き換えて書かれている。確か、甲斐が幼い頃、父親の夜逃げがあって、、、ということがあったと思う。甲斐の音楽の原点や想いというのはこの父親によってもたらされたところが大きく、い [続きを読む]
  • たわごと〜かりそめのスウィング2
  • 「かりそめのスウィング」この曲の出だしに「クリスマスに、、、」というWordがあるから、よくクリスマスソングの一つみたいにいわれることがある。けれど、この曲はそうではなく、ざわつく街並みと人混み、その漂う不安定さがクリスマスの時期は特に顕著になるということで曲のタイトルに“かりそめ”と入ってることだと思ってる。まさしく一つの区切りみたいな時期だけど、そこを転回点にして、男女のもつれあいに感じる恋愛 [続きを読む]
  • たわごと〜狂った夜
  • 「狂った夜」アルバム『英雄と悪漢』のタイトル曲と言ってもいいこの曲。それでも当初はこのアルバムの中で最も注目してなかった曲だった。詞を読んでるとこういう勧善懲悪じゃないけど、物事を二分するような詞の書き方は若くないと書けない。英雄と悪漢という分け方みたいなことは、若さの特権だろうと思う。だから余計に自分が若かった頃に触れたこの曲には、心が反比例したかのように耳を傾けなかったのかもしれないな。様々な [続きを読む]
  • たわごと〜風が唄った日
  • 「風が唄った日」2年前に行われた「甲斐バンドシンフォニー」で、最もこの曲は取りあげられるだろうという予想があった。まあ、原曲を聞いてただけでもそれは分るというもの。特にこの曲を然程聞いてなくても、昔、この曲が収録されたアルバムに触れていただけでも分かりそうだった。アルバムを作ろうとするとき、曲のアレンジをどうするかということに目が行くと思うけど、『英湯と悪漢』の作成においてそのアレンジが曲の壮大さ [続きを読む]
  • たわごと〜裏切りの街角
  • 「裏切りの街角」今時の改札は便利になったけど、物語のキーワードになったりしない妙義の薄さがある。切符の一枚一枚に鋏を入れてた時代は、改札口の手前と向こう側で様々な想いが渦巻いてた。だから、改札はその間に挟まる重要なキーワードになっていた。改札手前の想いは、改札の向こう側でその思い通りになるとは限らず、だから傍目で見れば面白味があった。こうしてみると、何事も便利になればいいと言うものじゃないらしい。 [続きを読む]
  • たわごと〜光と影
  • 「光と影」この曲は大森さんの作曲だった。甲斐が詞を書き、大森さんがメロディをつけたのか、その逆なのか分からないけど、両者お見事の曲だね。物事には表と裏がある様に、全てに光が差し込むわけでもなく、闇だけでもない。光と影になる部分があるわけで、光を浴びるその裏には影ができる必然がある。要するに光と影は一つのセットであるわけで、万物全てがそういう関係にある。♪ 喜びと悲しみは背中合わせ いつも並んで座っ [続きを読む]
  • たわごと〜東京の冷たい壁にもたれて2
  • 「東京の冷たい壁にもたれて」望郷の世界。それも福岡から上京した甲斐バンドの背景のなせる魅力の一つだろう。少なくともニューヨーク三部作が発表されるまでは。いや、「HERO」のヒット前までかもしれない。東京という街は、もともと純粋に東京生まれなどという人は少なく、周辺地域か地方にその根っこの一端がある人が無意識に背伸びして作り上げてる街だから、望郷の念というのは誰にでもあるものかもしれない。甲斐バンド [続きを読む]
  • たわごと〜ポップコーンをほおばって2
  • 「ポップコーンをほおばって」この曲はアマチュア時代に書かれた曲だけど、それがプロ仕様に手入れされてセカンドアルバムの1曲目に収録された。原曲は出だしがゆっくり目で、突如転調するという甲斐の書く曲の特徴がよく出ていた。プロ仕様に手入れされたのは正解だったし、当然のことだった。ボクこの曲については以前書いたけど、BIGGIGでのこの曲との出会いがなかったら、何も起こらなかったはず。良しきにつけ悪しきに [続きを読む]
  • たわごと〜アルバム『らいむらいと』
  • 甲斐バンドファーストアルバム『らいむらいと』のちにこのアルバムはアーリー甲斐バンドと称されていた。初期中の初期、この頃の甲斐バンドって甲斐バンドであって甲斐バンドではない。まだ、メンバー寄せ集め状態の甲斐よしひろバンドだったと思う。ボクのように、かなり後年になってから遡る様にこのアルバムに行き着くと、かなりの違和感を感じるだろう。特に甲斐よしひろのアマ時代の曲に触れたいとも思わないけど、そうした曲 [続きを読む]
  • たわごと〜吟遊詩人の唄 (One Man Band)
  • 「吟遊詩人の唄 (One Man Band)」この曲はカバー曲であることは言わずもがな。でも、詞の一つ一つがフォークロックのミュージシャンの根幹、いわゆる根っこだね。誰から見てもおんぼろのギターには、その持ち手の気が籠っていて、そのギターで奏でる音をベースに何処へでも行く。そんな感じかな。ただ曲調が軽く、まだ曲をカバーし、カバーするに値する意味を十分に理解してはいなかった感も強い。だからファーストアルバムに収録 [続きを読む]
  • たわごと〜思春期
  • 「思春期」思った通りのデビューが出来なかった甲斐バンド。でも、曲のほとんどは甲斐が書いたものだし、その曲たちをどうアレンジして吹き込んでいくのかが自分の思ったようにできなかったということ。曲をレコード化する手法等諸々のことを全く知らずにいたんだから止む無いことだったとは言え、デビューシングルとアルバムが出来上がった時、甲斐の想いは・・・そんな甲斐の思いの根底にあった数少ないものが、この曲の端々に見 [続きを読む]
  • たわごと〜アップルパイ
  • 「アップルパイ」故・大森信和の唯一のボーカルが入った曲となってしまった。話す声も歌う声も同じような声の感じは、その人柄がしのばれるようで、曲は置いといても大森さんの声に聞き耳を立ててしまう。2001年の甲斐バンド本格再結成とされた時、イベントとして富士急コニファーフォレストでハウンドドック、チャゲ&飛鳥と共にジョイントライブが行われた。ほとんどチャゲ&飛鳥のファンが多かった記憶があるけれど、家族的に記 [続きを読む]
  • たわごと〜放課後の並木道
  • 「放課後の並木道」高校を卒業すると次のステップがあり、そこでそのステップをしっかり踏まないと高校生活のいい部分を思い出すな。次のステップが充実してるとかいうことではなく、そこで何を考えどう行動していくのかは大事なこと。甲斐は若干のサラリーマン生活を送ったらしいけど、聞いてる範囲では何の意味もなかった。甲斐にとっての次のステップは、プロのミュージシャンとしてどうしていくのかということだったはずだから [続きを読む]
  • たわごと〜魔女の季節
  • 「魔女の季節」甲斐よしひろは、デビュー前とかデビュー間もない頃って恋愛のドロドロ感を悪魔や魔女なんかに置き換えていると思うんだ。恋愛のドロドロ感なんて、それなりの経験がないとモチーフにはできないと思うけど、それでも悪魔や魔女なんていうのはどこか違ってると思う。「魔女の季節」は、♪ インド洋をひとまたぎ 地中海をひとっとび 七つの海を越えて君はやってくる ♪というフレーズから始まるけど、それがいい意 [続きを読む]
  • たわごと〜バス通り2
  • 「バス通り」この曲については以前書いた。甲斐バンドはこの曲でデビューしてしまったことから、この曲でイメージを掻き立てるとフォークバンドというなんとも歪なバンドと受け取られないとも限らなかった。セカンドアルバムで、らしさを表現しようと躍起なになったものの、『らいむらいと』収録曲はしばらく何年かライブで演奏されてたこともあって、当初のイメージを払拭するまではかなり時間がかかったものと思う。甲斐が、後に [続きを読む]
  • たわごと〜週末
  • 「週末」曲は詞と共に、記憶に残るシーンがあればズーッと脳裏には残っていくと思うし、気になる曲になっていくと思う。この曲は、このアルバムにしては結構好きな曲で甘くて、かつ幼さが残る曲というのではなく、後の甲斐バンドの特徴が垣間見えた曲だと思ってた。甲斐バンド結成後、何年も経ってとあるアイドル歌手に向けて作られた「Weekendララバイ」につながっていったかどうかは分からないけど、甲斐はサラリーマンだ [続きを読む]
  • たわごと〜週末
  • 「週末」曲は詞と共に、記憶に残るシーンがあればズーッと脳裏には残っていくと思うし、気になる曲になっていくと思う。この曲は、このアルバムにしては結構好きな曲で甘くて、かつ幼さが残る曲というのではなく、後の甲斐バンドの特徴が垣間見えた曲だと思ってた。甲斐バンド結成後、何年も経ってとあるアイドル歌手に向けて作られた「Weekendララバイ」につながっていったかどうかは分からないけど、甲斐はサラリーマンだ [続きを読む]
  • たわごと〜恋時雨
  • 「恋時雨」幼さがタップリ残ってる。曲を聞こうとするとき、歌を知ろうとするとき、まずは詞から入るけど、ワンフレーズでもグッときそうな言葉を見つけるとこの曲は、、、と思ってしまうことが多い。この曲もそうだけど、この曲が収録されてるアルバム『らいむらいと』はどの曲にもそれが見当たらない。幼さと甘さが支配してる世界とでも言えばいいのか、デビューにあたり言われるまま吹き込みことに専心し、アレンジも何もプロダ [続きを読む]
  • たわごと〜恋時雨
  • 「恋時雨」幼さがタップリ残ってる。曲を聞こうとするとき、歌を知ろうとするとき、まずは詞から入るけど、ワンフレーズでもグッときそうな言葉を見つけるとこの曲は、、、と思ってしまうことが多い。この曲もそうだけど、この曲が収録されてるアルバム『らいむらいと』はどの曲にもそれが見当たらない。幼さと甘さが支配してる世界とでも言えばいいのか、デビューにあたり言われるまま吹き込みことに専心し、アレンジも何もプロダ [続きを読む]
  • たわごと〜悪魔に狂って
  • 「悪魔に狂って」悪魔=自分を虜にした女の子。そんな感じかな。年齢を問わず、恋をしたときってとろけそうな感じになっちゃけど、この曲で書かれてるような甘くて夢のような世界にはならないような気がする。甘美な感じを表現しようとしたのかもしれないけど、幼さが前面に出過ぎてるとこの曲を知った時から思ってるな。それは何十年経っても変わってないよ。もし、リアルタイムでこの曲を知り、演奏してる甲斐バンドを知ったとし [続きを読む]