廣島屋 さん プロフィール

  •  
廣島屋さん: 亭主の日乗
ハンドル名廣島屋 さん
ブログタイトル亭主の日乗
ブログURLhttp://yaplog.jp/hiroshimaya
サイト紹介文紙芝居屋であり似顔絵画家でもある亭主が送る7色のコラム
自由文以前は普通の日記でしたが、現在は曜日ごとにテーマを決めてコラムのようなひとりごとのような雑文を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/02/16 16:48

廣島屋 さんのブログ記事

  • 【3/2の日記】明治大学に行ってみた。
  • 今日はぽっかり空いた昼間の時間に明治大学猿楽町校舎内でやっている星乃企画の舞台を見てきました。大学の構内に入ることなど半世紀生きてきて片手ほどしかないわけでして、大変貴重な体験でした。(そういえば一昔前その大学の生徒でもないのに講義に紛れ込む「ニセ学生」ってのが流行りましたが最近もいるんでしょうか)お芝居のまえに最寄駅のあたりをウロウロしてカレー屋で腹ごしらえ。終演後、夜の稽古まで時間があったので [続きを読む]
  • 【3/1の日記】長い一日だった。
  • テッペン(深夜0時)を越えて2時間ようやくすべてのカットの撮影が終わりました。控え室(体育館)に戻って着替えてグループ毎にロケバスに乗り込みます。ワタクシは新宿まで送ってもらって新宿のホテルに泊まるのであります。夜食をもらってロケバスに乗りうつらうつらしてたら新宿着。予約してもらったホテルはなぜかツインでした。風呂には朝入ることにして着替えもそこそこに爆睡。2時間後起床。風呂に入ってチェックアウト [続きを読む]
  • 【2/28の日記】朝はハラハラ、夜はブルブル。
  • 昨年オーディションを受けた映画のロケでした。関東某所。ちょっと早めに家を出て電車に乗ったのが朝8時過ぎ。その時点で乗客同士のトラブルで若干遅れていました。まあでも余裕だろう、と思っていたらなんと別の駅で車両のドアが閉まらなくなったということで一気に上りの電車が動かなくなり時刻表通りなら新宿に着いている時間に、まだ鶴川あたり。事務所にメールで相談しつつ他社線に乗り換えたら何時に新宿に着けるか、調べた [続きを読む]
  • 【2/4の日記】山岳遭難ドキュメント
  • 最近Twitterで知ったライターに羽根田治という方がいまして調べてみると山と渓谷社というところから著書がたくさん出ているようです。山登りにはとんと興味もないしもちろん山に登った経験もほとんどありません。中年からの登山というのが世間では流行っているようですがたぶん、ワタクシは死ぬまで登山なんかしないでしょう。でも、山を登る人に関する本を読むのは、どうも好きなようです。それがフィクションでもノンフィクショ [続きを読む]
  • 【2/3の日記】いやー、重なっているなあ^^;
  • 先月急遽お誘いいただいた3月の舞台絶賛稽古中なわけですがたまたま昨年の「愛の技巧(略)」の共演者の皆さんもほぼ同時期に舞台にご出演されるのでした。(わかっている範囲でいうと)今月末から3月頭までが山本恵太郎さんとちゃづけさんワタクシの出る「OVER THROW」とほぼ同じ日程で石黒さん依田さん小寺さんもうこうなると笑ってしまいますねえ。(「愛の技巧(略)」の皆さんはみんな精力的に活動しているので毎月誰かしら [続きを読む]
  • 【2/2の日記】東京凱旋上映を待つ。
  • 昨年渋谷アップリンクで驚異的ロングラン上映された亀井亨監督の「無垢の祈り」ですが、その後全国各地の心ある映画館で順次公開され、確実にあの子の「祈り」は決して少なくない人々の心に届いているようです。ワタクシも2回しか見てないですけど(2回目なんか見る前はブルブル震えてましたけど)またあの恐ろしくも美しい世界に行きたくなってきました。こうなると待たれるのは東京での凱旋上映です。できれば複数館での上映を [続きを読む]
  • 【2/1の日記】たまにはテクる。
  • 今日はわりとゆっくりの出陣だったので自宅からテクテク歩いてエビーニャ図書館に行きました。小田急線で二駅分ですが天気がよかったのでちょっとしたお散歩気分でした。基本交通量の多い大きな道路沿いに歩くので、それほど景色がよかったりなどということはないんですがお店が微妙に変わっていたりといった変化がなかなか楽しいです。別に健康のため、ということもなくただちょっとした気まぐれや思いつきなんですね〜。(そうい [続きを読む]
  • 【1/31の日記】読書熱、ふたたび。
  • 趣味はなんですか? と聞かれると困ってしまってつい「読書」と答えることが多いのですが実はそれほど読む方ではありません。特にここんところラジオにはまってますます本を読まなくなってます。それが、久しぶりに図書館に行って読書熱がぶり返したようでして借りたのは、ジェイムズ・エルロイの「アメリカン・タブロイド」下巻と羽根田治「ドキュメント気象遭難」の2冊です。エルロイのアンダーワールドUSA第1作「アメリカン・ [続きを読む]
  • 【1/30の日記】やっと本格的に稽古参加
  • 地方公演も終わって、やっと一息ついたところで、3月の舞台の稽古に行ってきました。今日の稽古場は荻窪。ワタクシの出るシーンをひととりやってもらって少しだけ安心しました。意外にセリフがちゃんと入ってて自分でもビックリです^^;それにしても、ムーブメントと呼ばれるダンスのような演武のような殺陣のようなでもやっぱり芝居のような何ともいいようのないシーンは毎回見入ってしまいますね〜。できれば客席で見たいくらい [続きを読む]
  • 【1/29の日記】「竹蔵さんのおくりもの」千秋楽
  • 一夜明けて、舞台千秋楽。今日は昨日以上にお客様がお見えになるという予想でして、椅子の増設などもしつつ総合文化センター内の喫茶店のお昼のお弁当のメニューも気にしつつあっという間に本番。お客様の反応もとても暖かく役者スタッフ全員が思い切りやり切ったように思います。終演後お客様のお見送りをしてバタバタと撤収作業に。翌日の仕事のためワタクシは1時間くらいで失礼いたしました。(メンバーには、この機会に実家に [続きを読む]
  • 【1/28の日記】「竹蔵さんのおくりもの」初日
  • 朝9時前に菊水旅館を出て劇場へ。歩いて10分ほどの近さなので非常に助かります。まずは昨日の場当たりを受けて細々とした返しをやりまして昼前にゲネプロ。バタバタでしたがスタッフ及びワタクシ以外のキャストのプロフェッショナルな仕事ぶりによって何とか受付開始前に終わりました。そして開場。当日ふらりとお越しになるお客様が予想以上に多く、受付回りは大変だったようですが、急遽お手伝いを買ってくださった方もいて本 [続きを読む]
  • 【1/27の日記】いざ岡山へ!
  • いよいよであります。劇団ペブルの岡山公演「竹蔵さんのおくりもの」のため朝8時半くらいの新幹線で岡山へ向かいました。品川から乗っていた英恵さんと舞さんの会話をBGMとして聞きながら、途中岐阜のあたりで一面の銀世界にびっくりしつつあっという間に岡山到着。別の車両に乗っていた亮くんと合流してJR瀬戸大橋線と宇野線に乗り換えて終点宇野駅着。乗り換えのときに北さんと合流宇野駅周辺でお昼を食べようということになり [続きを読む]
  • 【1/18の日記】だいぶ出遅れてます。
  • というわけで、3月の舞台SPINNIN RONIN「OVER THROW」ワタクシにとっての初稽古でした。他の皆さんはすでに昨年末に顔合わせを行なっており、年明けから稽古は始まっておりますのでだいぶ出遅れてしまっているワタクシであります。稽古場でチラシをいただき改めてキンチョーしつつまずはセリフを覚えねばと心に誓うワタクシであります。 [続きを読む]
  • 【1/17の日記】頭の中がとっ散らかって
  • 3月に舞台に出ることが決まってその稽古に明日から合流します。合流というのは、すでに始まっているからでありますが、はてさてどうなりますことやら。そしていよいよ今度の日曜日に人形舞台の公演が迫っておりその稽古も入ってきています。来週は無声映画鑑賞会もありそれが終わった翌日には岡山に向けて出発!という状況でして、なんとも頭の中の整理がつかない状況です。とにかく目の前のことに集中すること。それだけを頭に老 [続きを読む]
  • 【1/16の日記】小竹向原の思い出
  • 今日は昨年共演した小寺さんご出演の舞台を観に小竹向原のアトリエ春風舎に行きました。小竹向原というと思い出すのは勤め人時代、独身寮があった町で仕事を辞めてから自主映画の撮影に訪れた町でした。(その映画の監督さんは今テレビドラマの脚本を書いています。いつか現場でご一緒できないかと密かに思っています)駅前の風景は(当たり前ですが)すっかり変わっていました。撮影をした公園がどこにあったのかまったく覚えてい [続きを読む]
  • 【1/15の日記】最終稽古!
  • 本番2週間前となった劇団ペブル岡山公演「竹蔵さんのおくりもの」その最後の稽古でした。集客の方もいい感じで進んでいるらしく地元の新聞から取材を受けたとかでその画像を見せてもらいました。いやー、上がりますなあ。その前に人形舞台の本番と無声映画鑑賞会がありましていよいよ迫ったきた感がありますね〜。全部頑張りますよ! [続きを読む]
  • 【1/14の日記】牛丼屋でいつかやってみたいこと。
  • 1980年代後半の漫画に「大東京ビンボー生活マニュアル」というのがあって、好きでした。現代の東京を舞台に描いたビンボー・ファンタジーでして特に大きな事件が起こるでもなく主人公とその周りの人物のビンボーゆえの薀蓄だったりささやかな幸せだったりが描かれておりました。(のちに作者の前川つかささんが「票田のトラクター」という政治家の秘書を主人公にした誠に泥臭い作品でヒットを飛ばすとはその時は思いも寄らぬこ [続きを読む]
  • 【1/13の日記】大好きな紙芝居②野に花あり
  • 「野に花あり」は珍しく第一回の話がラー博にある紙芝居であります。しかも第一回の表紙の裏に物語の梗概が細かい字で書いてあります。金持ちの兄妹と貧乏な兄弟が出てきて企業内部の裏切りだとかがありつつその4人の少年少女の成長を描く話なのだと思われます。(第三回以降は見たことないので梗概に内容からの推測です)また金持ちの兄妹のところに住み込みの家庭教師としてやってくる女性が重要な登場人物になってくるようです [続きを読む]
  • 【1/11の日記】レンタル開始!
  • 昨日試写会&打ち上げに行った映像作品「龍が如く〜魂の詩」(上下巻)が全国のGEOでレンタル開始されました!ゲームをやらないワタクシでさえタイトルを聞いたことのあるゲームあの「龍が如く」の新作「命の詩」の発売に合わせて製作、ゲオチャンネルで配信されたこのドラマにゲイの不動産屋社長役で出演させていただいております。皆様ぜひ!ワタクシ全裸で頑張っておりますのでw!もちろんマエバリは貼っておりますので! [続きを読む]
  • 【1/10の日記】プロフィール写真とか試写会とか
  • 昨日からの怒濤の展開の続きで午後都内へ行きました。春に出演が決まった舞台のチラシ用の写真を撮るためでありました。(たまたま空いていた今日の昼間に撮影の予定が入っていたのです!)撮影はあっという間に終わってその場でチャカチャカ修正していただき^^;素晴らしい出来上がりになりました。そこから五反田へ移動。昨年撮影し、ゲオチャンネルで配信された「龍が如く〜魂の詩」の関係者試写会&打ち上げがあったのであります [続きを読む]
  • 【1/9の日記】西武池袋線の旅
  • 今日は夕方から都内でリーディング?公演に行くつもりでしたが、色々立て込んでしまい都下某所に顔を出しました。まだ詳細は明かせませんが春に行われる舞台に誘われたのであります。(正確には、過去の作品に出演した方に声をかけてもらったのです)まったく知らないところだったのでヒジョーにキンチョーしました。初見であるシーンを軽く読みまして帰りの電車の中で参加するという返事をしてしまいました^^;チラシの写真を撮る [続きを読む]
  • 【1/8の日記】劇場で通し稽古。
  • さて本日はいよいよ2週間後に迫った「雨夜の緋い月」の通し稽古、しかも実際に上演するアルテリオ小劇場での照明音響つきの稽古です。ワタクシも前節から導入部、そして劇中の語りを通してやりましたがいやー、客席で見たい!(といっても最前列より舞台に近いところで見てはいるんですがやはり正面からがいいですよね)大きなホールで聴くとシンゴさんの太鼓も岸田さんの篠笛も迫力があって鳥肌が立ちますね。そして綾乃さんの人 [続きを読む]
  • 【1/7の日記】松の内も明けると
  • そろそろとバタバタしてきそうな2017年1月です。明日は2週間後に迫った人形舞台「雨夜の緋い月」本番その直後に無声映画鑑賞会でチャップリンの短編を説明週末は岡山に行って地方公演と不思議に集中してしまっています。その上来週にはもしかしたら春に向けて新たな展開があるかもしれません。忙しいのはありがたいことですがスケジュール管理をかなりシビアにやらないと、去年の秋のように胃の痛くなるような思いをしてその [続きを読む]
  • 【1/6の日記】大好きな紙芝居①「熱球の誓」
  • 2017年最初の紙芝居でした。新横浜ラーメン博物館の平日のイベントとして、すっかり定着した紙芝居ですが不定期とはいえ20年以上やっているとよくやるネタというやつがそれなりに増えて来ます。その中でも特にやってて楽しい作品がいくつかありまして今日はその一つをやりました。「熱球の誓」第6回です。野球少年が主人公の続き物ですが第3回と第6回、第7回しかラーメン博物館にはないので貧乏のために苦労をする一家と [続きを読む]