鹿歩 さん プロフィール

  •  
鹿歩さん: 鹿島アントラーズと歩むブログ
ハンドル名鹿歩 さん
ブログタイトル鹿島アントラーズと歩むブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/anmochiya/
サイト紹介文一応J開幕時から、鹿島サポ一筋です(あまり熱心でない時期もありましたが)。文章中心の地味系です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/02/18 19:24

鹿歩 さんのブログ記事

  • 〔A甲府戦勝利〕色々と「まだ焦りたくない」と思ってます。
  • 私のFire StickにてのTV視聴は、画質が低いなりに、最後までリアルタイムで映りました。 どうやら、それでも幸運な方?という話も聞こえてきたり。 専門技術に詳しいであろうスカパー!の人が、「いつでも準備しておく」と言っていました。 そんな、少しの心の余裕を持つ様にしつつ、自分をなだめております(苦笑)。 DAZN資金にて、Jが大いに飛躍する可能性があるのは、既に雰囲気出ている [続きを読む]
  • 〔FC東京に敗戦〕中身悪くなかった。すぐ切り替えるべし
  • 負けて残念。 鹿島の戦いぶり悪くなかったと思うけど、今日に関しては、 「この試合の結果次第で、 今シーズンが決まる」位の意気込みとも見えたFC東京に、 ほんの少しの気迫の差で敗れたのかな、という感じ。 FC東京の前評判にバラつきあった要因は、篠田監督の手腕が未知数だった為かと思われるけど、 今日、鹿島が優磨を入れたの見て、満を持して前田遼一を入れて来た采配には、見事にヤ [続きを読む]
  • 〔2017J開幕記念〕盛り上げに、鹿島のデータを。
  • おはようございます。さて今日は、Jリーグ開幕。 気分を盛り上げていくべく、鹿島の今までのデータを振り返ってみます! -----まず『鹿島はCSありの2ステージ制が 得意というイメージは本当か?』を。 ○過去24年間のリーグ結果のおさらい・CSありの時 CS制度採用年数:13 鹿島のリーグ優勝:4     鹿島優勝率:31%・1シーズンの時 1シーズン採用年数:11   鹿島のリーグ優勝: [続きを読む]
  • 〔FXSC浦和戦・2-0でHT〕補強が、半分順当に奏功中
  • 富士ゼロックス・スーパー杯、前半終了し、2−0でリードしています。今年の鹿島の『目指す強さ』は、強化部長も示唆してた通り1997年の様な攻撃力、つまり、国内リーグ戦でコンスタントに3点以上取って、相手が途中で戦闘意欲が萎える程の攻撃の破壊力、を復活させ、そこに、昨年まで主な武器としてたセレーゾ・オリベイラらから学んだ『守り切る術』も保持強化する、という、書くのは簡単、実現できたら他サポが「CS制度 [続きを読む]
  • 〔果報を寝て待ってました〕GKスンテ加入!!
  • ごく一部に情報出てましたが、鹿島が粘り強く交渉を続けていた 韓国代表GKクォン・スンテの加入リリースが来ました。 正直、最近私はこの動向ばかり気になっていました(苦笑)。本当に、よかったです。 昨年末、リーグ戦で対戦した時の神戸GKキムスンギュの活躍ぶりは、今でも眼に焼き付いてたりするし、 タイ遠征での、レアンドロのプレーぶりを見てても「流石に、最初からの第一候補。Jやアジア [続きを読む]
  • 〔私からも情報提供〕『DAZN』に入りました。(※最終更新版)
  • 1月24日の、鹿島今季初戦@タイの中継が決定したというニュースを受け、 先ほど、今年からJリーグを放送する事になった『DAZN』に登録し、私も視聴可能となりました。 既に2ちゃん等に出てるかもしれないですけど、 DAZNサイトも、「いかにも外資」という感じで、ザックリしてるので、 このブログなりに、「DAZNの仕様」について、現在私が分かってる事を改めてまとめ書きして、掲載しておき [続きを読む]
  • 自分による、自分自身のフォローです(苦笑)
  • 前項で、審判への意見の後になんとなく田嶋さんの話(名前)を出してしまいましたけど、 大学時に選択制履修だったうちの1つに、『サッカー:田嶋』という項目が、たまたまあって、 バブリーな大学生同士の口コミ(当時ネット未普及)で、 「このサッカーの田嶋って人は大物らしいから、休講多いらしいよ」 という情報にひかれ、履修しただけの人なので(恥)。 知ってた人が、偉い人になった [続きを読む]
  • 勝者の責任として、あえて主審に問題提起します
  • この項は、基本いち日本サッカー応援者、としての意見です。 ただ、私はたまたま鹿島サポなので、「鹿島が負けた時は、あれは責められる 誤審だ、と確信あってもここに書けない」という事情は抱えていますが(笑)。 今のタイミングで書くのは、「鹿島サポ皆が、血も涙もないのか」という誤解を招くリスクあるかもだけど、 その一方、「自分が勝者の立場でいられるのは、 長く見積もっても、今日いっぱ [続きを読む]
  • 〔天皇杯優勝〕クラブW杯敗戦を、自分達の血肉に変える事できた
  • はい、こちらが通常の試合振り返りです。 鹿島は満男・ソガ以外の選手と、監督にも、皆少しずつの“隙”がありましたね。 それに加え、相手川崎は、CS準決時に不在だった大島居た効果か、ケンゴも本来の怖いプレーしてきた。 このブログでも懸念した通り、最初から大久保が気持ち前面に出してきて、前半の鹿島は、全然リズム掴めなかった。 今日前半に関しては、「ボールを持たせてた」と正反対の「攻め [続きを読む]
  • 古株鹿者の、今のそのままの気持ち書きました
  • ※古株鹿サポの気持ちを、  先に、そのまま吐露します。 『世界2位になるより、 日本一になる方が価値ある』と、 鹿島に関わる人の多くが言ってる理由が、次世代鹿ファミリーにも、今日で伝わったかな? 苦戦した事による収穫があるとするなら、その一点か(苦笑)。でも、とても大事なこと。 勝ったけど、それでも「タイトルを1つ取るって、本当に難しい」と、再々々確認させられた試合でした [続きを読む]
  • クラブW杯決勝敗戦にて、タイトル獲れず
  • 主審に怒りないと言えば嘘になるが…。 「負けたんだから、鹿島は弱かった」と、受け入れざるを得ない。 1失点目・3失点目と、2失点に絡んだ植田に失望したし、 90分のアディショナルタイム最後、「ここで決めれば勝利」という所で、枠にシュート飛ばせなかった遠藤康も残念だった。 鈴木優磨の肩の状態分からないから、断言できないけど、 「鹿島ベンチで最高の切り札だった 優磨の投入 [続きを読む]
  • 〔明日・クラブW杯決勝〕勝つ為に、ベスト尽くすだけ。
  • 個人的には、自分でも少し驚く程穏やかな気持ちでいます。 10/22にJが中断明けしてから“狙いの見えるサッカー”が、再び出来始めてて、 それに、11/12天皇杯・神戸戦から結果がついて来るようになる、という順当な流れで『義務』と位置付けてたJリーグ優勝をして、 クラブW杯初戦で、リーグ優勝できた安堵が出てしまった以外は「今はこういう意図で戦ってる」と伝わって来るし、それが結果に繋がっている [続きを読む]
  • クラブW杯・決勝相手をTV偵察した所感
  • やっぱり、昨日自分の感じた事は間違ってなかった気がしてます。 Aナシオナルは、(不幸にも戦う事できなかったけど)スダメリ杯決勝まで勝ち進んでいただけあって、 近年の南米王者では、相当強かったなと確認できた気持ち。 昨日の今日だけに、クラブアメリカの戦いぶりが、ヌルく見えてしまった、のが正直な所。(本人達は120%やってたろうけど) Rマドリードが、今日何割位のチカラ出してた [続きを読む]
  • 〔日本サッカー史更新〕3-0で南米王者に勝利。決勝へ。
  • 私は1993年Jリーグ開幕ブームに湧いてた頃、「Jリーグ面白そうだけど、何処もチャラい感じ…」 と、応援したいクラブ見つからずにいた所、「ヴェルディ×マリノス」の1日遅れで行われた、鹿島アントラーズにとってのJ開幕戦をテレ東で見て、 ジーコのハットトリックと共に、サッカーに真摯に取り組んでる感じに“ひと眼惚れ”した元祖ミーハー層(今では古株層)なので、 3−0で南米王者に勝った事自体 [続きを読む]
  • Aナシオナル戦ハーフタイム短感
  • PKにて1−0リードしている。(新方式判定だけど、ファールであり、 それにより鹿島が不利受けてたのは確か) 正直、近年の南米王者の中でも今回のAナシオナル、相当強い部類に入る気がする。(鹿島自身がやってるから、客観性の 担保はないけども) 前戦のマメロディほどとは言わずとも、相手もだいぶ飛ばしてる様に映ってるのだが、普段見てないチームだから何とも…。 前半無失点で終われたの [続きを読む]
  • アフリカ王者・マメロディに勝利!準決勝へ!
  • 前半は「アフリカ王者ならでは」の身体の強さに破られたり、 日本等と同じく、アフリカクラブサッカーも充実してきている様子が伝わって来る良いサッカーを見せつけられました。 国内なら「これ位の距離から打たれても、ソガなら防げる」というシーンでも、アフリカ王者に通用すると限らないのでヒヤヒヤし通しでした。 そういう考えで、個人的には、今日のMVPはソガでよい気がしている。 そし [続きを読む]
  • 〔歓迎〕今日は非公開練習
  • 石井監督が初めて、今日の練習を非公開とすることを決断しましたね。 私は、これに大いに賛成です。 前項に書いた通り、鹿島サポでも、どういうシステムで、どういう先発メンバーか全く読めないので。それは、相手チームも同じな訳で。 今回に関しては、状況からみて勝負に向けた最善手で行って欲しい。 本当に色々な選択肢がある。 満男は『リードした時のクローザー』で、仮に決まりとして [続きを読む]