ジョセフィーヌ白滝 さん プロフィール

  •  
ジョセフィーヌ白滝さん: ブリティッシュロックなお話し
ハンドル名ジョセフィーヌ白滝 さん
ブログタイトルブリティッシュロックなお話し
ブログURLhttp://cheekyswann.blog26.fc2.com/
サイト紹介文UK生活?? We can have some tea。70’Sロック好きが綴る日々のたわごと。
自由文イギリス在住。ブリティッシュ60s70sの音楽、ムーヴメントに憧れ渡英。当然ながら憧れた時代はすでに過ぎ去りし昔のおもひで。そのかけらを探し見つけてはにやにやする。趣味はその他、映画鑑賞、物作り、テニス。古いもの好き。苦手なことはカテゴリー分け。車にガソリンを自分で入れること。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/02/19 08:45

ジョセフィーヌ白滝 さんのブログ記事

  • JAPAN ・MANGA ・アニメ ・デイヴィッド・シルヴィアン
  • 先日、日本人の友達とランチをした。彼女と会うのはよく考えてみるとかれこれ7,8年ぶりだ。おなじCITYに住んでいるのに、そんなに会っていなかったとは、お互いなにかと忙しかったのだろうし、そんなにも歳月が過ぎ去っていることを感じ取れてなかった。というのが本当のところだ。ふとしたことから、、昔の少女漫画の話で盛り上がり、ああ、やっぱり漫画はすごい!やっとヘゲレス人も漫画の本当の凄さに気付きはじめたな。おそ [続きを読む]
  • 映画「ナポレオン・ダイナマイト」 キモいけど胸キュン
  • この前、テレビで映画「ナポレオン・ダイナマイト」 をやっていたので家族で観た。この映画はぜひとも娘に観てほしかったので、ちょうどいい頃合いにテレビでやってくれてラッキー!はじめて観た時からもう7,8年は経つだろうか。時の経つのが速いことにぞっとしている。わたくし、青春ナイーヴ胸キュン系映画大好きなのだ。主人公の高校生ナポレオン君が、超キモイ。ナポレオン君のみならず、兄ちゃんのキップ君もかなりキモいし [続きを読む]
  • ラジオ・スターの悲劇。そして今や・・・・
  • バンドっていいな。バンド活動ってかっこいいな。男子だったら、バンドやってたら女子にモテるじゃん!。とか、女子だったら、バンドやってたらかっこいいーし〜、目立つし〜〜。とか。、そんな 不純な動機もふくめてバンドっていいな。正直で。けれども、花形モテ系であるはずのバンド小僧。今や激減。。。。イギリスでは、ここ最近ギターを抱えたロック少年少女など、めっきり見かけなくなった。シティーセンターのバスキングと [続きを読む]
  • Y.M.O 再び
  • あれ、いつの間にか 5月も半ば。いろいろと忙しく、そして訳あって、とあるカフェで流す日本風音楽のBGMを探している。何年か前に、日本の100均で買った琴のCDがあるので、手堅く、いつもきれいな竹下景子さんに10点みたいな感じで、安全パイの琴のCDに決まり!と余裕をかましていたら、なんと、今日、CDケースを開けてみてびっくり。そこにあるはずのCDがはいっておらぬ。溶けたか?・・・・ない。ない。家中探してもない! [続きを読む]
  • 今頃になって漫画「DEATH NOTE」にはまるイギリス在住邦人A
  • その、イギリス在住邦人A というのは、ずばり、わたくしのことである。わたくしの日本についての情報は娘の友達、イギリス人少女ジェスによって運ばれてくるのだ。(特に漫画)前回の「NARUTO〜ナルト〜」 もハーフジャパニーズであるうちの娘よりも、ジェスに教えられたようなものだ。この前、ジェスが遊びに来たので、「ナルトすっごいおもしろかったよ!今はボルトだね!」と、にわかに得た知識を13歳の子供相手にひけらかし [続きを読む]
  • 映画「EAST IS EAST」 に見るもう一つのイギリス
  • ちょっと前にカレーについて書いたし、前々回はインド音楽ときたらこの映画について語りたくなった・・・・映画 「EAST IS EAST」イギリス、と言えば、ロイヤルファミリー、ハロッズ、コッツウォルズ、アフタヌーンティー、スコーンやキュウカンバーサンドウイッチ、バラのガーデンでカップ&ソーサーでいただくアールグレイテイー・・・・とか、いかにもUK国民皆がそのような生活をしているかのように作り上げられたお客を獲得す [続きを読む]
  • 荒井由実の季節
  • あれま。いつのまにか4月も中旬。春ですねえ。イギリスでは、イースターホリデイ真っ只中!イースターの復活祭ですな。ジーザスリボーーーン。?去年は確か、イースターが早くて3月終わりごろだったな。今年は、去年より2週間おそい。イースターホリデイが2週間早かろうが、おそかろうが、そんなことはカンケーなく、イースターホリデイは毎年、毎年、寒く、グレイである。そんな、4月の気まぐれなお天気にぴったりで、この季 [続きを読む]
  • インド音楽への誘い
  • もしも、君が60S、70Sの音楽が好きならば、インド音楽、楽器は避けて通れないだろう。ビートルズとマハリシ、それに付いて行ったドノバンジョージ・ハリソン、ブライアン・ジョーンズのシタール。トラフィック、ムーデイ・ブルース ・・などなど、当時のヒット曲にインド音階が多用された。そのようにインド音楽系商業ヒット曲もいいのだけれど、インド音楽と言えば、わたくしのふぇいばりっとは、シャクティ。それはまた今度 [続きを読む]
  • イギリスにおける「チキンカツカレー」の独り歩き
  • みなさま、こんにちは。イギリスの食文化に「これ、フツーにまずくね?」 と鋭くジャッジのメスを入れるがのごとく、ヘゲレス食のレポートをお届けするわたくし、ジョセフィーヌ白滝。日本食と言えば ス〜シ〜(寿司)、テンプ〜ラ〜(天ぷら)しかない。それだけ。 と思っていたイギリス人も、少し食に対してオープンになったのか、お勉強したのか、最近では、ラーメン、ギョーザ、抹茶ケーキなどの言葉が地方都市の末端の村に [続きを読む]
  • ボブ・マーリーの飲料水!!
  • この前、ミルクを切らしてしまったので、散歩がてら、村のしょぼいスーパーにミルクを買いに娘と2人で行った。娘はスナック菓子、飲料水コーナーに突撃。わたくしはミルクのみをゲットし、レジに向かおうとすると、娘が「おかーさん、おかーさん、これ見て!」と、飲料水コーナーの片隅から手招いているではないか。また、コーラほしいのかあ??と思いながら近づくと「ほらコレ。ボブ・マーリーだよね。 」と、値下げコーナーを [続きを読む]
  • ロック(歌詞) Tシャツ
  • 最近、ハイストリートファッションではやっているのがロックTシャツ先日も H&Mで ニルヴァーナのTシャツ見つけるし、あと、ガンズやレッド・ツエッぺリンプライマークではストーンズ、AC/DC、メタリカたぶん、ほかの服屋でもそんな感じでロックTシャツ目白押しな模様。流行っている。しかしながら、このTシャツを購入し着る若者たちは、はたしてそのバンドの音楽を知っているのだろうか。まあいい。わたくしも、中学生のころ、 [続きを読む]
  • バースディ(歌詞)カード
  • てなわけで、娘もティーンエイジャーとなったのであった。ーーENDーーじゃなくて、先日、 うちの娘は13歳のお泊りバースディパーテイーをして、プレゼントとか、カードとかもらってたわけだけれども、その中でも、バースデイカード。ムム、これは!? ブリティッシュロックなお話のネタになるじゃん!っとひと際、目を引くカードをもらっていた。これを見て、一発で元ネタの歌詞か分かった人、 オヌシやるな〜〜〜。 梅から [続きを読む]
  • Smells like teen s・・・ まで合ってるけど。
  • もうすぐ娘の誕生日。何が欲しいかと聞くと ライダースジャケットが欲しいとのこと。注):UKではライダースジャケットはバイカージャケットという。ライダースジャケットっていっても通じません。もはや、親の好みで買った服などキョーミなし。我がの着る服は我がで選びたいお年頃。ということなので、一緒にショッピングに行った。H&M で ジャケットをGETした娘は ニルヴァーナのTシャツを見つけ、それも欲しいと言っ [続きを読む]
  • ヴァイナル (VINYL)  再び。
  • この前、テスコ (イギリスの大型スーパーマーケット) に行ったら、写真現像コーナーのちょい横に、しょぼい段ボール製でできたラックになんとヴァイナルが陳列されたあった。。。。。。あ〜〜〜〜・・・・・ヴァイナルが何であるかわからない、コンピューター世代の君たちに教えてあげよう。ヴァイナル(VINYL) とは レコードのことである。CDの前。黒いの。大きいのがLP。 小さいのがEPこんなに親切な説明でもわからない [続きを読む]
  • イギリスで 「君の名は」を観た。
  • わたくしはいまだに西暦をタイプするときにゼロを一つ多く打ってしまう。20017年とか。。・・・・っつーことで、2017年もはじまったわけだけれども、ある説によると、地球は平面(フラットアース)だとか、月は映像だとか、とくすぶり始めているようだけれども、そんなことは、いまのところ、わたくしの生活にちっとも影響しないのでどうでもよろしい。至急、早急に、今すぐ、ASAP、緊急に何とかしないといけない問題は、 [続きを読む]
  • 映画 The Damned  「地獄に堕ちた勇者ども」
  • イタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティのThe Damned 「地獄に堕ちた勇者ども」この映画を語るとなると、長くなる。きっと。なので、あんまり長くならないように自分でも気を付けながら書かないといけない。この映画を初めて観たのは20か21歳の時で、当時付き合っていたアーティスティックな彼にこの映画のビデオを借りて観た時だった。当時付き合っていたこの彼は本当にヨーロッパ芸術が好きで、いろいろと教えてくれた。初めて [続きを読む]
  • 今頃になって「NARUTO ‐ナルト‐」にはまる英国在住邦人A
  • 邦人Aとういうのはずばりわたくしのことである。いきさつはこうだ。ある日、友達といっしょに学校から帰ってきた娘とその友達ジェスの顔を見るとほっぺにアイペンシルか何かで 3本線を描いていた。 三??三なにそれ〜 ねこ??と言うと、ちがうよ。ナァルウートだよ。 とジェスが言った。よく聞き取れなかったのと、子供の戯言だとおもい、あーそうなのー。いいねえ。 と適当にその時は流した。そして、ジェスもお家に帰って [続きを読む]
  • ディランさん、それ一番あかんやつ。。。
  • ボブ・ディランさんがノーベル文学賞に選ばれたというニュースは世界中をかけめぐり、賛否両論を巻き起こした中、当の本人さん、長いこと連絡取らずに、受賞の連絡取れずに完無視、シカト を決め込んでいて、さすが、ディランだわ〜〜〜。カッケー!!完無視された形になった選考主体のスウェーデンアカデミーのメンバーが「無礼で傲慢」とか言い出したときにゃあ、ほれ、見てみろ。これが権力にものを言わせ、世界を牛耳る体制派 [続きを読む]
  • ビリー・ジョーの唄(byボビー・ジェントリー)について
  • 想像をかきたてられる詩はすばらしい。俳句とかその究極だといえよう。想像をかきたてられるには知識が必要だ。俳句でいうところの季語やキーワードに関連する情報をどれだけ知っているかによって、想像の範囲がことなり、情報が薄ければ本来の詩の意味にまで到達できずに終わる。みたいな、素晴らしい詩とは我の馬鹿さ加減が問われるということだ。前置きはさておき、この素晴らしい詩についてわたくしの想像をめぐらせてみよう。 [続きを読む]
  • BBCの子供番組 「ラスタマウス」にぶっ飛んだ。
  • 娘も大きくなり、もうずいぶんと、子供番組など全く見る機会がない。が、チャンネルをいじっているとわたくしの目に飛び込んできた子供番組の映像。RASTAMOUSE。ラスタマウス BBC制作。ぶっ飛んだー!これって大丈夫なのか。 この言葉使い。なんでも、マウスが皆、ジャマイカなまりの英語。レゲエバンドやってるし。ミー ゴット ノティング (I have got  nothing) とか、ミー テインク・・・(I thi [続きを読む]
  • 歯医者にて。(イン ザ UK の場合)
  • 隣り村に評判の良い歯医者ができたようなので、家族でかかりつけの歯医者をそこに変えた。で、歯のチェックに行ってみると、そこには、日本製の歯医者診察用の椅子。うわー!日本の歯医者さんみたいだ__!!と、喜んだのもつかの間、なんと、信じられないことに、うがいの水が自動に出てこない。助手のお姉さんが、いちいち、プラスチックコップに入ったお水を本来ならば自動にお水がでてくるノズルの下に置いてくれる。そして、 [続きを読む]